車査定を依頼するとき、「修復歴あり」の車では大幅に査定額が減額されてしまう。

あなた自身もなんとなく想像は付くだろう。

そしてあなたが乗っている車が仮に修復歴ありの場合、どの程度低く車査定されるのか気になっているのではないだろうか。

しかし実は、修復歴「有」と判断することは難しく、心配する必要がないケースもある。

そこで今回は、修復歴の定義について説明するとともに、修復歴「有」の車であっても高く車査定してもらう方法について、中古車査定資格を所持する筆者が詳しく解説していこう。

スポンサーリンク

1.そもそも修復歴とは「重要な部分の修復がある状態」のことをいう

車査定において、どの車買取店も評価の参考にしているものがある。

それはJAAI(一般財団法人日本中古車査定協会)が設定している「中古車査定基準」というものだ。

JAAIは日本の中で最も大きな「車査定に関する団体のひとつ」といえ、この基準は多くの車買取店の参考になっている。

参考までに下記画像がJAAIの査定士の資格を取ると配布される査定に関する本になる。

一般財団法人日本自動車査定協会の査定ブック一式

一般財団法人日本自動車査定協会の査定ブック一式

そんな査定基準の中には、修復歴車に関する定義がある。

それは「フレーム(骨格)などの交換や修復をしたもの」である。

フレームは車の中でも「骨」に当たるため、車が安全に動作するためには超重要な部分である。

  • フレーム
  • フロントクロスメンバー
  • フロントインサイドパネル
  • ピラー
  • ダッシュパネル
  • ルーフパネル
  • ルームフロアパネル
  • トランクフロアパネル
修復歴の定義

修復歴の定義 ※画像引用:カーセンサーより

などに損傷があり、修復させた場合には「修復歴あり」という状態と判断されるのだ。

そしてJAAIでは部位にもよるがおよそ15~2,000点、金額に換算すると約15,000円~200万円程度の減額となる。

もちろん車種にもよるのだが、筆者がこれまでに経験してきた感覚では「ほとんどのケースで、減額は10~50万円程度」になるのが一般的だ。

とはいえ実際にどの程度の価格差となるのかという部分が最も気になるところだろう。

そこで次章では、実際に販売されている中古車が修復歴「有」と「無」のものでどの程度の差額となるのか、比較して紹介していこう。

2.修復歴があると最大約50万円の差となる

買取価格ではなく中古車価格で比較していくが、実は大きな意味を持っている。

というのも中古車市場の仕組み上、車種別に利益額は大きく変わらないため、単純に「中古車価格の差≒買取価格の差」となるのだ。

そこで筆者が実際に調査した中古車価格から、修復歴の有無によってどの程度金額差が出ているのか比較した一覧表を紹介していく。

下記をご覧いただきたい。

車種 修復歴による中古車価格(円) 価格差(円)
フィット 748,000 858,000 110,000
プリウス 878,000 1,180,000 302,000
ステップワゴン 1,399,000 1,400,000 1,000
アルファード 2,100,000 2,480,000 380,000
エクストレイル 1,290,000 1,498,000 208,000
平均値 1,283,000 1,483,200 200,200

