BMW1シリーズ

外車や輸入車は誰もが憧れるため、あなた自身も「欲しい」と思ったことがあるだろう。

とはいえ新車で購入するには高嶺の花でもあるため、狙うのは中古車としての輸入車である。

しかし先に筆者が結論を述べておくと、輸入車を中古車で購入することはオススメできない。

というのも輸入車の大多数は日本車よりも圧倒的に壊れやすく、中古車で購入しても「すぐに壊れて維持費が非常に高くなる」というリスクがあるからだ。

とはいえ輸入車の格好良さは、日本車と比較すると抜群に良いといえる。

そこで今回は、ディーラーの営業マンをしている筆者が、輸入中古車の選び方や実際のオススメ車種について紹介していこう。

そしてきちんと最後まで読み進めれば、リスクの高い中古の輸入車であっても、安心して購入できるのは間違いない。

スポンサーリンク

1.中古車市場では意外と外車・輸入車が安い

冒頭でも述べているが、輸入車の中古車は故障のリスクが、日本車と比較して格段に高いということができる。

なぜなら日本車は「四季の様々な気候」に対応できるように、細かな調整の元製造されているからだ。

しかし輸入車は「その国独自の気候(例えば乾燥、高温など)に対応できるよう作られているため、日本のように多様な気候には対応できないケースが多くなってしまうのだ。

そのため「そもそも気候に合わないから壊れるリスクが高くなる」と思っても良いだろう。

そして壊れるリスクが高い輸入車の中古車は、相対的に「意外と安い価格」で売り出されていることが多い。

とはいえ安さに目がくらんで購入してしまうのではなく、リスクが高いからこそ「きちんとした輸入車の中古車を選ばなければならない」と覚えておいてほしい。

そこで早速、次章にて極力リスクの低い輸入車の中古車を選ぶ条件について紹介していこう。

2.プロは輸入車の中古車を3つの条件から選ぶ

輸入車の中古車を選ぶには、下記3つの条件を最低でも満たす必要がある。

外車・輸入車の中古車を選ぶ3つの条件
  1. 最低でも5年、5万キロ以内
  2. 大手販売店で購入する
  3. 保証つきのものを選ぶ

上記すべての条件を満たしておけば、故障のリスクや「故障してしまった時の修理」に対して、しっかりと対応することが可能となる。

以下にそれぞれの条件を分けて説明していくので、引き続きご覧いただきたい。

条件1.最低でも5年、5万キロ以内

輸入車で比較的修理などを必要とせずに乗り続けられる期間は、

  • 走行距離5万キロ
  • 初度登録から5年以内

と言われている。

実際に筆者の系列店にも聞いたところ、上記の数字を基準として大きな修理や故障などが発生するようだ。

そのため故障なく乗り続けるためには、「5年5万キロ」を目安にして、この条件から超えていない車両を探すと安心できるだろう。

また一般的に走行距離は「1年に1万キロ」と言われているため、例えば3万キロの輸入中古車を購入した場合には、「あと2年乗れる」と試算すると良いだろう。

条件2.大手販売店で購入する

大手の中古車販売店で販売されている輸入車の中古車は、基本的に「きちんと点検・整備されてから販売される」という特徴を持っている。

そのため大手販売店の在庫車となっている輸入車であれば、「商品になる前にきちんとした状態になっている」ということができ、購入後すぐにトラブルが起きることは少なくなるのだ。

また大手販売店では購入後すぐに何かトラブルがあった場合には、基本的にクレーム処理として「無料で修理してくれる」ということが多いため、リスク回避の意味でも安心できるだろう。

