車の買い替えをする際あなたが最も願うこと、それは「とにかくお得に買い替えたい!」。

お得になるためには「車両本体の値引き」や「オプションの値引き」、「カー用品のサービス」などを思い浮かべるかもしれない。

ただ、実はもっと大切なことがある。

それは「車の売却額を上げること」。

  • ディーラーで車を下取りしても安いんでしょ?期待していないから別にいい
  • 査定額はどこも一定だと思うから、頑張る必要がない
  • うちの車古いからそもそも売れないと思うんだよね

と、始まる前から諦めていないだろうか。非常にもったいない。

今回はディーラーの下取りをはじめその他の売却方法について解説し、車両値引き等以外にもお得になる方法があるってことを伝えていく。

きっと「この方法なら私にもできて、もっとお得になる」と思ってもらえるでしょう。

スポンサーリンク

1.ディーラーの下取りは安いって本当?

「ディーラーの下取りは安い」なんて情報を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

本章ではディーラーによる下取りがなぜ安いと言われるのか、その真偽やメカニズムについて解説いていく。

「ディーラーの下取りは安い」という情報は本当なのか

買い替えを検討し始め、情報収集をしようと思った場合にあなたはどんな方法で調べるだろうか。

お手元のパソコンやスマートフォンを使いインターネットで調べるのが一般的。

そして「ディーラーの下取りは安い」という情報を調べ始めてから数分で見つけてしまう。

ズバリ、ほとんど間違っていません。つまり、おおかた正しいと判断できます。

実際にTwitterを見てもそのような書き込みは多い。

インターネット上の情報ではありますし、信ぴょう性が疑わしいとお思いでしたら、周りの車好きな方に聞いて見るといい。

もはや「自動車ディーラーの下取り=安い」という公式は、一般論になっていると言っても過言ではない。

しかしなぜ知名度や認知度が抜群な自動車ディーラーの下取り価格は安いのでしょうか。

なぜディーラーの下取りは安い3つの理由

ディーラーの下取り価格が安いのには三つの理由があります。

理由1.中古車を中心に販売をしていないから

自動車ディーラーは新車の販売を主な目的としているため、実は中古車販売や保険の販売は「新車販売に付随する業務のひとつ」と考えられている。

そのため中古車販売用の在庫になる下取り車両は、そこまで重要視されていない

あなたが自動車ディーラーの経営者であるとしたら、新車販売と中古車販売のどちらに資本を集中させるだろうか。

おそらく新車販売ではないだろうか。

自動車ディーラーも同様の判断をしていると考えられる。

そもそも査定士が中古車市場のことをよく知らないから

中古車査定士の資格は比較的簡単に取得することができ、実務経験はあまり関係ない。

そのため査定経験のない新車営業マンでも査定士資格を取得でき、中古車市場のことをよく知らないままに査定をしていることが多々ある。

結果的に決められたフォーマットに基づいて加減点をしているだけなので、「このぐらいまで頑張れそうだ」という感覚もないままに安い結果を提示してしまう。

下取り=車両値引きのおまけ

車の買い替えでは大原則として「車の購入」と「車の売却」の二つの要素がないと完結しません。

そしてその二つの要素をそれぞれ分けて考え、よりお得になる方法を見出さなければならない。

しかしディーラーで買い替えをする際は、購入と売却の二つの要素を当然のように混在して話を進められます。

それは下取りが車両値引きのおまけとして考えられている。

そのため「車両値引き+少しの下取り額」を混在することで、あたかも値引き額が増えたと錯覚させる。

そして営業マンはそのことに疑問を持つことはなく、これまで商談をしてきたわけだ。

「この下取り額は当然の結果、なぜなら車両値引きと一緒にお得になっているから」と思い込んでしまう。

その結果、安い下取り額が提示されるのです。

これらご紹介した三点がディーラーで下取りをすると安い理由ですが、そのすべてにおいて営業マンは「知らず知らずのうちに」「そう思い込んでいる」といった状態になっている。

ディーラーごとの体質によっては違いがあるかもしれませんが、おおかた正しい。

ここまで読んで「やっぱり下取りなんて期待できない」と思ったのではにだろうか。

しかし買い替え時の売却方法は下取りだけではありません。

買取という方法を使うことで少し期待を持てる。

2.買取と下取りでは価格差はあるの?

「買取の方が高い」という情報を聞いたことはありませんか?

おそらく下取りについて調べた際に目にした方も多いかと思う。

実際のところどうなのか、本章では買取について解説していきます。

買取の方が高い?実際に価格差はあるのか

下取りの方が安く買取の方が高い、という情報は果たして本当なのでしょうか。

実はこの情報に関しても「ほとんど正しい」のが現状。

しかしなぜ買取の方が高いのか、わかるだろうか。

実は買取専門店は同時に「中古車販売店」であることが多く、基本的には買い取った車を販売することで生計を立てている。

そして昨今の中古車ブームの影響で販売台数は上昇傾向にあり、在庫車両の回転率が非常に良いため常に在庫となる車=買取可能な車を探している。

結果として多少高くついたとしても確実に買取をし、在庫を増やしたいためディーラーの下取り価格よりも高額で買い取ってもらえることが多い。

またその買取価格はディーラーの下取り価格と比較すると30万円以上もの価格差が出ることもある。

では実際にどんな車であれば価格差が付きやすい、または付きにくいのか紹介していこう。

どんな車が特に価格差が付きやすいのか

価格差が付きやすい車はいくつかありますが、代表的な特徴を紹介する。

古い車は価格差が付きやすい

初度登録から20年程度経過している場合は価格差が顕著に表れる。

ディーラーであれば「引き取り無料、査定額0円」と言われたとしても、買取専門店であれば「査定額5万円」と付く場合も多々ある。

かたや0円、かたや5万円…小さな差と感じるか大きな差と感じるかはあなた次第ですが、5万倍以上もの価格差が付いていることを忘れないでおこう。

クラッシックカーは価格差が付きやすい

次にクラシックカー(旧車)です。

単に古いというだけでなく、マニアが唸るような車のこと。

このような車をディーラーで査定をすると「ただの古い車」と判断されて価格がつかない場合も多いのですが、買取専門店では独自のマニアルートを持っていることもあり、「ウン百万円で買い取るよ」ということもある。

