クルマコネクト

クルマコネクト 」とは当サイトでも紹介している、「中古車の提案サービス」です。

そしてザックリと概要を説明すると、下記のようなサービスといえます。

クルマコネクトのサービス内容
  1. 自分が希望するザックリとした条件(予算や使い方など)もしくは詳細な条件を知らせる
  2. 条件にマッチした中古車を紹介してもらえる
  3. 紹介してもらえる中古車はガリバーの在庫車や非公開車両
  4. そのため保証面や点検整備など、安心度はバツグン
  5. 新古車や未使用車、試乗車落ちといった極上車種も紹介してもらえる

このように、あなた自身がインターネットなどでじっくり中古車探しをしなくても、お任せで安心の中古車が半自動的に見つかるのです。

とはいえ実際に利用したことのある人は少なく、どの程度の精度でどのような中古車が紹介されるのか不明な点もまだまだ多いのが事実。

そのためあなた自身も下記のように、クルマコネクトについて知りたいことは山ほどあるでしょう。

  • クルマコネクトの使い方が知りたい
  • 実際にクルマコネクトを利用してみて、迷惑な営業電話などが来ないか不安
  • クルマコネクトで紹介される車は、本当に満足できる車種ばかりが紹介されるのか
  • 本当に購入検討をするのであれば、どのような流れで手続きを進めていくのか

そこで今回は、元ディーラー営業マンとして中古車販売を担当してきた筆者が、クルマコネクトの使い心地だけではなく精度や仕組みについて詳しく解説していきます。

当ページさえご覧になれば使い方からオススメ度まで、しっかり理解することができますから、ぜひ最後までご覧になってくださいね。

クルマコネクトの公式サイト
スポンサーリンク

1.クルマコネクトの仕組み

クルマコネクトとは、ガリバーが提供しているサービスで、車を探しているお客様とガリバーの中古車を効率的につなげる仕組み

クルマコネクトでは、無駄な営業をかけられることはありません。

というのも、クルマコネクトの仕組みとしては「サイト上のチャット機能でやり取りをするだけ」だからです。

詳細は後述しますが、実際に筆者が利用した感覚としても「いつでも無視できるし迷惑ではない」というのが本当のところ。

ですから利用までのハードルはかなり低いと思っても大丈夫でしょう。

2.クルマコネクト実践編

なんとなくサービスのイメージはすでにできているかと思いますから、実際に利用する場合のザックリとした手順としては下記の通り。

クルマコネクトの利用手順
  1. 簡単な登録を済ませる
  2. 希望条件を選択する
  3. チャット用のAI「チャクト」から中古車の紹介をしてもらう
  4. 事務局の人とチャットのやり取りをして中古車の紹介をしてもらう

それぞれ、筆者が利用した際のキャプチャ画像を交えて紹介していきましょう。(スマホでの利用画面になります)

手順1.簡単な登録を済ませる

アプリ画面

アプリ画面

クルマコネクト 」の利用をする場合には、まずサービスへの登録が必要になります。

登録方法としては

クルマコネクトの登録方法
  1. Facebookでログイン
  2. Yahoo!でログイン
  3. Googleでログイン
  4. 実際にメールアドレスなどを登録する

など多岐にわたりますが、筆者としては後々迷惑なメールが来ることを恐れて「普段使わないGoogleのチェックしないGmailアドレス」にて登録をしました。

それでもしっかりサービスの利用はできましたし、より踏み込んだ購入相談などをする場合にはそもそも店舗へ案内されるため、これでも大きな弊害は全くないと思って大丈夫です。

手順2.希望条件を選択する

アプリ画面-クルマタイプ選択 アプリ画面-条件入力

登録完了後、すぐにチャット機能が立ち上がります。

そしてチャットAIの「チャクト」から、いくつかの質問がされます。

主な内容としては下記の通り。

主な質問内容
  1. 詳細条件は決まっているか(決まっていない場合、下記に続く)
  2. 何人乗りの車を希望しているか
  3. どんなボディタイプの車を希望しているか
  4. 予算はどの程度を希望しているか
  5. 購入時期はどの程度を考えているか

