筆者は自動車ディーラーで

  • 新車営業
  • 中古車営業
  • 下取り査定業務

をしており、手前味噌にはなるが、下取り査定と新車販売などのプロといえる。

そのため、あなたが今思っている「古い車の下取り」については、筆者自身が誰よりもよく知っているといっても過言ではない。

そこで先に結論を述べておこう。

古い車でも、車下取りをしてもらうときには金額が付くことが多い」というのが本音だ。

ただし、0円とされる可能性もあるため、むやみに車下取りを依頼することは得策とは言えないもの事実である。

そこで今回は筆者がプロとして、古い車の車下取りを依頼するときの「金額」や「高く売る方法」について、あなたが最もお得になるように解説していこう。

実務的な部分もあるが分かりやすく解説しており、「ディーラーの裏側を知れる」と思ってぜひ最後まで気楽に読み進めてほしい。

スポンサーリンク

1.古い車は車下取りの方が買取店よりも高い場合あり

冒頭で古い車下取りでも金額が付くということを述べた。

というのも実際に筆者が自動車ディーラーでお客様と商談をするときに、様々な理由によって金額を付けており、それは自動車ディーラーでは「スタンダード」ともいえるからだ。

そこで早速、古い車でも下取り金額が付く理由について、下記に主なものを3つ箇条書きしておいたのでご覧いただきたい。

古い車でも下取り額が付く3つの理由

  1. 新車値引き分を下取り額として充てている
  2. これまでの付き合いから「顧客を手放したくない」と思っている
  3. 「再販できる顧客」が先に決まっている

これらは古い車下取りをするときに金額を付ける「常套句」ともいえる。

それぞれ以下に分けて説明していくので、ご覧いただきたい。

理由1.新車値引き分を下取り額として充てている

まずディーラーの車下取りの仕組みとしては「新車値引きの流れ」という位置づけになっている。

つまり「今乗っている車を差し出すと、その価値の程度の値引き上乗せをする」ということになるのだ。

そのためよくあるのが購入予定の新車が「まだ発売されたばかりで値引きが渋い」という状況のときに、車下取りで値引き額を調整する。

そうすることでお客様視点で見ると「支払額が少なくなった」ということになり、自動車ディーラーとしては「甘めの査定で金額を付けたため、損は少ない」ということになるのだ。

またディーラーの新車営業マンは様々なノルマを課せられており、一例を挙げると

  • 新車の登録・販売台数
  • 新車販売による利益額
  • 車下取りの台数

が主なものである。

そのため新車販売のノルマは達成しているものの、車下取りが未達成の場合には「古くても確実に車下取り台数を積み上げておく」という意識になり、金額を付けてくれるのだ。

逆に新車販売の利益を削らずに達成したい場合にも「下取り損」という処理をして、評価額よりも高く車下取りをして、新車販売のみの利益を確実に確保しようとする。

つまり営業マンの個人的な理由や店舗の事情によるものの、値引き額を「調整する」という目的の一環として、古い車でも金額を付けて下取りをしてくれる。

理由2.これまでの付き合いから「顧客を手放したくない」と思っている

自動車ディーラーは面白いもので、顧客とのつながりを大切にしている。

なぜなら顧客と長い付き合いをしていくことで、数年に1度、一定の台数を確保することができるからだ。

そのため営業マンは店舗から「付き合いの長い顧客は手放さないように」とくぎを刺されている。

つまり古い車でも金額を付けなければ失礼に当たるため、車下取りの際には激アマな査定をすることが珍しくないのだ。

またこの理由に合致する人は「長く付き合ってきた人だけ」という条件に限られていると思うかもしれないが、実はそんなこともない。

というのも自動車ディーラーとしては「これから長く付き合っていく顧客に、第一印象を良く思ってもらいたい」と思っているため、最初の好印象を与えようと金額を付けることは一般的なのだ。

理由3.「再販できる顧客」が先に決まっている

自動車ディーラーは新車の登録・販売がメインの事業となっており、自動車メーカーと取り決めた「台数ノルマ」というものがある。

そしてこのノルマを達成しなければメーカーからのインセンティブをもらえないため、実は中古車の販売にはあまり力を入れていなかったりするのだ。

つまりディーラーとしては「中古車の長期在庫車を持ちたくない」というのが本音であり、一般的にはあまり高額査定をすることはない。

しかし古い車であっても、次に再販するユーザーがすでに決まっている場合には話が違う。

なぜなら長期在庫となるリスクが激減するため、高く車下取りをしたとしても問題がなくなるからだ。

そのため営業マンが次のユーザーを見つけている場合には、古い車であっても車下取りで金額を付けることは十分に可能になるといえる。

以上が主な理由だったが、ご覧いただくと分かる通り「ディーラーの業務と密接に関係している」ということが分かるだろう。

ただしこれらの理由に当てはまらず、ディーラー側が「0円」と判断することもある。

その場合には、実は車買取店に査定依頼をすると値段が付くこともあるのだ。

その理由については、次章にて詳しく解説していこう。

2.車下取りで0円でも買取店では「5つの理由」で値段が付く可能性もある

車下取りで0円となって古い車でも、実は車買取店に持っていくことで金額が付くこともある。

そのため先に結論を述べておくが、ディーラーだけではなく車買取店にも査定依頼をするのがオススメといえるのだ。

ただ気になるのは、車買取店で金額が付く理由だろう。

その理由は実は非常に単純なことで、車買取店には「様々な再販ルートが存在する」というものだ。

そして主に、

下取り額が0円でも買取店だと値段が付く5つの理由

  1. 展示場で直接顧客に再販する
  2. 業者オークションで再販する
  3. バラバラにして、中古部品として再販する
  4. バラバラにして「鉄資源」として再生させる
  5. 海外へ輸出する