条件3.保証つきのものを選ぶ

車には「保証」というものがあり

  1. 新車保証
  2. 販売店独自の保証

の2種類に大別される。

それぞれ以下に分けて説明していこう。

1.新車保証

新車保証とは、自動車メーカー独自の保証のことであり、一般的に

  • 3年6万キロ
  • 5年10万キロ

程度の期間&走行距離内であれば、メーカーがブレーキなどの重要部品をはじめ、電装系の修理なども無償でしてくれるのだ。

そして新車保証は輸入車にもある。

また新車で購入していなくても、「保証継承」という制度があるため「新車保証期間内であれば、残りの期間も保証してもらうことが可能である。

ただしディーラー車として新車登録されていることが条件であるため、並行輸入車(個人輸入など、日本法人のライセンスを持たない輸入車)の場合には、除外されてしまう。

ちなみに保証継承の方法に関しては非常に簡単で、ディーラーや中古車販売店に「保証継承をしてほしい」というだけだ。

そうすると、ディーラーや中古車販売店が、輸入車の正規ディーラーに依頼して、保証継承が完了する。

2.販売店独自の保証

もう一つの保証が「販売店が独自に提供している保証」である。

そのため保証内容や保証される範囲は様々だが、期間としては1~2年程度が一般的だ。

また保証を受けるための条件としては、「販売店が指定する点検・整備を必ず受けること」であり、正直に述べると「これらの点検・整備は高い」ということができる。

ただし独自の保証が付けられるのであれば、数年間は万が一のトラブルがあったとしても、無償で修理を受けられるなど、安心感は非常に高くなるといえるだろう。

上記した保証に関しては、中古の輸入車のリスクを最も回避できる方法であるため、必ずあった方が良いと思ってほしい。

また以上が輸入車の中古車を購入するために重要となる条件だが、この条件を満たすことができないのであれば、購入すべきではない。

そして保証が受けられる条件に合致した輸入車の中古車に関して、オススメの車種をいくつか紹介していこう。

3.2018年にプロが選ぶおすすめ外車・輸入車の4車種

筆者がプロとしてオススメするのは、下記に挙げた4車種である。

プロが選ぶ中古外車・輸入車の4車種
  1. BMW 1シリーズ
  2. メルセデスベンツ Aクラス
  3. フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント
  4. アウディ A3セダン

    それぞれの共通点は「ドイツ車」ということである。

    というのもドイツ車は、日本車と比較しても「まだ工業製品としての信頼性が比較的高い」ということができるからだ。

    そこで早速、以下に各車種を分けて特徴や価格相場を紹介していこう。

    オススメ1.BMW 1シリーズ

    BMWが販売している1シリーズは、BMWの中でもエントリーモデルである。

    しかしBMW独自のフェイスデザインである「キドニーグリル」が採用されているため、一目でBMWの車種だと分かるようになっている。

    また見た目こそコンパクトカーではあるものの、走行性能や快適性は非常に高いということができるのだ。

    イオンの駐車場でパシャリ!昨日VANOSからのオイル漏れの修理から帰ってきまして…乗り回そうと家を出たら…ポン!ボロロロ! 触媒周りも点検してもらってホースバンドちゃんと閉めてもらってたらしいですが…外れてストレートに…低音たまりません…ダメですか!!急いで修理工場に電話して「外れたみたいで」積車を用意していただいて今日中に帰ってきました! あんな音聞かされたらマフラー変えたくなるやないかー!笑 帰り道のイオンの立体駐車場でパシャリ! iphone xでも綺麗ですね! 2人とも夜勤明けのドライブ(*´Д`)ハァハァ #bmw #116imsport #1シリーズ #直管サウンド #いい音 #いけない音 だよね… #立体駐車場は盛れる

    A post shared by はまぴょん (@xkanoe0824x) on

    そして気になる中古車価格は130万円程度~と、意外にもリーズナブルな車両価格で購入することが可能である。

    BMW1シリーズ

    BMW1シリーズ

    ※出典元:グーネットの「BMW1シリーズの中古車」より

    オススメ2.メルセデスベンツ Aクラス

    メルセデスベンツのAクラスも、前述した1シリーズと同様にコンパクトカーの高級車である。

    そのため乗り心地や走行性能は非常に高いレベルであり、さらに見た目も非常にスポーティーで格好良いのだ。

    https://www.instagram.com/p/BlHxHbcnFTn/?hl=ja&tagged=a%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9

