あなたは「そろそろ車を買い替えようかな…」と思ってはいないだろうか。

車は寿命や新モデルなどのタイミングがあるため、いつかは必ず手放さなければならない。

しかし実際のところ車を手放すということは「車査定の依頼をしなければならない」ということになる。

なぜなら無料で車を手放すという人は皆無に等しく、せっかく高いお金を出して購入した車であるため、誰もが「少しでも高く車査定をしてもらいたい」と思うからだ。

そのため、あなた自身も次の車への予算や家計へ充てるために、少しでも高く車査定してもらいたいと思っているだろう。

とはいえ実際のところ「車査定ってなにを基準に値段をつけているのだろう…」と思っているのではないだろうか。

そこで今回は自動車ディーラーの中古車査定士として実際に何台もの車査定を実施してきた筆者が、車査定をする基準や高く車買取をしてもらうための方法について、詳しく解説していこう。

内容は非常に簡単で分かりやすく、誰もが理解できるようにまとめているため、安心して最後までスラスラと読み進めてほしい。

読み終わる頃には、

  • 車査定の基準は意外にもこうなっているのか
  • 高く車査定をしてもらうには、こうするだけで良いのか

ということが十分に理解でき、間違いなく自信を持って車査定をすることができるだろう。

スポンサーリンク

1.車査定はなにが基準で決まっているのか

あなたは車査定をしてもらうにあたり、「出来る限り高く査定をしてもらいたい」と思っているだろう。

しかし実際のところ、「そもそもどのような基準で車査定は行われているのか…」と考えていないだろうか。

確かに車査定はプロによる評価がされるため、顧客側からすると「なにが基準なのかよくわからず不安だ」と思うのが、普通である。

つまりそもそもなにが基準で査定額を出しているのか、根拠が分からず不安になってしまうのだ。

そこで車査定のプロである筆者から、車査定における基準を説明しておこう。

まず車査定における査定基準だが、主に3パターンあるため、下記に3パターンの査定基準について箇条書きで紹介していく。

車査定には3つの基準がある
  1. JAAIが定める「中古車査定基準」を基準とする
  2. 中古車オークションの価格相場を基準とする
  3. 減価償却期間を基準とする

それぞれのパターンについて解説していこう。

基準1.JAAIが定める「中古車査定基準」を基準とする

JAAIとは一般財団法人日本自動車査定協会という団体であり、車査定における基準を明確に示している団体でもある。

そのためJAAIでは車査定に関する基準として、

  • 年式、走行距離
  • 傷の状態
  • 凹みの状態
  • タイヤ溝の深さ
  • 塗装の状態
  • スペアタイヤの有無

などのポイントを明記しており、それぞれに該当する状態によって加減点をしているのだ。

そのためJAAIの査定基準は多くの車買取店が参考にしている。

参考までに下記画像がJAAIの査定士の資格を取ると配布される査定に関する本になる。

一般財団法人日本自動車査定協会の査定ブック一式

一般財団法人日本自動車査定協会の査定ブック一式

しかし、あくまで「基準にしている」というだけなのだ。

なぜならJAAIの査定基準では最後に「買取店ごとに市場価格を考慮して、調整しても良いポイント」のようなポイントがあるのだ。

つまり「いくら査定に関する基準があったとしても、最終的には車買取店によって価格が好きなように調整できる」と思っても間違いないのだ。

以上のことから、JAAIの車査定基準に関しては、「最終的には車買取店で調整できるため、加減点は関係なくなってしまう可能性がある」ということになる。

基準2.中古車オークションの価格相場を基準とする

2つ目の「価格相場」という基準は、実はどこの車買取店も取り入れている。

というのも車買取店としては中古車オークションに出品することで確実に利益があげられる価格であれば、自社で再販しても確実に利益を上げることができるからだ。

そのため前述したJAAIによる査定基準をあまり気にせずに、単純にオークションでの価格相場を参考にして買取価格を決定していると思っても、大きく間違いではないのだ。

基準3.減価償却期間を基準とする

非常に珍しい事例ではあるのだが、実は「減価償却期間を基準として車買取をする」という場合もある。

減価償却期間とは、工業製品など「寿命の長い製品に対して決められている、法定耐用年数」のことを指しており、例えば車の場合には条件にもよるが4~6年程度が該当している。

そのためあなたが新車で車を購入した場合、単純に購入価格を6分割して、1年毎に6分の1を差し引いた価値が残ると考えても良い。

つまり新車で300万円の車を購入し、2年経つ頃に車査定の依頼をした場合、1年あたり50万円の価値減となるため

  • 300万円-50万円(1年目)-50万円(2年目)=買取価格200万円

という計算をされる。

しかしこのケースはあくまでレアであり、基本的にはありえない。

そしてこのケースが採用されるのは町のモータースなどであり、実はお客様の車に不具合などが出た場合に「お客様との関係性を壊したくないから…」という理由から、このような基準によって車買取をするのだ。

そのためあなた自身が付き合いのあるモータース店などがあれば対応可能かも知れないが、一般的にはレアケースだということを強く理解しておく必要がある。

以上が車査定における基準に関しての解説だったが、結局のところ「相場や買取店の都合が重視される」という傾向にあり、自分自身では価格の見当がつかないということが理解できただろう。

