車売却をするとき、一般的に必要といわれる書類は9つある。

必要書類の名称 普通自動車 軽自動車
自動車検査証
自賠責保険証明書
リサイクル券
自動車納税証明書(軽自動車含む)
印鑑登録証明書 ×
実印 ×
譲渡証明書 ×
委任状
認印 ×
振り込み口座が分かるもの

その中でも納税証明書は非常に小さい書類であるため、なくしてしまうことがよくある。

納税証明書サンプル

納税証明書サンプル

そのためあなた自身「無くしてしまっていたらどうしよう」と心配しているだろう。

先に結論を述べておくが、実は納税証明書は無くしてしまっても大半のケースで「大丈夫」といえるのだ。

ただしすべてのケースで大丈夫とは言えず、万が一無くしている場合には「車馬脚そのものができない」という場合すらある。

そのため当たり前ではあるのだが「用意できれば難なく車売却は成功する」といえる。

そこで今回は自動車ディーラーの中古車査定士として、実際に何台もの車売却を受けてきた筆者が、車売却と納税証明書について詳しく解説していこう。

スポンサーリンク

1.実は車売却で納税証明書は必要ない

冒頭でも述べているが、車売却をするときは「大半のケースで納税証明書が無くても大丈夫」といえる。

しかし“必要”書類と言われているにもかかわらず、大丈夫と言われても腑に落ちないだろう。

そこで早速、納税証明書が必要といわれる理由について説明していこう。

納税証明書は「車検の有効性」を証明するために必要

車売却をするときに納税証明書が必要な理由は「今の車検が有効なものかどうか」を知るためである。

というのも自動車税の納税は、年度が替わった4月ごろに納付書が届き、納めるのが一般的である。

そして車の車検は「2年(もしくは1年、3年が一般的)に1回受け、満了日まで有効」とされている。

あなた自身もこの点については理解しているかと思うが、車検は「納税していないと受けることができない」という特徴があるのだ。

つまり「自分の車で示された車検の有効期間は、納税をきちんとしているので有効である」という証明をするために必要だと理解しておいてほしい。

また車検が有効であるということは、車売却をする上では非常に重要である。

なぜなら車検付きの車であれば、「車検残アリ」という状態で売り出すことができるため、結果的に車検なしの車と比較すると最大で10万円以上も査定額が変わってしまうからだ。

