車を持っている以上、1年に1回自動車税の納税をしなくてはならない。

しっかりと納税していれば、納税証明書があるはずだ。

しかし4~5月ごろに納付書が届くものの、意識していないと税金未納のまま時が過ぎてしまうことがある。

納税証明書サンプル

納税証明書サンプル

正直なところ、それは「ヤバい」といえる。

なぜなら税金未納のままで車売却をすることは基本的にできず、さらに遅れて納付した場合には「延滞金」が余分にかかることもあるからだ。

そのため今車売却を検討しているのであれば、確実に納付しなければ車売却は成立しないと思ってほしい。

とはいえあなたが知りたいのは

  • 本当に税金未納のまま車売却はできないのか
  • 延滞金はどの程度取られてしまうのか

ということだろう。

そこで今回は、自動車ディーラーの中古車査定士として、実際に何台もの車売却を受け付けてきた筆者が、税金未納のままの車売却について詳しく解説していこう。

また最後には「延滞金分を無視できるほど高く車売却する方法」についても紹介していくので、ぜひ最後まで読み進めてほしい。

スポンサーリンク

1.自動車税は未納のまま車売却することはできない

まず先に頭に入れておいてほしいのは、自動車税の納税は「義務」ということだ。

つまり車を持っている誰もが納付しなければならず、税金未納という状態は本来許されることではない。

ただし税金をあなた自身が納めなくても構わないケースもある。

リース契約で自動車税が含まれている場合は売却できる

それは「リース契約に、自動車税の税額も含まれている場合」である。

リース契約とはローンとは異なり、「リース会社から車を借りる」という形態となっている。

そのためリース会社との契約の中でよくあるのが「リース料金に自動車税や重量税などが含まれる」というものだ。

この場合には、リース会社が自動車税を納付してくれるため、未納の心配をする必要はない。

しかしそれ以外の

  • 所有者があなたの場合
  • ローンで購入していて、使用者があなたの場合

に関しては、自動車税は自分で納めなければならないケースが大半である。

とはいえなぜ義務ではあるものの、車売却ができない理由については少しだけ疑問があるだろう。

そこで次に、なぜ車売却の際には自動車税を納付しておかなければならないのか、説明していく。

車売却する場合には「車検の有効性」が重要であるため支払う必要あり

車売却をするときに税金未納ではならない理由は単純で、「車検の有効性を確認したい」からだ。

というのも車検は「前回受けてから2年(または1年、3年)後」というようにタイミングはバラバラであり、「自動車税を納めなければ受けられない」という特徴を持っている。

しかし自動車税は冒頭でも述べたように4~5月ごろに納付する必要があるため、車検のタイミングとは異なるケースが多いのだ。

つまり「次回車検までの間に、税金未納の期間がある場合には車検が無効となってしまう」ということになる。

さらに車売却をするとき、車検「あり」のものと「なし」のものでは最大で10万円もの差額が出てしまうケースが一般的であるため、イメージとして未納のままでは「車検なしとなり10万円の損」ということになるのだ。

下図を見てもらうと分かるだろう。

自動車税が未納と納付済みの場合

自動車税が未納と納付済みの場合

つまり簡単な考え方ではあるのだが、「税金は納付しておいた方がお得に車売却ができる」といえるのだ。

とはいえ一度遅延してしまったのであれば、過去を振り返っても仕方がないのも事実である。

そこで次章では、遅延してから自動車税を支払った場合に「どのくらいの金額になってしまうのか」をお教えしていこう。

2.遅延して支払う自動車税はいくらぐらいになってしまうのか

遅延して支払う自動車税は、通常支払う額に「延滞によるペナルティの金額」が加算されて計算される。

そしてペナルティの金額は「おおむね3~9%前後/年」となっている。

詳しくは下記に挙げた愛知県のデータを見てほしい。

自動車税が未納の場合のペナルティー(愛知)

