車を売却していくとき、「できるだけ高く売って、お得に新しい車に乗りたい!」と思うのは誰もが同じだが、実際にはそう簡単に上手くいくわけではない。

というのも車を売却するときには、加入している自動車保険にも十分な注意をする必要があるからだ。

実際、まったく自動車保険に不注意のまま車売却をしてしまうと、何十万円という金額で損してしまうケースも珍しくない。

そこで今回は、自動車ディーラーにて「新車販売」「車査定」「自動車保険営業」を経験してきた筆者が、車売却の際に注意すべき自動車保険について詳しく解説していこう。

今あなたが

  • 保険で注意するって言っても、今加入している代理店に相談すれば解決するんでしょ?
  • 注意点を知ったところで何十万円も損するはずがない
  • 車売却をするときに最高額を得るのは難しそう(面倒くさそう)

と思っているのであれば、それは危険であるので、ぜひ最後まで当ページをご覧いただきたい。

【とっておきの裏技】市場に出回らない非公開車両の中古車を提案してもらう!

中古車購入で一番心配なこと・・・それは買った後にすぐ故障してしまい乗れなくなること。
いくら中古の車とはいえば数十万はするので、大きな痛手のはずだ。

実は安心かつ安全でコストパフォーマンスの高い中古車を購入する方法がある。
それは市場には出回らない「非公開車両」に的を絞ること。

でも、一般な人では「非公開車両」を探すのは、ハッキリ言って無理だ。
ただ、非公開車両を提案してもらえるサービスがある。
クルマコネクト 」「 なびくる+ 」という2つのサービス。

2サイトはともに、中古車買取・販売で有名な「ガリバー」が提案してくれるサービス。
ガリバーは新鮮な中古車が毎日500台入荷されているので、非公開車両の毎日のように増えている。
しかも100日間の返品保証サービスが付いているのでもしもの時も安心だ。

クルマコネクト 」はチャットで相談、「 なびくる+ 」は電話で相談ができます。
相談などんな内容でもOK。むちゃな要望も伝えてみることだ。

【相談の内容例】
・新車とほぼ同等のフィットがほしい
・N-BOXで50万以内、新車同等品を提案してほしい
・ディーラー試乗車落ちで10,000km以内の中古車がほしい
・小さな子供がいるファミリー世帯にオススメの中古車がほしい

【チャット】で無料相談できるクルマコネクト →  https://221616.com/connect/

【電話】で無料相談できるなびくる+ →  https://a-navikuru.com/

【とっておきの裏技】愛車の相場をチェック&下取りよりも30万円高く売る

あなたは愛車の本当の価値はご存知ですか?
もし、ディーラーの下取り額でしょ?買取店で出してもらった査定額でしょ?と思ったあなたは大きな間違いです。

ディーラーや買取店は、あなたから買い取った車を横流しして利益を上げているのです。

つまり彼らの利益を最小限に減らすことができれば、あなたは最高額で売れることになります。

ではどうすればいいのか?答えは「買取店同士を競わせる」こと。
ただ、正直、1社1社買取店を回っていたら面倒ですよね。。。

そこでオススメなのが車一括査定というサービスを使うこと。
車一括査定を使えば、一度に買取店に査定してもらい競争させることができるので、MAXに近い買取額が出るのです。

無料で利用、しかも納得いかなければ売らなくてもOKです。
一度、気軽に利用してみることをオススメします。

依頼と同時に愛車の相場が事前にわかる「ユーカ―パック」 →  https://ucarpac.com/

優良業者が厳選、かつ同時に比較できる数が多い「カーセンサー」 →  http://www.carsensor.net/

スポンサーリンク

3つのケース別、車売却で確認すべき保険のポイント

車売却をしていくとき、基本的には下記2つのケースに分けられる。

  1. 乗り換えの場合
  2. 単純な売却の場合

そして実は、それぞれのケースで「確認すべきポイント」は異なるため、以下に分けて各ポイントの説明をしていこう。

ケース1.乗り換えの場合

乗り換えをするとき、「今乗っている車を売却して新しい車を購入する」という作業になる。

その場合のポイントは下記の2つだ。

 
  1. 等級引継ぎ、車両入替をする
  2. 新しく適用された後の保険料を確認する

こちらに関してもそれぞれ以下に分けて説明していこう。

ポイント1.等級引継ぎ、車両入替をする

まず等級引継ぎに関しては、必ず実施すべき作業である。

というのも等級引継ぎをしなければ、せっかくこれまで上昇してきたノンフリート等級(以下、等級)を手放すことになってしまい、結果的に保険料が大幅に上昇してしまうからだ。