そのため

  • 車検があることで査定額が高くなる
  • そして車検の有効性を証明するために納税証明書が必要

という順に覚えておいてほしい。

ただ、ここまでの内容を見る限りでは「納税証明書は超重要書類で、なくても構わないとは思えない」と感じるのが普通だ。

しかし何度も言うが、車売却をする大半のケースで「なくても大丈夫」といえる。

そこで次に、なぜ納税証明書は紛失しても大丈夫なのか、解説していこう。

納税証明書は紛失しても問題ない

納税証明書が車売却の際に必要ないといえる理由は、たった一つである。

それは「簡単に再発行できるから」だ。

実は納税証明書を再発行するには都道府県税事務所に行き、専用の端末で無料発行することができるのだ。

つまり都道府県税事務所に行く手間はかかるのだが、無料かつスムーズに再発行できる。

そして車買取店の担当者からすると「少しの手間はかかるものの、買取をさせてくれるのであれば問題ない」との想いから、無料で手続きをしてくれることが普通なのだ。

そのため納税証明書は無くしてしまったとしても、ディーラーや買取店に正直に「無くしてしまったので、売却手続きのついでに再発行してほしい」と言っておけば問題ない

ただ一つだけ問題もある。

それは「ネットでクレジットカード払いをした場合、そもそも納税証明書が発行されていない」ということだ。

このようなケースに関しては、次に説明していこう。

ネットからクレジットカード払いにしている場合はどうなるのか

ネットから自動車税を納税した場合、納税証明書は発行されない。

ただし、支払いをした時のWEBページの印刷があれば問題ない。

実際に筆者は下記を納税証明書として見せて、2018年2月に車を売却している。

クレジットカード払い時の納税証明書支払い完了画面

クレジットカード払い時の納税証明書支払い完了画面

また、上記がない場合は、先ほど述べたように都道府県税事務所にて発行し、それを提出すれば問題ない

もちろんこのケースでも、車買取店の担当者がついでに再発行手続きをしてくれることが多いため、それほど心配する必要はない。

しかし一つだけ、注意すべき点もある。

それは「タイミングによっては、端末からの発行が不可」という場合があるということだ。

実は自動車税の納税を済ませてから、端末で再発行ができるようになるまでおおよそ2週間前後が必要になる。

つまり車売却をするタイミングの2週間前までに納税を済ませている場合には、納税証明書を提出することは不可能な場合があるのだ。

そのため、納税から2週間以内に車売却をする場合には、必ず「現金で支払った納付書の控え」を用意して、提出する必要があるといえる。

またタイミングによっては車売却の手続き後に、納税証明書が届くケースもあるため、次に説明していこう。

2.車売却のタイミングによっては売った車の自動車税納付書が届くこともある

自動車税の納付書は「車の所有者(所有者がリース会社などの場合には使用者)のもとに届く」という特徴がある。

なぜなら「車を持っている人が納める税金」だからだ。

そのため車売却が完了した場合には、基本的にあなたのもとへ納付書が届くことはないのだが、ごくまれに届いてしまうことがある。

つまり「車売却が完了したにもかかわらず、所有者があなたのまま」という場合だ。

その場合には、単純に車買取店へ「納付書が届いてしまったので、代わりに納めてほしい」と伝えるだけで問題ない。

また車売却をするときにも、車買取店は基本的に「万が一納付書が届いてしまった場合には、買取店に連絡して持ってきてほしい」と言われる。

そのため届いてしまったとしても特に心配することなく、車買取店に任せておけば問題ないといえるのだ。

以上の点にさえ注意しておけば、納税証明書は問題ないため安心してほしい。

また、納税証明書について理解することはできたかと思うので、次章では納税証明書以外の必要書類について簡単に説明していこう。

3.納税証明書以外の必要書類は8つ

冒頭で「必要書類は9つ」と述べた。

必要書類の名称 普通自動車 軽自動車
自動車検査証
自賠責保険証明書
リサイクル券
自動車納税証明書(軽自動車含む)
印鑑登録証明書 ×
実印 ×
譲渡証明書 ×
委任状
認印 ×
振り込み口座が分かるもの

納税証明書を抜くと残りは8つになる。

認印や振込口座が分かるものは、改めて説明をする必要がないと思うので、その他6つの書類にてついて簡単な説明をしていく。

車検証

車検証は車のダッシュボード内で「車検証入れ」という大きな手帳型のケースに保管されている場合が多い。

そして車検証に記載されている「所有者」や「使用者」などに関する情報を書き換えなければ車売却は成立しないため、必要となる。

自賠責保険証明書

自賠責保険証明書とは、自賠責保険の満了日などが記載されている書類だ。

この書類も車検証入れの中に保管されていることが多い。

そして自賠責保険もあなたの名義で契約していることが多く、記載事項を変更するためにも必要とされる。

ただしこの書類は無くしてしまうと加入している保険代理店(多くは車検を受けたディーラーや整備工場など)または保険会社へ再発行依頼をする必要があり、最大で1か月程度の時間がかかることもあるため、早めに確認することをオススメする。

リサイクル券

リサイクル券も車検証入れの中で保管されていることの多い書類である。

この書類も実は「無くしても問題ない」といえるものだ。

というのもリサイクル券は「記載されている預託金額」さえわかれば問題なく、車検証さえあれば簡単に預託金額は調べられるので大丈夫なのだ。

ただし調べる手間はかかってしまうため、書類があった方が喜ばれることは間違いない。

譲渡証明書

譲渡証明書とは「車の所有権を相手(車買取店)に移すために必要」とされる書類である。

この書類は車買取店から入手ができるため心配する必要はないのだが、一つだけ注意点がある。

それは「必ず実印を押印すること」だ。

車の所有権は法的に記録されているものであるため、必ず実印が必要だと覚えておいてほしい。

委任状

委任状とは車売却にかかわる法的な手続きを車買取店に代行させるために必要な書類である。

そのためこちらの書類も車買取店から入手できるので安心してほしい。

ただし、委任状に関しても実印の押印が必要であるということは忘れてはいけない。

印鑑登録証明書

譲渡証明書と委任状に押印された印鑑が実印であることを証明するために、印鑑登録証明書が必要になる。

市区町村役場の担当窓口または窓口(出張)センターで登録・発行ができるため、車売却をするときには必ず前もって準備しておくことが重要である。

以上が納税証明書以外の必要書類に関する説明だったが、どれも「それほど面倒なことはない」ということが理解できただろう。

そのため筆者としては書類の心配をするよりも、「どれだけ高く車売却できるか」を気にすることが重要であると結論付けている。

そして高く車売却するためには、次章にて紹介する「車一括査定」というサービスの利用がオススメであるため、詳しく紹介していこう。

4.納税証明書を用意して高く車売却するなら「車一括査定」がオススメ

高く車売却したい場合、必ず複数社での競合が必要になる。

それは紛れもない事実であり、実際に各車買取店は在庫車の減少に伴って「高くなっても構わないから、確実に車買取を実施したい」と思っているのだ。

とはいえ複数の車買取店をまわって競合させていくのは、正直なところ面倒くさいだろう。

そこで本章で紹介する「車一括査定」を利用して、簡単かつ短時間で複数社を競合させていくことがオススメといえるのだ。

車一括査定とは「複数の買取店」に同時依頼できるサービス

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定のイメージ図

車一括査定のイメージ図

そして名前からもおおよその内容は推測できるだろうが、サービスと提携している何百~何千社もの車買取店の中から、あなたの地域に対応している複数の車買取店に車査定を一括して依頼できるのだ。

またサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは自宅にいながら一気に複数社を競合させられる。

そのため「一度の申し込みをするだけで、最高額が得られる方法」ということができるのだ。

申し込み方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、1~3分程度の時間があれば申し込みを完了させられる。

以上のことから車一括査定を利用することで、へこみのあるあなたの車は「最短時間で最高額を得ることができる」ということになるのだ。

申し込みは非常に簡単で、誰でもササっとできる。

そのためぜひ一度利用して、満足のいく価格提示を受けてほしい。

とはいえひとつだけ問題もある。

それは「車一括査定のサイトはいくつもあるため、どこがオススメなのか分からない」ということだ。

そこで最後に、当サイトで紹介している車一括査定サイトの中から、オススメなものを紹介しておこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

楽天オート

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

5.まとめ

以上、車売却と納税証明書についての解説を終了するが、最後に当ページの内容をまとめていこう。

  • 納税証明書は「車検の有効性を証明するため」に必要である
  • 納税証明書をなくしたとしても、都道府県税事務所にて簡単に再発行できるため心配する必要はない
  • ほかにも必要な書類は6つあり、すべて用意しなければ車売却は完了しない
  • 車一括査定というサービスを利用すれば、短時間で最高額を引き出すことができる
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事