あなたはラジオCMで「車を高く売るならナビクル」と聞いたことはないだろうか?

恐らく、そのフレーズが気になってネットを調べていることだろう。

先に結論をお伝えすると、そのラジオCMは事実だ。

ディーラーに下取りしてもらうより数十万円も高く売れる方法だ。

そこまで聞いた上で、こんな疑問を抱くのではないだろうか?

  • そもそもナビクルとは何か知りたい
  • ナビクルが他の車一括査定より優れている点は何?
  • 実際の利用者の口コミを知りたい
  • 車査定のプロから見てナビクルはオススメ?

この記事は、そうした疑問に全て答える内容になっている。

たくさんある車一括査定の中から、ナビクルが優れている点をわかりやすく解説している。

他の車一括査定と比べてどうなのか、強み以外にも弱みも隠さず紹介している。

そのためこの記事を読むだけで、あなたは本当に車を高く売る方法を知ることができる。

車査定のプロである筆者が、ナビクルはどんな理由でオススメなのかも解説している。

本記事を読み終わる頃には、あなたが本当に利用するべき車一括査定が分かっていることだろう。

スポンサーリンク

1.ナビクルとは?どんなサービスなの?

ナビクル

ナビクル

ナビクルとは株式会社エイチームライフスタイルが運営する、車査定・車買取サイトのことだ。

車買取とは書いてあるものの、実際は中古車の一括査定サイトである。

仕組みとしては複数の中古車買取業者に一括で査定の申し込みができるものだ。

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定のイメージ図

車一括査定のイメージ図

最大のメリットは複数の買取業者の査定額を比較できることで、ケースによっては愛車が数十万円も高く売ることができる。

車一括査定を使えば車を高く売ることができるため、ナビクルは車を一番高く売ることができるサイトと覚えておけば良い。

そしてエイチームライフスタイルは「 かんたん車査定ガイド 」という車一括査定サイトも運営している。

この2つのサイトはどう違うのか、筆者がダメ元で電話取材を敢行してみたのでその結果をお伝えする。

【電話取材の結果】ナビクルとかんたん車査定ガイドは同じサービス

エイチームライフスタイルが運営する「ナビクル」と「かんたん車査定ガイド」は、結論から言えば全く同じサービスであることが電話取材の結果わかった。

つまりどちらのサイトの方が優れてるということはなく、両サイトともに申し込みの結果は変わらないということだ。

それではなぜ名前を変えて2つの同様のサービスを展開しているのか、筆者はさらに取材を進めることにした。

その結果わかったことが、ナビクルはラジオCMのみで展開しているサービス、かんたん車査定ガイドはその他の広告で展開しているサービスということが判明した。

つまり、ナビクルはラジオCM用の車一括査定サイトということだ。

なぜラジオCM用のサイトをわざわざ立ち上げているのかというと、下記の理由によるとのことだった。

集客を分けることで成果を把握するため

エイチームライフスタイルは名前の2つのサイトを運営することで、どの広告が一番効果があったのかを把握できるようにしている。

ナビクルの集客の方が多ければラジオCMが効果があると分かり、かんたん車査定ガイドの集客が多ければラジオCM以外の効果が高いと分かる仕組みだ。

両サイトを同じ名前にしてしまうと、何の広告に効果があったのかが分からなくなってしまうからだ。

その上、ラジオCMを聞いてナビクルに申し込む人がいたら、エイチームライフスタイルはラジオ局に広告費を支払うことになっている。

そのためラジオCM専用のサイトを用意する必要があったのだ。

こうした背景からナビクルとかんたん車査定ガイドが存在しているため、利用者はどちらがお得かを気にする必要はない。

ここまで、ナビクルの特徴とかんたん車査定ガイドとの違いを紹介した。

エイチームライフスタイルは東証一部上場企業の株式会社エイチームのグループ企業であるため、運営母体としても非常に安心度が高い。

結論としては、ナビクルは大手企業が運営する車を高く売れる一括査定サイトということだ。

しかし車一括査定サイトは他にもたくさんあるため、読者はどれを利用したらいいかわからないはずだ。

そこで次の章では、ナビクルを他の車一括査定サイトと比較して、どこが優れているのかを詳しく紹介する。

2.ナビクルと他の車一括査定との2つの違い

ナビクルは車を高く売れる一括査定のサイトであることは先ほど紹介した。

あなたが得するサイトであることは分かってもらえただろうか?

