インパネ

車は「○○の調子が悪い」とドライバーに訴えるモノだということをご存じだろうか。

というのもスピードメーターやタコメーター付近のランプ(もしくは画面上)にて、様々なマークを表示することで調子の悪い部分を知らせてくれるのだ。

そんな表示の中で最も有名なのが「エンジン警告灯」であり、点灯すると

 
  • エンジンにトラブルがあるのはまずいのではないか
  • 車の心臓に何かあったら、命にかかわりそうで怖い
  • 表示されたマークがエンジン警告灯だったけど、そもそも何がヤバいのか分からず不安

などドライバーの不安を極限に高めてしまう。

筆者自身、ディーラーの営業マンとして法人の商用車を担当していたとき、お客様から悲痛な叫びを何回も聞いたことがあるため、気持ちはよく分かる。

そこで先に結論を述べておこう。

実はエンジン警告灯だけでは何も判断することはできず、超簡単な対処をすることであまり心配する必要が無いのだ。

そのため今回は、ディーラー営業マンの筆者がエンジン警告灯が点灯した場合の対処法について、詳しく解説していこう。

誰でも実施できる対処法を試すだけで、不安を減らすことができるのは間違いない。

スポンサーリンク

1.エンジン警告灯とは何か

そもそも、エンジン警告灯が何を意味しているのかご存じだろうか。

エンジン警告灯は、エンジンに関係している様々なセンサーが不具合を検知した場合に表示されるマークだ。

インパネに載っている「エンジンマーク」がエンジン警告灯だ。

インパネ

インパネ

エンジン警告灯

エンジン警告灯

 

そして一般的に

 
  • マフラーから排気ガスが上手く排出されていない
  • 燃料と酸素が上手く混合されていない

などの場合に表示されることが多い。

またエンジン警告灯は、車種にもよるが大きく分けて2種類の表示パターンがあるため、下記に挙げた表示パターンと簡単な対処法を覚えておけば大丈夫だろう。

エンジン警告灯の意味と対処法
  • 黄色のエンジン警告灯が点灯…すぐに何かあるわけではないため、高速走行だけ避けて点検を受ける
  • 赤色のエンジン警告灯が点灯…異常を検知しているものの、すぐにディーラーなどで点検してもらえば問題ない

ちなみに車種によっては「点滅」による表示が含まれるケースや、「黄色or赤色点灯のみ」というケースもある。

しかし基本的には「意外と大したことが無い」ということが圧倒的に多いため、ディーラーなどで点検をしてもらえば表示がすぐに消えることが多いのだ。

そのためまずは「エンジン警告灯が表示されたとしても、焦る必要はない」と覚えておいてほしい。

そして次章では、具体的な対処法を3つ紹介していくので、それぞれご覧になって実践すれば「なんだ、これだけなのか」ということが十分に理解できるだろう。

2.エンジン警告灯が点灯した場合の対処法3つ

エンジン警告灯が点灯した場合の具体的な対処法は、下記の3つである。

 
  1. ディーラーへ連絡する
  2. 取り扱い説明書を見る
  3. ロードサービスを使う

上記の対処法は、それぞれきちんと実施すれば「間違いなく大丈夫」といえる内容であるため、詳細は以下に分けて説明していこう。

対処法1.ディーラーへ連絡する

エンジン警告灯が点灯した場合は、「とりあえずディーラーに連絡する」と覚えておいてほしい。

というのもディーラーは自社で取り扱っている車種に関してのプロであるため、的確なアドバイスをすることができるからだ。

そのため車種や状態によっては

  • すぐにディーラーに持ってきて、点検させてほしい
  • その車は問題が無くても表示されることが多いため、心配ない
  • エンジン警告灯が勝手に表示されるリコールが出ているため、時間のあるときに作業すれば大丈夫

など、きちんと教えてくれる。

また筆者の勤務するディーラーのグループ企業が某輸入車ディーラーを経営しているのだが、筆者が試乗車を借りていてエンジン警告灯が点灯した際、担当者は

  • そういう仕様なのでそのまま運転してもらっても構わない
  • ただし念のため70~80km/hを超えるような高速走行は避けてほしい

というアドバイスをくれた。

以上のことからも分かるように、的確な判断と指示によって確実に安心することができるため、まずはディーラーに連絡することが絶対条件なのだ。

対処法2.取り扱い説明書を見る

ディーラーに連絡できない場合には、取扱説明書を見ると「エンジン警告灯が点灯した場合」について対処法が書かれている。

トヨタアルファードの取り扱い説明書

トヨタアルファードの取り扱い説明書

※出典元:トヨタアルファードの取扱説明書より
ホンダステップワゴンの取り扱い説明書

ホンダステップワゴンの取り扱い説明書

※出典元:ホンダステップワゴンの取扱説明書より

上記をご覧になると分かるかと思うが、ホンダでは「具体的な速度と停車時間」まで書かれているため、ディーラーへの状況報告と連絡がしやすい。

一方トヨタは単純に「ディーラーで点検を受けてください」とされている。

そのため「取扱説明書を読めば、車種によっては対処法が分かるかもしれない」ということが言えるのだ。

つまり取扱説明書を読むことで、走行の可否がその場で判断できる場合もある。

ただし基本的にはどの車種も「ディーラーで点検を」と書かれている場合が多いため、やはり前述したように「まずはディーラーへ連絡する」ということが先決なのだ。

対処法3.ロードサービスを使う

これまでの説明からも分かるように、エンジン警告灯が点灯しても意外と大したことが無いというのは本当のことだ。

しかし「表示されたときには重症」というケースも、もちろんあり得る。

その場合には、自動車保険に付帯されているロードサービスや、JAFなどのレッカー業者に依頼して、自走せず直ちにディーラーで点検をすべきである。

重症の判断基準は

  • エンジンルームから少し煙が上がっている
  • 燃料が入っているのに「動きづらい感覚」がある
  • 普段聞きなれない「カチャカチャ」「プスプス」といった異音がある

