自動車は工業製品であるため、必ずいつか寿命がきてしまう。

そのため「そろそろ古くなってきたから、この車は手放そう」と考えることはよくある。

またここ最近の自動車メーカーは非常に魅力的な車を販売しているため、「あの車に乗りたい」という理由から、今乗っている車からの買い替えを検討することもよくある。

つまりその場合、車査定をしてもらって「高く買い取ってもらうことができれば、お得になる」といえるのだ。

そしてあなた自身も同様に思っており、少しでも高く車査定をしてもらう方法について模索しているだろう。

とはいえ実際のところ、あなたも知っているかもしれないが車査定は「加減点評価」によって査定額が決定されるという特性があるため、減点対象をいかに少なくするかというのが大きなポイントとなる。

そのためあなたとしては「今自分が乗っている車を少しでもよく見られたい」と思っているだろう。

そんな時、エアコンの故障がある場合にはどうするだろうか。

たしかに車の装備の中でもエアコンは非常に重要なポイントであるため、エアコンが故障している場合には大幅な減点が予想できる。

結論を言うとエアコンの故障の査定額での影響は「-1万~-4万」の範囲だ。

とはいえ、無視できない金額であり、エアコンの故障はバレなければ隠していても問題ないのでは?と思うのではないだろうか。

そこで今回は、自動車ディーラーの中古車査定士として実際に何台もの車査定をしてきた筆者が、「車査定の際にエアコンの故障を隠しても大丈夫なのか」「エアコンの故障はどの程度の減額となるのか」といった内容と、「エアコン故障があっても高く車査定してもらう方法」について、詳しく解説していこう。

内容は非常に簡単で分かりやすく、誰もが理解できるようにまとめているため、安心して最後までスラスラと読み進めてほしい。

読み終わる頃には、

  • エアコンの故障はきちんと担当者に伝えておいた方が良さそうだ
  • エアコンの故障があっても、確実に高く車査定をしてもらうことができそうだ

ということが理解でき、自信を持って車査定の依頼をすることができるだろう。

スポンサーリンク

1.車査定のときにエアコンが壊れているのは黙っていても大丈夫?

「手洗い洗車」で陥りがちな失敗は4つ
冒頭で「自動車は工業製品」と述べたが、工業製品であるということは「故障」がつきものである。

そして車の場合、エンジンなどの故障よりも「電装品」と呼ばれる、通電することによって作動する部分の故障が多いという特徴がある。

その代表的なものがエアコンである。

筆者は査定士としての業務だけではなく、これまでに中古車販売や新車販売などを担当してきたが、実は付き合いのあるお客様の中でも一定数は「エアコンが壊れた」という人がいるのだ。

そのため、エアコンの故障に関しては、正直なところ特別珍しいものとはいえない。

とはいえ車査定後に買取をしてもらった車は、その後中古車として次のユーザーの手元に渡るため、エアコンの故障をしている場合には「マイナス評価」となってしまうことは容易に予想できるだろう。

つまり車査定をする段階でも「減点される」といえるのだ。

そもそもエアコンの故障がある場合には、減点の対象となり、査定額としては安くなってしまうといえる。

そう聞くと、正直なところ「黙っておいてバレなければラッキー」と思ってしまうのではないだろうか。

たしかにわざわざ自分から減点対象となることを伝え、減額されてしまうのは損な気がするだろう。

しかし良心的な問題として、「嘘を付くのは良くない」とも思うのではないだろうか。

そこで次に、エアコンの故障を黙って車査定をしてもらっても大丈夫なのか、説明していこう。

黙って車査定をしてもらうと「瑕疵担保責任」に問われる可能性あり

エアコンの故障を黙ったまま車査定をしてもらうということは、厳密に言うと「問題ない」といえる。

というのも車査定とは、あくまで「その場で査定だけをしてもらう」ということであり、売買契約を結んではいないからだ。

もちろん悪意が見え隠れしている場合には、車買取店から「営業妨害」と判断されてしまう可能性もなくはないのだが、それでも言葉の意味の上では問題ないということになる。

とはいえ車査定をしてもらった後に、売買契約を結び車買取をしてもらう場合には「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」に問われる場合がある。

