車一括査定は車が高く売れる非常に便利なサービスだ。

それはどのサイトでも同じことが書かれているため、あなたはこんな事を考えるのではないだろうか?

  • 車一括査定にはデメリットだってあるはずだ
  • そのデメリットはどんなものか知りたい
  • デメリットを解決する方法はなんだろうか

先に結論からお伝えすると、もちろんデメリットはあるが対処法もある。

本記事では、車一括査定を使うとどんなデメリットが起きるのかということを包み隠さずお伝えしている。

その上で、どう対処したら良いのかというデメリットの解決方法も紹介している。

そのため、この記事を読むだけで車一括査定のデメリットが分かるだけではなく、それを上手に回避するテクニックまで身につく。

デメリットを回避できれば車を高く売れるというメリットだけが残るので、申し込みを悩んでいる人はまず目を通すことをオススメする。

目次

スポンサーリンク

1.車一括査定のデメリット3選

便利なサービスには大体デメリットが付きものだ。

仕方がないことではあるが、そのデメリットを理解して使うか理解せずに使うかで大きく結果が変わってくる。

事前に対策ができるよう、車一括査定のデメリットを紹介する。

先に結論を箇条書きでお伝えすると、車一括査定のデメリットは以下の3つである。

車一括査定のデメリット3選

  • デメリット1.電話の量が多い
  • デメリット2.スケジュール調整がめんどくさい
  • デメリット3.買取店が少ない地域によっては意味がない

車一括査定のメリットは、車が高く売れることである。

最大で数十万円の違いが出ることも珍しくない。

非常に使う価値の高いサービスではあるが、このような3つの大きなデメリットがある。

そこで、これらについて詳しく解説をしていく。

デメリット1.電話の量が多い

車一括査定の最大のデメリットは、申し込み直後から大量の電話がかかってくることだ。

夜21時〜翌朝8時まで電話がかかってくることは無いが、それ以外は申し込んだ数秒後から電話が鳴り止まない。

実際にTwitter上ではこのような口コミが数多く見られる。

どちらも申込後に大量の電話がかかってきていることが分かる内容だ。

もちろん筆者でも実際に申し込みをしており、大量の電話が掛かってきているのは経験済みだ。

車一括査定後の電話1

車一括査定後の電話1

車一括査定後の電話2

車一括査定後の電話2

これは車一括査定サイトの仕組み上仕方がないことだ。

なぜなら車一括査定サイトは直接買取を行っているわけではないからだ。

車を売りたいと考えている利用者が登録した情報を、複数の中古車買取業者に提供しているためにこうしたことが起こる。

そこで、車一括査定サイトの仕組みを表したわかりやすいイラストを用意したので見てほしい。

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定のイメージ図

車一括査定のイメージ図

このイラストの通り、自分で1社ずつ申し込みをすれば申し込んだ業者の数だけ電話がかかってくることは容易に想像がつく。

車一括査定に申し込むのは1回なのに、その後何社からも電話がかかってくるのはこのイラストを見れば理由が分かるだろう。

車一括査定サイトは、何社にも申し込む手間を1度に減らしてくれるという役割がある。

しかし、その仕組みを理解していないと、思わぬ電話の多さにビックリしてしまうのだ。

電話が多いことに関しては、きちんと対処法があるので後ほどお伝えする。

その前に、2つ目のデメリットに関して解説していこう。

デメリット2.スケジュール調整がめんどくさい

車一括査定は複数の中古車買取業者に一度に申し込みができる特徴があると先程紹介した。

一度に申し込みができる業者数は車一括査定サイトによって異なるが、平均10社以上は同時申し込みが可能だ。

ということは、その数だけ電話がかかってくることを意味する。

業者ごとに査定を受けなければいけないため、そうなると問題になるのがスケジュール調整だ。

このスケジュール調整が意外とめんどくさいことが、車一括査定の2つ目のデメリットである。

もし10社の査定を受けるとしたら、買取業者と10回会う機会を設ける必要がある。

1度の査定に30分〜1時間はかかると仮定すると、最大で10時間分の空き時間を確保する必要がある。

査定は基本的に自宅で行うため、日中に1時間程度の時間が作れるとなると休日を利用することになるだろう。

1回の休日で3社の査定を受けると仮定したら、最低でも3日以上の休日を確保しなければいけないことになる。

となるとスケジュール調整がめんどくさいことは想像に難くない。

これらの交渉を全て電話で行わなければいけないというのも、スケジュール調整がめんどくさいと感じる理由の1つだろう。

このめんどくさい作業を解消する対処法も後ほど紹介する。

最後に、3つ目のデメリットについても解説していこう。

デメリット3.地域によっては意味がない

車を高く売るためのコツは、複数の業者に査定を依頼することだ。

複数の買取業者が1台の車を買い取るために競争するから査定額がどんどんと上がっていく。

それを可能にしているのが車一括査定だ。

しかし、そもそも買取業者があなたが住んでいる街になかったらどうだろうか?