そのため必ず等級の引継ぎはしておかなければならない。

ちなみに等級の引継ぎに関しては、基本的に加入している保険代理店または保険会社に対して、「今度車を買い替えるので引継ぎをしたい」と申し出ればいい。

そうすると代理店や保険会社が

  • 新しく購入する車両情報(年式、価格、車台番号など)
  • 納車日(新契約開始日)

を聞いてくるので、自動車ディーラーなどに聞いてから伝えれば、自動で変更されるため安心して大丈夫だ。

また等級引継ぎと似たようなもので「車両入替」も検討すべきである。

というのも車両入替というのは、「車両の増減がある場合に限り家族間(同居の親族または別居している未婚の子)であれば、等級の交換が可能」というものであるからだ。

つまり車売却の際にはいったん「減」となるため、家族の等級を入れ替えて「全体的に最も安くする」ということが可能になる。

もちろん独身で自分の車を持ち、自分の収入ですべてをまかなっていれば車両入替をする必要はないが、結婚していて家計全体の支出を抑えたい場合などには有効な方法である。

ちなみに車両入替に関しても、保険会社または保険代理店に連絡すればすぐに対応してもらえるので、筆者としては確実に実施すべきものだと結論付けている。

ポイント2.新しく適用された後の保険料を確認する

等級の引継ぎをしたときには、基本的な割引率はほとんど変わらない。

しかし実際のところ、車両が変わると車両保険の限度額なども変更されるため、大幅に保険料が変わることが多いのも現状だ。

そのためあらかじめ試算しておき、保険料アップ(またはダウン)に備えておくことをオススメする。

試算方法に関しては、実は自力で試算する必要はなく

  • 保険代理店の担当者に連絡して試算させる
  • ネット通販型の場合には、保険会社直通のチャット機能や電話で聞く

というだけで、すぐに「今と同じ条件での試算結果」を出してくれるため、安心してほしい。

つまりあなた自身が改めて保険見積もりなどを作成する必要はなく、その場で結果が簡単に分かるのだ。

以上が「乗り換え」というケースでのポイントだったが、どちらも忘れてしまうと「等級がリセットされて損する」「保険料が高くなりすぎる」などのリスクがある。

そのため必ず確認して、あらかじめ損を防ぐことが重要といえるだろう。

ケース2.単純な売却の場合

単純に車売却をして、車を手放す場合には下記2つのポイントを実施しておくと良いだろう。

 
  1. 中断手続きをする
  2. 車両入替をする

前述した内容と被る部分もあるが、こちらもそれぞれ以下に分けて説明していこう。

ポイント1.中断手続きをする

中断手続きとは、「今の保険等級を保存する」という効果を持った手続きである。

つまり単純に車売却をするときは「保険契約も単純に解約する」というケースが圧倒的に多いのだが、その場合でも「将来車を持った時に今の等級を引き継げるように」という意味を持っている。

