車の購入をするとき、あなたは「自分の負担を少しでも少なくしたい」という想いから、お得になる方法を模索しているだろう。

その考えは間違っておらず、お得に車の購入をすることで車自体のグレードアップや、浮いたお金で自分の家族が美味しいご飯を食べることもできる。

そのため非常に重要な考えなのだ。

しかし実際にお得に車を購入するためには「車両本体の値引き」と「車下取り」によって、価格を低くするほかない。

そして車両本体の値引きはディーラーごとに決められた値引き額があるため、実はすぐに限界値引きまで到達してしまうのだ。

つまり望みがあるとすれば「車下取り」を高くしてもらうことだろう。

とはいえ車下取りは「安い」といえるため、もし車の購入を含めて車下取りの契約をしてしまった後に、よりお得な価格を提示してくれる業者があるとしたら「キャンセルしたい」と思うのが普通である。

とはいえ契約後に車下取りだけをキャンセルすることができるのか、気になるだろう。

そこで今回は、自動車ディーラーにて新車販売営業マン・中古車販売営業マン・中古車査定士として勤務している筆者が、実際に他のディーラーに「契約後に車下取りだけをキャンセルすることは可能なのか」と問い合わせた結果を、詳しく紹介していこう。

内容は非常に簡単で、ヒアリングした結果を分かりやすくまとめて紹介していくとともに、「最もお得になる方法」についても併せて紹介していくため、安心して最後までスラスラと読み進めてほしい。

読み終わる頃には、

  • 自動車ディーラーごとの車下取りキャンセルに関する回答は、このような感じなのか
  • 最もお得になる方法は意外と簡単で、自分でも確実に実施できそうだ

と感じ、自信を持って実践できることは間違いないだろう。

スポンサーリンク

1.自動車ディーラーごとの見解としては「できる」というのが本音

そもそも車下取りとは、どのような仕組みの上で成り立っているのか、ご存知だろうか。

車下取りは自動車ディーラーが新車や中古車を購入するお客様の車を、値引きの一環として車の引き取りをする行為であり、「車そのものの価値分を減額する」と考えると分かりやすいだろう。

そのため今あなたが乗っている車の価値が高ければ高いほど、お得になるというわけだ。

また車下取りは新車見積もり上に記載され、「新車見積もりが見かけ上安く見える」というのが事実だ。

つまりディーラーとしてはお客様がお得に感じ、購入をしてくれれば問題ないため、実はあまり良いサービスとはいうことができないのだ。

そのため車下取りを依頼してから「別の業者がもっとお得に買い取ってくれる」という理由から、車下取りのキャンセルを望むお客様は非常に多いといえる。

とはいえ車の購入に関する契約書を交わした後に、本当にそのようなことが可能なのか、気になるだろう。

そこで下記に箇条書した代表的な自動車ディーラーの系列店4社に、筆者が直接リサーチした結果を紹介していこう。

  1. トヨタ系
  2. マツダ系
  3. ホンダ系
  4. スズキ系

各社の見解は、そのまま以下に分けて紹介していく。

トヨタ系とのやり取り

トヨタ系のディーラーは日本を代表する世界的な車メーカーだが、その販売店も非常に優良な企業が多い。

そんなトヨタ系の自動車ディーラーに筆者が取材した結果を、下記に載せておこう。

筆者
トヨタの自動車ディーラーでは新しく車の購入をされるお客様から、車下取りをすることは普通ですよね。

トヨタディーラー営業
はい、我々としてもお客様の車下取りをすることによって在庫車確保ができるのはもちろんのこと、お客様が新しくお乗りになる車を“お求めやすくなるように”心がけて、車下取りをさせていただいております。

筆者
そこで質問なのですが、車の注文書に車下取りによる値引きが記載されており、売買契約を結んだとします。しかし後で「他社の買取価格のほうが高かった」という場合に、車下取りだけをキャンセルすることは可能なのでしょうか。

トヨタディーラー営業
可能です(即答)。というのも弊社としては精一杯頑張っている金額ではあるのですが、たしかに他社さんのほうが高く車買取をされるケースもあり、その場合にはお客様が得になるようにキャンセルできるような仕組みになっています。