実はこれこそが3つ目のデメリット、地域によっては申し込む意味がないということなのだ。

より説明をわかりやすくするために以下の画像を見てほしい。

カーセンサーで沖縄を申し込んだ時の画面

カーセンサーで沖縄を申し込んだ時の画面

これは筆者が実際にカーセンサーの車一括査定に申し込みをしている画面だ。

カーセンサーは郵便番号を入力するだけで、自宅の近くにある買取業者を表示してくれる。

カーセンサーは提携業者数が1,000社以上もあるため、都心部であれば平均10社程度の買取業者が表示される。

しかし上記の画像のように、地域によっては買取業者の数が極端に減ってしまうことがある。

今回のケースでは、沖縄県の郵便番号を入力したら申し込み先の買取業者が3社にまで減ってしまった。

車一括査定のサイトによっては、表示される業者の数が1社だけというケースもある。

それがこの画像のケースだ。

かんたん車査定ガイドの沖縄で申し込んだ時の画面

かんたん車査定ガイドで沖縄を申し込んだ時の画面

カーセンサーと同様の車一括査定サイト、かんたん車査定ガイドで筆者が実際に申し込みをしている画面だ。

同じ沖縄県の郵便番号を入力したところ、査定依頼先として表示されたのはガリバーの1社だけになってしまった。

こうしたケースでは、車一括査定に申し込む意味が無い。

このように地域格差が激しいという特徴があることも覚えておきたい。

以上が、車一括査定の3つのデメリットだ。

しかし何度もお伝えしている通り、車一括査定サイトを使えば車を高く売ることができる。

デメリットだけを見て利用を諦めるのはもったいないと断言する。

重要なことはデメリットを理解して、それを回避して車一括査定を使うことだ。

賢い使い方さえ知ってしまえば、全てのデメリットは大した問題ではないことが分かる。

そこで次章では、車一括査定のデメリットにどう対処していくべきか、その方法を伝授していこう。

2.車一括査定の3つのデメリットの対処法

車一括査定の利用方法として最も賢いのが、デメリットを知った上で上手に回避することである。

筆者としては、これだけのデメリットがあったとしても車一括査定を使うことをオススメする。

なぜなら、車一括査定を使うか使わないかで査定結果に大きな違いがあるからだ。

中には車一括査定を使ったことで、ディーラーの下取りより30万円以上も高く売れたという口コミもあり、車が高く売れるというのは事実であることが分かる。

デメリットとして挙げられていることには、全てそうなっている理由がある。

その理由さえ分かれば向き合う方法も見えてくる。

そこでこの章では、デメリットの中でも一番大きい「電話がしつこい」という点をメインに、先程紹介した3つのデメリットの対処法を紹介していこう。

申し込むとどういう状態になるのか

まず、車一括査定に申し込むとどれほどの電話がかかってくるのかを紹介しよう。

思っていた以上に電話がしつこくて、ビックリする人もいるだろう。

簡潔に伝えると、ネット上の口コミではこのようなことが書かれている。

  • 短時間に15件の着信があった
  • 申し込みが完了した瞬間から電話がかかってきた
  • 合計で99件も着信履歴があった

これらは全てTwitter上で書かれていた車一括査定の利用者の評判である。

車一括査定に申し込むと、申し込みが完了した瞬間から大量の電話の嵐になることは事実だ。

そもそも、なぜそんなにたくさんの電話がかかってくるのだろうか?