※車種の検索条件
年式:2010~2013年式
走行距離:40,001~50,000㎞
色・グレードの区別なし
2018年5月現在、グーネットでの検索結果

ご覧いただくと分かる通り、車種ごとに金額差は異なるものの平均値では「約20万円」となる。

そして最大で約50万円程度の金額差となるのだ。

つまり修復歴が有の場合には、それだけあなたの車の買取価格に影響してくるということになる。

そのため修復歴に関しては「上手く修理して、なしにならないかな…」と考えてしまうこともあるだろう。

そこで次章にて、修理工場と修復歴について説明していこう。

3.修理工場が上手いと修復歴は「なし」の判断がされることもある

先に結論を述べておくが、実は修理工場の「ウデ」によっては、修復歴なしと判断されるケースもある。

というのも修復歴の判断をするためには、査定時に車を上下左右、さらに内側から見ていくのだが、「見分けがつかない場合もある」といえるからだ。

そのため修理工場が非常に上手く修復している場合には、車査定の際に「修復歴なし」という判断をされることも珍しくないといえる。

しかしここで問題なのは「黙っていても大丈夫なのか」ということだ。

そこで結論を述べておくが、「修復歴については黙っていてはいけない」というのが当然である。

それはマナー云々の問題ではなく、法律上の問題である。

修復歴を黙っていると「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」に問われる可能性も

実は車買取店は「すべてをその場で検査することは不可能であるため、お客様から伝えられた情報を信じて査定額を提示する」という現状がある。

つまり言い換えると「瑕疵担保(かしたんぽ)をしている」という状態になる。

これは「お客様から得られた情報を担保にして車買取をします」ということであるため、修復歴について黙っていると車買取店に損をさせてしまうのだ。

その場合、仮に修復歴が後々バレてしまうと「瑕疵担保責任」に問われて

  • 返金
  • 損害賠償
  • 解約料金

の請求がされ、結果的に修復歴の有無以上に損をしてしまうのだ。

そのため必ず修復歴の有無については、車買取店の担当者に伝えなければならない。

瑕疵担保責任に関しては、下記のリンクにより詳しく解説してあるため、気になる方はこちらもご覧いただきたい。

とはいえ修復歴の部位がよくわからないのも事実だろう。

その場合には車買取店の担当者に「あなたが知っていることをすべて」伝えておけば問題ない。

修復歴がよくわからない場合は「担当者を信じる」が一番

あなたは筆者とは異なり、日常的に車査定の業務をしているわけではない。

そのため「自分が傷つけて修理した部分が修復歴に関係あるか」が分からなくなってしまうことがある。

その場合には、実は「車買取店の担当者を頼る」のが一番なのだ。

というのも車買取店側からすると、お客様からきちんと情報を引き出して車査定をしていきたいと思っている。

そのためお客様との信頼関係が重要になるのだ。

また「信頼できるお客様」と判断されると「このお客様の想いを無視するわけにはいかない」との想いから、実は金額的にも有利になる。

つまりかえってお得になる場合があるのだ。

もちろん修復歴については「有」と判断されると減額されてしまうのだが、それでもお互いに気持ちよく売買をすることができ、さらに担当者の方からも金額的に歩み寄ってくれるため、大きく損をすることはないといえる。

以上のことから担当者を信じて、相談することが最もオススメといえる。

また言い出すタイミングが分からないという場合もあるが、車買取店側があらかじめ車両状態に関する聞き取りシートや、質問事項をまとめているため心配する必要はない。

とはいえ、やはり減額されてしまうのはあまり気持ちのいいものではない。

そこで筆者としては、次章に紹介する「車一括査定」というサービスを利用して、修復歴ありでも最高額で車買取をしてもらうことがオススメである。

4.修復歴車を高く車査定してもらうなら「車一括査定」を使うのが吉

修復歴ありの車は担当者を信じて伝えることで、瑕疵担保責任などのリスクを防ぎ、さらに減額をできる限り抑える効果がある。

しかし減額されるのは事実であるため、全勝の最後にも述べたように「車一括査定」を利用してお得に車査定をしてもらうことがオススメだ。

車一括査定とは「複数の買取店」に同時依頼できるサービス

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定のイメージ図

車一括査定のイメージ図

そして名前からもおおよその内容は推測できるだろうが、サービスと提携している何百~何千社もの車買取店の中から、あなたの地域に対応している複数の車買取店に車査定を一括して依頼できるのだ。

またサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは自宅にいながら一気に複数社を競合させられる。

そのため「一度の申し込みをするだけで、最高額が得られる方法」ということができるのだ。

申し込み方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、1~3分程度の時間があれば申し込みを完了させられる。

以上のことから車一括査定を利用することで、へこみのあるあなたの車は「最短時間で最高額を得ることができる」ということになるのだ。

申し込みは非常に簡単で、誰でもササっとできる。

そのためぜひ一度利用して、満足のいく価格提示を受けてほしい。

とはいえひとつだけ問題もある。

それは「車一括査定のサイトはいくつもあるため、どこがオススメなのか分からない」ということだ。

そこで最後に、当サイトで紹介している車一括査定サイトの中から、オススメなものを紹介しておこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

楽天オート

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

5.まとめ

以上、修復歴のある車査定について解説してきたが、最後に当ページの内容をまとめておこう。

  • 修復歴とは「車にとって命ともいえるフレームなどの修復」の有無のことを指している
  • JAAIの査定基準に照らし合わせると、数十万~数百万円程度の減額となるケースも多い
  • 修理工場によっては上手く修理してくれるが、車買取店には必ず真実を伝えるべきであり、もし虚偽の申告をしてバレると「瑕疵担保責任」に問われる可能性がある
  • 賢くお得に修復歴ありの車を査定してもらう場合、車一括査定がベストな選択肢といえる
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事