自動車税が未納の場合のペナルティー(愛知)※出典元:愛知県の公式ホームページ「加算金・延滞金」より

愛知県ではこのようになっているが、ほとんどの都道府県で同様の年率が採用されている。

そして加算の条件としては、同ページに

※1.税額に1,000円未満の端数があるとき、又はその全額が2,000円未満であるときは、その端数金額又はその全額を切り捨てて計算します。

※2.計算した額に100円未満の端数があるとき、又はその全額が1,000円未満であるときは、その端数金額又はその全額を切り捨てます。

引用元:愛知県の公式ホームページ「加算金・延滞金」より

とあるように、実は「年率をかけて1,000円(もしくは100円)を超えなければ、延滞金は発生しない」ということになるのだ。

とはいえこの説明では「何のことだろう」と思ってしまうだろう。

そこで下記に計算例を…といきたいところだが、さらにややこしくなってしまうため、大まかな目安をお伝えしておく。

まず「年率」で最大9%であるため、実は税金未納の期間が2か月~3か月程度であれば、延滞金がかかることは滅多にない。

それ以上の延滞をしている場合には、1年ごとに最大9%ということになるのだが、12か月で割ると1か月あたり数百円程度の割増になるだけなのだ。

つまり「延滞金はほとんど無視できるレベル」ということになる。

そのため延滞金による割増金額におびえず、基本的にはそのまま支払ってしまった方が良いといえるのだ。

しかし仮にいつまでも税金未納となる場合には、財産(車など)が差し押さえの対象となるため、できる限り早く納付すべきである。

以上が自動車税の税金未納に関する説明だったが、これまでの説明だけを見ると「納税をして車検を通していなければいけないの?」と思ったかもしれない。

しかし次章にて説明するように、実は車検切れで税金未納状態である車でも車売却することができるのだ。

詳しくは次章をご覧いただきたい。

3.車検が通っていない車でも車売却は可能

車検が通っていない車は、単純に「車検残がない車」として車売却することは可能である。

というのも現行法で車検切れとなった車に関しては、中断(一時抹消のようなもの)と判断されるため、結果的に納付書が届かないようになっているからだ。

つまり「未納」ではなく、そもそも納付の義務がなくなっているため、車検切れの車として車売却することができるということになる。

しかし仮に車検が残ったまま税金未納となっている場合は、やはり納付後の車売却ということになる。

また車検切れでの車売却は、先ほど挙げた図解の中でも記載している通り、最大で10万円程度安く車査定されることがあるため、決してお得とは言えない。

さらに車買取店の担当者からすると、車検切れの車は「安く買い叩ける」と思っているため、10万円以上の損をする可能性もあるといえる。

その対策については、最後に紹介する方法を実践することで、確実に損を防ぐどころか「超お得に車売却できる」といえるため、引き続き最後までご覧いただきたい。

また自動車税の納付に伴い、車売却には「自動車納税証明書」の提出が必要になるのだが、この書類を含めた7つの必要書類についても簡単に説明していこう。

4.車売却には9つの書類が必要になる

車売却をするためには、自動車税の納税証明書を含め、下記に箇条書きした7つの書類が必要になる。

必要書類の名称 普通自動車 軽自動車
自動車検査証
自賠責保険証明書
リサイクル券
自動車納税証明書(軽自動車含む)
印鑑登録証明書 ×
実印 ×
譲渡証明書 ×
委任状
認印 ×
振り込み口座が分かるもの

