中古車は1台1台が様々な使用であるため、すべてが「オンリーワン」ということができる。

そのため中古車そのものの買い方について迷っているだろう。

そこで今回は、

  1. 中古車の買い方
  2. 中古車を購入するときの流れ
  3. 中古車を買うときに必要な書類
  4. お得になる方法

という大きく4つに分けた内容で、自動車ディーラーの営業マンをしている筆者が解説していこう。

そして何かひとつ欠けてしまうと大損する可能性があるため、必ず最後までしっかりとご覧にになることをオススメする。

スポンサーリンク

1.中古車は主に4つの買い方がある

中古車を購入するときは、主に下記4つの買い方の中から選択することになる。

中古車の4つの買い方
  1. 【車好きにオススメ】ディーラーや中古車販売店
  2. ネットオークションの利用、個人売買
  3. 業者オークションの利用
  4. 【初心者にオススメ】中古車探しサービスの利用

それぞれの買い方については以下に分けて紹介していこう。

買い方1.ディーラーや中古車販売店

中古車販売店

中古車販売店

まず最もメジャーな中古車の買い方として、ディーラーや中古車販売店に直接出向いて買う方法がある。

車が好きな方である程度自分で選べる方は、こちらの方法がもっと良いと結論付けている。

つまり店舗の在庫車の中から選択する方法だ。

直接現車確認ができ、さらにプロからの専門的な意見を聞くことができるため、最も確実性の高い買い方ということができる。

しかし販売店の営業マンは「売らなければ自分の給料が安くなる」という危機感を抱いているため、正直なところ「しつこく営業されるため面倒くさい」というのも事実だ。

そのため現車確認などの確実性はあるものの、余計な営業行為が面倒くさい場合にはオススメできない買い方ということができる。

ただし、これまでに長く深い付き合いがある場合には、営業マンとしても「この人に余計な営業行為は無用」と判断してくれるため、迷惑をかけられることはないと考えても問題ないだろう。

またディーラーや中古車販売店では、自店舗や系列店以外の在庫車から探すことができないため、中古車の車両そのものがある程度限定され、「選ぶほど台数が無い」というケースもある。

つまりより多くの中からベストな1台を見つけたい場合には、オススメできないということもできるのだ。

なので、今は「グーネット」や「カーセンサー」で中古車を探してから、販売店に訪問する人が多い。

ネットで探してから販売店に訪問する

今は中古車と言えば「グー」「カーセンサー」と言われるほど当たり前になっている。

毎日のように入れ替わる大量の在庫から、中古車を探すことができるのだ。

2019年6月現在でグーネットとカーセンサーの中古車在庫量を見ると下記のようになっている。

  • 422,468
  • 428,685

ほぼほぼこの2サイトの中古車在庫量は拮抗しており、探せる販売店の数もほぼ同等だ。

イメージとしては、7割ぐらいの中古車在庫は「グー」「カーセンサー」で被っている。

逆に言うと3割は被っていないため、とっておきの中古車を探すのであれば、「グー」「カーセンサー」は毎日見ることをオススメする。

買い方2.ネットオークションの利用、個人売買

ネットオークションを利用

ネットオークションを利用

ネットオークションや個人売買という買い方は、以前よりも一般化しつつある。

しかし先に結論を述べておくと「最もオススメできない買い方」ということができるのだ。

というのもネットオークションや個人売買では、基本的に「自分の責任で名義変更などをしなければならない」ということができ、結果的に書類不備などで「登録不可」というリスクが付きまとう。

一応、下記記事にて自分で名義変更する方法は解説している。

またディーラーや中古車販売店でも、個人が持ち込んだ車両の登録代行をしてくれることは「リスクが高い」として避けられる傾向にあるため、やはり自力での名義変更手続きが必要になるのだ。