※瑕疵担保責任とは

売買などの有償契約において,その目的物件に,一般の人では簡単に発見できないような瑕疵 (欠陥) があった場合,売主などの引渡し義務者が,買主などの権利者に対して負わねばならない担保責任のこと。たとえば電気器具などの部品がこわれていて使用できない場合など。また,この瑕疵は物理的なものに限らないとされている。民法では瑕疵の存在を知らなかった買主は,売主に損害賠償の請求もしくは契約の解除をすることができるとしている (570,559条) 。商法では,商人間の売買に関し買主は目的物を検査し,瑕疵を発見次第,売主に通知しなければ売主の責任を問うことはできないとしている (526条) 。不特定物の売買にこの責任の規定が適用されるか否かについては,判例はこれを認めている。
※出典:コトバンク「瑕疵担保責任」より

簡単に説明すると、瑕疵とは「あなたが査定をしてもらう際に、買取店側へ伝えなければならない重要事項」のことを指している。

つまり「あなたが伝えてくれた重要事項を信じて(つまり担保にして)車買取をするから、嘘をついていた場合には責任を取ってくださいね」ということになる。

そして、万が一エアコンの故障に関して黙っていて売買契約を結んでしまった後に、エアコンの故障がバレてしまうと損害賠償請求をされる可能性があるということだ。

そのためエアコンの故障について黙っている場合には、今説明した「瑕疵担保責任」によるリスクをよく考える必要があると思っておこう。

また次に、車査定のプロとして筆者の見解を述べていくので、引き続きご覧いただきたい。

筆者の見解はエアコン故障は隠さない

筆者としては、正直なところ「損害賠償請求をされるリスクを背負ってまで、エアコンの故障を隠す必要はない」と結論づけている。

というのも損害賠償請求をされる場合には、

  • 車査定をするためにかかった人件費や出張費などのコスト
  • 車を引き取るためにかかった陸送費などのコスト
  • 車買取店から入金された分の金額の返金請求
  • 営業妨害による慰謝料の請求

など、様々なお金を請求されてしまうからだ。

もちろん上記したものは一例ではある。

しかし例えば入金されたお金をすぐに次の車のために、自動車ディーラーなどへ振り込んでしまっている場合には、返すお金が手元にないという状況にもなりかねない。

また陸送費などのコストは数万円~数十万円単位での請求となってしまうため、非常に大きな負担となってしまう。

そしてエアコンの故障を隠していたとしても、正直なところそれほど大きく金額差が出るというわけではない。

そのためこれまでの説明をご覧になっても分かるかと思うが、「黙っていてもそれほどお得にならないにも関わらず、バレたときには大損をしてしまう」ということになり、結果的にあまり賢い選択肢とは言えないのだ。

つまり筆者としては、やはり黙っておいて良いことは無いため、きちんと車査定をしてくれる担当者に、エアコンの状況は伝えるべきだといえる。

とはいえ一方で、「車査定の際に見抜けなかった担当者の責任ではないのか」という想いもあるだろう。

その点に関しては、正直なところなんとも言えないのが正解である。

というのも例えば筆者が勤務しているディーラーでは、「こちらがきちんと見ていなかった責任」として、よほど悪質な事例ではない限りお客様に請求するということはない。

また某大手車買取店で営業マンをしている筆者の知人に聞いたところ、

「正直、瑕疵担保責任の考え方からするとこっちに否は無いのだけど、それでも“あの車買取店は正確な車査定ができない”という評判になる方がリスクだから、やっぱりよほど悪質な事例ではない限り請求することは無いかな~。もちろんこっちは車査定のプロだから、何か黙っているお客さんは分かるし、結構きっちり追求していくけどね。」