今挙げた例は極端すぎるかもしれませんが○十万円単位であれば多々買取事例がある。

もし旧車をお乗りであるのなら一度、下取りと買取の査定額を比較してほしい。

以上が価格差の付きやすい車の特徴だ。

次は逆に「価格差の付きにくい車の特徴」をご紹介していこう

価格差が付きにくい車はあるのか

価格差が付きにくい車の特徴はズバリ、「新車登録後あまり時間の経っていない車」。

つまり比較的新しい車には価格差が付きにくい。

その理由は商品価値が非常に高いことにある。

新車登録後1~2年までは「新古車と同等程度」と判断され、さらに中古車市場の評価額も非常に高いため、下取り・買取価格は双方ともに高いの。

結果としてあまり価格差が付く事はなく、付いたとしても3~5万円程度であることが多いす。

以上が、価格差の付きにくい車の特徴になる。

次章ではそれぞれの売却方法が、どんな人に向いているのかを解説していこう。

3.下取り?買取?どちらを選べばいいの?

下取りと買取それぞれの金額的な部分は分かったかと思いますが、一概に「売却金額の高い買取がオススメだよ!」とは言い切れない。

それぞれの売却方法に合う人がいるのもまた事実。

これを参考に自分がどちらに向いているのかを考えてみてほしい。

下取りの方が合っている人

下取りの方が合っている人は

  • ディーラーとの信頼関係がしっかりできている
  • 新古車並みの車を手放す

方である。

ディーラーとの信頼関係ができている場合は、その信頼に応えるべく、営業マンをはじめとするディーラー全体が「お客様にとってベストな金額を提示しよう」と動いている。

そのため必要以上に頑張らなくても、最初からお得度の高い金額提示をしてくれる。

新古車並みの車を手放す方は、前述したように買取専門店での査定結果との差が付きにくいため、全ての手続きを一本化できるディーラーにて下取りに出すと良い。

買取の方が合っている人

買取の方が合っているのは

  • 購入を検討しているディーラーとはあまり深い付き合いがない
  • 少しでも高く売りたい

という方だ。

ディーラーとの付き合いがない場合、残念ですがディーラーの提示する下取り価格は予想以上に低くなりがち。

それはまだ信頼関係が構築できていないのも理由のひとつですが、ディーラーによる下取りではなく買取専門店による買取を依頼するべき。

また少しでも高く売りたい、お得になりたいと思っているのであれば迷わず買取専門店で買取査定を依頼しよう。

ディーラーよりも高く買い取ってもらえることが多いから。

手続きもそれほど面倒くさくないので、きっちり価格をつけてもらい、しっかりお得感を味わいましょう。

そして買取の方が合っているという方には、さらにお得になる方法をご紹介します。

4.買取が合っている人は車一括査定をしよう

買取が合っているという方は「少しでもお得になりたい」という気持ちが強いのではないかと思う。

そのお得度がさらに上がる方法は「車一括査定」を利用することです。

車一括査定って何?

車一括査定とは複数の買取専門店に一括して査定依頼をすることができるもので、利用することによって複数の買取専門店を競合させることができる。

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定のイメージ図

車一括査定のイメージ図

買取専門店は在庫確保のために必死になっているため、各社を競合させることでより良い結果を得られるのだ。

また出張査定に対応している買取専門店が多いことから、自分の足で複数の買取専門店をまわる必要もなくなり、効率的に結果を求めることが可能になる。

車一括査定のメリットとデメリット

良いことばかりの車一括査定ですが、ここでメリットとデメリットをカンタンに紹介しよう。

メリットは先程も述べましたが、複数の買取専門店に出張査定依頼をできるため手間をかけずに効率良く最高の結果を得られる点だ。

車の買い替えはお得になる時期を狙って行うため短期勝負であることが多いのですが、その中でも効率良く短時間で最高の結果を得られるというのは非常に良いメリットである。

逆にデメリットは、自宅に複数社の査定士が来てしまうこと。

プライベートを他人にさらけ出すのはあまり気持ち良くない。

その部分を我慢できない方は大きなデメリットに感じるでしょう。

しかしデメリットの対策もあるのでご紹介しておきます。

出張査定を依頼する際、必ず自宅を指定しなければならないわけではない。

そのため自宅に来られたくない場合は公園や職場の駐車場など、自宅以外の場所を指定してみるのもありだ。

そうすることでプライベートを守りながら、最もお得な買取価格を手にすることができる。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

楽天オート

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

5.まとめ

なんとなく「下取りは安く、買取は高い」というイメージは持っていたものの、大きな差が付くとは思っていなかったのではないだろうか。

  1. 新古車並みに新しい車を手放す場合は下取りでも良い
  2. 絶対お得になりたいのであれば買取を選択すべき
  3. 買取は車一括査定を利用するとさらにお得になる

という3点が重要だ。

しっかりと頭に刻み込んで、満足のいく買い替えを楽しんでほしい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事