そして中断の有効期間はどの保険会社でも「解約から10年間」となっているため、10年後の未来までを見通せない場合には必ず手続きをしておくべきだ。

中断手続きに関しては非常に簡単で、保険会社または保険代理店に連絡して「車を手放すので解約および中断をしてほしい」と伝えるだけだ。

そうすると中断の依頼書など簡易的な書類が送られてくるので、返送すれば手続き完了となる。

ポイント2.車両入替をする

先程も説明した車両入替=家族間での等級交換は、単純な車売却で手放す場合でも有効である。

なぜなら車の「減」があるからだ。

そのため中断する前に、自分の家族の誰かと等級を交換し、家計全体の保険料支出を抑えることは可能になる。

ちなみに交換して自分のものになった等級は、それはそれで「中断」が可能になるため、前述したように保険会社または保険代理店に連絡しておけば問題ない。

以上、ケース別のポイントについての説明を終了するが、ご覧いただくと分かるように「とにかく車売却の際には保険会社や保険代理店に連絡すればいい」と思っただろう。

それは正解で、実際に保険会社も代理店も、このようなお客様からの手続きには慣れているので安心して依頼すればいいし、最もお得になるように入れ替えなどの手続きも案内してくれる。

ただし注意点もある。

それは「代理店に依頼すると、車両入替などのお得情報を教えてくれない」というケースがあることだ。

というのも保険代理店の担当者はお客様から中断の依頼があれば手続きを進めてくれるものの、家族全体の支出が抑えられる車両入替などに関してはわざわざ案内してくれないこともあるのだ。

つまり任せっきりにしてしまうと危険であるため、車売却をするときには

車売却時の保険の重要キーワード3つ
  1. 等級の引継ぎ
  2. 車両入替
  3. 中断

という3つのキーワードを出して、必ず保険会社または保険代理店の担当者に伝えることが重要となる。

ちなみに、車売却時には保険の注意点がまだいくつかあるため、次に紹介していこう。

その他保険の3つの注意点

その他保険の注意点としては、下記の3つが挙げられる。

 
  1. 返金の確認
  2. 保険会社の見直し
  3. 保険証券や緊急連絡先の保管

それぞれ売却時だけではなく、基本的には「自動車保険に加入している限り重要な注意点」であるため、必ず以下の説明をご覧いただきたい。

注意点1.返金の確認

単純な車売却をして保険手続きをしていくとき、必ず「返金」がある。

というのも保険契約の性質上、単純な車売却の場合には「解約」という形になるため先払いで支払っていた保険料が戻ってくるのだ。

ただしここで注意が必要なのは、返金される金額は「実際に支払った金額よりも少なくなる」ということである。

というのも自動車保険では「短期率(契約満了前の解約ペナルティのようなもの)」が掛けられ、結果的に若干少ない金額で返金がされるのだ。

計算式は若干複雑であるためここでは省略するが、下記のキャプチャ画像にあるようなパーセンテージで減額がされる。

短期料率(短期率)

短期料率(短期率)

※出典元:ソニー損保の「短期料率(短期率)」より

また返金額の計算式は若干複雑であるが、下記に筆者が「年間保険料6万円」と仮定した時に、均等割りした返金額との差額を比較したので、ご覧いただくと「どれだけ少なくなるか」がイメージしやすいだろう。

経過日月数 年間保険料(円) 12か月での
均等割り金額(円)
短期率 返戻金(円) 均等割り(円)-返戻金(円)
7日 60,000 58,849 10% 54,000 4,849
15日 57,534 15% 51,000 6,534
1ヶ月 55,000 25% 45,000 10,000
2ヶ月 50,000 35% 39,000 11,000
3ヶ月 45,000 45% 33,000 12,000
4ヶ月 40,000 55% 27,000 13,000
5ヶ月 35,000 65% 21,000 14,000
6ヶ月 30,000 70% 18,000 12,000
7ヶ月 25,000 75% 15,000 10,000
8ヶ月 20,000 80% 12,000 8,000
9ヶ月 15,000 85% 9,000 6,000
10ヶ月 10,000 90% 6,000 4,000
11ヶ月 5,000 95% 3,000 2,000
12ヶ月 0 100% 0 0

なんと最大で、14,000円もの差額が生じたのである。

そのため解約するタイミングによっては、返金額が「かなり少なくなる可能性がある」と思っておいた方が良いだろう。

ちなみに上記の比較表で分かるかと思うが、解約するタイミングは

  • 契約直後
  • 契約満了の直前

が最も損を少なくできるので、少しでも損したくないのであればこのタイミングを意識して車売却すると良いだろう。

注意点2.保険会社の見直し

車売却することによって車を乗り換えるとき、このタイミングは「保険会社そのものの見直しをする超いいタイミング」ということができる。

なぜなら自動車保険を提供している保険会社別に、実は保険料が大きく異なるため車両入替などをする今、同時に「安くて安心の自動車保険」に乗り換えてしまえば最も支出を抑えることができるのだ。