ちなみに手続きに必要な書類は多岐にわたり

  • 相手の印鑑証明書
  • 相手の実印のある委任状および譲渡証明書
  • 名義変更の申請用紙

などが必要になるのだが、場合によっては改造申請や「改造後の耐久性を証明する書類」などが必要になる。

そのため素人ではとても申請できず、結果的に「大きな動かない荷物」となってしまうケースが多いのだ。

ただしネットオークションや個人売買では非常に安く購入できるケースもあるため、あなた自身が「車両登録のプロ」だと自負しているのであれば、オススメできる方法ということもできるだろう。

買い方3.業者オークションの利用

業者オークション

業者オークション

業者オークションとは、中古車の販売業者専用の中古車オークションのことを指しており、いわば「業者の仕入れ元」ということができる。

ただしそんな業者オークションに一般ユーザーが個人的に参加することはできないため、基本的にはディーラーや中古車販売店に代行依頼をすることになる。

また代行手数料の相場は2~3万円と安いため、節約したい方にはオススメといえるかもしれない。

しかし現実的に考えると、オークションで落札した後に

  • 車両の点検・整備
  • 車両の登録

などをディーラーや販売店などの代行業者に依頼しなければならないため、実は「普通に購入するのとそれほど変わらない金額」になってしまうこともある。

また最近の業者オークションはネット上で落札をし、現車確認をすることがほとんどないため、「当たりハズレは車が来てからのお楽しみ」ということになってしまう。

つまり

  • 安く購入できる可能性はある
  • しかしその他の費用がかかるため、結果は普通に中古車を買うのと変わらないケースもある
  • 現車確認ができないため、ハズレ車となってしまうリスクがある

ということを覚えておく必要があるのだ。

買い方4.中古車探しサービスの利用

中古車お探しサービス

中古車お探しサービス

中古車探しサービスとは、その名の通り「あなたの希望する中古車を探してくれるサービス」のことである。

具体名を挙げるなら、筆者としては「 ズバット車販売 」というサービスがオススメだ。

ズバット車販売ではあなたが希望する

  • 希望車種
  • おおよその年式
  • おおよその予算感
  • 紹介するために必要なメールアドレスなどの個人情報

を入力するだけで、オススメの中古車をマッチングしてくれるのだ。

つまりあなたが希望する予算をクリアした上で、最も状態の良い中古車が紹介されるということになる。

また紹介されるのは中古車販売最大手のガリバーの在庫車からになるため、信頼度は非常に高いといえる。

さらに言うとサービス利用時にガリバーとの直接的なやり取りはなく、あくまでズバット車販売の運営側に希望車種に関する対応をしてもらうだけである。

また、備考欄があるので、ここに下記のように入力することで新車とほぼ変わらない非公開車両を紹介してもらえる。

ズバット車販売の上手な使い方

ズバット車販売の上手な使い方

新車同然、もしくは非常に状態の良い車を安く買いたいという場合には、この方法で「 ズバット車販売 」に問い合わせをすることがオススメなのだ。

ズバット車販売の公式サイト

そのため中古車探しの方法としては最も確実であり、さらに余計な営業行為を省略することができる。

筆者としては初心者の方には最もオススメの買い方だと断言する。

以上が4つの買い方である。

気になるのは「中古車を買うときはどのような流れとなるのか」ということだろう。

そこで次章では、中古車を買うときの流れについて詳しく説明していこう。

2.中古車を買うときの流れ

中古車を買うときは、基本的に下記のような流れに沿うのが一般的である。

中古車を買う時の流れ
  1. 商談
  2. 価格交渉
  3. 売買契約
  4. 必要書類の提出
  5. 車両の登録
  6. 支払いおよび納車

こちらについても、以下に分けて詳しく解説していく。

※ちなみに、4つ目の買い方「 ズバット車販売 」を利用して中古車を探した場合には、「商談」や「価格交渉」は最初から完了するため、2ステップも短縮することが可能である。

