車は高い買い物であり、ほとんどのケースで数百万円が必要となる。

筆者は自動車ディーラーの営業マンをしているが、実際のボリュームゾーンでも200万円~400万円程度が多くなる。

そのため、ほとんどの人が銀行やディーラーのローンを活用して、有効に車の購入をしてきているのが現状だ。

しかし一般的には「ローンを組むと損してしまう」と言われているため、あなた自身も気になるのではないだろうか。

そこで先に結論を述べておこう

ローンで購入すると確かに見た目上は損をしてしまうといえる。

とはいえほとんどの人にっては「得している」ということもできるのだ。

その点については後述していくが、実際に筆者自身はローンをオススメしている。

そこで今回は、ローンによる車の購入にはどのようなメリット・デメリットがあるのか、そしてローンと一括購入の比較などもしていくため、最後までご覧いただきたい。

スポンサーリンク

1.車をローンで購入した場合のメリット・デメリット

冒頭でも述べている通り、ローンで車の購入をすると「損をする」と言われることが多い。

その理由は簡単で、「支払い終わった時のトータル金額が金利分も含むため高くなる」といえるからだ。

その点については筆者も理解しているが、それでも実際にオススメするのはやはりローンでの車購入である。

早速、以下にローンでの車購入によるメリットとデメリットについて紹介していくので、ご覧いただきたい。

車ローン購入の2つのメリット

ローンで車を購入した場合のメリットは下記のとおりである。

  • メリット1.一気に資金がなくなるのを防ぐことができる
  • メリット2.金利がお得な場合には一括とそれほど変わらない

それぞれ以下に分けて説明していく。

メリット1.一気に資金がなくなるのを防ぐことができる

一括で車の購入をする場合には、一気に数百万円もの大金がなくなってしまう。

つまりあなたの手持ち資金の内の大部分が失われることになりかねないのだ。

実際に「金融広報中央委員会」という公的機関のデータから見ても分かるのだが、実は家計の金融資産(主に預貯金額)は最も多いボリュームゾーン(中央値)で380万円となっている。

この結果からも分かるのだが、1台の車を一括購入する場合、統計データから見ても「大部分が失われる」ということができる。

そのため「今後まとまったお金を使うことはほとんどない」と断言できない場合には、ローンによる分割購入をした方が安心感を得られるというわけだ。

また筆者にも経験があるのだが、一気に資金がなくなると焦って極度の節約症になってしまう。

この状態は身も心も疲弊してしまうため、精神衛生上もローンを活用するときのメリットは非常に大きいといえるだろう。

メリット2.金利がお得な場合には一括とそれほど変わらない

ローンを組むと金利分で数万~数十万円程度損するといわれる。

しかし実際のところ、ローン会社によってはそれほど高くない場合もあるのだ。

後で紹介するが、それほど高い金利ではなく「損した」といえない場合もある。

また金融機関やディーラーなどが金利キャンペーンなどを実施している場合には、ほとんど無視できるほどの金利でローンを組むことができると思っても間違いない。

実際に筆者がディーラーで勤務している中でも、他社の金利キャンペーンで「0.01%」という、超低金利のケースがあった。

そのため「ローンが絶対的に損」という考えはまず捨てても構わないといえる。


以上がローンによる車の購入に関するメリットの解説だったが、本当に気になるのはデメリットの方だろう。

デメリットについては次に説明していくので、こちらをじっくりご覧いただきたい。

車ローン購入の2つのデメリット

ローンによる車の購入のデメリットは、下記の2点である。

  • デメリット1.高い金利で契約すると損をしてしまう
  • デメリット2.ローンを完済するまでは自分の所有物にならない

こちらについてもそれぞれ以下に分けて説明していこう。

デメリット1.高い金利で契約すると損をしてしまう

ローンの金利は先ほど述べたお得なパターンもあれば、高くて損してしまうパターンもある。

そのため、あなたが後者に当てはまった場合には、正直なところ「損する」と言わざるを得ない。

 ローン会社によっては金利キャンペーンによって超お得に車の購入ができる場合もあるのだが、各社の金利設定はバラバラであるという現状もあるため、その結果として「損するケースもある」ということになる