筆者
なるほど、それでは基本はキャンセル可能だということですね。

トヨタディーラー営業
はい、しかし一つだけ条件があります。その条件とは“まだ車の引取をしていないこと”です。引き取りをした後になってしまうと、どうしても難しいのが現状であるため、もしもキャンセルをされる場合には車を引き渡す前に申し出るほかありません。またキャンセルされる場合には注文書の再発行などの手続きがありますが、ディーラー側できちんとフォローしますので、安心してください。

以上がトヨタ系自動車ディーラーの回答であった。

この回答をご覧になると分かるように、実は「キャンセルに対しては、それほどネガティブな印象を持っていない」ということができ、意外にも親切にフォローしてくれるのだ。

マツダ系とのやり取り

マツダ系の自動車ディーラーも先程と同様に、実際の会話形式でご紹介していこう。

筆者
(前置き略)…車下取りの契約だけをキャンセルすることは可能なのでしょうか。

マツダディーラー営業
あ~なるほど、できますよ!実はこの手のケースって意外と多いんですよね。特に自動車ディーラーの下取り価格ってそんなに高くないでしょ?だから車買取店に下取り車両を持って行かれることは“あるある”なんですよ。

筆者
そうなんですね。たしかに、私も自動車ディーラーの営業をしていた頃は“なぜこんなに安いのだろう”と思っていました。

マツダディーラー営業
担当者としての本音をいうと、やっぱり下取りさせてほしいですよ。だって手当がつくし。でもそもそも新車の購入をしてくれるだけでも本当にありがたい話だから、買取店に持って行かれてもそんなに気にしないよね。

このように、今をときめく車メーカーのマツダでも、実は車下取りのキャンセルをすることは可能であり、担当者目線では「別に気にしないし、仕方のないこと」と思っているのだ。

ホンダ系とのやりとり

レースシーンなどで人気の高いホンダ系のディーラーでは、以下のような回答だった。

筆者
(前置き略)…ホンダさんでは車下取りだけをキャンセルすることは可能でしょうか。

ホンダディーラー営業
できるかできないかで言われれば、できます。しかし突然他社にすると言われるのは、営業マンの心象的に納得できない部分もあるため、契約時にでも「もし他社の方が高かったらそちらにする」とひとこと言っていただきたいのが本音です。

筆者
たしかに、いい気持ちとは言い切れない部分もありますよね。

ホンダディーラー営業
そうなんです。もちろんお客様が1円でも高く売りたいという気持ちはよくわかりますが、ディーラーとしてはこれからも長くいい関係を続けていきたいので、やはり早めに言ってほしいですね。ただ、お客様の都合ももちろんありますし、営業マンである以上お客様の要望には答える義務があると思っていますから、キャンセルしたい場合には言っていただいても全然問題はありません。とはいえうちのディーラーではお客様と商談する際に、きちんと下取り価格にご納得していただいてからの契約をしていますので、件数としては“ほとんどない”というレベルだと思います。
 ホンダの営業マンはこのように述べており、「問題ない」としながらも、営業マンとしての心象は複雑だと言っていた。

とはいえ深く掘り下げていくと、やはり「車を買ってもらえるだけありがたい」ということだったため、キャンセルしたい場合は仕方がないと思っているようだ。

スズキ系とのやり取り

最後の取材先は、軽自動車の色が強いスズキ系の自動車ディーラーである。

こちらもこれまでと同様に紹介していこう。

筆者
先日はありがとうございました。(前置き略)…ところで車下取りのキャンセルについてお聞きしたいのですが、御社では可能ですか?