とのことだった。

そのため、おおよそではあるが、どの車買取店としてもすべてのケースで請求するわけではないようだ。

とはいえ万が一「悪質だ」と判断されてしまうと、それこそ賠償問題になってしまうため、やはり黙っておくことは許されないと思っておこう。

以上でエアコン故障について黙っていた場合の解説を終了するが、これまでの説明をご覧になると「やはりきちんと伝えるべきだ」と思ったのではないだろうか。

その考えは正しくて、きちんと伝えなければあなたが利益に見合わないリスクを背負ってしまうことになる。

そのため必ず車査定をしてくれる担当者には、ありのままを伝えるよう心がけておこう。

とはいえこれまでの説明の中でまだ気になる部分があるだろう。

そう、「エアコンの故障でどの程度の減額がされるのか」という点である。

そこで早速、次章にてエアコン故障の減額について解説していこう。

2.エアコン故障の査定額の影響は「-1万~-4万」


前章の解説をご覧になると、エアコンの故障を隠すことのリスクについて良く理解できただろう。

とはいえ実際にエアコンの故障がどの程度の減点対象となるのか、気になるのではないだろうか。

そこで耳寄りの情報を紹介しておく。

実は筆者が所持している中古車査定士資格の発行元であるJAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)が基準を明確にしている。