たったこれだけです。

ちなみにキャプチャ画像をご覧になると分かりますが、「購入時期によっては特別に案内できる未公開在庫がある」と書かれていますよね。

これはガリバーの在庫サイクルを表しているのですが、ガリバーが仕入れを完了して在庫化するまでに1~2週間程度かかります。

そしてこの1~2週間は在庫車として店頭に並ばないため、「未公開の在庫車」となるのです。

そのためまだ誰にも商談されず、手に入れやすい在庫車ということになりますよね。

つまり言い換えると、新古車や未使用車・試乗車落ちといった、新車同然の安くて優良な中古車が「手に入れられやすい」ということなのです。

ですから仮にこれらの車を購入したいと思っているのであれば、購入予定時期については一応「1週間以内」を選択しておくと紹介してもらいやすくなります。

手順3.チャット用のAI「チャクト」から中古車の紹介をしてもらう

中古車紹介01

中古車紹介01

チャットAIのチャクトから、実際に中古車の紹介をしてもらいます。

ただし先に言っておきますが、この時点であなたの希望するような中古車がマッチする可能性は「あまり高くない」と思っても良いでしょう。

というのも紹介される中古車は、「やや偏りがあるのでは…?」という結果になったからです。

実際に筆者が利用したキャプチャ画像をご覧になっても、予算に合わせて極力新しい車両を紹介してくれているため、

  • 車体が小さいもの
  • 世間的には「不人気車」と呼ばれる車種

が紹介されました。

もちろんすべてのケースでこのようになるわけではありませんが、似たようなことは多々起こると思っても間違いないでしょう。

ちなみにですが、紹介された車種については写真下に

3種類のボタン
  1. 購入相談する→近くのガリバー店舗の紹介および実際の購入相談
  2. 興味あり→サービスに登録したアカウント上に保存される
  3. 興味なし→ゴミ箱に入れられて次の車両の提案を受ける

といった3種類の評価ボタンが設置されています。

このボタンを押すことであなたの意思表示をすることになり、次々に車両を紹介してもらうことが可能です。

ただし何度も言いますがチャクトが紹介する中古車はあまり精度が高いとはいえません

ですからまずはスルーして、実際に事務局の担当者からのチャットを待つ方が賢いといえるでしょう。

手順4.事務局の人とチャットのやり取りをして中古車の紹介をしてもらう

中古車紹介02

中古車紹介02

チャクトと一通りのやり取りが完了した後は、実際に事務局の人にバトンタッチして中古車の紹介をしてもらうことになります。

そしてここでもチャクトと同様にいくつかの車両を紹介されるのですが、キモとなるのは「さらに条件を追加できる」ということです。

実際に筆者は利用しながら、下記のようにちょっとした条件の追加をしました。

中古車紹介03

中古車紹介03

その結果、これまで紹介されてきた「コンパクトSUV」ではなく、大柄な車種を紹介してくれました。

中古車紹介04

中古車紹介04

ただし注意すべきなのは、筆者自身が指定したのはあくまで「大きめの車種」であることと「年式は少しぐらい古くても良い」という、やはりザックリした条件です。

そのため紹介された車種に関しては走行距離や年式が「かなり古くなっている感」は否めなかったのが事実。

そして紹介される車種のチョイスが「ちょっと素人なのでは…?」という感じがしたため、正直なところ条件指定は詳細にすべきと思いました。

クルマコネクトの公式サイト
大まかな流れとしては、ここまで説明してきた通りです。

つまりこちらが指定した条件に沿って、条件に「それなりに合致した中古車」を紹介してくれるというわけです。

そのため先ほども述べていますが、きっちり希望通りの中古車を探してもらうなら「詳細な条件を先に伝えておく」ということが重要になります。

また詳細な条件さえ伝えておけば担当してくれる運営側のスタッフが素人だったとしても、確実に希望通りの中古車が見つけられるのです。

そしてここで気になるのが、実際に探してもらって気になる車両があった場合、その後どのような手続きをしていくのかということですよね。

筆者の場合は実際に商談するまでには至りませんでしたが、その後の流れについてはきちんとリサーチしましたので続けて紹介していきます。

3.気になる中古車があって商談する場合は「購入相談する」を選択

先ほどの説明にもあった通り、購入相談するというボタンを押すとガリバー店舗での商談前の繋ぎをしてもらうことができます。

具体的には筆者がチャットスタッフに聞いた下記のキャプチャ画像をご覧ください。

スタッフ回答

スタッフ回答

この回答をまとめると下記のようになります。

「購入相談する」ボタンからの流れ
  1. 総額や見積もりの提示
  2. 値引きに関する相談、値引き交渉
  3. 商談や購入に関わる全体の流れに関する説明
  4. 車両の状態に関する詳細の提示
  5. 実際に店舗で商談する場合の店舗への引継ぎ