スズキディーラー営業
もちろん可能ですよ!というのもスズキのディーラーというか販売代理店は、地域のお客様と密に接しているんです。その中でAさんという人が車下取りに出すという情報をBさんが聞きつけることはよくあり、Bさんが「それなら我が家にちょうだい!」ということがよくあるんです。だからディーラーとしても車の引き取りと新車の納車が完了していなければ、よほどのことがない限り“キャンセル不可”とは言えないんですよね。だから契約後もよくよくお考えいただくことは可能です。おそらくそれはどのディーラーでも一緒かと思います。もちろん“絶対にキャンセル不可だ!”なんてところも、数少ないながらあるでしょうけど(笑)

スズキでは「誰かにあげてしまうパターン」を挙げており、実際に他社に下取り予定の車を取られてしまうケースは少ないそうだ。

とはいえやはり、これまでのケースと同様に「お客様の希望だから仕方がない」と思っているのが分かるだろう。

つまり基本的にはどの自動車ディーラーも「車下取りのキャンセルは受け付ける」という方針であり、担当者目線でもなんとも思っていないケースがほとんどであるのだ。

もちろんスズキの担当者が述べていたように「数少ないながら、キャンセルできないディーラーもあるだろう」というのは本当だろう。

しかし、筆者自身が勤務していた上記以外のディーラーでも車下取りのキャンセルは受け付けており、筆者自身も他社の下取り車両を頂いたことがある。

つまりこれまで説明してきた4社プラスαのディーラーで、車下取りのキャンセルは問題なく受け付けられるということであり、心配する必要はないのだ。

また次に、筆者が勤務してきた中での経験値から、見解を述べていこう。

下取りキャンセルにおける筆者見解

筆者の見解としては、正直なところ「予想通り」というのが本音である。

というのも先程少しだけ述べたように、筆者自身も経験してきたことなのだが、実際に車下取りをキャンセルされたことがあるのだ。

そして逆に他社と新車商談の競合になった際に、お客様に対して「他社さんで決まっていたとしても、もしよろしければ車の買取だけさせていただけませんか?」と言い、実際に他社の車下取りをキャンセルしていただいた経験がある。

とはいえ他社の営業マンも「今回は新車をもらったから仕方ない」というスタンスで話をしており、実際に筆者自身も「そういうものだ」と思っていたため、それほど気にしていないのが本音なのだ。

もちろん自動車ディーラーを経営している企業によっても対応は異なるだろうが、基本的には「車下取りはキャンセル可能」と思っておこう。

そして車下取りをキャンセルできるということが分かった今、筆者としては自動車ディーラーの車下取りではなく、「車買取専門店による車買取」の依頼をすべきだと結論づけている。

なお、車買取店のキャンセルも下取りよりも渋い返答ではあったが、キャンセルできるところが多かった。

詳細は下記記事にまとめている。

その理由については、次章にて解説していこう。

2.下取り可能であれば「車買取専門店」に依頼したほうがお得になる

前章の解説をご覧いただくと、自動車ディーラーによる車下取りは基本的に「キャンセル可能」ということが理解できただろう。

そして前章の最後に筆者が述べた「車下取りよりも車買取の方がオススメ」ということについて、非常に気になったのではないだろうか。

そこで本章では、その理由について詳しく解説していこう。

車買取専門店は下取りよりも高く車買取してくれる可能性が高い

実は自動車ディーラーによる車下取りを選択するよりも、キャンセルして車買取専門店による車買取を選択すべき理由は非常に単純である。

その理由とは「車買取専門店による車買取のほうが高く売ることができ、結果的にあなたがお得になるから」というものだ。

しかし同じような仕組みであるにも関わらず、一体なぜ車買取のほうがお得になるのか気になるだろう。

その答えは、自動車ディーラーと車買取店それぞれの業務内容に関係している。

まず自動車ディーラーの主な業務は「新車の登録・販売」であり、車メーカーからもノルマ化されているため非常に力を入れている。

しかしノルマ達成のために力を入れすぎているあまり、実は中古車販売にはあまり力を入れていないのだ。

そのため中古車在庫の源泉となる車下取りに関しても力を入れておらず、それほど高くならないといえる。

一方、車買取店の主な業務は「仕入れた=買い取った車を中古車として再販すること」である。

つまり中古車在庫の源泉となる車買取に力を入れなければ利益を上げることができないため、車買取に関しては「並々ならぬ力の入れ具合」だと思っても間違いないのだ。

またここ最近の中古車人気の影響で、車買取店の中古車在庫は非常に少ないという状況にあり、「在庫が少ないため結果的に利益が上がらない」という状態になっている。

そのためどの車買取店も「少し高くなったとしても確実に車買取を実施したい」という心理状況であるため、車下取りよりも確実に高く車買取してもらえると思っても間違いないだろう。