これは車を高く売るために重要なことなので是非知っておきたい。

なぜこんなに電話がかかってくるのか

車一括査定に申し込むと大量の電話がかかってくることはすでにお伝えした。

これには大きく3つの理由があるので紹介しておこう。

  • 電話が多い理由1.買取業者が利用者に直接連絡するシステムだから
  • 電話が多い理由2.最初に電話をかけた業者ほど車を買い取れる可能性が高いから
  • 電話が多い理由3.オートコールシステムを採用している業者があるから

ここでは、それぞれの理由について詳しく解説していこう。

電話が多い理由1.買取業者が利用者に直接連絡するシステムだから

まず多くの人が勘違いしていることを訂正すると、車一括査定のサイトは直接車の買取を行っているわけではない。

車を売りたい人の情報を、複数の買取業者に渡しているだけだ。

利用者はそれによって面倒な査定申し込みが1度で完了するというメリットがある。

しかし、申し込みの後に利用者とやり取りするのは車一括査定サイトではなく各買取業者だ。

そのためそれらの業者が一斉に利用者に電話をする。

電話連絡が多いと感じるのはそのためだ。

各業者は1度しか電話をしなかったとしても、10社に同時申し込みしていれば最低10回の電話はかかってくる。

これが不在で電話に出られないとなると、電話の数は増えていくばかりである。

車一括査定サイトの役割は、申し込んだ時点で終了している。

そこから先は各買取業者と利用者のやり取りになるため、電話連絡が激しくなるのだ。

また、各買取業者は電話をかけるスピードを重視している。

それについて以下で説明しよう。

電話が多い理由2.最初に電話をかけた業者ほど車を買い取れる可能性が高いから

車一括査定サイトから申し込みがあったら、買取業者はスピード勝負になる。

なぜなら一番最初に利用者と電話で連絡が取れた業者ほど、車を買い取れる確率が上がるからだ。

車一括査定に申し込んだら、実際に自宅に査定に来てもらう必要がある。

そのため、各買取業者はそのアポ取りのための電話をすることになる。

そう考えば、当然電話連絡が早い方が先にスケジュールを押さえることができることが分かる。

どこの買取業者よりも先に電話をかけて査定日を決めてしまい、どこよりも先に実車を見せてもらうことこそが、買取業者が最も重視していることなのだ。

そのため、利用者は申し込んだ瞬間から激しい電話の嵐に見舞われることになる。

更に一部の買取業者は、車一括査定に申し込んだ利用者に瞬時に電話をかけるシステムを採用している。

そのシステムについて解説しよう。

電話が多い理由3.オートコールシステムを採用している業者があるから

一部の買取業者の中には、車一括査定サイトから申し込みがあったら瞬時に電話をかける「オートコールシステム」を採用しているところがある。

現在オートコールシステムの導入が確認されているのは、以下の2業者である。

  • ガリバー
  • ビッグモーター

ガリバーやビッグモーターは、中古車買取業者の中でも最大手として有名だ。

それには、こうしたコンピューターによって最適化されたシステムの導入が関係している。

オートコールシステムは、車一括査定の申し込みの際に入力した電話番号に自動で電話をかける。

利用者が電話に出るまで何度もかけるシステムになっているので、電話がしつこいと感じる理由はここにあると言っても良いだろう。

早い時には申し込み完了後、数秒後には電話がかかってくることもある。

車一括査定に申し込む際には、すぐにガリバーとビッグモーターから電話がくると覚えておきたい。

今紹介した3つが、車一括査定は電話が多いと感じる理由だ。

買取業者もまずは電話で査定日を決めなければいけないため、何度も電話をしている。

つまり、車一括査定は電話がかかってくるというのは仕方ないことなのだ。

しかし、電話の数を減らすための対処法があるので安心してほしい。

何も知らずに申し込むと電話がしつこいと悩むことになるが、これから紹介する方法を知っていれば電話の数を最低限まで減らすことが可能だ。

車一括査定を申し込み後の電話攻撃の対処法

車一括査定を使うと電話がかかってくるのは仕方がないと説明した。

より多くの業者とやり取りした方が査定のチャンスも増えるため、高価買取に繋がる可能性が高い。

業者も電話をかけることが目的ではなく、アポイントを取ることが目的である。

そのためしっかり対応をすればしつこく何度も電話をかけてくることはなくなる。

そこで、ここでは正しい電話の対処法について詳しく説明をしていこう。

電話の数を減らすことができる車一括査定サイトは、「 カーセンサー 」が挙げられる。

カーセンサーで電話の数を減らす方法について詳しく説明するので、車一括査定の電話に悩む人は必見だ。

カーセンサーを使って電話の数を減らす方法