認印と振込口座が分かるものは説明するまでもないので、その他の書類について、以下に分けて説明していこう。

車検証

車検証はその車の所有者氏名などが記載されており、車売却に伴って記載事項を変更するために必要な書類である。

保管場所は「車検証入れ」という大きな手帳型のケースに入れられて、ほとんどの場合でダッシュボード内に保管されている。

自賠責保険証明書

自賠責保険証明書も車検証入れの中で保管されていることが多い書類で、強制保険である自賠責保険の契約者などが記載されている。

この記載事項についても売却後に変更しなければならないため、必要な書類である。

また仮に紛失してしまった場合には、再発行の手続きで最大1か月以上かかることもあるため、車売却を検討するタイミングで確認すべきといえるだろう。

リサイクル券

リサイクル券も車検証入れの中で保管されていることが多いが、実は「必ずしも必要ではない」ということができる書類だ。

というのも車買取店としては、この書類に記載されている「預託金額」が知りたいだけであり、金額はインターネット上で簡単に調べられるからだ。

また調べる方法が非常に手軽であるため、車買取店の担当者が無料で対応してくれることが普通であり、心配する必要はないといえる。

自動車納税証明書

これまでに説明してきた「自動車税」の納付を証明する書類であり、車検の有効性を証明するためにも必要な書類である。

しかし非常に小さな紙きれであるため無くしやすいのだが、心配する必要はない。

なぜなら自動車納税証明書は、都道府県税事務所の専用端末から、無料で再発行できるからだ。

また車買取店の担当者はリサイクル券と同じく無料で対応してくれるため、問題ないといえるだろう。

譲渡証明書

譲渡証明書は車買取店の担当者から入手できる書類で、車の所有権を移転するために必要な書類である。

そしてこの書類には所有者本人の実印を押印することによって、法的な拘束力を持つため、必ず実印の押印が必要だと覚えておこう。

委任状

委任状は車の名義変更などにかかわる法的な手続きを、車買取店に代行してもらうために必要な書類である。

そのためこちらの書類にも実印の押印が必要であり、実印が押印されていない場合には車売却そのものが白紙になってしまうため、注意が必要である。

またこの書類は車買取店の担当者から入手可能であるため、特に心配する必要はない。

印鑑登録証明書

譲渡証明書と委任状に押印された印鑑が、実印であることを証明するために必要なのが印鑑登録証明書だ。

印鑑登録証明書はあなたの住民票がある市区町村役場や窓口(出張)センターにて発行可能であり、実印だけではなく「あなたの住所や氏名」などの本人確認書類としての役割もある。

実印の登録や証明書の発行は即日で可能ではあるが、必ず必要となる書類であるため早めに準備しておくことをオススメする。

以上が車売却で必要となる7つの書類に関する紹介だったが、それほどストレスなく用意できそうだと感じただろう。

そのため筆者としては、自動車税を納税したうえで「高く車売却をする方法」について考えることがベストだと結論付けている。

そして高く車売却をするためには、次章にて紹介する「車一括査定」というサービスを使うのが賢いといえるだろう。

5.税金分を取り戻す!高く車売却するなら「車一括査定」

高く車売却をするためには、複数の車買取店を競合させる必要がある。

なぜならほとんどの車買取店は在庫車不足によって利益が出せない状況となっており、在庫車確保を至上命題としていることが多いからだ。

そのため競合させていくと徐々に査定額が上昇していくのだ。

しかし複数の車買取店をまわって競合させていくのは、正直なところ「面倒くさい」というのが本音だろう。

そこでオススメなのが「車一括査定」である。

このサービスを利用すれば、短時間のうちに最高額を引き出すことができるため、ぜひ下記の説明をご覧になって利用してほしい。

車一括査定とは「複数の買取店」に同時依頼できるサービス

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定のイメージ図

車一括査定のイメージ図

そして名前からもおおよその内容は推測できるだろうが、サービスと提携している何百~何千社もの車買取店の中から、あなたの地域に対応している複数の車買取店に車査定を一括して依頼できるのだ。

またサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは自宅にいながら一気に複数社を競合させられる。

そのため「一度の申し込みをするだけで、最高額が得られる方法」ということができるのだ。

申し込み方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、1~3分程度の時間があれば申し込みを完了させられる。

以上のことから車一括査定を利用することで、へこみのあるあなたの車は「最短時間で最高額を得ることができる」ということになるのだ。

申し込みは非常に簡単で、誰でもササっとできる。

そのためぜひ一度利用して、満足のいく価格提示を受けてほしい。

とはいえひとつだけ問題もある。

それは「車一括査定のサイトはいくつもあるため、どこがオススメなのか分からない」ということだ。

そこで最後に、当サイトで紹介している車一括査定サイトの中から、オススメなものを紹介しておこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

楽天オート

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

6.まとめ

以上、車売却と自動車税の税金未納に関する解説を終了するが、最後に当ページの内容をまとめておこう。

  • 自動車税は未納のままでは「車売却はできない」といえる
  • 自動車税を納めていなくても、実は延滞金はそれほど高くはない
  • 延滞金は高くなくても、納付してきちんと高く車売却すべき
  • 高く車売却をするなら「車一括査定」を利用すべき
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事