流れ1.商談

中古車を買うときは、まず商談からスタートさせる。

商談をスタートさせるには単純に「今○○という車種の中古車を探しているのですが…」とディーラーや中古車販売店の営業マンに言えば問題ない。

ただし「どうしてもこの車が欲しい!この車でなければダメだ!」という意思が見え隠れすると、ディーラーや販売店としては「カモ」と判断し、なめられてしまう恐れがある。

その場合には価格交渉などが難航してしまうため、あくまで「ちょっと見に来ただけ」という態度を貫くことをオススメする。

流れ2.価格交渉

実際に商談がスタートし、ある程度お目当ての中古車が決まってからは、実際に価格交渉をしていくことになる。

中古車は「1点物だから現状の価格しかできません」と言われることが多いのだが、そんなことはないため安心してほしい。

また価格交渉によって10万円以上の値引きを引き出せるケースもあるため、最初から諦めることは絶対にオススメしない。

具体的な価格交渉は、下記のポイントを意識すると成功する可能性がグッと上がるのでご覧いただきたい。

  • 時期
  • 他社競合
  • 今乗っている車を高く売る

それぞれのポイントは以下に分けて紹介していこう。

時期

中古車を購入する時期、タイミングに関しては「値引き交渉をするための重要な要素」ということができる。

というのも中古車販売店は

  • 営業マン店舗レベル…年度内、月内のノルマ達成
  • 会社レベル…1年間の売り上げ額、販売台数の上乗せ

ができる最後のチャンスとして、月末や決算期には値引きをしてでも確実に1台売り切りたいと思っているからだ。

そのため月末および決算期(車販売業界の多くが3月、9月)に商談を持ちかけると、かなりの確率で値引きをしてくれると思っても良い。

ちなみに筆者のディーラーでも月末や期末に関しては、利益額を5~15万円確保できれば、ギリギリまで値引きをしても良いということになるケースが多い。

他社競合

「中古車は1点物なのでこの価格」と言われることが多いと述べたが、それでも販売店が気になるのは「他社の似たような中古車の価格」である。

そのため似たような中古車を探し出せば、その中古車の価格にある程度近づけてくれることが多いのだ。

具体的には

  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • できればグレード

が同程度のモノであれば、しっかり競合させることができる。

ちなみに競合させる車種はインターネット上で公開されている中古車でも有効であることが多い。

1つ目の買い方で紹介した

といった中古車検索サイトを利用して、前述の条件に合致する中古車を探して「この金額に合わせられないなら考えさせてもらう」と言えばいい。

乗っている車を高く売る

最後の方法は「今乗っている車があれば高く売る」ということだ。

実は買取店などによって同じ車の買取金額は大きく異なるケースは珍しくなく、例えば筆者が以前乗っていたプリウスは

  • A社…50万円
  • B社…80万円
  • 自分のディーラーの基準…60万円

という結果となり、最大で30万円も差額が出たのだ。

そのため複数の車買取店に査定依頼をすることで、確実に最高額を引き出すことが可能になる。

とはいえ何社もの車買取店をまわって競合させるのはあまりにも面倒くさいだろう。

その場合には、下記に紹介する「車一括査定」というサービスの利用をオススメする。

このサービスは1~2分でできる申し込みをするだけで、確実に最高額を引き出すことができるため、間違いなくお得に車買取ができるのだ。

車一括査定とは「複数の買取店」に同時依頼できるサービス

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定を使わない場合、使う場合

車一括査定を使わない場合、使う場合

そして名前からもおおよその内容は推測できるだろうが、サービスと提携している何百~何千社もの車買取店の中から、あなたの地域に対応している複数の車買取店に車査定を一括して依頼できるのだ。

またサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは自宅にいながら一気に複数社を競合させられる。

そのため「一度の申し込みをするだけで、最高額が得られる方法」ということができるのだ。

申し込み方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、1~3分程度の時間があれば申し込みを完了させられる。