カーセンサーはリクルートが運営する車一括査定サイトだ。

よくある車一括査定と同じ仕組みを採用しているが、下記2点の特徴を持っている。

  • 査定申し込み先が選べる
  • メールによる連絡を希望できる

先に結論をお話すると、ガリバーとビッグモーターを申込先から外し、メールによる連絡を希望すれば電話の数は最低限に減らすことが可能ということである。

カーセンサーを使ってメール連絡を希望する方法は下記の画像の通りだ。

PCで申し込む方法
カーセンサーをPCで申し込んだイメージ図

カーセンサーをPCで申し込んだイメージ図

カーセンサーをPCで申し込んだイメージ図

カーセンサーをPCで申し込んだイメージ図

スマートフォンで申し込む方法
カーセンサーをSPで申し込んだイメージ図

カーセンサーをSPで申し込んだイメージ図

カーセンサーをSPで申し込んだイメージ図

カーセンサーをSPで申し込んだイメージ図

PCとスマートフォン、どちらも申込方法は変わらない。

必要事項を入力して指示通り進んでいくと、上記の画面が表示される。

その際に、下記3点の操作を忘れずに行う必要がある。

  1. 「ガリバー」「ビッグモーター」の選択を外す
  2. 「任意項目」を選択
  3. 「連絡希望時間帯」に「メール連絡希望」と入力

これだけ行えば、オートコールシステムを採用しているガリバーとビッグモーターから電話がかかってくることはなくなる。

その他の業者もメールによる連絡に切り替えるため、電話の数は最小限まで減らすことが可能になる。

ただし、電話が0になるわけではないということは覚えておきたい。

なぜなら、メール連絡に切り替えるかどうかの判断は各買取業者に委ねられているからだ。

利用者はメール連絡を希望しても、買取業者が電話をしてくるケースもある。

車一括査定の申し込みに電話番号の入力は必須であるため、このような事態が起こることも予め想定しておきたい。

しかし、カーセンサーを使えば電話の数が減ることは明らかだ。

何十件もかかってくるしつこい電話が減るだけでも、相当なストレス軽減に繋がる。

次は、スケジュール調整をどう行うかの方法について詳しく解説しよう。

車一括査定申し込み後の買取業者とのスケジュール調整の対処法2選

2つ目のデメリットとして挙げたスケジュール調整のめんどくささであるが、これは以下の2つの方法で対処することができる。

  • スケジュール調整の対処法1.あらかじめ対応可能な日を決めておく
  • スケジュール調整の対処法2.同日の同時刻に全ての業者を呼ぶ

ここではそれぞれについて詳しく解説していこう。

スケジュール調整の対処法1.あらかじめ対応可能な日を決めておく

これは非常にシンプルな方法だが、車一括査定に申し込む前に査定日を決めてしまうという方法がある。

車一括査定に申し込んだら電話またはメールで連絡が来るため、全ての業者に対応できる日を自分から伝えてしまうことだ。

電話口で日程の調整や自分のスケジュールを確認するのは非常に面倒だ。

そのため自分で、この日なら対応できるという日を3つほどリストにしておき、その中から日程を決めるようにすればいいのだ。

また、複数の業者を同日に呼んでしまうという方法もあるので紹介しておこう。

スケジュール調整の対処法2.同日の同時刻に全ての業者を呼ぶ

全ての業者と一対一で予定を組むとなると、非常に手間がかかってスケジュール調整がめんどくさい。

そうならないためにも、全ての業者に同じ日程の同じ時間を伝えるという方法がオススメだ。

各買取業者は自宅に査定に来てくれるため、4〜5社ほどを全て同じ時間に集めてしまう。

その場で各社に査定を出してもらい、どの業者が一番高くなるのかを確認するのだ。

相見積もりになるため、査定額が高額になる可能性が高くなる。

実際に車一括査定をこのように活用している人もいるため、覚えておいて損はないだろう。

これがスケジュール調整の対処法であるが、ある程度面倒であることは仕方がないということも伝えておこう。

車一括査定は、複数の買取業者と交渉をするから車が高く売れるという特徴を持つ。

そのため、査定の回数が増えるのは仕方がない。

その分スケジュール調整が面倒になってしまうのも、ある程度は仕方がないと言える。

しかし、それでも上記で紹介した2つの方法を使えばそのめんどくささが多少は軽減されるだろう。

最後に、地域による格差があることへの対処法もお伝えしよう。

買取店が少ない地域によっては意味がないことの対処法

記事の冒頭でもお伝えしたが、車一括査定は地域によっては査定依頼先が1社しかないという事態も発生する。

一括査定と言いながら、1社にしか申し込めないのであれば、それは車一括査定が全く意味を持たない。

その場合は、なるべく提携業者数が多いサイトを使うことで対処できる。