そこでオススメなのが「自動車保険一括見積もり」というサービスである。

というのもこのサービス、ササっと申し込みを済ませると、一気に何社もの大手保険会社に見積もり依頼ができるため、結果的に「手間をかけずに最もお得な自動車保険が分かる」のだ。

サービスの詳細は下記にしていくが、実際に年間保険料が半額以下になるケースもあるため、ぜひ一度試すことをオススメする。

最安の自動車保険を探すなら「自動車保険一括見積もり」がラクで早い

自動車保険一括見積りとは、ネット上で車種情報を入力すると、自動的に自動車保険会社がマッチングされるサービスだ。

あなたになにのメリットがあるかというと、各保険会社の見積もりを比較できることだ。

前述したとおり、保険会社によって全然金額が異なることが多い。

しかも、同じ保証プランにも関わらず、保険会社によって倍近く違うことも珍しくない。

自動車保険を加入するなら是非ともオススメしたいサービスだ。

しかも、あなたは無料で利用。見積もりのハガキが郵送で届くだけなので、気軽に待っていればいい。

保険は勧誘などが厳しいため、営業電話も一切掛かってこないため、非常にオススメできる。

一番の老舗である「保険スクエアbang!」を使っておけば安心して利用できる。

保険スクエアbang!公式サイト

注意点3.保険証券や緊急連絡先の保管

最後の注意点は保険証券や緊急連絡先(保険会社や保険代理店の連絡先)の保管である。

というのもこれらの情報はすべて、万が一事故が起きた時に

  • 自分の契約状況の把握
  • 保険会社や保険代理店に助けを求められる
  • 即時対応ができるためすぐに安心できる

ということができ、仮にきちんと保管しておかなければ「不安が長く続く」といえるからだ。

そのためできれば、車内保管をしておくと安心感が増す。

また携帯電話のメモ機能や、ブックマークで加入している保険会社や保険代理店の連絡先をすぐに確認できる状況を作っておけば、自宅保管でも問題ないといえるだろう。

以上で車売却時の保険に関する注意点だったが、きちんと手続きをし、3つの注意点さえ頭に入れておけば「問題なくリスク回避できそうだ」ということは十分理解できただろう。

とはいえ、車売却をするときは保険にだけ注意を向けていればいいわけではない。

そう、そもそも車売却をすること自体に関しても、注意すべきことがいくつかあるからだ。

そこで次章では、保険以外の部分に関して、4つのチェックポイントを紹介していこう。

2.車売却で保険以外4つのチェックポイント

車売却で保険以外にある4つのチェックポイントは、下記に箇条書きした通りである。

車売却時の4つのチェックポイント
  1. 残債の確認
  2. 税金未納の確認
  3. 新車両の情報確認
  4. 絶対に最高額で売る

それぞれのポイントはきちんと満たしていなければ「そもそも売れない」「売れたとしても安くなってしまう」という特徴があるため、必ず実施しておきたいものばかりだ。

また車売却において、本来の目的は「スムーズに高く売却すること」であるため、きちんと読み進めておくことをオススメする。

チェック1.残債の確認

まずは売却予定の車に残債が残っていないか確認する必要がある。

というのも一括払いで今乗っている車を購入した場合では「あなたが所有者」となっているのだが、仮にローンやリースを利用して購入した場合には「ローン・リース会社」が所有者となっているからだ。

つまり、所有者であるローン・リース会社の許可なく売却することは、絶対にできないのである。

そのため車売却前には残債を確認し、残債が残っている場合は「売れない」と判断したほうが良いだろう。

ただし、査定額によっては所有者であるローン・リース会社も許可してくれるケースがあるため、

  • 査定額をもとに「車を売却したいのですが…」と一度相談する
  • 残債を売却額や自腹で返済できる場合は許可が出る
  • 許可が出るとともに車売却に必要な書類が送付される

