過払い金のイメージ

ここ最近ラジオCMなどでよく聞く「過払い金」。

CM中では借金で払いすぎた利息が戻ってくる、借金がなくなる可能性があるなどの説明がされるため、「今自動車ローンを組んでいる自分も返金があるのでは?」と思ったかもしれません。

しかし先に結論を述べておくと、自動車ローンでは過払い金が発生していないことがほとんどであるため、正直なところ過払い金に期待するのは大間違いと言えます。

ただし自動車ローンの支払いを少しでも軽くしたい場合には、たった3つの方法を実践するだけで高い効果を得ることができる。

そこで今回は、自動車ディーラーの営業マンとして勤務する筆者が、自動車ローンの過払い金やローン支払いを軽くする方法について、詳しく解説していこう。

きちんと読み進め実践することで、あなたの自動車ローンが軽くなることは間違いない。

スポンサーリンク

1.過払い金とはそもそも何なのか

そもそも過払い金とは何なのか、簡単に説明しよう。

過払い金とは「法律で定められた上限金利を超えて借金をした場合の超過分支払い金のこと」を指している。

つまり違法な高金利でお金を借りた場合、法定金利以上の分が「過払い金」となるのだ。

また過払い金の時効は10年間であるため、10年以内に借金をした人に関しては「過払い金の返還請求の対象となる可能性がある」とよく言われている。

車の寿命は購入後10年程度であることが一般的であるため、「いまだにローンを返しているということは過払い金の対象となるのでは…?」と感じてしまうのだ。

ただし法定金利は上限が

  • 10万円未満…20%
  • 10~100万円未満…18%
  • 100万円~…15%

となっており、そもそも自動車ローンでは高い金利でも10%程度が上限となる。

つまり自動車ローンは「そもそも法定金利を超えていないため、過払い金自体が発生していない」ということになるのだ。

そのため冒頭で結論を述べたように、自動車ローンでは過払い金がないということができる。

(※もちろん違法金利の貸付をしていた企業も0ではないため、違法金利の場合は過払い金の返還請求をするべき)

また実際に筆者自身が業務中に自動車ローンの金利を調べたところ、ほとんどのケースで2~3%前後(2018年10月現在)となっており、とても過払い金が発生することはない。

次章では主な自動車ローンの金利をまとめて紹介していくので、過払い金に関係ない「低金利」をしっかりとご覧いただきたい。

2.自動車ローンの主な金利一覧

自動車ローンを提供しているのは、主に「ディーラー」や「銀行などの金融機関」である。

そして主な各業者の金利を下記にまとめたのでご覧いただきたい。

種別 企業名 金利
最低(%) 最高(%)
ディーラー トヨタ 4.50
日産 1.90 4.90
ホンダ 1.90 3.50
スバル 3.90
マツダ 2.99
三菱 2.90 3.90
スズキ 2.90 3.90
ダイハツ 3.50
金融機関 三菱UFJ銀行 1.72 2.50
損保ジャパン日本興亜 1.90 2.85
静岡銀行 2.40 5.30
※参考出典元
トヨタ自動車の公式ホームページ
日産自動車の公式ホームページ
ホンダファイナンシャルサービス
スバルファイナンス
マツダクレジット
MMCダイヤモンドファイナンス
スズキファイナンス
ダイハツ
三菱UFJ銀行
損保ジャパン日本興亜
静岡銀行

そしてそれぞれを平均すると、実は「約3.19%」となる。

もちろんディーラーは販売店ごとに金利が異なるケースもあるため一概にはいえないが、基本的にはどんな自動車ローンでも過払い金の対象になることは「まずない」と思っても良い。

とはいえ自動車ローンの支払額を減らしたいと思うのは普通のことであり、できるだけお得にならなければ「余分なお金を取られ続ける」というのは本当のことだ。

つまり乱暴に言い換えると「法定金利内でも、戻ってこない過払い金を支払っている状態」と言っても過言ではない。

そこで次章では、できる限り自動車ローンの負担を軽くする効果的な方法を3つ紹介していこう。

3.自動車ローンの負担を軽くする方法

自動車ローンの負担を軽くする3つの方法は、下記の通りである。

自動車ローンを軽くする3つの方法
  1. 銀行に相談して返済期間を延ばしてもらう
  2. 借り替えをする
  3. 今乗っている車を高く売って、安い車を購入する

