車には必ず手放さなければならない時期がある。

そのタイミングは人それぞれだが、基本的には新モデルの販売や経年劣化による「買い替え」、もしくは単純に車を保つ必要がなくなった場合の「車買取」などの理由がある。

しかしどの場合でも必ず必要となるのは「業者による車査定」だろう。

そして車を手放す際の流れを簡単に説明すると「業者に車査定を依頼する→査定額を出してもらい、車買取してもらう」というだけなのだが、実際のところスムーズに車査定をする際にはいくつものポイントがある。

さらに高く車査定をしてもらうためにも、やはりいくつかのポイントがある。

そのためあなた自身、スムーズに車査定をしてもらうためのポイントを知っておき、お得に車買取をしてもらいたいと思っているだろう。

そこで今回は自動車ディーラーの中古車査定士として実際に何台もの車査定を実施してきた筆者が、車査定をスムーズにしてもらうためのポイントを3つ、詳しく紹介していこう。

内容は非常に簡単で分かりやすく、誰もが理解できるようにまとめているため安心して最後までスラスラと読み進めてほしい。

読み終わる頃には、

  • 車査定をしてもらうためのポイントはそれほど難しくはない
  • その上で高く車査定をしてもらうことも、特別に難しくはない

ということが理解でき、自信を持って車査定の依頼ができることは間違いないだろう。

スポンサーリンク

車査定で大事なポイントは3つ

車査定を依頼するにあたり、「スムーズに完結させたい」と思うことは普通である。

なぜなら車査定は車の購入と同じく、担当者との交渉などをする必要があり、あなた自身の希望に沿った結果となるまでにはどうしても時間がかかってしまうからだ。

そして車査定は何十万円~何百万円という高額なお金が動く取引であるため、何かと注意を払っておかなければならず、結果的に「肉体的・精神的な疲れ」が伴ってしまう。

そのためあなた自身はスムーズに車査定を完結させたいと思うのだろう。

そこで先に結論を述べておくが、車査定のプロである筆者に言わせると「スムーズな車査定をしてもらうには、3つのポイントだけを抑えておけばいい」といえる。

そのポイントとは下記に箇条書したものだ。

車査定に重要な3つのポイント
  • 本当に売るのかを決める
  • 何を大事にするのかを自分の中で決める
  • 車査定を受ける前に2つのことをしておくべき

この3つのポイントさえ覚えておけば、最小の手間で、最小の疲れで、そして最短時間で車査定を完了させることができる。

そこでこれらのポイントを、以下に分けてそれぞれ解説していこう。

ポイント1.本当に売るのかを決める

車査定を依頼する前の段階ではあるが、査定依頼の前には「本当に売るのかどうか」をしっかりと決めておく必要がある。

なぜなら車査定をスムーズにしていく上で、査定担当者は「売る気のない顧客にはなかなか価格提示をしたくない」というのが本音だからだ。

一体どういうことなのか説明していこう。

例えばあなたが車を売る気がないにも関わらず、車査定の依頼をしたとしよう。

その場合には

  • 実際に売る気のない顧客に価格相場を知られたくない
  • 担当者としてはそもそも売る気のない顧客の車を査定することは、手間と時間がかかるためもったいない

などと考える。

そのため車査定を依頼したとしても、ただただ時間がかかってしまうのだ。

またもうひとつ先に売るかどうか決めておく理由はある。

その理由とは「あなた自身が後々にキャンセル等をして、ただ無駄な時間を過ごしてしまった」という状態を防ぐためである。

というのも車査定を依頼して車買取をしてもらう場合、実は契約後に「奥様からの反対にあった」「周りの人に反対された」といった理由から、契約を結んだあとにキャンセルしたくなる場合もあるのだ。

そのため、万が一あなた自身が車査定の依頼をしたにもかかわらずキャンセルをしてしまうと、契約までに至った時間がすべて無駄になってしまうといえる。

もちろん、キャンセルは場合によってはペナルティーを取られてしまう場合もあるので要注意だ。

つまりスムーズとはかけ離れた状態となってしまうのだ。

以上のことから、車査定を依頼するにあたり、当たり前のことではあるものの「本当に売るかどうか」はきちんと確認しておく必要がある。

ポイント2.何を大事にするのかを自分の中で決める

2つ目のポイントは「車査定において何を大事にすべきなのか」ということを、必ず明確にしておくということだ。

つまり「どのようなポイントを重視するのか」である。

特に車査定を受ける場合に重視するポイントとしては、基本的に「とにかく楽に車査定を受けたい」のか、もしくは「少しでも高く車買取をしてもらいたい」と思うのか、という2通りに別れる。

そしてそれぞれの場合でオススメの業者や方法があるため、まずは下記をご覧いただきたい。

  • とにかく楽に車査定を受けたい…自動車ディーラー
  • 少しでも高く車買取をしてもらいたい…事故車・廃車専門店、車一括査定

上記した業者や方法については、それぞれを以下に分けて紹介していく。

自動車ディーラーによる査定

自動車ディーラーは楽に車査定を受けるためには非常に便利な業者である。

なぜなら車の手放しを検討するということは、その多くが「車の購入(買い替え)も検討する」ということができ、自動車ディーラーでは「販売」と「買取」のどちらにも対応しているため、購入を前提とした車査定(車下取り)を依頼することができるのだ。