というフローとなることを覚えておこう。

チェック2.税金未納の確認

車売却をするには1年に1度納付する必要のある「自動車税」に未納があってはならない。

なぜなら自動車税は車の所有者に課せられた義務であり、未納のままでは所有権の変更、つまり売却先となる買取業者の商品とすることができなくなるからだ。

そのため仮に自動車税を納付していないのであれば、絶対に納付してから査定依頼する必要がある。

ただしリース契約によって自動車税の納付が免除されるケースもあるため、その場合にはリース会社へ確認する必要がある。

ちなみに自分で確認する場合には、ナンバーが登録されている都道府県税事務所の専用端末にて、無料かつその場で発行することが可能であるため、不安な場合は確認しておくと良いだろう。

チェック3.新車両の情報確認

保険契約をするときには、車両情報の確認が必要なのでディーラーの担当者などに聞くべきだと先ほど述べた。

しかし実際には、保険契約だけではなく車庫証明の取得などの際にも必要な情報となるため、必ず一度入手した新車両情報はそのまま保管しておくことが望ましい。

また新車両だけではなく、車売却をする際には「旧車両の情報」も必要になってくるため、車検証などは常に車内で携帯しておくとラクで確実といえる。

チェック4.絶対に最高額で売る

車売却最大の目的であるため、「確実に高く売る」ということは忘れてはならない。

というのも自動車保険と同じように、車を売却する際には「業者ごとに買取価格が全く異なる」というケースが多いからだ。

実際に筆者自身ディーラーで査定業務に携わっていたが、正直なところ競合他社と比較してまったく歯が立たないことは何度もあったし、その逆も経験したことがある。

そのため必ず買い替え予定のディーラー下取りだけではなく、他の買取専門店などでも十分に査定をしてもらい、各社を競合させていくことで最高額を手にすべきである。

とはいえ正直なところ「複数社を探して競合してまわるのは面倒くさい」と思うのが普通だ。

筆者自身もそう思う。

そのため筆者としては「車一括査定」というサービスを利用することをオススメする。

サービスの詳細は下記にしていくが、自動車保険一括見積もりと同じように、短時間で間違いなく最もお得な結果が導き出せるため、ぜひ利用してほしい。

車一括査定とは「複数の買取店」に同時依頼できるサービス

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定のイメージ図

車一括査定のイメージ図

そして名前からもおおよその内容は推測できるだろうが、サービスと提携している何百~何千社もの車買取店の中から、あなたの地域に対応している複数の車買取店に車査定を一括して依頼できるのだ。

またサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは自宅にいながら一気に複数社を競合させられる。

そのため「一度の申し込みをするだけで、最高額が得られる方法」ということができるのだ。

申し込み方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、1~3分程度の時間があれば申し込みを完了させられる。

以上のことから車一括査定を利用することで、へこみのあるあなたの車は「最短時間で最高額を得ることができる」ということになるのだ。

申し込みは非常に簡単で、誰でもササっとできる。

そのためぜひ一度利用して、満足のいく価格提示を受けてほしい。

とはいえひとつだけ問題もある。

それは「車一括査定のサイトはいくつもあるため、どこがオススメなのか分からない」ということだ。

そこで最後に、当サイトで紹介している車一括査定サイトの中から、オススメなものを紹介しておこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

3.まとめ

以上、車売却の際の保険手続きに関して解説してきたが、最後に当ページの内容をまとめておこう。

  • 車売却の際、保険のキーワードは「等級の引継ぎ」「車両入替」「中断」であり、これらを怠ると大損する可能性が大
  • またその他保険の注意点としては、返金額が少なくなる点や、一括見積もりを利用してお得になることなどが重要となる
  • 本来の目的である車売却に関しては「そもそも売れない」「安くなる」というリスクを防ぐために、必ず4つのチェックポイントは確認すべき
  • 特に「車一括査定」というサービスに関しては、簡単に最高額が得られるので利用すべき
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事