車売却をするとき、あなたはたった3つの書類を準備するだけでいい。

ウソだと思うなら、下記の必要書類一覧表をご覧いただきたい。

書類の種類 自分で
用意する
ディーラー・買取店が
用意する
特別に用意
しなくても良い
印鑑証明および実印
車検証
自賠責保険証明書
譲渡証明書
委任状
リサイクル券
自動車納税証明書
振込先の分かるメモ

「自分で用意する」という部分をご覧いただければ、たった3つの書類で大丈夫ということが分かるだろう。

とはいえ今でもあなたは

  • 本当に3つの書類しか用意しなくても良いのか
  • その他の書類は本当に任せてしまっても問題ないのか
  • 書類さえ準備できれば車売却に集中できるけど…高く売るにはどうすればいいのか

など、不安も多く残っているだろう。

そこで今回は、自動車ディーラーで中古車査定士をしている筆者が、上記書類をすべて解説した上で、確実に最高額を引き出す方法について詳しく解説していこう。

【とっておきの裏技】愛車の相場をチェック&下取りよりも30万円高く売る

あなたは愛車の本当の価値はご存知ですか?
もし、ディーラーの下取り額でしょ?買取店で出してもらった査定額でしょ?と思ったあなたは大きな間違いです。

ディーラーや買取店は、あなたから買い取った車を横流しして利益を上げているのです。

つまり彼らの利益を最小限に減らすことができれば、あなたは最高額で売れることになります。

ではどうすればいいのか?答えは「買取店同士を競わせる」こと。
ただ、正直、1社1社買取店を回っていたら面倒ですよね。。。

そこでオススメなのが車一括査定というサービスを使うこと。
車一括査定を使えば、一度に買取店に査定してもらい競争させることができるので、MAXに近い買取額が出るのです。

無料で利用、しかも納得いかなければ売らなくてもOKです。
一度、気軽に利用してみることをオススメします。

依頼と同時に愛車の相場が事前にわかる「ユーカ―パック」 →  https://ucarpac.com/

優良業者が厳選、かつ同時に比較できる数が多い「カーセンサー」 →  http://www.carsensor.net/

スポンサーリンク

1.絶対に自分で用意する書類3つ

まず先に、自分で用意しなければならない書類を下記に3つ箇条書きしておいた。

車売却で自分で用意する必要がある3つの書類
  1. 印鑑証明および実印
  2. 車検証
  3. 自賠責保険証明書

それぞれ以下に分けて入手方法などを詳しく説明していこう。

書類1.印鑑証明および実印

住民票のサンプル

住民票のサンプル

印鑑証明と実印は車売却において必須の書類ということができる。

というのも車には車検証上で「所有者」が明記されており、これによって所有権を持っている人が指定されているからだ。

車売却をするということは、所有権を「買取店に移す」という作業が必要になる。

そのため法的な手続きを取る際に、後述する「譲渡証明書」や「委任状」に実印を押印して「所有者本人が譲渡を認めた」という証明をするのだ。

そして実印の証明のために、印鑑証明が1通必要になる。

印鑑証明の発行方法

印鑑証明はあなたの住民票がある市区町村役場または出張窓口にて、手数料を200~300円程度支払うことによって発行可能である。

ただし、所有者がローン会社などの場合には、ローン会社に直接印鑑証明を送付してもらうため、連絡する必要がある。

その場合にはローン会社に連絡すると残債の確認などが行われ、その後2~3日程度で印鑑証明は送られてくる。

ただし印鑑証明が不要なケースもあるため、下記に引き続き説明していく。

軽自動車は印鑑証明が不要

軽自動車の場合には、所有権などの手続きが簡略化されている。

なぜなら管轄が「国」ではなく、「市区町村」の単位になっているからだ。

そのため軽自動車の場合には実印や印鑑証明を用意せずとも、認印を1本用意しておけば問題ない。

ちなみに後述する「譲渡証明書」や「委任状」も必要なくなる。

書類2.車検証

車検証のサンプル

車検証のサンプル

車検証は車のダッシュボード内にある「車検証入れ」という、大きな手帳のようなケースに入れられて保管されていることが多い。

そして車検証には所有者の氏名や住所などが記載されているため、車売却の際には「内容の書き換え」をするため必要なのだ。

ちなみに車検証を紛失してしまった場合には再発行する必要があり、再発行をするためには

  • 車のナンバーが登録されている陸運支局に行く
  • 窓口にて「車検証を無くしてしまったのですが…」と伝える
  • 窓口の担当者の指示通りに「理由書」や「委任状」を用意してその場で提出する
  • 再発行される