ちなみに、下記画像がJAAIの査定士の資格を取ると配布される査定に関する本だ。

一般財団法人日本自動車査定協会の査定ブック一式

一般財団法人日本自動車査定協会の査定ブック一式

減点数を簡単に説明すると「通常の故障による=40点」「ガスチャージ=10点」となっている。

JAAI査定基準

JAAI査定基準

この数値は1点=1000円程度で換算されるため、金額にして「-1~-4万円」程度の減額がされるということになる。

とはいえ実際のところ、これらの減点数が明確に守られているというわけでもない。

というのもエアコンの故障の度合いによっては、実は「無視される」という場合もあるからだ。

そこでエアコンの故障と言われる主な4つの事例を下記に箇条書しておいたので、ご覧いただきたい。

  1. 動作しない
  2. 動作するが、温度の上昇(下降)が遅い
  3. 一部(ファンなど)が動作していない
  4. 動作するが匂いがある

それぞれの状態に関する説明や、どの程度減額されるのかということについては、以下に分けて解説していく。

1.動作しない

そもそもエアコンが動作しないという場合は、正直なところ致命傷といえる。

とはいえ例えば「そもそも古すぎる車」の場合にはエアコンの故障にかかわらず、そもそも査定額が低くなるため影響は限りなく小さいと思っても問題ない。

逆に初度登録から数年以内程度の車種の場合には、おおよそ4万円~5万円程度の減額が予想される。

というのも「動かない」という状態のエアコンを修理する場合、利益を考えない実費の場合でも、3~5万円程度はかかってしまうからだ。

とはいえ「この最悪な状態でも、コレだけの減額で済む」と考えると、リスクを背負う意味が無いことがよく分かるだろう。

2.動作するが、温度の上昇(下降)が遅い

エアコンが動作するものの温度の変化が遅いという場合、これは「故障としてカウントされない」と思っても良い。

というのもエアコンの目的としての温度変化が、遅くても確実にする場合には商品としては問題ないからだ。

また悪い言い方をすると、次に乗るユーザーとしては「この車種のエアコンはこの程度のものか」と判断するだけであるため、車買取店としても特に損することはない。

そのため温度変化が遅いというだけの場合には、それほど心配する必要はない。

ただし、一応担当者には「温度の変化はするけど、なんとなく遅い気がする…」ということは一言伝えておくべきだろう。

3.一部(ファンなど)が動作していない

車のエアコンは様々な部分が複合的に動作して、初めて正常に稼働する。

そのため例えば室内へ送風するためのファンだけが動いていない場合には、エアコンとして正常に稼働していないということになる。

このような場合には、非常に難しいのだが金額にしておおよそ数千円~5万円以内程度だろう。

というのも故障している場所によっては高額修理となる場合もあるからだ。

とはいえ基本的には、それほど大きな減額がされるわけではないため、心配する必要はないだろう。

4.動作するが匂いがある

エアコン故障の中で最も多いのが「匂い」である。

匂いは様々な原因で発生してしまうのだが、多くは「エアコンフィルターにカビが生えている」というものだ。

そして匂いがある場合には、営業マンとしては「安く買い取るチャンス」となる。

というのもエアコンの匂いに関しては、正直なところ片手間で修理(清掃)ができる部分でありながら、誰もが対処していない部分でもあるからだ。

そのため「この車のエアコンは匂いがあるので、ちょっと減額ですね~」といって数万円程度減額されてしまう可能性がある。

それを防ぐためには、車検証などと一緒に保管されていることの多い「取扱説明書」の中に記載されている、「エアコンフィルターの清掃方法」をしっかりと読み、車査定前に清掃しておくことがオススメだ。

そうするだけで損を防ぐことができる。

またエアコンフィルターの取り外しや清掃は、意外なほど簡単であるため、ぜひこの対処法は実践しておいてほしい。

以上がエアコンの故障の種類や減額の度合いに関する解説を終了するが、ご覧いただくと「とりあえず相当な減額はなさそうで安心した」と思っただろう。

今紹介した故障の事例と減額に関しては、先程も登場した筆者の知人もほとんど同様のことを言っていたため、本当のことだと思っても間違いないといえる。

とはいえもちろん車買取店ごとに対応が異なる部分もあるため、「必ずありのままを伝える」という信念は持っていてほしい。

しかしやはり、少しでも減額されるのは気持ちのいいものではない。

そこで減額されてしまったことすら忘れられるような、「高く車査定をしてもらう方法」として、次章では車一括査定というサービスを紹介していこう。

このサービスは本当に簡単な申込みをするだけで、確実に最高額で車査定をしてもらうことができるため、プロ目線でも最もオススメできるのだ。

そのため引き続き解説をご覧になって、ぜひ一度利用することをオススメする。

3.エアコン故障があっても高く車査定してもらうなら「車一括査定」がオススメ

車一括査定とは「複数の買取店」に同時依頼できるサービス

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定のイメージ図

車一括査定のイメージ図

そして名前からもおおよその内容は推測できるだろうが、サービスと提携している何百~何千社もの車買取店の中から、あなたの地域に対応している複数の車買取店に車査定を一括して依頼できるのだ。

またサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは自宅にいながら一気に複数社を競合させられる。

そのため「一度の申し込みをするだけで、最高額が得られる方法」ということができるのだ。

申し込み方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、1~3分程度の時間があれば申し込みを完了させられる。

以上のことから車一括査定を利用することで、へこみのあるあなたの車は「最短時間で最高額を得ることができる」ということになるのだ。

申し込みは非常に簡単で、誰でもササっとできる。

そのためぜひ一度利用して、満足のいく価格提示を受けてほしい。

とはいえひとつだけ問題もある。

それは「車一括査定のサイトはいくつもあるため、どこがオススメなのか分からない」ということだ。

そこで最後に、当サイトで紹介している車一括査定サイトの中から、オススメなものを紹介しておこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

楽天オート

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

4.まとめ

以上、エアコンが故障している車査定に関する解説を終了するが、ご覧になる

  • エアコンの故障は黙っているとリスクが高く、あまり良いことはなさそうだ
  • エアコンの故障について正直に話しても、それほど大きな減額にはならないことがわかったので安心できた

と思っただろう。

また「エアコンが故障していても、最高額で車査定をしてもらうことができそうで自信がついた」と感じたのではないだろうか。

これらの感覚は決して間違っておらず、エアコン故障を隠さずとも、最高額で車査定をしてもらうことは難しくはないのだ。

また、最後に紹介した車一括査定というサービスに関しては、本当に簡単な申込みをするだけで、一気に複数社へ車査定の依頼をすることができ、確実に最高額で車査定をしてもらうことができる。

そのため利用することであなたの予想を超えた価格提示がされることは間違いなく、満足のいく車査定を実践することができるだろう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事