これらの対応を持って、クルマコネクトの役割は終了するようです。

そして実際に購入検討をする場合には、クルマコネクトから店舗へ引継ぎをしてもらい、指定の店舗(住所地の近くの店舗)にて、商談をしていくという流れになります。

そのため「クルマコネクトだけで中古車購入がすべて完了できる」というわけではなく、あくまで車探しのお手伝いをしてもらえるという程度に考えておいた方が良いでしょう。

ちなみに実際に店舗へ出向いてからの流れとしては、すでに検討する中古車は決まっているため

店舗での流れ
  1. 見積もりの提示
  2. 値引き交渉
  3. 契約
  4. 必要書類の準備
  5. 登録および納車

ということになります。

車だけが決まってしまえば、実はこれらの流れは単純かつ簡単なものですからそれほど心配はいりません。

以上、ここまでの説明でクルマコネクトの全体像や流れについては十分に理解できたでしょう。

そこで最後に中古車販売・購入のプロである筆者が実際にクルマコネクトを利用して感じたメリットとデメリットに分けてまとめて紹介していきましょう。

4.クルマコネクトの5つのメリット・4つのデメリット

クルマコネクトのメリットとデメリットは、実際に利用すると下記のように感じました。

クルマコネクトの5つのメリット
  1. 最初の入力が少ないため利用するハードルが低い
  2. 車に詳しくなくても、提示された中古車を仕分けするだけで車選びができる
  3. 自力で車探しをする時間が短縮できる
  4. 教えてほしいことは質問するときちんと回答してくれる
  5. 使いやすさはバツグン
クルマコネクトの4つのデメリット
  1. チャットAIや担当者が「期待していない回答」をするケースがある
  2. 結局のところ希望を伝えなければならない
  3. 現車は商談するまで見ることができない
  4. なかなかチャットが途切れない