という流れになる。

陸運支局の窓口の担当者はやさしい人ばかりで、業者や素人を問わずすべての手続きをその場で丁寧に教えてくれるため、まったく心配いらない。

書類3.自賠責保険証明書

自賠責保険証明書のサンプル

自賠責保険証明書のサンプル

自賠責保険証明書も車検証入れの中で保管されていることの多い書類だ。

そして「車検の時期と被った期限で加入している」という特徴がある。

というのも車検を通過するには、車検の有効期間分の加入が義務付けられているからだ。

つまり、言い換えると「車検切れの車売却をする場合には必要ない」といえる。

そのため

  • 車検付きで車売却する→自賠責保険証明書は「いる」
  • 車検切れで車売却する→自賠責保険証明書は「いらない」

と覚えておこう。

ちなみに自賠責保険証明書も紛失してしまうと再発行する必要があり、加入している保険代理店または保険会社に連絡すると、1週間~1カ月程度で再発行される。

以上、自分で用意する書類だったが、印鑑証明を取りに行く手間だけがかかると思っておけば大丈夫だ。

そして残り2つの「車検証」や「自賠責保険証明書」に関しては、そもそも無くしてしまう人が極端に少なく、査定時の担当者もその場で確認してくれるため、特に注意することはない。

そしてここまでの書類さえ用意しておけば、基本的には「9割はクリアした」と思っても問題ない。

そのため続けてディーラーや買取店が用意する書類を紹介していくが、気楽にササっと読み進めていけば大丈夫だ。

2.ディーラーや買取店が用意してもらえる書類2つ

ディーラーや買取店が用意する書類は、下記の2点だ。

車売却でディーラーや買取店が用意する必要がある3つの書類
  1. 譲渡証明書
  2. 委任状

先ほども少しだけ触れているためイメージできているかもしれないが、こちらも以下に分けて説明してく。

書類1.譲渡証明書

譲渡証明書のサンプル

譲渡証明書のサンプル

譲渡証明書とは、車の所有権を移転させるために必要な書類である。

つまり俗にいう「名義変更」というやつだ。

そして譲渡証明書は普通、契約時にディーラーや買取店の担当者から無料で入手することができる。

また譲渡証明書は所有権を移転させるための重要書類であるため、必ず所有者本人の実印の押印が必要だ。

ただし所有者がローン会社などの場合には、先程の印鑑証明と同じく「連絡するとローン会社から送付してもらえる」と思っても問題ない。

ちなみに印鑑証明と同様の理由から、軽自動車の場合には特に必要ないと思っても問題ない。

委任状

委任状のフォーマット例

委任状のフォーマット例

委任状は買取店に名義変更の手続きを代行してもらうために必要な書類である。

つまりこちらに関しても、所有権移転にかかわる重要書類であるため所有者本人の実印を押印する必要がある。

入手方法は譲渡証明書と同じく、契約時に担当者から渡されることが多い。

ただし、やはり所有者がローン会社などの場合には依頼すると送付してくれる。

また軽自動車の場合には特に必要なくなるのも同様である。

以上、販売店に用意させる書類の紹介だったが、それぞれの共通点をまとめておこう。

  • 契約時に販売店が用意してくれる(つまりその場で実印を押印すればラク)
  • 所有者がローン会社などの場合には、「印鑑証明」「譲渡証明書」「委任状」をセットで送付してくれる
  • 軽自動車の車売却をする際には必要ない

