あなたは、「車一括査定に申し込むとたくさん電話がかかってくる」と聞いたことはないだろうか?

もしそのことについて調べているとすれば、「電話は大量にかかってくる」と先に結論を伝えておこう。

その上であなたは、こんな事を知りたいと考えているはずだ。

  • 車一括査定に申し込むとどれほどの電話がかかってくるのか
  • なぜそんなに電話がかかってくるのか
  • 電話を少なくする方法があるなら知りたい

本記事では、そうした疑問を解決するために車一括査定で電話が少なくなる方法を紹介している。

もし、電話が理由で車一括査定の利用を悩んでいるなら必見だ。

またそれだけではなく、車一括査定に申し込んだら電話がしつこいくらいにかかってくる理由についても説明している。

実際にどれほどの電話がかかってくるのかも紹介している。

そのためこの記事を読み終わる頃には、電話に悩まされない車一括査定の使い方が身についているはずだ。

よく理解しないまま申し込んで、しつこい電話で困ることがないように、事前に目を通しておくことをオススメする。

スポンサーリンク

1.車一括査定は電話が鬼のようにかかってくる

車一括査定に申し込むと電話がしつこいくらいにかかってくることは事実だ。

早い業者だと申し込み完了と同時に掛かってくる。分かっていてもビックリする。

実際にどれほどの電話がかかってくるのか、体験したことのある人の実例を紹介しよう。

  • 申し込み直後に1社目からの電話
  • 1社目と電話で話している間にも複数の着信
  • 電話を切って不在着信を見ると15件
車一括査定申し込み後の着信の様子

車一括査定申し込み後の着信の様子

車一括査定申し込み後の着信の様子

車一括査定申し込み後の着信の様子

これを見るだけで、車一括査定の電話のしつこさはわかっていただけるだろう。

これはどの車一括査定サイトを利用しても同じことである。

電話の内容は査定額を知らせるものではなく、査定をさせてほしいという内容だ。

多くのユーザーが電話で査定額が知らされると思っているだけに、ビックリしてしまうだろう。

それでは、なぜ車一括査定は申し込むと鬼のように電話がかかってくるのだろうか?

その理由と車一括査定の仕組みを紹介しよう。

電話の主は車一括査定会社ではなく車の買取業者

車一括査定に申し込んだ際にユーザーに電話をかけてくるのは、車一括査定の運営会社ではなく実際に車を買い取っている業者だ。

そうなっているのには車一括査定の仕組みが関係してくる。

車一括査定は簡単に説明すると以下の3つの特徴を持っている。

  1. 特徴1.車一括査定サイトは車の買取を行っていない
  2. 特徴2.ユーザーが入力したデータを買取業者に送っているだけ
  3. 特徴3.申込後の査定依頼や業者のやり取りはユーザーが直接行う