つまり言い換えると、ローンを組むときは様々なローン会社の金利を比較して、その後お得な条件で車の購入をしていくのが賢い方法ともいえる。

とはいえ後述するオススメのマイカーローンであれば、暴利を取られることもなく、さらに超大手金融機関が展開している商品であるため安心してほしい。

デメリット2.ローンを完済するまでは自分の所有物にならない

ローンで購入する場合、実は下図のように「完済するまではローン会社の物」という状態になっている。

その理由は単純である。

というのもローン会社としてはあなたからきちんと返済を続けてもらわなければならない。

しかし仮にあなたのに所有権を持たせている場合、あなたが「これはそもそも自分のものだ」と主張してしまうと、お金を返さずとも車は自分の所有物であると認められてしまうのだ。

そのため返済をきちんとしてもらうための担保として、車についている所有権は「返済が完了するまではローン会社」ということになっている。

悪い言い方をすると、返済が完了するまでは「人質に取られている」というイメージだ。

とはいえ所有権がローン会社についているからといって、ローン会社が何か悪だくみをすることはないため心配する必要はない。

またローン会社が所有権を主張して使用方法などの制限をされることもなく、一般的なマイカーローンの範囲であれば「単純に車の購入代金を一度肩代わりしてもらうだけで、口出しされることはない」と覚えておいてほしい。


以上がローンによる車の購入に関するメリットとデメリットの説明だったが、実は一点説明していないことがある。

それは「ローンを提供する会社は様々である」ということだ。

そこで次は簡単に、車の購入をする場合に利用する主なローンを3点紹介していこう。

ローンの種類は3種類

車のローンに関しては、購入時に3つの中から選択することが多い。

その選択肢は下記に挙げたものだ。

車ローンは3種類あり

  1. ディーラーのマイカーローン
  2. 銀行のマイカーローン
  3. 残価クレジット型のマイカーローン(残クレ)

こちらについてもそれぞれ以下に分けて説明していこう。

1.ディーラーのマイカーローンの特徴

ディーラーローンとは、その名の通りディーラーで組むマイカーローンのことである。

そして超低金利キャンペーンを主に実施するのはディーラー系のマイカーローンだ。

しかし超低金利キャンペーンが実施されるのは、あまりに突飛なタイミングであることも多いため、なかなか合わせることが難しいという現状がある。

またディーラー系のローンは、通常の金利が高いことがほとんどであるため、「損したくない」という意識が強い人にはオススメできないといえる。

とはいえ審査の通りやすさは非常に「やさしい」ということができるため、その点はメリットといえるだろう。

2.銀行のマイカーローンの特徴

銀行ローンは正直に言うとディーラーよりも審査は厳しい。

しかし実際のところ、あなたが自営業者である場合や多重債務者である場合などを除き、ほとんどの場合で通過することが多い。

そのためよほどのことがない限り、銀行ローンもディーラーローンもほとんどの人が通過するといえるのだ。(もちろん金額が高すぎるなどの場合には通過しないこともあるが…)

また銀行ローンの強みとしては、金融一筋で運営されているため「金利が低い傾向にある」ということである。

実際にディーラーのローンと比較しても、大幅に低いこともあるのだ。

また銀行同士を競合させることによって金利が引き下げられる場合もあるため、「今よりもっと低い金利で契約できる可能性がある」といえる。

3.残価クレジット型のマイカーローン(残クレ)