以上のことから車一括査定を利用することで、へこみのあるあなたの車は「最短時間で最高額を得ることができる」ということになるのだ。

申し込みは非常に簡単で、誰でもササっとできる。

そのためぜひ一度利用して、満足のいく価格提示を受けてほしい。

とはいえひとつだけ問題もある。

それは「車一括査定のサイトはいくつもあるため、どこがオススメなのか分からない」ということだ。

そこで最後に、当サイトで紹介している車一括査定サイトの中から、オススメなものを紹介しておこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

以上、価格交渉についての説明だったが、すべてを上手く組み合わせて最大50万円以上もお得になることは決して難しくはないため、必ず実践してほしい。

次は売買契約について説明していく。

流れ3.売買契約

前述した価格交渉が完了したら、実際に売買契約を結んでいく。

しかしこの作業は全く難しいものではなく、単純に「契約書に署名(もしくは押印、両方)するだけ」なのだ。

とはいえ売買契約書には明細として

  • 車両価格
  • オプション価格
  • 税金関係の価格
  • その他諸費用の価格

が明記されているため、再度確認する必要がある。

というのも車両価格以外の部分に関しては、一般的に「車両価格の5~10%程度はかかる」ということができるため、思っていたよりも高くなってしまうケースがあるのだ。

そのため必ず再度確認をして、自分の認識と間違いがないか確認するべきである。

流れ4.必要書類の提出

売買契約を結んだ後は、車両を登録するための必要書類を提出することになる。

仮に車検付きの車を購入する場合でも必要書類は変わらないため、中には「費用を削減できる書類」というものもあるため、必ず下記3つの書類をチェックしておいてほしい。

  1. 印鑑証明書
  2. 委任状
  3. 車庫証明

印鑑証明書

新所有者の印鑑証明書は、新しい車検証上で所有者を登録するために必要な書類だ。

そのため自分のお金で中古車の購入をする場合には、「あなた自身の印鑑証明書」が、ローンを組んで中古車の購入をする場合は「ローン会社の印鑑証明書」が必要になる。

自分で印鑑証明書を用意する場合は

  • 住民票のある市区町村役場または出張窓口で「印鑑登録」を依頼する
  • 印鑑登録後、ついでに印鑑証明書を発行してもらう

という流れでよく、各手続きに300~500円前後かかるため、小銭を多少持っていく必要がある。

またローン会社に印鑑証明書を用意してもらう場合には、実は「ローンを組んで中古車を購入するので、印鑑証明書をディーラーに送ってください」と依頼するだけで大丈夫だ。

委任状

委任状という書類はディーラーや中古車販売店に、車両登録などの手続きを代行してもらうために必要な書類となる。

とはいえ書類自体はディーラーや販売店から渡され、その書類に「所有者の署名および実印の押印」をするだけである。

そのため自分が所有者となる場合にはディーラーで渡されたときに押印をするだけで大丈夫だ。

またローン会社などが所有者となる場合でも、実は印鑑証明書と同様にディーラー宛で送付してくれるため、それほど心配する必要はない。

車庫証明

車庫証明とは「新しく車を保管する場所を証明する書類」であり、警察で申請及び登録が行われる。

そして一般的にはディーラーや中古車販売店が代行してくれる。

しかし先に結論を述べておくと、車庫証明は「自分でやった方が良い」ということができるのだ。

というのもディーラーや販売店に代行依頼をすると1~2万円程度の代行手数料が取られるのだが、そもそも作成や申請自体「全然難しくない書類」ということができるからだ。

下記に車庫証明の作成方法を詳しく説明しているリンクを載せておくが、

  • あなたの氏名や住所
  • 車庫の住所と止める位置
  • 車の大きさや車台番号
  • 車庫の位置が分かる地図

などを簡単に記入していくだけであるため、1万円もの手数料を支払う必要は全くないのだ。

そのため車庫証明だけは自分で用意して、少しでも費用を削減することをオススメする。