である。

そしてすぐに安全な場所に停車してエンジンを切ることが重要だ。

また自動車保険に付帯されているロードサービスやJAF会員としてレッカーサービスを利用する場合は、どちらも無料であるため安心してレッカー依頼をしてほしい。

ロードサービスについては、筆者の姉妹サイト「意外と重要?車の保険でよく聞く「ロードサービス」とは何?料金は?」で詳しく解説しているので、紹介しておく。

以上、エンジン警告灯が点灯した場合の具体的な対策について解説してきたが、どれも専門知識が無くてもできる対策である。

そのため基本は「ディーラーに相談する」と覚えておき、重症度に応じてレッカー移動なども利用するとラクして任せられるといえる。

またディーラーに入庫してしまえば、コンピューターで診断をしてすぐに直るため、焦る必要は全くないのだ。

とはいえ車種によって「仕様です」と言われてしまうケースがあるため、結果的に「何度修理しても再発してしまう」ということも稀に起こる。

その場合の対処法については、次章にて説明していこう。

3.「再発」でエンジン警告灯が点灯した場合は「クレーム」で処理

エンジン警告灯の点灯が何度も再発するケースは、正直なところ十分あり得る。

その場合にはディーラーへ何度も入庫することになるのだが、「なぜ何回も点灯してしまうのか」と正直にクレームを入れることをオススメする。

というのもディーラーは「何度も同じトラブルが起きる=不良品」というウワサが流れることを恐れているため、結果的にクレーム処理として「何度も無料で修理してくれる」という現状があるのだ。

つまり何度も警告灯が点灯する場合、あなたはお金を支払わずにエンジントラブルの修理が受けられるということになる。

ただしトラブルが起きるスパンとしては「1年以内」を目安として、それ以上の場合には「経年劣化による別の異常」と判断されると思ってほしい。

とはいえそう聞くと、クレーム処理されない可能性について心配になってしまうだろう。

またそもそもクレームが言いにくい場合には、再発の不安を抱えたまま乗り続けるのは不安だろう。

その場合には、次章にて紹介するように「今の車を高く売って、次の車に安く乗り換える」と検討することをオススメする。

4.再発が怖い、何度も修理するのが面倒くさいなら「乗り換え」の検討もアリ

エンジン警告灯の点灯に関して、

 
  • 何度も修理するのは面倒くさい
  • 再発が怖い
  • クレームが言いづらい

という場合には、車両トラブルに対する不安や不満を抱えたまま乗り続けるのは嫌だろう。

そのため「買い替え」を検討することも一つの手だ。

買い替えについては下記記事で詳しく紹介しているので、ぜひご確認頂きたい。

車を高く売るなら一括査定がオススメ

ちなみに、ディーラーは再発し続ける車両に対して負い目を感じているため

  • 車両本体価格を大幅割引する
  • 下取り査定を高くする

という対応によって、丸く収めようとしてくれるのだ。

そして車両本体価格に関しては最初から限界値引きに期待できるため安心できるのだが、下取り査定に関しては「頑張ってくれても安い」ということが多い。

そのため筆者としては、2~3社の買取専門店からも車査定を受け、その結果をもとにディーラーへ「迷惑をかけられたのだから、下取り査定を上げてほしい」と依頼することがオススメなのだ。

とはいえ現実的に考えると、何社もの買取専門店をまわるのは面倒くさいだろう。

そこでオススメなのが「車一括査定」というサービスである。

サービスの詳細は下記にしていくが、このサービスを利用すれば「超短時間で複数社に車査定を依頼できる」ため、最小限の手間で最大の効果を得られるのだ。

車一括査定とは「複数の買取店」に同時依頼できるサービス

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定を使わない場合、使う場合

車一括査定を使わない場合、使う場合

そして名前からもおおよその内容は推測できるだろうが、サービスと提携している何百~何千社もの車買取店の中から、あなたの地域に対応している複数の車買取店に車査定を一括して依頼できるのだ。

またサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは自宅にいながら一気に複数社を競合させられる。

そのため「一度の申し込みをするだけで、最高額が得られる方法」ということができるのだ。

申し込み方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、1~3分程度の時間があれば申し込みを完了させられる。

以上のことから車一括査定を利用することで、へこみのあるあなたの車は「最短時間で最高額を得ることができる」ということになるのだ。

申し込みは非常に簡単で、誰でもササっとできる。

そのためぜひ一度利用して、満足のいく価格提示を受けてほしい。

とはいえひとつだけ問題もある。

それは「車一括査定のサイトはいくつもあるため、どこがオススメなのか分からない」ということだ。

そこで最後に、当サイトで紹介している車一括査定サイトの中から、オススメなものを紹介しておこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

5.まとめ

以上、エンジン警告灯に関する解説を終了するが、最後に当ページの内容をまとめておこう。

  • エンジン警告灯の点灯パターンは車種によって異なるが、点灯しても「意外と大丈夫」というのが本当のところ
  • エンジン警告灯が点灯した場合にはディーラーへ相談するのが先決で、重度の異常が見られる場合にはレッカー依頼をしてディーラーへ入庫させることも検討すべき
  • エンジン警告灯の点灯が短期間で複数回ある場合には、ディーラーへクレームを入れると無料で直してもらえることが多い
  • 再発やクレームが嫌な場合には、「車一括査定」を上手く活用して車の乗り換えも検討すべき
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事