それぞれ以下に分けて詳しく解説していこう。

方法1.銀行に相談して返済期間を延ばしてもらう

銀行などの金融機関で自動車ローンを組んだ場合、実は「お願いして返済期間を延ばしてもらう」という方法がある。

というのも金融機関としては「確実にお金を回収する」という目的を達成したいがために、基本的にはムリな返済を迫ることはあまりないからだ。

そのため金融機関側は、

  • 確実に遅れることなく毎月の返済が行われている(滞納や遅延がない)
  • 一定額を返済し続けてくれる
  • その金融機関と付き合い続けてくれる

という点を重視するため、支払いが困難な理由などをきちんと担当者に説明すると、意外にも返済期間を延ばしてもらうことが可能になる。

また金利を無視した単純計算をすると、残額50万円で残月数が20ヶ月(月2.5万円)のものを、36ヶ月(月約1.4万円)に延ばしてもらった場合、月々の支払額は1万円以上も変化する。

方法2.借り替えをする

自動車ローンは、どこが提供しているものでも「借り換え」が可能なケースがほとんどだ。

つまり「より金利の低い金融機関で借り換えをすれば、月の支払額がお得になる」ということになる。

具体例として、残額200万円で残月数48ヶ月、先程お見せした一覧表の「最も高い金利(4.50%)」から「最も低い金利(1.72%)」に変更した場合の、支払額に関する試算結果をご覧いただきたい。

金利 月々の支払額(円) 総支払額(円) 月々の差額(円) 総支払額の差額(円)
4.50% 45,606 2,189,088 2,460 118,080
1.72% 43,146 2,071,008
※ボーナス払いなし

このように、月々の差額としては2500円程度ではあるが、4年間では12万円近くも差額が生まれてしまうのだ。

そのため低い金利の自動車ローンへ借り換えをすると、確実にお得になるのは間違いない。

ただし注意点もある。

それは「借り換えの手数料」や「保証料」などが取られることによって、金利を低くしても「総額で損してしまう」というケースがあることだ。

つまり月々の返済額が減ったとしても、トータルで見ると「あれ?」ということになってしまう可能性がある。

そのため借り換えをする際には、

  • 金利の低さ
  • 手数料などを含めた総額でも損していないか

をきちんと把握した上で、実施すべきである。

ちなみに総額は金融機関やディーラーの担当者に聞くと、簡単に教えてくれるため心配する必要はない。

また先ほどの一覧表で挙げた「三菱UFJ銀行」や「損保ジャパン日本興亜」では、借り替え手数料なしで対応しており、さらに金利も低いといえるため非常にオススメの自動車ローン会社ということができる。

そこで下記にそれぞれの特徴を説明しておいたので、お得になりたいのであればぜひご覧いただきたい。

筆者オススメは「三菱UFJ」と「損保ジャパン日本興亜」の2社

早速、下記に2社の特徴をまとめた比較表を載せておくので目を通してほしい。

ローン会社 金利 最低借入期間 最長借入期間 最低借入金額(万円) 最高借入金額(万円) その他の特徴
三菱UFJ銀行のマイカーローン 1.72~2.50%(変動) 6か月 10年(120か月) 50 1000 ・事前審査回答は最短で即日
・繰り上げ返済の手数料無料
・借り替えもOK
損保ジャパン日本興和のマイカーローン 1.90~2.85%(固定) 6か月 10年(120か月) 20 999 ・固定金利のため不安が解消される
・土日祝日も審査してくれる
※2018年10月現在の比較結果

ご覧いただくと分かるように、「変動金利」もしくは「固定金利」が主な違いとなる。

三菱UFJ銀行の自動車ローンでは、変動金利として1年に2回金利の見直しがされるものの、見直しによって「よりお得な金利」になる可能性がある。(逆を言うと高い金利になるリスクもある。)

