未使用車のイメージ

中古車市場では、一般的な中古車と分ける言葉として「新古車」というものがある。

そのため新車?中古車?なんて悩むことが多いのだが、ここでは「それぞれの良いとこどりをした車が“新古車”」ということを、まずは覚えておいてほしい。

とはいえ新古車は、正しくどのような車か、そしてどの程度お得になるのかといった点について理解しておかなければ、後から「そんなはずではなかった…」ということになりかねない。

そこで今回は自動車ディーラーにて新車・中古車営業を歴任してきた筆者が、新古車がどのような車で、どの程度お得になるのかという点について詳しく解説していこう。

また新古車は探すのが非常に難しい車なのだが、ラクして確実に探し出せる方法についても紹介していくので、ぜひ最後までご覧になってほしい。

スポンサーリンク

1.新古車とは

新古車のイメージ

新古車のイメージ

まず「新古車」という言葉の定義について説明していこう。

新古車とは日本固有の造語であり、分解すると

  • 「新」車のような中「古車」

を合わせて作られた言葉である。

つまり新車同然の中古車ということであり、

  • 新車同然の真新しさ
  • 中古車のような安さ

を両立した、新しくて安い車なのだ。

つまりシンプルに考えると「新車で迷っている人には格段にオススメできる車」ということができる。

とはいえなぜそのような車が一般の中古車市場に出回るのか、気にならないだろうか。

確かに「怪しい取引で騙されるのでは…?」「盗難車などをつかまされるのでは…?」など、疑ってしまうのも無理はない。

そこで次章では、なぜ中古車市場に新古車という特殊な車が出回るのか、解説していこう。

※気になる新古車の価格やお得度については、後述していく。

2.なぜ新しいのに中古車として出回っているのか

中古車販売店

中古車販売店

新古車が中古車市場で出回る理由は、メーカーやディーラーの「大人の事情」が関係している。

というのもメーカーやディーラーは、競合他社とのシェア争いをするために、自社の車の「新車登録台数」を競っているという背景がある。

そして悪い言い方をすると、自社の新車を大量に「登録だけ」しておき、登録台数=シェアを稼いだ後は中古車市場に格安で流してしまうのだ。

つまり台数の水増しのためだけに登録された車=新古車ということになる。

とはいえ台数の水増しは、例えば「うちの店舗で売れていないA車を10台登録し、放出してしまおう」という、車種が限定されているケースが多い。

そのためあなたが希望する車種が新古車として確実に出回っているとは限らないのだ。

しかし後述するように、ラクに新古車を探す方法はあるため安心してほしい。

また実は新古車と呼ばれる車種には大きく分けて2種類あり、

  • 未使用車…ここまで説明した新古車
  • 試乗車落ち…ディーラーの試乗車として使われていた車

に大別される。

そのため登録後すぐに放出される未使用車は数十~数百キロ程度の走行距離、そして試乗車落ちの新古車は数百~2,000キロ程度の走行距離となることが多い。

詳しくは下記のリンクにてそれぞれ紹介しているが、実はそれぞれ「あまり金額が変わらない」という現状がある。

とはいえ実際のところ、どちらの新古車も新車と変わらない状態を保っており、価格も本当に安くなっているため、筆者としては「新車の購入検討をするなら迷う必要はない」と結論付けている。

また試乗車落ちの新古車の方が走行距離が多いという特徴はあるが、車の寿命に関していえば「誤差」と呼べる程度の差である。

そしてどちらにしても見つけにくい新古車であるため、筆者としては「見つけたら購入をしても良い」という結論に至っている。

しかし先ほどから最も気になるのは「新車と比較してどの程度安くなるのか」ということだろう。

そこで次章では、実際に新車と新古車の価格比較結果を紹介していこう。

3.新古車は新車と比較するとどの程度安くなるのか

まずは新古車の価格について紹介していこう。

下記のキャプチャ画像をご覧いただきたい。

グーネットでセレナの新古車

グーネットでセレナの新古車

※出典元:グーネットの「日産 セレナの中古車」より

とある販売店の在庫車として登録されている日産セレナの新古車が約240万円である。

そして新古車は「車検付き」であるため、ここから余分にお金がかかったとしても5~10万円程度であり、合計250万円程度ということになる。

一方、日産の公式ホームページ上で試算した、新車の見積もりシミュレーションは下記の通りになった。

セレナの新車価格

セレナの新車価格

※出典元:日産公式ホームページ「見積もりシミュレーション」より

実際には車両価格が最大7~8%割引されるが、ここでは分かりやすく10%割引(300万円弱)だと考えてみよう。

そうすると、単純に総額が300万円超程度になる。

また他の2車種でも比較した結果、下記の通りの結果となった。

車種 支払総額(円) 差額(円)
新車 未使用車
スペーシア 1,523,680 1,198,000 325,680
ノートeパワー 2,263,519 1,846,000 417,519