という5つのルートがある。

分かりやすくディーラーと車買取店の再販ルートを比較すると、下図のような違いがある。

ディーラー下取りと買取店の再販ルート

ディーラー下取りと買取店の再販ルート

ご覧になった通り、車買取店の方が再販ルートが多いことが分かり、再販先の多さから「金額を付けて買い取ったとしても売り切ることができる」という可能性が高くなるのだ。

そのため金額を付けられる理由については理解できたかと思うが、それぞれの再販先によっても異なるため、以下に分けて簡単に説明していこう。

再販ルート1.展示場で直接顧客に再販する

多くの車買取店は自社の展示場を持っている。

そして大手車買取店になると、自動車ディーラーとは比較にならないほどの規模で展示場を構えており、結果的にあなたの車をディーラーよりも確実に次のユーザーへマッチさせることができる。

そのため大手車買取店ではディーラーで0円と言われた車でも、金額を付けて買い取ることができるのだ。

再販ルート2.業者オークションで再販する

業者オークションは全国各地で大小さまざまな会場があり、ディーラーも車買取店もどこかのオークションには参加している。

しかし車買取店はディーラーと比較すると、より多くのオークション会場に参加しているため、ディーラーよりも再販できる可能性が高くなるのだ。

そのため金額を付けてもリスクが低いといえる。

再販ルート3.バラバラにして、中古部品として再販する

古い車は「すでに部品が製造されていない」ということがよくある。

しかし国内・海外を見ると、古い車でもまだまだ多くの人が使用しているため、結果的に「修理用の部品」としての価値はあるのだ。

ディーラーでは解体するのに手間がかかるため敬遠しがちなのだが、車買取店は「余すことなく利益にする」という心情を持っていることが多く、結果的に金額を付けて買い取ってくれることが多い。

再販ルート4.バラバラにして「鉄資源」として再生させる

中古部品としての再販するためには車そのものを解体するのだが、車の主な原料となる「鉄資源」としての再生もされる。

つまり解体することによって「鉄そのものの価値」分の利益を得ることができるのだ。

こちらも解体に手間がかかることから、ディーラーでは敬遠されがちであるのが現状である。

再販ルート5.海外へ輸出する

海外では日本車の人気が非常に高い。

なぜなら過酷な環境であっても日本車は故障が少なく、安心して乗ることができるからだ。

そのため古い車でも確実に売ることができ、多くの車買取店が海外への輸出ルートを持っている。

しかしディーラーは国内での新車販売に手いっぱいであるというのが現状であるため、ほとんどのディーラーは海外への輸出拠点を持たず、国内での再販のみを考えているのが現状である。

以上の理由から、ディーラーで0円だったとしても車買取店では金額が付く可能性が極めて高いということは理解できただろう。

とはいえ前述しているように、ディーラーでは付き合い上、古い車でも高く車下取りしてくれる可能性も捨てきれない。

そこで筆者としては、ディーラーに車下取り査定を依頼するのと同時に、複数の車買取店にも買取査定を依頼することがオススメである。

とはいえ複数の車買取店に依頼するのは手間がかかるため、「車一括査定」というサービスを利用して、一気に依頼してしまうのがオススメだ。

3.古い車を下取りに出す前に「車一括査定」で他社の価格を確認すべき

複数の車買取店を交えて査定依頼をすることで、業者ごとの販売ルートに沿った買取価格を提示してくれる。

そのためあなたが乗っている古い車に、金額が付くどころか「お得に車下取りや買取をしてくれる可能性」が極めて高くなる。

そこでオススメなのが「車一括査定」なのだが、どのようなサービスか知らないまま利用するのは心配だろう。

そこで次に、詳しくサービスの内容を紹介していくので、ご覧いただいたうえで利用することをオススメする。

車一括査定とは「複数の買取店」に同時依頼できるサービス

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定のイメージ図

車一括査定のイメージ図

そして名前からもおおよその内容は推測できるだろうが、サービスと提携している何百~何千社もの車買取店の中から、あなたの地域に対応している複数の車買取店に車査定を一括して依頼できるのだ。

またサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは自宅にいながら一気に複数社を競合させられる。

そのため「一度の申し込みをするだけで、最高額が得られる方法」ということができるのだ。

申し込み方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、1~3分程度の時間があれば申し込みを完了させられる。

以上のことから車一括査定を利用することで、へこみのあるあなたの車は「最短時間で最高額を得ることができる」ということになるのだ。

申し込みは非常に簡単で、誰でもササっとできる。

そのためぜひ一度利用して、満足のいく価格提示を受けてほしい。

とはいえひとつだけ問題もある。

それは「車一括査定のサイトはいくつもあるため、どこがオススメなのか分からない」ということだ。

そこで最後に、当サイトで紹介している車一括査定サイトの中から、オススメなものを紹介しておこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

4.まとめ

以上、車下取りと古い車の関係について解説してきたが、最後に当ページの内容をまとめておこう。

  • ディーラーの車下取りは、古い車でも「3つの理由」で金額が付くこともある
  • 仮にディーラーで0円と言われても買取店に持っていくと「5つの再販ルート」によって、高額査定の対象となる可能性が高い
  • 筆者としては古い車は「車下取り+車買取」を併用するのがオススメ
  • 併用する場合には「車一括査定」を利用すると、効果的かつラクすることができる
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事