つまり

  • 購入の相談をするのと同時に車査定を受けられる
  • 納車の際にそのまま今乗っている車を置いてこれる

ということができ、非常にスムーズで楽な取引をすることができる。

しかし問題もある。

それは「高く車査定される可能性が極めて低い」という点だ。

というのも自動車ディーラーでは基本的に新車の登録・販売をメインの事業としており、自動車メーカーから台数のノルマを課せられている。

そしてノルマを達成することにより、メーカーからのインセンティブも得ている。

しかし中古車販売に関してはあくまでサブ事業であり、それほど力を入れていないため、結果的に中古車在庫の源泉となる車下取りに関してもそれほど力を入れていないのだ。

そのため査定額に関しては、これまでに自動車ディーラーとよほど濃い付き合いを指定ない限り、高額査定への望みは薄いと思っても間違いない。

つまり「買取価格が重要」と思うのであれば、次から説明していく「事故車・廃車専門店」や「車一括査定」を利用して、車査定の依頼をすることがオススメだ。

事故車・廃車専門店による査定

買取価格が重要である場合で、さらにあなたが乗っている車が事故車やボロボロになっている車の場合、「事故車・廃車専門店」に依頼することがオススメである。

なぜなら事故車や廃車予定であるボロボロの車などは、基本的に「価値がない」と判断されることが一般的なのだが、これらの業者に依頼することで間違いなく価値を見出してくれるからだ。

一体どういうことかというと、実はこれらの業者は車を「資源」や「部品」として評価してくれるのだ。

というのも車は工業製品であるのだが、その主な資源は「鉄」であり、今でも高い価値を持っている。

そのためリサイクルをすることによって再販することが可能になるのだ。

また車は生産終了するとともに部品の供給がされづらくなるため、事故車やボロボロの車であったとしても、「中古部品」としての利用価値は十分にあるといえる。

以上のことから、これらの車を少しでも高く車査定してもらいたい場合には、事故車・廃車専門店に査定依頼をすることがオススメなのだ。

そしてあなたの車がこれらの状態に該当しない場合、次に紹介する「車一括査定」を利用することで最もスムーズに最高額で車買取してもらうことができる。

車一括査定による査定

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定のイメージ図

車一括査定のイメージ図

そしてサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは一度の申込みをするだけで、自宅にいながら複数社を競合させることができるのだ。

そのため最も楽でスムーズに最高額を引き出すことができるといえる。

また申込方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、実は1~3分程度という超短時間で申し込みを完了させることが可能である。

つまり車一括査定は「最短時間で確実に最高額を引き出すことができるサービス」ということができるのだ。

また車買取店は購入予定の車の納車日に合わせて、車両の引き取り日などを調整してくれるため、結果的に「意外と手間がかからずに査定~引き渡しまでが完了する」といえる。

そのため少しでも高く車査定をしてもらいたいという場合には非常にオススメの方法で、車査定のプロとしてもお墨付きだと思って頂きたい。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

以上が「何を大事にすべきなのか」という点に関する解説だったが、ご覧いただくと最後に紹介した車一括査定に魅力を感じたのではないだろうか。

それは間違っておらず、実際に自動車ディーラーで勤務する筆者も利用したことがあるのだが、実は初回提示価格よりも30万円高く車買取してもらうことができた経験がある。

そして筆者が勤務する自動車ディーラーではどれだけ甘く見積もったとしても、とても出せる金額ではなかったので、買取依頼をすることにしたのだ。

そのため間違いなく最高額を引き出すことができ、さらに手間が最小限であるため、ぜひ一度利用してほしい。

とはいえまだ一つだけポイントが残っているということを覚えているだろうか。

そこで次に、最後のポイントを紹介していくので、引き続きご覧いただきたい。

ポイント3.車査定を受ける前に2つのことをしておくべき

車査定をスムーズに受けるためには、最後に紹介するポイントを無視することはできない。

そのポイントとは「車査定を受ける前にすべきこと」である。

一体何のことか分からないかと思うので、下記にすべきことを2つ箇条書しておこう。

  1. 必要書類を確認しておく
  2. 洗車と車内清掃をしておく

それぞれの内容について、こちらも以下に分けて説明していこう。

しておくこと1.必要書類を確認しておく

車査定を受けていざ買取依頼をする場合、必ずいくつかの書類が必要になる。

そして書類の準備には少しだけ手間がかかってしまう場合もあるため、スムーズに進めるためにはある程度先に準備しておく必要があるのだ。

そんな先に準備しておく必要書類は、下記に箇条書したとおりである。

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • リサイクル券
  • 印鑑登録証明書

それぞれの書類については、簡単に説明していく。

車検証

車検証はあなたも一度や二度見たことはあるだろう。

この書類はほとんどの場合で車内のダッシュボード内に保管されている「車検証入れ」という帳面の中に保管されている場合がほとんどであり、車買取をする場合には所有権などを書き換えなければならないため必要となる。