以上の説明をご覧になると、「それでは車買取店に早速依頼しよう」と思ってしまうかもしれないが、まだ待ってほしい。

なぜなら車買取店に車買取の依頼をする際は「複数社に依頼して競合させることで、最高額を引き出すことができるから」なのだ。

早速次に複数社による競合について説明していこう。

確実に最高額を得るには「複数社による競合」が必須

複数の車買取店による競合をさせるということは、最高額で車買取をしてもらうことにつながる。

なぜなら先程の説明にもあったように、全国各地のどの車買取店も、基本的には「少しぐらい高くなったとしても確実に車買取を実施したい」と思っているからだ。

つまりそう思っている車買取店を複数社で競合させることにより、徐々に査定額が上昇していき、最終的には相場の上限値付近の価格、つまり最高額で車買取をしてもらうことができるといえる。

そのため自動車ディーラーの車下取りをキャンセルして車買取店に依頼する場合は、必ず複数社による競合をさせた上で最高額を引き出すべきだと覚えておこう。

とはいえ理論上の仕組みは分かるものの「実際に複数の車買取店をまわって、1社ずつ競合させていくのは面倒くさい」というのが本音だろう。

それは当然のことで、実際に何社も回るということは非常に時間がかかり、手間や労力も大幅にかかってしまうのだ。

しかし安心してほしい。

というのも「車一括査定」というサービスを利用するだけで、実はその悩みを簡単に解消することができるからだ。

次章ではそんな車一括査定というサービスについて詳しく解説していくため、このまま最後までご覧いただきたい。

3.手間をかけずに競合させ、最高額を得るには「車一括査定」がオススメ

前章の解説で、あなたは車買取店に依頼することの重要性や、複数の車買取店を競合させることによって最高額が得られる仕組みについて、きちんと吸収することができただろう。

そのためあとは「実際に複数社を競合させること」なのだが、なにせ面倒くさいのだ。

そこで本章では、手間をかけずに複数社の競合をさせられる「車一括査定」というサービスについて、詳しく解説していこう。

車一括査定とはどのようなサービスなのか

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定のイメージ図

車一括査定のイメージ図

そしてサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定に対応しているため、あなたは自宅にいるだけで複数社の競合をさせられるのだ。

つまりあなたは一度の申込みをするだけで、一気に複数社を競合させることができると覚えておこう。

またサービスの申込方法は非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、年間走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、実は1~3分程度という超短時間で申し込みを完了させることが可能なのだ。

以上のことから車一括査定は「最短時間かつ最小の手間で、最高額を確実に引き出すことのできるサービス」ということができ、同時にあなたにとって最適なサービスということもできる。

そのためぜひ一度車一括査定の利用をオススメするのだが、実は一つだけ問題もある。

その問題とは「車一括査定を提供しているサイトはいくつもあるため、どのサイトを利用すべきなのか迷ってしまう」ということだ。

そこで次に、当サイトでオススメしている車一括査定を、徹底的に比較して紹介していこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

4.まとめ

以上、車下取りのキャンセルに関する解説を終了するが、これまでご覧いただくと

  • 意外なことにキャンセルは可能だということが分かった
  • 確実に最高額を得るためにはこのような方法があったのか

と感じただろう。

その感覚は決して間違っておらず、車下取りをキャンセルして最もお得になることは難しくないため、自信を持って実践していただきたい。

また最後に紹介した車一括査定に関しては、本当に誰もが簡単に申し込みをすることができ、間違いなく最高額を引き出すことができるため、ぜひ一度利用することをオススメする。

そうすることで必ずあなたの予想を超えた買取価格が提示され、満足のいく車買取が実現するだろう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事