    そして中古車価格は150万円程度~と、こちらも非常に購入しやすい車両価格であることがほとんどである。

    Aクラス

    Aクラス

    ※出典元:グーネットの「メルセデスベンツAクラスの中古車」より

    オススメ3.フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント

    フォルクスワーゲンのゴルフヴァリアントは、これまでの車種とは異なり「ステーションワゴンタイプ」の車種である。

    そのため前述した2車種と比較すると、非常に実用的な車種といえるのだ。

    また中古車価格も130万円程度~と、比較的車両価格が安いため「手の届きやすい実用的な輸入中古車」ということができる。

    ゴルフヴァリアント

    ゴルフヴァリアント

    ※出典元:グーネットの「フォルクスワーゲンゴルフヴァリアントの中古車」より

    オススメ4.アウディ A3セダン

    最後に紹介するのはアウディのA3セダンだ。

    「高級車と言えばセダンタイプ」と思っている人も少なくなく、A3セダンはまさに「高級車として恥ずかしくないレベル」の車種だといえる。

    そのためデザイン性や走行性能に関しても高級車と比較してそん色なく、本当にオススメの1台といえるのだ。

    ただし車両価格はこれまでの車種と比較すると高く、安い個体でも180万円程度してしまうことがある。

    アウディA3

    アウディA3

    ※出典元:グーネットの「アウディA3セダンの中古車」より

    以上、筆者がオススメする輸入車の中古車だったが、「意外と安い」ということは十分に理解できただろう。

    とはいえやはり故障のリスクは高いということは、頭に入れておくべきである。

    また次章では、賢く輸入車の中古車を探す方法について紹介していくため、引き続きご覧いただきたい。

    4.賢く探すなら「ズバット車販売」がおすすめ

    これまでの説明をご覧になってイメージできたかもしれないが、

    • 故障のリスクを回避できる輸入車の中古車を探すのは面倒くさい
    • 何度もいくつも車両を見比べるのは面倒くさい
    • 保証の有無なども確認するのは面倒くさい

    など、「とにかく面倒くさい」と感じたのではないだろうか。

    そこで筆者がオススメするのは「 ズバット車販売 」というサービスである。

    というのもこのサービスは中古車販売の最大手であるガリバーと提携しており、信頼性の高い輸入車の中古車を「あなたが希望する予算などの条件をもとに」紹介してもらえるからだ。

    またガリバーは中古車であっても保証を受けられる体制が整っているため、まさに安心して輸入車の中古車が購入できるということになる。

    さらに言うと、あなたはあくまでズバット車販売の運営元とやり取りするだけであり、ガリバーから余計な営業行為を受けることはない。

    そのため安心して利用できるサービスということができるのだ。

    申し込みも非常に簡単で、あなたが希望する

    • 希望車種
    • おおよその年式
    • おおよその予算感
    • 車両相談に必要な氏名などの個人情報

    を入力するだけであるため、1~2分程度あれば十分である。

    以上のことからぜひ一度利用して、安心できる輸入車の中古車を紹介してもらうと、ラクで確実に探すことができるだろう。

    また、備考欄があるので、ここに下記のように入力することで新車とほぼ変わらない非公開車両を紹介してもらえる。

    ズバット車販売の上手な使い方

    ズバット車販売の上手な使い方

    新車同然、もしくは非常に状態の良い車を安く買いたいという場合には、この方法で「 ズバット車販売 」に問い合わせをすることがオススメなのだ。

    ズバット車販売の公式サイト

    5.まとめ

    以上、中古車の輸入車に関する解説を終了するが、最後に当ページの内容をまとめておこう。

    • 中古車の輸入車は、日本車と比較すると故障のリスクが高いため、正直オススメはできない
    • ただしそれでも購入したい場合には、3つの条件を守ると比較的安心できる
    • オススメは輸入車の中でも品質の高い「ドイツ車」
    • 1台ずつ見て探すのは骨が折れるため、「 ズバット車販売 」を利用すると簡単で確実
    スポンサーリンク

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    おすすめの記事