そのため間違いなく用意しなければならない。

また万が一紛失してしまった場合には、ナンバーが登録されている陸運支局で再発行の手続きが必要である。

自賠責保険証明書

自賠責保険の証明書に関しても、基本的には車検証入れの中で車検証と一緒に保管されている場合が多いので、確認して用意しておく必要がある。

しかし無くしてしまった場合にはやはり再発行をする必要があり、自賠責保険の発行をしてもらった保険代理店または保険会社へ問い合わせなければならない。

そして再発行には1週間~1ヶ月程度かかる場合もあるため、車査定の依頼をする前に確認しておくべきといえる。

とはいえ車検が切れている車の車査定を依頼する場合には、自賠責保険に加入している必要はないため、「無くしていても問題ない」と思っていい。

自動車納税証明書

1年に1度納付しなければならない自動車税の納税証明書を見たことがあるだろうか。

そう、あのレシート大の「小さな紙切れ」である。

この書類は買取予定の車が納税されているかどうかを確認するために必要なのだが、なんせ小さな紙切れであるため、無くしてしまった可能性があるだろう。

しかし安心してほしい。

この書類は無くしてしまっても簡単に再発行をすることができるため、一般的には車買取店が無料で再発行手続きをしてくれるのだ。

そのため手元にある場合には提出し、無い場合には「無くしてしまった」と正直に申し出れば良いと覚えておこう。

リサイクル券

リサイクル券も車検証入れの中に保管されていることが多い書類だが、あまり見たことがないだろう。

そのため書類の有無については確認しなければわからないのだが、この書類についても「無い場合でも問題ない」といえる。

なぜなら車買取店はこの書類に書かれている「預託金」の金額を知りたいだけであり、金額自体は車台番号などが分かればインターネット上で検索できるからだ。

つまり「車検証さえあればリサイクル券を紛失しても大丈夫」ということになる。

そのためリサイクル券については、車検証や自賠責保険証明書の確認をするついでに、確認する程度で問題ないといえる。

印鑑登録証明書

印鑑登録証明書とは、俗に言う「印鑑証明」のことである。

そんな印鑑証明は契約後に車買取店から用意される「譲渡証明書」や「委任状」に実印を押印するため、「ここに押印した印鑑は実印です」という証明のために必要なのだ。

そのためまだ実印登録をしていない場合には必ず登録をしておく必要があり、契約時には実印と印鑑証明の療法を用意しておくべきだ。

またすでに実印登録をしている場合には、査定前に住民票のある地域の市区町村役場や窓口センターで取得できるため、用意しておこう。

実印や印鑑証明についてより詳しく知りたい場合には、こちらの記事に詳しく紹介しているのでご覧いただきたい。

以上が先に準備しておく必要書類だったが、分かりやすかっただろう。

なぜなら最低限

  • 車検証入れの確認
  • 市区町村役場や窓口センターに行く

というだけで済むからだ。

そのため「書類」と聞いて身構えず、気楽に用意することをオススメする。

しておくこと2.洗車と車内清掃をしておく

車査定を受ける前にすべき2つ目のことは「洗車や車内清掃」である。

これは査定士からの印象を良くすることが目的ではない。

というのも車査定をする上で、担当者は「正しい評価」をしたいと思っており、仮に車体などが汚れている場合には「この汚れの下には傷があるかもしれない…」と考え、自社が損をしないために低めの査定額を提示してしまうからだ。

そのため洗車と車内清掃をしておくことで、正しく車査定をしてもらい、結果的にあなた自身が損することを防ぐと覚えておこう。

また洗車と車内清掃に関しては、

  • 洗車…10分~1時間程度で、カーシャンプー(なければごく少量の中性洗剤で代用)で泡立て洗車&水洗い(汚れが落ちていれば問題ないので、拭き上げは重要ではない)
  • 車内清掃…車内に落ちているゴミ拾い、フロアマット叩き、ゴミ箱やゴミ袋の取り外し

をするだけで大丈夫であり、それほど詳細に清掃はしなくてもいいと覚えておこう。

まとめ

以上、車査定をスムーズに行うためのポイントに関して解説してきたが、ご覧いただくと「それぞれのポイントは非常に重要だが、読み進めていくとそれほど難しくないということが分かった」と感じただろう。

その感覚は決して間違っておらず、それほど気負う必要はない。

そのため安心して車査定の依頼をしてほしい。

また前述した「車一括査定」というサービスに関しては、本当にオススメできるサービスであり、実際に車査定のプロが利用して「こんなにお得になるの!?」とビックリする程の効果を得られるので、ぜひ一度利用してほしい。

そうすることで間違いなくあなたの予想を超えた価格提示がされ、最終的には満足のいく価格で、そしてスムーズに車査定を完了させることができるだろう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事