車にはいつか手放さなければならない時期がやってくる。

なぜなら車は工業製品であるため、必ずいつか劣化してしまい、結果的に次の車へと買い換えなければならないからだ。

またここ最近車メーカーから販売されている車は、非常に魅力的なものばかりであるため、車の寿命ではなくても「買い替えたい」と思うのは当然であることも、理由の一つである。

しかし車の買い替えを検討する際、お得になるためには車売ることを考えなければならない。

そして出来る限り高く車売る方法について、きちんと覚えておく必要があるのだ。

その点については、あなた自身も重要性を良く理解しているだろう。

とはいえ実際に車売るときになって気になることがいくつかあるのではないだろうか。

中でも「先に支払いをしている自賠責保険は、まだ満期が来ていないけどどうなるのか」という点について、非常に気になっているだろう。

たしかに自賠責保険は車検を取得する際、先に「次の車検までの期間分」を支払うことが通常であり、そうしなければ車検を取得することができない。

そのため車検の残り期間がまだある場合、「そのまま車売ると先払いした分はどうなるのか」と気になるのは普通である。

結論を言うと、売却先の業者によって異なる。

先払いした分の残り期間分を返金するところもあれば、返金せずにそれも含めて買取価格とするところもある。

そこで今回は自動車ディーラーの中古車査定士として、実際に何台もの車買取を実施してきた筆者が、あなたが車売るときに自賠責保険がどうなるのか、詳しく解説していこう。

内容は非常に簡単で分かりやすく、誰もが理解できるよう丁寧に解説していくため、安心して最後まで読み進めてほしい。

また読み終わる頃には、

  • 車売るときの自賠責保険はこうなっているのか
  • 少しでも高く車売るためには、こうするだけでいいのか

ということが十分に理解でき、自信を持って車売ることができるだろう。

スポンサーリンク

1.そもそも自賠責保険とはどのようなものなのか

まず自賠責保険が何なのか、あなたは理解しているだろうか。

「車に乗る上では必須のもの」「車検を受けるためには必須のもの」など、大まかに知っていることはあるだろう。

それらの知識は間違っていないため安心してほしい。

しかしより詳細な内容についてはあまり理解していないのではないだろうか。

そこで早速、下記に「自賠責保険が何なのか」を箇条書きしておいたので、ご覧いただきたい。

自賠責保険とは
  • 事故による被害者救済のための保険
  • 加入していないと車検の取得をすることができない
  • 1ヶ月単位で加入することができる

それぞれのポイントは以下に分けて解説していく。

事故による被害者救済のための保険

まず自賠責保険はそもそも「自動車事故の被害者を救済するための保険」であり、自動車学校などでは「強制保険」と教えられることが多い。

そのためあなた自身もなんとなく「必ず加入しなければならないもの」という認識を持っているだろう。

そして自賠責保険は損害保険の取扱のある保険代理店や、JAをはじめとする「共済系」でも加入することができ、それぞれに車種や加入期間に関する情報が記載されている。

つまり自賠責保険には「車検の有効期間と同じようなもの」が記載されていると覚えておこう。

加入していないと車検の取得をすることができない

自賠責保険に加入していない場合、そもそも車検を取得することができない。

そのため車検を受けるためには自賠責保険の用意をしなければならないのだ。

また車検の自賠責保険の有効期間は、車検の有効期間とほとんど同じであるため、基本的には「車検の残月数に併せて自賠責保険の加入をする」といえる。

つまり自賠責保険の有効期間が切れている場合は、車検切れとなっていると覚えておこう。

とはいえあなたが所有している車は、車検残があるだろうから、それほど心配する必要はないだろう。

1ヶ月単位で加入することができる

自賠責保険は1ヶ月単位で加入することができる。

もちろん先程述べたように車検の残り期間に合わせて加入することが一般的なのだが、例えば新車の登録時には「登録日とのズレによるリスク回避」のために通常よりも1ヶ月分多く自賠責保険の加入をする場合がある。

というのも、例えば登録日を月末頃に予定していた場合、仮に月末に何かの都合で「登録不可」となってしまうと、登録が次月に持ち越されてしまう。

そのため1ヶ月余分に自賠責保険の加入をしていると覚えておこう。

とはいえ自動車ディーラーの不手際や「顧客から搾取するため」という理由ではなく、単純にリスク回避のためであるため、安心してほしい。

また1ヶ月単位で加入できると述べたが、この「1ヶ月」とは「30日換算ではなく、あくまで月単位である」といえるため、実は月初に車検を受けても、月末に車検を受けても金額は変わらないという特徴についても併せて覚えておこう。

以上、自賠責保険に関する解説だったが、ご覧いただくと「自賠責の残り分はどうなるのか」と気になるだろう。

そこで結論を述べておくが、実は「解約による返金を受けることができる」もしくは「残月数分を加算した査定額となるため実質的に返金される」といえる。

とはいえ実際には、車売る相手によって返金の有無が変わってくるといえるため、一概に言うことができないのが現状だ。

そこで次章では、車売る相手のパターン別に、自賠責保険の返金の有無などについて説明していこう。

2.車売るとき自賠責保険は何か手続きが必要?