残クレとは最近よく聞く車の購入方法で、「お金を借りる」という点でローンと酷似している。

しかし仕組みとしては

  • 車を借りて、一定期間料金を支払い続ける
  • 期間満了後、最初に設定した残価を支払って買い取る
  • もしくは車を返却して、新しい車に乗り換える

ということになる。

文章だけでは分かりづらいかと思うので、下図も併せてご覧いただきたい。

残価クレジット型ローンの仕組み

残価クレジット型ローンの仕組み

実は残クレは、最初に「残価」を設定することでローンで言う頭金のような役割を持たせ、月々の支払額をある程度調整することができる。

設定できる上限は車種によっても異なるため一概には言えないのだが、昨今「高級車が月々〇万円なんてお得!」といった広告を見かけるのは、このような仕組みだからだ。

 しかし実際のところは「借りているだけ」というのが現状であり、さらに借りるための金利なども非常に高いため、「最も損な方法」ということができる。

もちろん憧れの車に乗れるチャンスは広がるが、筆者としては「それならばローン期間を延長して、月々の返済額を抑えるべき」と結論付けている。


以上が主な3つのローンに関する説明だったが、ここまでの説明からも分かる通り筆者としては「ローンで車を購入すべき」というのが本音だ。

さらに言うと、上記した説明にもある「銀行ローンがオススメ」ということができる。

もちろん一括で車の購入をしても資金的な余裕がある場合には、一括購入が最もお得になるためオススメである。

しかし200万円~400万円という大金を失うと困る場合には、次に紹介するマイカーローンを検討すべきといえるだろう。

その場合には、次章にて紹介するマイカーローンを有効活用することがオススメだ。

2.車のローンはコレで決まり!

筆者がオススメするマイカーローンは、下記の2点である。

オススメのマイカーローン2つ

それぞれ、以下に特徴をまとめた比較表を載せておくのでご覧いただきたい。

ローン会社 金利 最低借入期間 最長借入期間 最低借入金額(万円) 最高借入金額(万円) その他の特徴
三菱UFJ銀行のマイカーローン 2.975%(変動) 6か月 10年(120か月) 50 1000 ・事前審査回答は最短で即日
・繰り上げ返済の手数料無料
・借り替えもOK
損保ジャパン日本興和のマイカーローン 1.90~2.85%(固定) 6か月 10年(120か月) 20 999 ・保証料不要
・固定金利のため不安が解消される
・土日祝日も審査してくれる
※2018年5月現在の比較結果

まず「そもそも損保ジャパンって保険会社では?」という感覚になっただろう。

しかし実は損保ジャパンをはじめとする保険会社は金融庁に登録しているため、実は何ら不思議なことではないのだ。

そして大手保険会社の潤沢な資金と経営の安定性を考えると、実は非常にオススメできるマイカーローンの一つといえる。

また三菱UFJ銀行のマイカーローンに関しては言わずもがな「金融機関の超大手」といえるため、その信頼感は抜群といえる。

それを踏まえて下記にそれぞれの特徴を、簡単にまとめておいたので目を通してほしい。

このように、それぞれの特徴を加味すると「どちらがオススメなのか」がおのずと分かるだろう。

どちらも安心感は抜群であり金利も高くないことから、あなたの状況に合ったものを選択すると上手くいくのは間違いないといえる。

また現在も車を探している状態であるならば、次章に紹介するサービスを利用することで賢い車選びができることは間違いないだろう。

三菱UFJ銀行のマイカーローンの公式サイト
損保ジャパン日本興和マイカーローンの公式サイト

3.新車同然の車が見つかる「なびくる+」

新車同然でありながら、価格的にお手頃な車を見つけられるサービスがある。

それは「 なびくる+ 」というサービスだ。

このサービスは提携している中古車販売店の「未公開車両」を、サービスに問い合わせてきたお客様に案内するものである。

そして問い合わせると、新古車やディーラーの試乗車落ちなどをお得な価格で案内してくれるため「非常にお得な車購入」が可能となるのだ。

またサービスを利用するには

  • 希望車種
  • おおよその年式
  • おおよその予算感
  • 車両相談に必要な氏名などの個人情報

を入力するだけであるため、非常に手軽といえる。

そのため車探しも同時進行するのであれば、無料で利用できるサービスなのでぜひ問い合わせることをオススメする。

また、備考欄があるので、ここに下記のように入力することで新車とほぼ変わらない非公開車両を紹介してもらえる。

なびくる+の上手な使い方

なびくる+の上手な使い方

新車同然、もしくは非常に状態の良い車を安く買いたいという場合には、この方法で「 なびくる+ 」に問い合わせをすることがオススメなのだ。

なびくる+の公式サイト

4.まとめ

以上、車のローン購入に関する解説を終了するが、最後に当ページの内容をまとめておこう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事