それぞれこれまでの振り返りの意味も込めて、簡単に説明しておきます。

クルマコネクトの5つのメリット

メリット1.最初の入力が少ないため利用するハードルが低い

クルマコネクトは「スパッと利用できる」というメリットがあります。

というのも最初に個人情報などを細かく入力する必要はなく、基本的には「メールアドレスと暗証番号のみ」で済むからです。

もっというと最初の質問事項も、先ほど紹介した通り特に多くはありません。

そのためとにかく「面倒くさくない」ということができるのです。

メリット2.車に詳しくなくても、提示された中古車を仕分けするだけで車選びができる

詳細な希望条件などが決まっていない場合、クルマコネクトは本領を発揮します。

というのも筆者自身、これまでに担当してきたお客様がそうだったのですが、「どんな車が欲しいのかいまいちわかっていない」という人が意外と多いからです。

そのような人にとってクルマコネクトは、予算や使用用途に合わせて「マッチしているだろう」と想定できる中古車をどんどん紹介してくれます。

つまり最初から合っている車だけを次々に見ることができるため、その中からお気に入りの中古車を見極めることができるのです。

メリット3.自力で車探しをする時間が短縮できる

通常、中古車購入を検討する場合には、インターネット上でリサーチして様々な車種を見比べていきますよね。

しかし見比べる車の中には「まったく自分の用途に合っていない」という車種も紛れてしまいます。

一方、クルマコネクトを利用した場合には、前述したように「使用用途などにマッチした車種ばかり」が紹介されるため、見比べる絶対数が少なく済むのです。

つまり面倒な手間をかけずに、最初からある程度絞り込んだ状態から中古車探しができるのです。

その点に関しては、特に車の知識があまりない初心者の人にオススメできるポイントといえるでしょう。

メリット4.教えてほしいことは質問するときちんと回答してくれる

当然のことですが、チャット上で気になることを質問すると、きちんと回答してくれます。

例えば筆者の「大きめの車種がいい」や「今後の流れはどうなるのか」といった点について、きちんと回答してくれていますよね。

しかも丁寧かつ親切に分かりやすく、しっかり説明してくれています。

ですから気楽に安心して利用することができるといえるでしょう。

メリット5.使いやすさはバツグン

正直なところ、クルマコネクト最大の魅力といえるのが「使いやすさ」でしょう。

というのも基本的な作業としては

クルマコネクトの基本操作
  1. チャット上でボタンを押す
  2. 質問に簡単に回答する

という程度であり、それだけで次々に希望に合った車種を紹介し続けてもらえるからです。

実際にここまで紹介してきたキャプチャ画像をご覧になると分かるかと思いますが、筆者があまり面倒くさい質問や回答をしていないということは理解できますよね。

そのため特に気負わずとも、誰でも簡単に使いこなすことができるサービスなのです。

クルマコネクトの4つのデメリット

デメリット1.チャットAIや担当者が「期待していない回答」をするケースがある

最初に詳細な条件を指定していない場合は仕方がないのですが、チャクトや担当者から「期待外れな中古車の提案」を受けるケースがあります。

そのため一度の提案で確実に満足のいく中古車が見つかるかというと、そう言い切ることはできません

ただし筆者のように「大きめの車種」など、ところどころに条件を指定していくと徐々に理想の中古車が紹介されますから安心してください。

デメリット2.結局のところ希望を伝えなければならない

ザックリとした条件の指定では、希望通りの車種がすぐに見つかるわけではありません。

そのため最終的には「希望を伝えなければならない」というのが本当のところ。

しかし車に詳しくなくても、

伝えておくと便利な希望条件
  1. ○人乗りが良い
  2. 女性でも取り回しのしやすいサイズが良い
  3. 軽自動車ではなく普通車が良い

などの条件を伝えていくと、徐々に範囲が狭まって本当にオススメの車種が決まってきます。

また担当者からも初心者にわかりやすいように質問をしてくれますから、基本的には困ることも面倒くさいこともそれほどありません。

そのため希望は伝えなければなりませんが、それほど手間がかかる作業ではないと思っても大丈夫です。

デメリット3.現車は商談するまで見ることができない

実際に現車確認をしたい場合には、正直なところ「購入相談する」のボタンを押したのち、住所地近くのガリバー店舗での商談をするまでは確認することができません

そのため仮にどうしても先に情報が知りたいという場合には、あらかじめクルマコネクト上で担当者に「詳細な写真が見たい」と伝える必要があります。

ただし現車確認だけは車の取り寄せ費用(陸送費)などの関係上、依頼しても対応してくれる可能性は「ほとんどゼロに等しい」と思った方が良いでしょう。

とはいえガリバーで販売されている中古車は、そのすべてがきちんとメンテナンスなどを実施されている優良中古車しかありません。

ですから写真による情報を鵜呑みにしても、いい意味で大丈夫だと思っても良いため、それほど心配しなくてもOKです。

デメリット4.なかなかチャットが途切れない

筆者が実際に利用して最も苦痛だったのが「なかなかチャットが途切れない」ということです。

というのも筆者自身、クルマコネクトがどのようなサービスなのか知りたくて利用しましたから、「購入の意思はない」というのが本音なのです。

しかしチャット上では担当者から度々

  • 申し込みの都道府県、市区町村はどこですか?
  • 増車ですか?買い替えですか?
  • 購入予定が3カ月後なのに、今なぜサービスの利用をしましたか?

など、コチラとしてはどうでもいいような質問がされます。

そのため少しだけ「わずらわしい感じがする」というのが正直な感想でした。

ただしあくまでサービス上で立ち上がるチャット機能であるため、面倒くさくなれば「無視してOK」というのが本当のところ。

そして最初の方で筆者が述べている通り、普段使わないGmailアドレスなどで登録しておけば、メールなどで連絡が来ることもありません。

ですからあなた自身が聞きたい情報、引き出したい情報だけ知ることができた後は、遠慮なく無視しても大丈夫だと思ってください。

クルマコネクトの公式サイト

5.まとめ

以上、実際に筆者がクルマコネクトを利用して感じたメリットやデメリット、そして使い勝手に関する解説を終了しますが、最後に当ページの内容をまとめておきましょう。

  • クルマコネクトはガリバー提供の「中古車を探してくれるサービス」のこと
  • 利用は簡単で、いくつかのポイントを入力するだけでOK
  • ただしチャットAIでオススメされるのは、希望通りではない可能性が高いため、チャット担当者に代わるまで待つのが良い
  • チャット担当者に対しては、質問に対する回答をしていくと、必然的に希望にマッチした中古車を紹介してもらえるようになる
  • また自分からある程度の希望を伝えると、それに沿った中古車を次々に紹介してもらえる
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事