前章では自賠責保険について詳細を解説してきたが、十分に理解できただろう。

そして同時に自賠責保険の返金については「解約によってされるが、解約しない場合には残り期間分を加算して車売ることができる」ということについても理解できただろう。

そのため自賠責保険の残り期間があり車売る場合には、あなたが損をする可能性は極めて低いため安心してほしい。

とはいえ車売る相手によっては自賠責保険の手続きが異なるため、下記に車売る相手のパターンを載せておいた。

  • 車買取店に依頼する場合
  • 個人売買または誰かに譲渡する場合
  • カーリースによって自賠責保険をリース会社が支払っている場合

それぞれのパターン別に、以下に分けて解説していこう。

パターン1.車買取店に依頼する場合

車買取店に車売る場合には、ほとんど何もする必要がない。

というのも車買取店に車売る場合には、車買取店があなたの自賠責保険の残月数分を加算して査定額を提示しており、手続き上必要となる「自賠責保険の名義変更」に関しても同時に代行してくれるからだ。

そのため「返金」というわけではないが、顧客が損をしない形で査定額を提示し、結果的に「返金と同程度の金額」は戻ってくると考えても間違いない。

パターン2.個人売買または誰かに譲渡する場合

個人売買の場合には「車検残をつけたまま車売る」という場合と、「車検を切ってから車売る」という場合がある。

そして車検残をつけたまま車売る場合には、基本的にあなた自身で自賠責保険の名義変更をする必要がある。

自賠責保険の名義変更は加入している保険代理店(ほとんどのケースが自動車ディーラー)や、保険会社に依頼することで簡単に完了するため、手間はかかるもののそれほど難しくはない。

ただし車検を切ってから車売る場合には、正直なところ少しだけ面倒くさくなる。

というのも車検を切ってから車売る場合には保険代理店(または保険会社)に自賠責保険の解約申請をする必要がある。

その作業自体はそれほど難しくはないのだが、「車検を切る=自分で一時抹消の手続きをする」という必要があるからだ。

そのため自分自身で手続きをすることに不安がある場合には、車買取店へ依頼することで手間をかけずに済むため、オススメである。

また仮に名義変更や解約の手続きをしないままにしておくと、万が一売却先の相手が人身事故を起こしたときに、あなたのもとへ連絡が来てしまう可能性があるため、それこそ「面倒くさいことになる」可能性が高くなるのだ。

パターン3.カーリースによって自賠責保険をリース会社が支払っている場合

カーリースによって自賠責保険をリース会社に支払ってもらっている場合、リース会社に「名義変更(解約)の手続きをしたい」ということを伝える必要がある。

そしてその後車買取店へ車売る場合には、車買取店の担当者がリース会社の担当者と話をするため、手続き上あなたが何かをすることはない。

そのためそれほど手間がかからないと思っても問題はないだろう。

以上が車売るときに必要な自賠責保険の手続きに関する解説だったが、筆者としては「車買取店への依頼」がオススメである。

なぜならこれまでの説明からも分かるように、車買取店へ車売る場合は「担当者がすべての手続を代行してくれる上、残月数分の金額を加算して車買取してくれるから」なのだ。

そのため何か特別な理由がない限りは、必ず車買取店へ車売ることをオススメする。

しかしその理論でいくと「自動車ディーラーによる車下取りでも同じことがいえるのではないだろうか…」と感じるだろう。

確かに筆者自身も自動車ディーラーで勤務しているが、車買取店と同様に車売る際の様々な手続きを「ついでに代行している」という状態であるため、あなたが思うことは当然である。