この時点で勘の良い人なら気づいただろう。

車一括査定はあくまで、中古車買取業者に車を売りたい人の情報を送っているだけなのだ。

つまり車一括査定サイト自体では査定の申し込みのみしかできず、愛車の正式な査定価格はわからないのだ。

申し込み後は各買取業者とユーザーが直接やり取りをする必要がある。

そのため、車の買取業者がこぞって電話をかけてくるという仕組みになっている。

これを聞くとあなたは「だったら最初から各買取業者に依頼した方がいいのではないか」と思ってしまうかもしれない。

しかし、車一括査定サイトは非常に大きなメリットを持っているため、その2点だけは覚えておきたい。

  1. メリット1.面倒な情報入力が1度で済む
  2. メリット2.一括査定サイト経由という時点で買取業者は安い査定価格を提示できない

車一括査定サイトは、1度の情報入力で複数の買取業者に査定の依頼ができるというメリットがある。

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定のイメージ図

車一括査定のイメージ図

その上、各買取業者は車一括査定経由で申し込みがあった人に対しては足元を見た金額は提示できない。

他にもライバルがたくさんいることを分かっているからだ。

他にもライバルがいるというのは車を高く売るためには非常に重要なポイントとなる。

そして、それこそがしつこい電話攻撃を生んでいる原因なのだ。

そこについて、もう少し詳しく解説していこう。

なぜ買取業者はこんなにも電話をかけてくるのか

車一括査定に申し込んだらしつこいくらいに電話がかかってくるのは、ライバルより早くユーザーとコンタクトを取らないといけないからである。

なぜなら、一番最初に電話をかけた業者が最も車を買い取れる可能性が高いからだ。

車一括査定に申し込んだ後の流れはこうなっている。

  1. 電話で査定日を決める
  2. 実際に車を査定してもらい正式な査定額を出す
  3. 交渉の末売るか売らないかをユーザーが決める
  4. 車を売却する

このことから分かるように、買取業者はなんとしてでも先に査定日を決めてしまいたいと考えるのだ。

営業マンは一度直接ユーザーと会えれば、後は営業トークで売却まで持ち込もうとする。

とにかく重要なのが一度実車を見せてもらうということである。

そのため、各社スピード勝負でユーザーに電話をかけてアポイントを取ろうとしているのだ。

もちろん、ライバルと最も勝負できるのは査定価格である。

しかし、ただなんとなくと思っているユーザーを取り込むためにはどこよりも先に電話をかけることが重要なのである。

Twitter上の電話連絡に関する口コミ

実際に車一括査定に申し込んだ人が、どれほどの電話がかかってきているか知るためにはTwitter検索がオススメだ。

筆者がTwitterで車一括査定の口コミを調べていた中で、参考になりそうなものをいくつか抜粋してみた。

これらを見ると、いかに電話が多いのかが分かるだろう。

申し込み直後から電話がかかってくると書いている人も多く、ここまで紹介した情報を裏付ける結果となっている。

そして、中でも覚えておきたいのが4つ目の口コミだ。

1社目は19万円と提示があったものの、複数の業者と交渉していく中で結果として30万円も高く車を売ることに成功している。

電話はしつこいが、こうした交渉を行えることこそ車一括査定の最大のメリットである。

そしてこの口コミについても紹介しておきたい。

この人は口コミの中で、夜に車一括査定に申し込んだら翌朝の8時から電話が鳴りっぱなしになったと話している。

これはどういうことだろうか?

実は車一括査定のしつこい電話連絡は問題視されつつあり、JPUCという自動車買取業界の団体によって一部規制されるようになった。

具体的には夜21時〜翌朝8時までの電話を原則禁止するというものであり、これによってユーザーは守られている。

従来は深夜だろうが関係なく電話がかかってきていたが、今ではこの規制によって電話がかかってくる時間が限定されている。

つまり、夜に車一括査定に申し込んだから電話がかかってくるのは翌朝8時以降ということになる。

このことは念のため覚えておくことをオススメする。

ここまで、車一括査定に申し込んだから電話がかかってくる理由についてお話した。

電話がしつこいことは事実だが、その分車が高く売れることと夜中は電話がかかってこないこともわかった。

実際に車一括査定を使うなら、中でも電話連絡がしつこい業者については知っておきたい。

そこで、次の章では電話連絡がしつこい業者について詳しく解説していく。

2.特にしつこい買取業者はどこなのか?

「テレアポ」という言葉があるように、営業活動において電話をかけるというのは非常に有効な手段と言われている。

もちろんこれは車一括査定にも当てはまることで、どれだけ早くユーザーに電話をするのかが成約率に関係してくる。

車の買取業者がしつこいくらいに電話をかけてくる理由は以下の2点だ。

  1. 電話がしつこい理由1.車一括査定は常に10社ほどのライバルがいる
  2. 電話がしつこい理由2.一番最初に電話をかけた業者ほど買い取れる率が上がる

ライバルより早く車を買い取りたい業者は、申し込みがあったらどこよりも早く電話をかけることに注力している。

そのため電話がしつこいのだが、中でも電話がしつこいと言われている業者がある。

それが以下の2社だ。

  • ガリバー
  • ビッグモーター

この2社は、中古車買取業者の中でも最大手と言われている。

口コミサイトなどを見てもこの2社からの電話がしつこいと書いている人が多い。

それではなぜこの2社は電話がしつこいのか、その理由についてこの章では詳しく解説していく。

オートコールシステムを採用しているため

ガリバーとビッグモーターでは電話連絡を効率化するための仕組み、「オートコールシステム」と呼ばれるものを採用している。

これは申し込みがあった電話番号にすぐに自動で電話をかけるシステムであり、コンピューターによって効率化されている。

そのため申し込んでから直後に電話がかかってくるということが起きるのである。

どこよりも先に電話を繋いでしまえば、あなたが話している間は他の買取業者と交渉することはできない。

つまり、優先権を確保するために採用しているシステムと言い換えることができるのだ。

オートコールシステムによる買取業者側のメリットは以下の2つが挙げられる。

  1. メリット1.どこよりも早く査定日を決める交渉ができる
  2. メリット2.成約率が高くなる

他の業者が申込内容を確認し、電話をかける準備をしている中、ガリバーやビッグモーターはすでに電話をかけている。

つまりどこよりも先に査定日を決めることができ、成約率が高くなるというメリットがあるのだ。

さらに電話に出るまで何度もコールをする「プレディレクティブダイヤル」というシステムも導入している。

そのため、ユーザーが電話に出るまでは何度もしつこく電話をかけてくるのだ。

このシステムによる電話のしつこさは、口コミを見ても分かる。

電話帳ナビ「ガリバー」

電話帳ナビ「ガリバー」

※出典:電話帳ナビの「ガリバー」より
電話帳ナビビッグモーター」

電話帳ナビビッグモーター」

※出典:電話帳ナビの「ビッグモーター」より

Twitter上ではもちろん、迷惑電話の番号を共有する「電話帳ナビ」というサイトでもガリバーとビッグモーターの電話はしつこいと評判だ。

電話に出ないのに何度もかけてくると話している人も多く、「プレディレクティブダイヤル」の特徴と合致している。

このオートコールシステムだが、他の業者はどうなっているのだろうか?