一方、損保ジャパン日本興亜の自動車ローンは固定金利であるため、契約時点の金利が返済完了時まで継続される。

また2018年7月現在の金利は三菱UFJ銀行の方が低いため、一見するとこちらがオススメといえるかもしれない。

とはいえ判断基準としては、

ということができるため、あなたの生活状態によって判断すべきだといえるだろう。

また双方「超大手企業」であるため、貸し倒れなどのリスクはほとんどなく、顧客対応に関しても間違いなくトップクラスであるため、満足度が非常に高くなるといえる。

方法3.今乗っている車を高く売って、安い車を購入する

3つ目の方法は「今乗っている車を高く売って、新しい車を安く買う」ということだ。

というのも車を売ることで、今乗っている車の残債分をすべて返済することも十分に可能になるのだ。

また残債よりも高く車を売ることで、余った分の金額を次の車の頭金にすれば、さらに月々の返済額を抑えることも可能になる。

とはいえ高く車を売ることや、安く車を購入する方法について知らなければ単純に新たな借金が膨らむことになりかねない。

そこで以下にそれぞれの方法を分けて紹介していこう。

車を高く売る方法

車を高く売ることは、実は単純な方法で大丈夫だ。

というのも車買取の専門店を複数社まわり、それぞれを競合させていくことで確実に相場の上限値付近の価格となるのだ。

なぜなら買取専門店は買い取った車を再販することで生計を立てているのだが、昨今の中古車人気の影響で在庫車不足に陥っており、結果的に在庫車確保に必死になっているからだ。

そのため3~5社程度をしっかり競合させていくことで、間違いなく最高額で車が売れると思っても良い。

ただし正直なところ複数社をまわるのは、面倒くさいというのが本音だろう。

そこでオススメなのが「車一括査定」というサービスである。

サービスの詳細は引き続き下記にしていくので、ご覧いただいて利用することをオススメする。

車一括査定とは「複数の買取店」に同時依頼できるサービス

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定のイメージ図

車一括査定のイメージ図

そして名前からもおおよその内容は推測できるだろうが、サービスと提携している何百~何千社もの車買取店の中から、あなたの地域に対応している複数の車買取店に車査定を一括して依頼できるのだ。

またサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは自宅にいながら一気に複数社を競合させられる。

そのため「一度の申し込みをするだけで、最高額が得られる方法」ということができるのだ。

申し込み方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、1~3分程度の時間があれば申し込みを完了させられる。

以上のことから車一括査定を利用することで、へこみのあるあなたの車は「最短時間で最高額を得ることができる」ということになるのだ。

申し込みは非常に簡単で、誰でもササっとできる。

そのためぜひ一度利用して、満足のいく価格提示を受けてほしい。

とはいえひとつだけ問題もある。

それは「車一括査定のサイトはいくつもあるため、どこがオススメなのか分からない」ということだ。

そこで最後に、当サイトで紹介している車一括査定サイトの中から、オススメなものを紹介しておこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

安く車を購入する方法

安く車を購入する場合には、「希望する予算内の車を探す」ということが重要になる。

つまり残債よりも高く売った超過分を頭金にして、前回乗っていた車よりも安い車探しをすべきである。

ただし何度も他社競合をさせたり、営業マンと余分な駆け引きをするのは面倒くさいだろう。

そのため筆者としては最初から希望額を提示して、安い車を探すことをオススメしている。

とはいえ実際のところ安い車は中古車ばかりであるため、価格以外の「年式」や「走行距離」といった条件を合わせるのは難しいと感じていないだろうか。

そこで筆者がオススメするのが「 なびくる+ 」というサービスである。

こちらもサービスの詳細は下記にしていくので、ご覧いただいて利用してほしい。

なびくる+でお得な車をゲットする

なびくる+ 」はインターネット上で「こんな車が欲しい」という情報を入力すると、中古車販売のプロが「こんな車がありますよ」と案内してくれるサービスだ。

つまり相手の顔は見えないものの、全国各地にある在庫車両の紹介をしてくれるサービスといえる。

そしてここで紹介される車は、実は非公開車両や未使用車、そしてディーラーの試乗車落ちなどが含まれているため、「安くて状態の良い車」を探している場合にはもってこいなのだ。