とは言え、他の車一括査定と比較してどんな点が優れていて、どんな点が劣っているのかは必ず気になるはずだ。

そこでこの章では、ナビクルを他の車一括査定と徹底比較した。

それをわかりやすくするために以下の表を用意したから見てほしい。

ナビクルはかんたん車査定ガイドと全く同じサービスであることから、この表では「かんたん車査定ガイド」として紹介している。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

この表から分かるナビクルの強みは以下の2点だ。

ナビクルの2つの強み
  • ナビクルの強み1.申込後に査定相場が分かること
  • ナビクルの強み2.JADRIという業界団体に加盟する業者しか提携していないこと

これがあなたにとってどんなメリットとなるかを、これから詳しく説明していこう。

ナビクルの強み1.申込後に査定相場が分かること

車一括査定というのは、複数の買取業者に一斉に査定の申し込みをしてくれるサイトだ。

そのため車の査定価格が分かるサイトではない。

しかしあなたは申し込み後に買取業者の査定を受けて、値段の交渉をしなければならない。

その時に自分の車の相場がわからないとなると、業者の口車に乗せられて安く買い叩かれてしまう可能性がある。

これではせっかく車一括査定を使っているのに意味がない。

しかしナビクルなら、査定の申込後に愛車の概算査定価格が表示されるようになっている。

これが実際の画面である。

ナビクルを申し込んだ画面

ナビクルを申し込んだ画面

ナビクルは、このように査定を依頼した車の概算価格を表示してくれるようになっている。

実際の売却額ではないが、このように指標となる金額を示してくれるのは非常にありがたい。

あなたはこの概算価格をベースに、各買取業者と交渉を重ねていけばいいのだ。

続いて、ナビクルのもう1つの強みを解説しよう。

ナビクルの強み2.JADRIという業界団体に加盟する業者しか提携していないこと

ナビクルの提携買取業者数は55社となっている。

これは55社がナビクルに参加していることを意味し、この中の最大10社が査定価格を競い合うシステムになっている。

ナビクルは、この55社の全てがJADRIという業界団体に加盟している買取業者のみとなっている。

まずはこのJADRIというものがどのような団体であるかを説明しよう。

JADRI(ジャドリ)とは

JADRIとは、日本自動車流通研究所と呼ばれる中古車業界の団体である。

中古車業界の健全化のために立ち上げられた団体で、トラブルを防止するさまざまな規定を設けている。

中でも利用者にとってメリットとなりそうなものが以下の2点だ。

  1. 再査定による減額の禁止
  2. キャンセル料の請求の禁止

この2点を遵守できる業者でなければJADRIに参加することはできない。

再査定による減額は、中古車買取でよくあるトラブルの1つだ。

他社より高い査定額を提示して売買契約を結んだ後、後日買い取った車両に問題があったとして査定額を減額するというものだ。

国民生活センターには、このようなトラブル事例が報告されている。

【事例9】事故車と言われ、引き渡し後に減額された

新車を買うために今の車の査定を申し込んだ。3 日前、自宅に来てもらい査定してもらったら 22 万円で買い取ると言われ、その場で契約し車を引き渡したが、2 日後業者から「隣の県のオークション会場に運び点検したら、事故車と判明したので半額での買い取りになる」と言われた。3 年前に 6 年落ちで購入したが、そのときには事故車だとの話はなく自分も事故を起こしたことはないと伝えたが、業者は、「納得がいかなければキャンセルするが、運送費 3 万円を解約料として払え、払わないと車は返さない」と言う。 (2011 年 11 月受付 30 歳代 男性 給与生活者 静岡県)