もう少し詳しくお話しよう。

オートコールシステムはこの2社しか採用していない

車一括査定の電話がしつこいとされる原因にもなっている「オートコールシステム」だが、現状ではガリバーとビッグモーターしか採用していないようだ。

コンピューターが常に電話をかけ続けるシステムである以上、ある程度の規模のコールセンターを持っていなければ成り立たない仕組みであるため、他社では導入が進んでいないと考えられる。

つまり、車一括査定の申し込みの際にこの2社だけ除外すれば、しつこい電話連絡はなくなると考える人も少なくない。

しかし、筆者としてはこれはオススメしない。

なぜなら、ガリバーやビッグモーターといった大手企業は最低でも1社は査定を受けるべきだと考えるからだ。

大手企業は中古車の流通量も多いことから、他社より強気な査定価格を提示してくれることが多い。

その上相場観もハッキリしているため、出された査定価格は非常に参考になる。

ガリバーやビッグモーターが出した査定価格を基に他社と交渉することが、査定価格を引き上げるコツとも言えるのだ。

こうしたメリットがある以上、ガリバーやビッグモーターを申し込みから外すことはオススメできない。

そこで、「しつこい電話は嫌だけど、査定は受けたい。」そう考える人のために、車一括査定の電話を防ぐ方法について、次の章では紹介していこう。

3.車一括査定の電話は防ぐことは可能か

ここまでの説明を読むと、車一括査定を使う上で電話がかかってくるのは仕方がないと諦める人も少なくないはずだ。

しかし安心してほしい。今では同じように電話を嫌う人も増え、そうした人のためにしつこい電話を防ぐことができる車一括査定サイトが登場している。

この章ではしつこい電話を減らし、車を高く売ることができる車一括査定サイトについて詳しく紹介していく。

それが可能なサイトは以下の2つである。

  1. カーセンサー
  2. ユーカーパック

この2つのサイトは、しつこい電話連絡を減らすことが可能だ。

しかし、申し込みの際に設定が必要な箇所があるため、ここではその方法を画像付きで詳しく紹介していく。

カーセンサーとユーカーパックを使えば可能

先程紹介したカーセンサーとユーカーパックを使えば、しつこい電話連絡を最小限に防ぐことができる。

なぜ最小限という言い方をしたかというと、完全に防ぐことはできないからだ。

それでも対策しない場合に比べて効果は絶大であるため、電話連絡を少なくする方法を紹介しよう。

方法1.カーセンサーの特徴と申込み方法

カーセンサーはリクルートが運営する中古車情報サイトである。

しかし車一括査定サイトも運営しているため、ここではそのサイトの利用方法を紹介しよう。

カーセンサーの車一括査定サイトの特徴としては、以下の3つが挙げられる。

  1. 特徴1.安心のリクルートが運営するサイト
  2. 特徴2.業界トップクラスの提携業者数
  3. 特徴3.メールによる連絡を希望できる

カーセンサーはリクルートが運営するサイトである安心感と、全国の中古車買取業者1,000社以上と提携しているという提携数の多さが特徴だ。

その業者の中から最大で30社まで査定の申し込みをすることが可能だ。

ここまでの説明だと、他のよくある車一括査定サイトと変わりがないように思える。

しかし、カーセンサーはある方法を使えば電話連絡を少なくすることが可能だ。

カーセンサーで電話を少なくする方法

カーセンサーの車一括査定を利用する際に、これから説明する方法を実践すれば電話連絡の数を減らすことができる。

それは、申し込みの際に「メール連絡希望」と記入するだけである。

PCで申し込む場合のやり方
カーセンサーをPCで申し込んだイメージ図

カーセンサーをPCで申し込んだイメージ図

カーセンサーをPCで申し込んだイメージ図

カーセンサーをPCで申し込んだイメージ図

スマートフォンで申し込む場合のやり方
カーセンサーをSPで申し込んだイメージ図

カーセンサーをSPで申し込んだイメージ図

カーセンサーをSPで申し込んだイメージ図

カーセンサーをSPで申し込んだイメージ図

PC、スマホどちらの申し込み画面でも、必要項目を入力して操作を進めると上記の画面が表示される。

その際に行う操作は以下の2つだけである。

  1. 「任意項目」という部分を選択する
  2. 「連絡希望時間帯」の欄に「メール連絡希望」と入力する

たったこれだけで、ある程度の業者が連絡をメールで送ってくれるようになる。

しかし、ある程度の業者と表現したのには意味がある。