そのため実は次章にて紹介するように、「基準があるにも関わらず買取店ごとに価格差が出る」という状態になってしまうのだ。

2.基準があるにも関わらず買取店ごとに価格差があるのは「車買取店の都合」である

あなた自身も理解しているかもしれないが、実は車買取店ごとに「買取価格が異なる」という現状がある。

しかしこの現状に関しては理由がある。

もう予想できているかもしれないが、その理由とは「買取店ごとの都合」が関係しているのだ。

一体どういうことなのか説明していこう。

まず車買取店は仕入れた=買い取った車を再販することで生計を立てているということは、簡単に想像できるだろう。

しかし実際のところ、昨今の中古車ブームの影響で「利益を上げるために売る在庫車が激減している」という状況に陥っている。

そのため車買取店としては顧客の車を確実に車査定して、買取をしたいと思っているのだ。

とはいえ車買取店の中には「自社の顧客はSUVが好きな人が多い」「自分のところではセダンばかり人気がある」というように、得意な車種というものが存在している。

その場合には得意な車種ほどよく売れるため、力を入れて仕入れも行いたいのだ。

つまり車買取店ごとにある得意車種によって、買取価格が異なってしまうということができる。

また車買取店は必ずしも買い取った車を中古車オークションに流しているわけではなく、自社で販売している「独自の市場価格」というものがある。

そのためJAAIでも定めているように、車の需要によって価格調整ができるようになっているのだ。

以上のことから買取価格に差が出てしまうのは「車買取店ごとの都合」による部分が大きく、高く売れる車両は高く車買取でき、逆になかなか売れない車に関しては安く車査定するしか無いということになる。

つまり「基準云々に関係なく、確実に高く車査定をしてくれる業者を探す」ということが、あなたにとって最も正解なのだ。

また車買取店が「昨今の中古車人気の影響で在庫車数が激減している」という状況については説明したが、実はこの状況によって起こる「競合的な要因」も強いため、次章にて説明していこう。

3.実際には基準というよりも「競合的な要因」が大きい

前章の説明で車買取店の都合で買取価格に差が出るということは、十分に理解できただろう。

しかし実際のところ、やはり基準は関係なく、実は「買取店ごとの競合的な要因」が大きく関係しているという側面はある。

というのも先程述べたように車買取店は在庫車数が激減しているため、実は「少しでも売れる可能性のある車は、自社で確実に確保しておきたい」と考えているのだ。

つまり「どこの業者にも持って行かれたくないため、利益が出るギリギリの価格で車買取したい」と思っている。

そのため車査定を依頼する場合には、「競合がいる」ということを意識させ、実際に複数社で価格競争をさせることが重要であり、基準に関しては「全く無視していい」と思っても間違いない。

しかし複数社による車査定をするためには、複数の車買取店にアポを取り、それぞれで価格交渉をしていかなければならないため、正直なところ「面倒くさい」というのが本音だろう。

それは当然のことで、わがままな考えかもしれないが「ほんの少しの手間で確実に最高額をゲットしたい」と思うのが人間なのだ。

そこで手間を最小限にして、最高額を得る方法をお教えしよう。

その方法とは「車一括査定」というサービスを利用することだ。

このサービスを利用することで、手間を最小限にしながら複数社を一気に競合させることができ、結果的に最高額で車査定をしてもらうことができる。

早速、次に車一括査定というサービスについて紹介していくため、そのままご覧いただきたい。

車一括査定とはどのようなサービスなのか

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定のイメージ図

車一括査定のイメージ図

そしてサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは一度の申込みをするだけで一気に複数社を自宅にて競合させることができるのだ。

そのため査定基準の異なる車買取店の中から、最も高くあなたの車を買い取ることのできる業者を割り出すことができる。

そして申込方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、実は1~3分という超短時間で複数社への車査定依頼をすることができるのだ。

筆者としては3~5社程度の車買取店に査定依頼の申込みをして、同日同時刻にアポ取りをすることをオススメしている。

そうすることで同日同時刻にあなたの自宅で、複数の車買取店が自社の査定基準に準拠しながら、ギリギリの価格を提示してくれるからだ。

そしてその後、その場で各社を競合させていくことで、最高額を提示してくれた車買取店と売買契約を結ぶことができる。

以上のことから車一括査定は「最短時間で最高額を確実に得ることができるサービス」ということができるのだ。

本当に車一括査定は査定基準が無視されるほど高く車買取をしてくれるサービスであり、実際に車買取店ごとの大きな価格差を目のあたりにすることができるため、ぜひ一度利用することをオススメする。

とはいえ一つだけ問題もある。

その問題とは「車一括査定はいくつもの企業から提供されているサービスであるため、どの車一括査定を利用すれば良いのかわからなくなってしまう」ということだ。

あなた自身、これから利用することを考えると分かるかと思うが、複数ある似たようなサービスから一つを選択することは、非常に難しいだろう。

そこで次に、当サイトでオススメしている車一括査定サイトに関して、それぞれを車査定のプロ目線で徹底的に比較して、詳しく紹介していこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

楽天オート

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

4.まとめ

以上で車査定の基準に関する解説を終了するが、ご覧いただくと

  • 車査定にはいくつかの基準があるということは分かったが、実際にはそれほど関係なかった
  • 基準については知らなくても、間違いなく最高額で車買取してもらえそうだ

と感じただろう。

その感覚は決して間違っておらず、本当に車査定に関する基準は「高く車買取してもらいたい」と思っていても関係なく、あなた自身の手で簡単に最高額で車買取をしてもらうことができる。

また最後に紹介した車一括査定に関しては正直なところ、車査定のプロである筆者でも驚きを隠せないサービスである。

実際に筆者が利用した際にも「自分の勤務するディーラーではとても出せない金額」で車買取をしてもらうことができた。

そのためぜひ一度、車一括査定を利用して、確実に最高額で車買取をしてもらうべきなのだ。

そうすることで必ずあなたの予想を超えた査定額で「基準を無視した車査定」をしてもらうことができる。

最終的には間違いなくあなたが満足のいく査定額で車買取をしてもらうことができるのだ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事