※出典:国民生活センター「増加する自動車売却トラブル」より

これはほんの一例ではあるが、こうしたトラブルが発生していることは事実だ。

せっかく高く売れた車が後から減額されたら、あなたが怒るのも無理はない。

こうしたトラブルを受けJADRIでは、再査定による減額を禁止している。

査定はプロが行うのだから、一度出した査定額は責任を持つべきであるという考えだ。

他にも、高額なキャンセル料を請求された事例としてこのような報告が国民生活センターに上がっている。

【事例4】解約料が売却代金より高い

昨日、車の買い取り店に行き無料査定してもらった。今月車検登録したこと、タイヤを2 本新品に替えたことなどを説明したが、価値はないと言われた。帰ろうとしたら「価値はないが買い取る」と言われ5 万円で契約をした。今日になって、価格に納得できないので解約することにした。契約書を見たら裏面に「違約金の負担として売買代金 100 万円未満は一律 10 万円の解約料を支払うこと」と記載があったが、契約時に説明は受けていない。業者に解約料 10 万円の根拠を聞くと、書類を記載する費用だと言う。納得できない。 (2011 年 8 月受付 60 歳代 男性 無職 福岡県)

※出典:国民生活センター「増加する自動車売却トラブル」より

これは一度売買契約を結び車を手放した後、解約したいと申し出た利用者に高額なキャンセル料を請求した例である。

一度売った車を返してもらうというのは非常にまれなケースではあるが、あなたの身に起きる可能性も十分ある。

その時、高額なキャンセル料を請求されたら困るだろう。

JADRIはこうしたトラブルを防止するため、キャンセル料を請求すること自体を禁止している。

またナビクルでは、ナビクルと買取業者の規約でもキャンセル料の請求を禁止している。

つまり、2重で利用者へのキャンセル料の請求を禁止しているのだ。

これなら売却後に気が変わっても安心だ。

JADRIはこのような買取業者と利用者のトラブルを防止するために、加盟企業に厳しい基準を設けている。

つまりJADRIには簡単に加盟できないようになっているのだ。

ここで話を戻そう。

ナビクルに参加している55社は、全てこの厳しい加入条件があるJADRIに加盟している企業のみだ。

つまり利用者はナビクルを経由して車を売れば、安全な買取業者にしか当たらないというメリットがある。

車一括査定の利用が初めての人でも安心して使えるのがナビクルである。

最後にもう一度ナビクルの強みを確認しよう。

ナビクルの2つの強み
  • ナビクルの強み1.申込後に査定相場が分かること
  • ナビクルの強み2.JADRIという業界団体に加盟する業者しか提携していないこと

この2つがナビクルの強みであり、利用者にとっての最も大きなメリットとなる。

安心して利用できることは充分わかってもらえただろうか?

しかし次に気になるのはナビクルの弱みだ。

他の車一括査定に比べて劣っている点が無いとは言い切れない。

そこで次の章では、ナビクルの弱みについて徹底解説していく。

3.ナビクルの弱みは提携買取業者が少ないこと

タイトルでも説明した通り、ナビクルの弱みは提携業者が少ないことの1点だ。

先ほど55社の参加企業は全て安心して査定を依頼できると説明した。

しかし車一括査定サイトということを考えると、参加企業が55社というのは正直言って少ない。

比較までに他サイトの提携買取業者数を紹介しよう。

  • カーセンサー:1,000社以上
  • 楽天オート:100社以上
  • ズバット車買取:約220社
  • カービュー:約201社
  • ユーカーパック:2,000社以上
  • ナビクル:約55社