具体的には、下記の2つのサイトがオススメだ。

カーセンサーは全国に1,000社以上の提携業者がある。

ユーカーパックに関して言えば全国に2,000社以上の提携業者がある。

そのため、全国どこで申し込んでも複数の業者が車を買い取ってくれる可能性があるのだ。

以前にもお見せした画像を再度見てほしい。

沖縄の地域でカーセンサーを申込した画面

カーセンサーで沖縄を申し込んだ時の画面

カーセンサーで沖縄を申し込んだ時の画面

 

沖縄の地域でかんたん車査定ガイドを申込した画面

かんたん車査定ガイドの沖縄で申し込んだ時の画面

かんたん車査定ガイドの沖縄で申し込んだ時の画面

これは同じ沖縄県の郵便番号で車一括査定を申し込んだ時の画像である。

カーセンサーは提携業者数が1,000社以上と非常に多いことから、査定申し込み先が3社表示されている。

対するナビクルの提携業者数は55社と少ない。

そのため地域によってはこのような差が生まれてしまうのである。

こうした事態が起きないよう、車一括査定を利用する際には提携業者数の多いサイトを使うのがオススメだ。

以上が、車一括査定のデメリットを解消するための対処法である。

筆者の正直な意見を述べると、完全な対処法は無いということだ。

電話がかかってくることは、複数の業者に査定を依頼している時点である程度仕方がないことと言える。

その分車が高く売れるというメリットがあるため、そのメリットのために多少のデメリットは我慢するしかないというのが現状だ。

車一括査定を使って数十万円も車が高く売れるなら、多少の電話の多さは仕方ないと割り切る姿勢も必要だろう。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

車一括査定とは「複数の買取店」に同時依頼できるサービス

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定のイメージ図

車一括査定のイメージ図

そして名前からもおおよその内容は推測できるだろうが、サービスと提携している何百~何千社もの車買取店の中から、あなたの地域に対応している複数の車買取店に車査定を一括して依頼できるのだ。

またサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは自宅にいながら一気に複数社を競合させられる。

そのため「一度の申し込みをするだけで、最高額が得られる方法」ということができるのだ。

申し込み方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、1~3分程度の時間があれば申し込みを完了させられる。

以上のことから車一括査定を利用することで、へこみのあるあなたの車は「最短時間で最高額を得ることができる」ということになるのだ。

申し込みは非常に簡単で、誰でもササっとできる。

そのためぜひ一度利用して、満足のいく価格提示を受けてほしい。

とはいえひとつだけ問題もある。

それは「車一括査定のサイトはいくつもあるため、どこがオススメなのか分からない」ということだ。

そこで最後に、当サイトで紹介している車一括査定サイトの中から、オススメなものを紹介しておこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

楽天オート

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

3.まとめ

最後に、この記事の中でも重要なポイントを4つ確認しておこう。

  • 車一括査定の最大のデメリットは「電話の多さ」
  • 電話が多い理由はそれだけ激しい競争をしているから
  • 電話を数を減らせる車一括査定サイトは「 カーセンサー
  • デメリットを知った上で車一括査定の利用を判断するのが大事

この4つのポイントについては、車一括査定を利用する上で非常に大事なことなので覚えておきたい。

電話の数が多いというのはデメリットに分類されがちだが、その分複数の業者と交渉できるチャンスがあると考えるかどうかの問題である。

かかってくる電話を逆手に交渉をすれば、それだけで査定額が上がる可能性がある。

他のデメリットもしっかり確認した上で、それでも車が数十万円高く売れることを思い出そう。

そして、自分が楽な手段を選びたいのか、車を少しでも高く売りたいのかを今一度考えよう。

中にはカーセンサーのように電話の数を減らすことができる車一括査定サイトも登場しているため、活用しない手は無い。

少しでもお得に車を手放したいなら、車一括査定を利用することを筆者はオススメする。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事