先程紹介したオートコールシステムを採用している、ガリバーやビッグモーターは変わらずに電話をかけてくるからだ。

筆者としてはあまりオススメはしないが、どうしても電話連絡が嫌だという場合は申し込みの際にガリバーとビッグモーターは除外しておこう。

そうすればかかってくる電話は最小限にすることが可能だ。

方法2.ユーカーパックの特徴と申込み方法

ユーカーパックは2016年にサービスが開始された中古車のオークションサービスだ。

車を売りたいユーザーがユーカーパックに登録して査定を受け、専用のサイトに出品するだけで車を高く売ることができる。

ユーカーパックの特徴は以下の3点だ。

  1. 特徴1.査定を受ける回数が1回だけでいい
  2. 特徴2.電話はユーカーパック1社からしかかかってこない
  3. 特徴3.参加企業は最大2,000社以上

ユーカーパックは査定までをユーカーパック側が行うため、一括査定サイト経由の時と違って面倒な工程が最小限に収めることができる。

近所のガソリンスタンドまたは自宅で、ユーカーパックが指定する方法で査定を1度だけ受けるだけでいい。

その査定日を決める電話も1度しかかかってこないという特徴がある。

査定した車を専用のオークションに出品すれば、ユーカーパックに加盟する最大2,000社以上の中古車買取業者が入札を行ってくれるのだ。

申し込みから車を売るまでの流れは以下の5ステップだ。

  1. ステップ1.ユーカーパックに申し込む
  2. ステップ2.査定日を決める
  3. ステップ3.査定を受けて専用のサイトに出品する
  4. ステップ4.業者が入札して最高額が決まる
  5. ステップ5.車を売却する

たったこれだけの手順で車を高く売ることが可能だ。

途中かかってくる電話は、査定日を決めるための1本だけだ。

それもユーカーパックからかかってくるだけなので、買取業者と電話でやり取りする必要がない。

非常にメリットの大きい方法と言えるが、デメリットもある。

それは

  • 車売却まで日数がかかる
  • 査定額が一括査定に比べると安くなりやすい

という点だ。

ユーカーパックはオークションの開催期間というものが2日間あり、その間は売却額も決まらない。

そのためすぐに車を手放したい人にとってはあまりオススメできない。

また、ネット上を介してでのオークションは、どうしても実物を見ていないため、買取業者もリスクを感じて低めに査定額を付けるのだ。

ユーカーパック公式サイト

ここまで電話を減らすための2つのサイトを紹介したが、カーセンサーは車一括査定、ユーカーパックはオークションサイトと分類することができる。

筆者としては車一括査定であるカーセンサーの利用をオススメしたい。

なぜなら、カーセンサーとユーカーパックを比較すると車一括査定であるカーセンサーの方が車を高く売ることが可能だからだ。

電話の数は若干多くなってしまうものの、カーセンサーであれば他の車一括査定サイトより電話の本数は減らせる。

それだけで数十万円の差が生まれるなら、多少の手間と考えて電話に対応するという割り切りも大事だと考えるからだ。

車を高く売るという目的のために、どれだけ我慢できるかで利用するサービスを選ぶべきだろう。

カーセンサー公式サイト

4.まとめ

この記事ではここまで、車一括査定に申し込んだ際の電話について紹介してきた。

最後に、覚えておきたい重要なポイントを5つ紹介する。

  • 車一括査定に申し込むとしつこいくらいに電話がかかってくる
  • その電話の目的は査定日を決めるためのアポイント取り
  • ライバルと競い合う電話を逆手に取れば車を高く売れる可能性がある
  • 電話を減らすことは可能だが、その分チャンスも減らしてしまっている
  • 電話さえ我慢すれば、車一括査定は最も車を高く売ることができる

電話連絡がしつこいのはすでにお伝えした通りであるが、その分車が高く売れるというのも事実だ。

口コミを投稿している人の中には、かかってくる電話を逆手に取って30万円もお得に車を売却した人もいた。

言い換えれば、電話連絡は面倒だが割り切って対応すればそれだけ車が高く売れるということである。

今回紹介したカーセンサーのように、かかってくる電話の数を最小限に減らすことができるサイトも登場している。

こうしたサイトを活用することで、デメリットを減らしてメリットを最大限まで大きくすることが可能だ。

車を高く売りたいなら、車一括査定は絶対に利用したほうがいいと筆者は断言する。

カーセンサー公式サイト
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事