これだけ見ても、ナビクルの提携買取業者の少なさが際立っているのがわかる。

提携買取業者の差は申し込みの際に現れる。

それをわかりやすく示した以下の2枚の画像を見て欲しい。

札幌にてナビクルを申込した画面

札幌にてナビクルを申込した画面

札幌にてカーセンサーを申込した画面

札幌にてカーセンサーを申込した画面

この2枚は、同じ札幌市内で査定の申し込みをしたものだ。

ナビクルでは3社しか査定依頼先が表示されていないのに対し、提携買取業者が1,000社以上あるカーセンサーは11社も表示されている。

つまり3社が価格競争をするか11社が価格競争をするかという差を意味している。

車を高く売るためには、より多くの業者が競争することが必須だ。

査定依頼先は複数選べる方が車を高く売れる可能性が高くなる。

しかし選択できる査定依頼先が少ないというのが、ナビクルの弱みと言っていいだろう。

もしお住いの地域で査定依頼先の数が少ないようなら、カーセンサーの利用をオススメする。

これまでの説明で、ナビクルについてはわかっていただけただろうか?

「こんなに簡単に車を高く売れるのか」と驚いているはずだ。

しかし実際に利用するとなると話は別だ。

あなたはまだどこか信じきれていない部分があるだろう。

なぜなら、実際の利用者の声を聞いていないからだ。

ここで紹介した話は本当かどうか、次章で実際の利用者の声を紹介しよう。

4.ナビクルを実際に利用した人の生の声

サービスを利用するなら、実際に使った人の意見は聞いたほうがいい。

サイトで紹介されていないようなことも書かれている可能性があるからだ。

そこでこの章では、ナビクルまたは車一括査定を利用した人の口コミを紹介する。

Twitterでの評判はこのようになっている。

これが実際にナビクルを利用した人の口コミだ。

この口コミから以下の3つのことが分かる。

  1. 車を高く売れることは事実
  2. 買取業者によってはすぐに査定額を教えてくれない
  3. 申し込むと電話がすごいかかってくる

ナビクルに申し込むと、車が高く売れるのは事実であることがわかった。

しかし業者によっては電話で査定額を教えてくれないところもあることもわかった。

こうした時に、ナビクルなら事前に概算価格が分かっているから強気に交渉することができる。

車を見せて概算価格を基に交渉するだけなので、非常にありがたい機能だ。

そして車一括査定全般に言えることだが、やはり申し込んだあとはかなりの電話がかかってくることは覚悟した方がよさそうだ。

しかしこれに関してはある程度仕方がないとも言える。

なぜなら複数の買取業者に査定の申し込みをするということは、その業者全てから電話がかかってくることを意味しているからだ。

電話の対応だけで査定額が数十万円変わると考え、割り切って対応する姿勢も必要だろう。

こうしたナビクルの良い点悪い点を含めて、車査定のプロである筆者はナビクルをどう評価するだろうか?

その結論を次章で紹介していこう。

5.ナビクルはオススメできる3つの理由

ナビクル

ナビクル

ここまで、ナビクルの特徴や他サイトとの違いを紹介してきた。

その上で車査定のプロである筆者は、ナビクルはオススメできると断言する。

その理由は以下の3つである。

ナビクルをオススメできる3つの理由
  1. 車一括査定は愛車を高く売ることができるから
  2. 東証一部上場企業のグループ会社が運営しているから
  3. JADRI加盟企業のみが参加していて安心だから