しかしそれでも、筆者が勤務する自動車ディーラーよりも車買取店のほうがオススメだといえるのだ。

その理由については、次章にて詳しく述べていこう。

3.車売るなら「車買取店」に依頼すべき

前章の解説で車売るときに自賠責保険は、返金こそされないが「残月数分の金額を加算して査定士てくれる」ということは理解できただろう。

そして「車買取店に丸投げしてしまったほうが、手間がかからず安心できる」ということも理解できたはずだ。

しかし実際のところ車買取店にこだわる理由が分からないだろう。

そこで本章では、車買取店をオススメする理由を解説していこう。

車買取店は自動車ディーラーよりも高く車売ることができる

筆者が車買取店に車売ることをオススメしている理由は、単純に「自動車ディーラーよりも高く車売ることができるから」というものである。

もちろん自賠責保険の名義変更手続きなどを代行してくれる点に関してはどちらも同じなのだが、同じであれば「高く売れたほうが良い」と思うだろう。

しかし一体なぜ車買取店の方が高く車売れるのか、気になるだろう。

その答えは「車買取店と自動車ディーラーそれぞれの業務内容に関係している」といえる。

まず自動車ディーラーの主な業務内容は「新車の登録・販売」であり、車メーカーからノルマ化されているため、非常に力を入れているのだ。

そのため自動車ディーラーでは中古車販売にあまり大きな力を割けず、結果的に中古車在庫の源泉となる車下取りに関してもそれほど力をいれていない。

つまり「車下取りに力を入れていないため高く車売ることができない」ということになるのだ。

一方、車買取店の主な業務は「仕入れた=買い取った車を中古車として再販すること」であり、車買取を積極的にしなければ利益を生み出すことができない。

つまり車買取店は中古車在庫の源泉となる車買取手に関して、非常に大きな力を入れているのだ。

また昨今の中古車人気の影響で、車買取店の中古車在庫は非常に少なくなっている。

その結果、車買取店は「売れ行きは良いため利益となるが、在庫車を確保しなければこれ以上儲からない」という状態になっているのだ。

そのため車買取店としては「少しぐらい高くなっても構わないから、確実に車買取を実施したい」と思っており、高く車買取をすることが当たり前になっているのだ。

以上のことからも分かるように、自動車ディーラーよりも車買取店の方が確実に高く車買取をしてもらうことができるということになる。

しかし単純に車買取店に車売るだけでは「最もお得になった」とは言えない。

というのも車買取店としては「高くなっても構わないが、出来る限り安く仕入れたい」というのが本音であり、1社だけに依頼すると安く買い叩かれる場合もあるからだ。

そのため最高額で車売るためには「複数社による競合」が必須といえる。

車買取店を複数社で競合させると最高額を引き出せる

前述したように、車買取店1社のみに車査定を依頼した場合、損をしてしまう可能性がある。

そのため必ず複数の車買取店に査定依頼をして、確実に最高額を引き出した上で自賠責保険をはじめとする各種手続きを代行してもらうことがオススメなのだ。

また全国各地の車買取店は基本的に「在庫車不足」という現状があり、どの車買取店も「少し高くなってもかまわないから、確実に車買取を実施したい」と思っている。

そのため複数社に車査定の依頼をすることで、徐々に査定額が上昇していき、最終的には相場の上限値付近の価格で車売ることができるのだ。

つまり車買取店の心理的状況を逆手に取って、あなたがお得になるのがベストな選択肢といえるだろう。

とはいえ正直なところ「複数の車買取店をまわって、1社ずつ競合させていくことは面倒くさい」と感じてしまうのではないだろうか。

そこでオススメなのが「車一括査定」というサービスである。

このサービスを利用することで、最小限の手間で確実に最高額を引き出すことができるのだ。

サービスの詳細については次章にて説明していくので、引き続き最後までご覧いただきたい。

4.複数の車買取店を競合させるなら「車一括査定」がオススメ

前章の解説では「車買取店に車売ることがいかに重要なのか」ということと、「車買取店を複数社で競合させる理由」について詳しく解説してきた。

そのためあなた自身も複数の車買取店に依頼しようと思っているのではないだろうか。

また前章の最後に少しだけ触れた「車一括査定」というサービスの利用についても、気になっているだろう。

そこで早速、本章では車一括査定というサービスについて解説していこう。

車一括査定とはどのようなサービスなのか

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定のイメージ図

車一括査定のイメージ図

そしてサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定に対応しているため、あなたは自宅にいながら複数社の競合をすることができ、自賠責保険の手続きに関してもそのまま依頼することができるのだ。

また申し込みに関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、実は1~3分程度という超短時間で申し込みを完了させることが可能である。

そのため車一括査定は「最短時間かつ最も少ない手間で、最高額を引き出すことができるサービス」ということができるのだ。

そして自賠責保険を始めとする手続きに関しても、間違いなく代行してくれるため、何も心配する必要はないのだ。

以上のことから、車一括査定を利用すべきだということはよく理解でき、「自分も一度利用してみよう」と思っただろう。

しかし一つだけ問題もある。

その問題とは「車一括査定を提供しているサイトがいくつもあるため、どれを利用すれば良いのかわからない」ということだ。

そこで最後に、当サイトでオススメしている車一括査定に関して、それぞれを徹底的に比較して紹介していこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

5.まとめ

以上、車売るときに自賠責保険がどうなるのかという点に関する解説をしてきたが、すべてを読み進めていくと

  • 実はそれほど心配しなくても大丈夫そうだ
  • 高く車売ることは全く難しくなさそうだ

と感じたのではないだろうか。

その感覚は決して間違っておらず、自賠責保険の手続きなどは車買取店が車売るついでに対応してくれるため、心配する必要はないのだ。

そのためあなた自身は「いかに高く車売るか」を考えるべきだと覚えておこう。

また最後に紹介した車一括査定というサービスに関しては、正直なところ「本当に簡単な手続きで、より確実に最高額を引き出すことができるサービス」といえるため、一度利用することをオススメする。

そうすることで必ずあなたの予想を超えた査定額が提示され、間違いなく満足のいく車買取をしてもらえるのだ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事