それぞれ理解できたら、後は一般的に「いる」と言われているが、本当は「用意しなくても問題ない」といえる書類について紹介していこう。

3.用意してもしなくても、どちらでも良い書類

車売却の必要書類を調べてみると、「無駄な書類まで用意させようとしている」という場合がある。

ここでいう無駄な書類とは「用意してもしなくても良い」というもので、下記に箇条書きしておいた。

用意してもしなくてもどちらでもよい書類
  1. リサイクル券
  2. 自動車納税証明書
  3. 振込先の分かるメモ

コチラの書類に関しては契約時に「あ~こんな書類あったな~」程度に覚えておいていただければ問題ない。

ただ念のため、これまで同様に以下に分けて説明していこう。

書類1.リサイクル券

リサイクル券のサンプル

リサイクル券のサンプル

リサイクル券も、実は車検証や自賠責保険証明書と同じく、車検証入れの中に保管されていることの多い書類だ。

ただし必要なのはこの券に書かれた「預託金」というもので、

書類2.自動車納税証明書

納税証明書サンプル

納税証明書サンプル

自動車納税証明書は1年に1度、車の所有者が自動車税を納税した証明になる。

車の名義変更をするためには自動車税が未納であると不可になってしまうため、そのために必要とされているのだ。

ではなぜあなたが用意する必要がないのか。

それは誰でも無料で再発行できるため、紛失してしまっていても買取店の担当者がすぐに代行してくれるからだ。

そのため買取店としては手間をかけたくないため、「お客様が用意してくれた方がラクできる」程度に思っており、実質あなたが用意する必要はないと思っても大丈夫だ。

ただし、軽自動車の場合は手元に納税証明書がない場合、市区町村役場の「市税課」にて、手数料200~300円程度を支払って再発行する必要がある。

そのため軽自動車の納税証明に関しては、無料対応は不可となり実費がかかると思っておいた方が良い。

書類3.振込先の分かるメモ

振り込み先に関しては、特別にメモなどを用意する必要はない。

なぜなら買取専門店に入金先さえ伝えることができれば良いからだ。

そのため例えばスマホのメモ機能を使って口座番号を控えておくだけで構わない。

また買い替えをする際の車売却に関しては、新しい車の購入先のディーラーに直接入金してもらうことも可能な場合がある。

その場合、買取店の担当者にディーラーの担当者を紹介しておけば、勝手に入金口座や入金日などを調整してくれるため、特にあなたがすることは何もないと思って大丈夫だ。

以上ですべての必要書類に関する解説を終了するが、最初に紹介した3つの書類だけを用意しておけば、十分車売却ができるということは理解できただろう。

それが分かれば、後は高く売るだけだ。

そこで次章では、具体的にあなたの車を高く売る方法について、簡単かつ効果的なものを紹介していこう。

4.必要書類が分かれば、あとは高く売るだけ

高く車売却する方法は下記に挙げた、たった2つの方法を実践するだけである。

車を高く売る2つの方法
  1. ディーラーの下取りではなく買取専門店の買取を選択する
  2. 複数の買取専門店を競合させる

それぞれ以下に分けて説明していこう。

方法1.ディーラーの下取りではなく買取専門店の買取を選択する

車の売却先としてディーラーを検討しているかもしれないが、それはやめて買取専門店に車売却を依頼すべきである。

というのもそれぞれの業者間では、査定額に大きな差があるため説明していこう。

ディーラーは主な業務を「新車販売」としており、新車販売による利益を得ている。

そして新車の販売台数は自動車ディーラーからノルマ化されており、メーカーからのノルマを達成することによって、ディーラーはインセンティブを得ているのだ。

つまり、新車そのものの利益とインセンティブによって、大きな利益を生み出しており、中古車販売についてはあまり力を入れていないという現状がある。

一方、買取専門店は仕入れた=買い取った車を中古車として再販することで、利益を上げている。

そして新車販売のライセンスをそもそも持っていないため、基本的には中古車販売をすることでのみ、利益を上げているのだ。

そのため利益を上げるために必要な在庫車の確保については、必死になっている。

以上のことからも分かるだろうが、ディーラーと買取専門店ではそもそも「車を買い取る」という必死さに差があるため、確実に買取専門店に依頼すべきなのだ。

方法2.複数の買取専門店を競合させる

買取専門店に依頼するということが理解できたら、後は複数社を競合させるだけである。

というのも買取専門店は昨今の中古車人気の影響から、どこも在庫車確保に必死になっている。

そのため各社それぞれ「少し利益が削られても構わないから、絶対にうちが買取をしたい」と思っているのだ。

その結果、競合させることで徐々に査定額が上昇していき、最終的には相場の上限値付近の金額で買取をしてくれることになる。

つまりここで初めて最高額が引き出されるのだ。

とはいえ実際に複数社を競合させようと思った時、正直なところ「面倒くさい」というのが本音だろう。

そこで筆者のオススメは「車一括査定」というサービスを利用することである。

サービスの詳細は下記にしていくが、誰もが簡単に利用することができ、手間をかけることなく最高額が引き出せるので、ぜひ一度利用してほしい。

車一括査定とは「複数の買取店」に同時依頼できるサービス

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定を使わない場合、使う場合

車一括査定を使わない場合、使う場合

そして名前からもおおよその内容は推測できるだろうが、サービスと提携している何百~何千社もの車買取店の中から、あなたの地域に対応している複数の車買取店に車査定を一括して依頼できるのだ。

またサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは自宅にいながら一気に複数社を競合させられる。

そのため「一度の申し込みをするだけで、最高額が得られる方法」ということができるのだ。

申し込み方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、1~3分程度の時間があれば申し込みを完了させられる。

以上のことから車一括査定を利用することで、へこみのあるあなたの車は「最短時間で最高額を得ることができる」ということになるのだ。

申し込みは非常に簡単で、誰でもササっとできる。

そのためぜひ一度利用して、満足のいく価格提示を受けてほしい。

とはいえひとつだけ問題もある。

それは「車一括査定のサイトはいくつもあるため、どこがオススメなのか分からない」ということだ。

そこで最後に、当サイトで紹介している車一括査定サイトの中から、オススメなものを紹介しておこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

楽天オート

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

5.まとめ

以上、車売却をするときの必要書類について解説してきたが、最後に当ページの内容をまとめておこう。

  • 必要書類は全部で8種類あるが、あなたが用意するのは実質3つだけで良いため、意外と簡単といえる
  • ただし紛失してしまうと再発行で手間がかかるため、きちんと確認すべき
  • 必要書類さえそろえてしまえば、後は買取店に依頼して高く車売却するだけ
  • 最高額で車売却をするなら「車一括査定」の利用がオススメ
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事