ここから新車値引きを加味しても―10万円程度であるため、他車種でも20~30万円はお得になることが分かる。

つまり新古車と新車を比較すると、今回のケースでは「余裕で20~50万円以上の差額が出る」ということが分かった。

仕様はほとんど同様であり、さらに車の状態もほとんど変わらないということを考えると、新古車がいかにお得な中古車か理解できるだろう。

そして「新古車が欲しい」と思ったのではないだろうか。

とはいえ先ほどから何度も述べている通り、新古車は探すのが非常に難しい。

その現状について、次章にて説明していこう。

4.新古車は探すのが難しい

新古車には2種類あると前述したが、それぞれ下記のような理由から見つけづらいのが現状である。

  1. 未使用車…そもそも販売店すべてに出回っているわけではない
  2. 試乗車落ち…試乗車が上がるタイミングに合致しなければならない

それぞれ簡単に以下に分けて紹介していこう。

未使用車…そもそも販売店すべてに出回っているわけではない

未使用車はメーカーやディーラーの都合によって「各社の好きなタイミングで登録&放出をしている」という現状がある。

そのため、未使用車はいつどのタイミングで出回るのかは、正直なところ「誰も分からない」ということができるのだ。

そして放出される台数は何百・何千台もあるのだが、その台数は「全国の中古車販売店に行く渡るほど多いとは言えない」といえる。

つまりそもそも販売店すべてに出回ることはないため、結果的に「中古車販売店を探しても見つからないケースが多い」といえるのだ。

そのため未使用車の新古車を探すには、多くの販売店をまわって「ありますか?」と聞き続けるしかないのだ。

一応、他の探し方もあるにはあるため、下記リンクに載せている。

試乗車落ち…試乗車が上がるタイミングに合致しなければならない

試乗車落ちの車は、新車登録から2,000㎞以内程度で、中古車として放出されることが多い。

そして中古車として放出されるタイミングは、ディーラーごとに違うため何とも言えないのが現状である。

またディーラーも「ひいきにしている顧客」に優先して購入権を与えるケースもあり、仮にひいきにされていない場合にはこまめにディーラーに通って「放出するときに声をかけてほしい」と言い続ける必要がある。

そのため試乗車落ちの車は、忍耐強く待ち続けることが重要なのだ。

一応、他の探し方もあるにはあるため、下記リンクに載せている。

以上、簡単に説明してきたが、ここまでご覧になるだけでも「新古車を探すのは面倒くさそう…」と思っただろう。

とはいえ先ほども述べているように、ラクにお得な新古車を探す方法はある。

次章ではその方法を紹介していくので、ぜひご覧になって実践することをオススメする。

5.時間をかけずに賢く新古車を探すなら「なびくる+」

時間をかけずにラクして新古車を探す場合、筆者としては「 なびくる+ 」というサービスをオススメしている。

なびくる+とはインターネット上のサービスのことだが、簡単に説明すると「希望の条件で車を探してくれるサービス」ということができる。

そしてなびくる+は中古車販売の最大手であるガリバーと提携しているため、膨大な在庫車・非公開車両の中から、新古車の紹介もしてくれるのだ。

さらに言うと直接やり取りするのはなびくる+の運営元のみであり、ガリバーの担当者からしつこく営業行為をされることはない。

そのためより確実かつラクに新古車探しをする方法ということができるのだ。

申し込みは無料で、最初に入力する項目も単純に

  • 希望車種
  • おおよその年式
  • おおよその予算感
  • 車両相談に必要な氏名などの個人情報

だけであるため、時間はほとんどかからないと思っても良い。

備考欄があるので、ここに下記のように入力することで新車とほぼ変わらない非公開車両を紹介してもらえる。

なびくる+の上手な使い方

なびくる+の上手な使い方

新車同然、もしくは非常に状態の良い車を安く買いたいという場合には、この方法で「 なびくる+ 」に問い合わせをすることがオススメなのだ。

なびくる+の公式サイト

本当に簡単に利用でき、新古車を賢く探すことができるため、ぜひ一度利用することがオススメである。

6.まとめ

以上、新古車に関する解説を終了するが、最後に当ページの内容をまとめておこう。

  • 新古車とは「新」車のような中「古車」を掛け合わせた造語である
  • 新古車には2種類あるが、それぞれ走行距離と放出される背景が異なる
  • ただしどちらの新古車も極上かつ激安であるため、オススメなのは間違いない
  • 新古車は非常に探すのが難しいため、「 なびくる+ 」に依頼して賢くラクに探すのが最もオススメ
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事