また申し込み自体も非常に簡単で、

  • 希望車種
  • おおよその年式
  • おおよその予算感
  • 車両相談に必要な氏名などの個人情報

を入力するだけで、プロがしっかりとサポートしてくれるので安心してほしい。

また、備考欄があるので、ここに下記のように入力することで新車とほぼ変わらない非公開車両を紹介してもらえる。

なびくる+の上手な使い方

なびくる+の上手な使い方

新車同然、もしくは非常に状態の良い車を安く買いたいという場合には、この方法で「 なびくる+ 」に問い合わせをすることがオススメなのだ。

なびくる+の公式サイト

以上、自動車ローンの負担を軽くする方法についての解説だったが、数千円~数万円程度の削減ができるということは理解できただろう。

とはいえここまで負担額を減らすのであれば、併せて自動車保険の年間保険料も安く済ませるべきである。

というのも自動車保険の年間保険料は、提供している保険会社によって「大きく異なる」ということができるからだ。

そこで最後に、自動車保険を安くするオススメのサービスについて紹介していこう。

4.車の維持費をさらに安くするなら「自動車保険一括見積もり」も活用すべき

自動車保険を安く済ませたい場合、加入している保険会社を見直すだけで大丈夫だ。

具体的には複数の保険会社でほとんど同条件の保険見積もりを作成し、それぞれの保険料を比較するだけでいい。

というのも実際に保険料を比較すると、下記のような差額が出ることが多いのだ。

保険会社名 年間保険料(円) 差額(円)
損保ジャパン日本興亜 113,460 47,030
ソニー損害保険 66,430

※保険料試算の条件

  • ノンフリート等級:10等級(事故有係数0)
  • 車種:ホンダ ステップワゴン RP3型(初度登録:平成27年12月)
  • ASV割引:あり
  • 使用目的:通勤通学
  • 年間走行距離:11,000㎞以下
  • 主な使用地域:愛知県
  • 免許証の色:ゴールド
  • 運転者の年齢条件:26歳以上補償
  • 運転者限定:本人・配偶者限定
  • 車両保険:各保険会社の「一般型」でオススメされたプラン
  • その他の条件:損保ジャパン日本興亜の「補償充実プラン」、ソニー損保の「安心プラン」を選択

なんと保険会社を見直すだけで47,000円も安くなるのだ。

そのため何社もの保険会社を比較することが重要なのだが…やはり「面倒くさい」ということが問題だろう。

そこでオススメするのが「自動車保険一括見積もり」というサービスである。

これまで紹介してきたサービスと似たような性質を持っているが、本当にオススメかつ「確実に安い自動車保険が見つかる」ということができるため、ぜひ下記の説明をご覧になって利用してほしい。

自動車保険一括見積もりとはどのようなサービスなのか

 自動車保険一括見積りとは、ネット上で車種情報を入力すると、自動的に自動車保険会社がマッチングされるサービスだ。

あなたになにのメリットがあるかというと、各保険会社の見積もりを比較できることだ。

前述したとおり、保険会社によって全然金額が異なることが多い。

しかも、同じ保証プランにも関わらず、保険会社によって倍近く違うことも珍しくない。

自動車保険を加入するなら是非ともオススメしたいサービスだ。

しかも、あなたは無料で利用。見積もりのハガキが郵送で届くだけなので、気軽に待っていればいい。

保険は勧誘などが厳しいため、営業電話も一切掛かってこないため、非常にオススメできる。

一番の老舗である「保険スクエアbang!」を使っておけば安心して利用できる。

保険スクエアbang!公式サイト

5.まとめ

以上、自動車ローンの過払い金について解説してきたが、最後に当ページの内容をまとめておこう。

  • 過払い金は違法な金利で超過した分の返済金のことを指している
  • 自動車ローンではどれだけ高くても違法金利より低い金利であることが普通なため、過払い金は基本的にないということができる
  • 過払い金の返還請求はできないものの、3つの方法を活用することで負担を軽減することができる
  • 自動車ローンの負担を軽減させるなら、「自動車保険一括見積もり」も活用すると、さらに維持費が安くなる
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事