ナビクルは車一括査定サイトであるため、当然車を高く売ることができる。

ディーラーの下取りで安く買い叩かれてしまうより、絶対に一括査定を利用したほうが得することは事実だ。

自分で街の中古車買取店を回っても、相手が素人と分ければ高価買取は難しい。

しかし一括査定を経由して申し込めば買取業者も最初から限界価格を提示する。

なぜならそうしないとすぐに弾かれてしまうからだ。

中古車買取店での査定は、「買ってください」とお願いする立場になってしまいがちだ。

しかし車一括査定は、「売ってください」とお願いされる立場になる。

当然どちらが有利になるかは言う必要もないだろう。

それだけメリットの大きい車一括査定であるが、ナビクルは運営元がエイチームライフスタイルという大手企業だ。

東証一部上場企業のエイチームのグループ企業ということもあり、その信頼性は間違いないだろう。

口コミの中でもサポート体制を評価する声も多く、万が一のトラブル時も安心して対応をしてもらえるだろう。

そして安心という意味では、ナビクル参加業者の全てがJADRI加盟企業というのもポイントだ。

JADRIに加盟するためには厳しい基準があり、それをクリアしている時点で社会的信用度は高い業者であることが分かる。

何よりも安心して利用できるという点では、どの車一括査定サイトよりもナビクルと言えるだろう。

しかし、弱みとなっている提携買取業者の少なさと電話の多さを危惧する読者も多いことだろう。

そこで2つの対処法を伝授しよう。

  • 対処法1.提携業者が少ない場合はカーセンサーを使う
  • 対処法2.電話が嫌ならユーカーパックを使う

この対処法については、少し詳しくお話しておこう。

対処法1.提携業者が少ない場合はカーセンサーを使う

ナビクルを使って査定の申し込みをする際に、もし査定依頼先の業者が少ないなら「 カーセンサー 」を利用するのがオススメだ。

ナビクルは参加企業が55社と非常に少ないため、地域によっては買取業者が表示されない可能性もある。

しかしカーセンサーなら、全国1,000社以上の買取業者と提携しているため、どの地域でも複数の査定依頼先が表示される。

どれだけナビクルが優れていると言っても、車一括査定は査定先が複数選べなければ意味がない。

自分の都合に合わせて車一括査定サイトを使い分ける工夫も必要だ。

そして何度もかかってくる電話が嫌な人にも、オススメの対処法があるので紹介しよう。

対処法2.電話が嫌ならユーカーパックを使う

もし、車一括査定に申し込んだ後の電話の嵐が嫌ならば、「 ユーカーパック 」を使うのがオススメだ。

ユーカーパックは申込後の電話が1本しかかかってこない。

その理由は、査定まではユーカーパックが責任を持って対応しているからだ。

車一括査定に申し込むと、査定は各買取業者が行う。

そのため何社からも電話がかかってきて、何度も査定を行う必要がある。

しかしユーカーパックなら、その手間が1度で済む。

全国500以上の提携ガソリンスタンドで、ユーカーパックの基準に沿って査定を受けるだけだ。

その後専用のサイトに売りたい車を出品したら、後は全国2,000社以上の買取業者が入札を行う。

車一括査定というよりオークションサイトという方が正しいが、ユーカーパックもディーラーより高く売れることは間違いない。

査定価格は車一括査定よりは安くなってしまうが、電話が嫌だという場合はユーカーパックを利用してもいいだろう。

これが、ナビクルをオススメする理由と問題に対する対処法だ。

これだけ知っていれば、車一括査定の利用は何も怖くない。

用途に合わせて自分の都合の良い方法を組み合わせるだけで良いのだ。

それだけで車の査定額が数十万円も変わるなら、利用しない手は無いだろう。

6.まとめ

本記事では、車一括査定サイトのナビクルに関する情報を詳しくお伝えしてきた。

中でも覚えておきたいポイントは以下の4点だ。

  • ナビクルはエイチームライフスタイルが運営する車一括査定サイト
  • エイチームライフスタイルは東証一部上場企業のグループ会社で安心
  • JADRI加盟企業のみが参加する車一括査定なのでトラブルの心配がない
  • 必要に応じてカーセンサーやユーカーパックを利用するのがオススメ

これだけで、この記事の全てを覚えたと言っても過言ではない。

ナビクルは大手企業が運営する車一括査定サイトであるため、安心して利用できる。

実際に車が高く売れた例も報告されており、その効果は間違いないものだ。

さらにナビクル参加企業はJADRIという中古車の業界団体に加盟する企業だけという点もポイントだ。

トラブル防止のための規定が細かく決められており、利用者はしっかり守られている。

こうした点から、ナビクルは初めて車一括査定を利用する人はもちろん、過去に一括査定を使って嫌な思いをしてしまった人にもオススメできると断言しておこう。

ちなみに、蛇足にはなるが、同じ車一括査定サービスを行っているズバブーン(ズバット車買取)やくるまたかし(カービュー)もラジオCMを流している。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事