またその他にも費用を削減できる書類はあるが、そちらについては後述していく。

以上、必要書類について説明したが、書類がそろったら後はディーラーや販売店が「車両の名義変更や登録」をしていくだけだ。

流れ5.車両の登録

車両の登録に関しては、実はそれほど時間のかかるものではない。

というのもディーラーや販売店の担当者が管轄の陸運支局に出向き、書類を提出すれば完了してしまうため、丸1日もかからないのだ。

車両の登録をする場合でも、整備不良などが無い限りは1日あれば十分に登録完了する。

そのため車両の登録に関しては「○月〇日に登録予定です」と担当者から言われるが、あなたには特に関係のないことであるため、スルーしておいても問題ない。

とはいえ例えば「自分が日柄を指定したい」という場合には、平日であればいつでも登録可能であるため、担当者に伝えると良いだろう。

流れ6.支払いおよび納車

登録が完了すると、いよいよ納車に移る。

しかし多くのディーラーや中古車販売店では、「お金の支払いが先」としていることが一般的であるため、入金日については先に取り決めておくとトラブルにならない。

またローンを組んで中古車の購入をする場合には、実はローン会社とディーラーなどの担当者が打ち合わせをして、入金日は設定してくれるため心配いらない。

そして入金が完了した後は納車になるが、納車時には

  • 現車確認時になかったキズや凹みが無いか
  • 指示通りのオプションや付属品はついているか

などを確認する。

そして仮に上記に不備がある場合にはディーラーや販売店の責任となるため、基本的には「クレーム処理」として、無料で対応してくれる。

そのため必ず細かくチェックして、不備がないか確認して納得してから車を引き取るべきである。

以上が中古車を買うときの流れに関するすべての説明だったが、「他にも費用を削減できる書類がある」という点について気になったのではないだろうか。

細かな話ではあるが、次章では自力で用意するとお得になる書類について、より詳しく解説していこう。

3.自力で用意してお得になる書類

先程車庫証明を自力で用意すると、1~2万円程度はお得になると述べた。

しかし車庫証明だけではなく、その他にもお得になる書類はあるため、ぜひ下記をご覧いただきたい。

  • 希望ナンバー申請書
  • 自賠責

どちらも「限定的にお得になる」といえる書類だが、以下に分けて説明していく。

希望ナンバー申請書

中古車を購入するときに「希望するナンバーが付けられる」ということをご存じだろうか。

このナンバーはその名の通り「希望ナンバー」というのだが、抽選の有無はあるものの、基本的に自分の好きなナンバーが付けられる。

しかし希望ナンバーに関しても車庫証明と同じく、「超簡単な書類」であるにもかかわらず、申請の代行手数料が1万円前後も取られることがあるのだ。

そのためもし希望ナンバーをつけようと思っているのであれば、下記のリンクに詳しく申請方法を説明しているため、ぜひご覧いただきたい。

自賠責

自賠責保険は強制保険と呼ばれ、どこで加入しても同じ保険料・補償内容となっている。

そのためディーラーでも「どこも同じ条件なので弊社で発行します」と言われることが多いのだ。

とはいえ知り合いに保険代理店で働いている人がいる場合には、その限りではない。

というのも自賠責保険は1枚発行するごとに「1,600円程度」の手数料が代理店に入る仕組みとなっているため、あなたではなく「あなたの知り合い」がお得になるのだ。

自賠責保険の発行は数分で完了する作業であるため、代理店の知り合いも「短時間で1,600円も稼げる」と喜ぶことは間違いないだろう。

4.まとめ

以上、中古車の買い方に関する解説を終了するが、最後に当ページの内容をまとめておこう。

  • 中古車の買い方は主に4種類ある
  • 中古車を買う流れの中でも、お得になるために重要なのが価格交渉や「車を高く売ること」であり、車一括査定というサービスを併用すると効果は絶大である
  • 中古車の購入に伴う書類も、自分で用意するとかなりお得になる
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事