車は様々な形があり、その中で「この車が格好いい」「この車の見た目が好き」といった理由から、自分の乗る車を選択することが多い。

そのためあなた自身も、今乗っている車は自分が乗りたい見た目や色などを兼ね備えたものになっているだろう。

とはいえここ最近の自動車メーカーは魅力的な車を次々に発表しているため、あなたも今乗っている車から別の車に乗り換えたいと思ったことは一度や二度あるだろう。

しかし今乗っている車が高く売れなければ、新しい車に買い替えることは非常に難しくなってしまうため、「何とかして高く車査定をしてもらいたい」と思っているのではないだろうか。

そして同時に「車査定は車の“色”が深く関係している」ということを聞いたことがあり、今時分が乗っている車の色が高く売れるのかどうか、非常に気になっているのではないだろうか。

確かに色によって車査定の価格が大きく変わってしまうということは、まことしやかに噂されているため、もしそれが本当なのだとしたら気になるのも無理はない。

そこで今回は自動車ディーラーの中古車査定士として、これまで実際に何台もの車査定をしてきた筆者が、車査定のプロとしての目線から「車査定の際に色は関係あるのか」「色によってどの程度の価格差が出てしまうのか」といった点について詳しく解説していこう。

また最後には、賢く最高額で車査定をしてもらう方法についても紹介していく。

内容は非常に簡単で分かりやすく、誰もが理解できるようにまとめているため、安心して最後まで読み進めてほしい。

読み終わる頃には

  • 車査定の際に色は、こんなにも関係性が高かったのか
  • 最高額で車査定をしてもらうには、こんなにも簡単な方法があったのか

ということがしっかりと理解でき、自信を持ってあなたが乗っている車の査定を実践することができ、満足のいく結果となることは間違いないだろう。

スポンサーリンク

1.色によって車査定の金額差は生まれるのか


車査定をしてもらうとき、色によって金額差が生まれるということはよく聞くだろう。

しかしもともとは同じような定価で販売されている車であり、オプションカラーの車であったとしても何十万円もの価格差で販売されているというわけではない。

そのため基本的に新車で購入するときには「色による価格差はそれほど無い」ということができる。

そのため車査定を依頼するときに色によって金額差が生まれるということは、いささか納得できない部分もあるだろう。

そこで本章では、車査定の際に色によって金額差が生まれてしまうということが本当なのか、それとも嘘なのか、車査定のプロとして結論を述べていこう。

査定額の基準は「オークション価格」や「中古車販売価格」

早速、結論を述べておくが、基本的には「色によって車査定の結果が異なる」ということができる。

というのも新車の購入をするときはオプションカラーなどの選択をする場合もあるのだが、車査定をする際には「中古車として再販するときの需要」によって大きく査定額が異なってしまうからだ。

そのため「中古車市場で需要の少ない色」に関しては、正直なところ安く車査定をされる可能性が高くなるということになるのだ。

また中古車として再販するときの需要ということは、基本的には「業者用オークション」や「中古車販売店での実販売価格」が参考にされ、車査定をされることがほとんどである。

つまり「車査定の基準はそれほど重要視されておらず、基本的には車そのものの需要が関係している」と思っても間違いないのだ。

例えば筆者が所持している「中古車査定士資格」という資格に基づくと、車種の傷や凹みなどを点数化して金額を算出するのだが、それでは本当の需要によって変動する価格に合わせることができないというイメージをすると分かりやすいだろう。

そのため、基本的には色を含め、車種そのものの需要によって車査定の金額は差が出てしまうと覚えておくと良いだろう。

とはいえ実際のところ、どの色が高く売れるのかということが最も気になるのではないだろうか。

そこで筆者から、先に結論を述べておこう。

高く売れる色は「白」または「黒」である。

あなた自身も聞いたことがあるのではないだろうか。

とはいえその情報が本当なのか、気になるだろう。

そこで次に、車査定をする上で基準となっている「中古車の実販売価格」が、車種や色の違いによってどの程度の価格となっているのか、実際に比較して紹介していこう。

実際に色の違いによる中古車価格を比較してみよう

実際のところ、販売されている中古車は「色によって価格が大きく異なる」といえる。

もしかしたらあなた自身も経験があるかもしれないが、「あれ?黒色の方が高そうだぞ」ということがよくあり、実際に車査定を始めとして、中古車販売も経験している筆者の感覚としても「その状態は間違いない」といえる。

とはいえ本当のところ、どの程度の価格差が生まれているのか分からないだろう。

そこで早速、車のカテゴリ別に筆者が価格を調査して、色ごとの販売価格を比較した結果を下記に載せておくためご覧いただきたい。

この比較表をご覧になると、白と黒の車がいかに高く販売されているのか、よく分かるだろう。

車のカテゴリ 車種 グレード 白or黒の
販売価格(円)
赤or黄or銀の
販売価格(円)
差額(円)
軽自動車 ワゴンR FX 798,000 698,000 100,000
コンパクトカー フィット 13G 1,315,000 1,130,000 185,000
セダン クラウン アスリート
ハイブリッド2.5S
3,690,000 3,280,000 410,000
SUV ランドクルーザープラド TX 3,280,000 3,030,000 250,000
ミニバン アルファード 2.5X 3,170,000 2,790,000 380,000

※検索条件

  • 年式:2015年式~
  • 走行距離:20,000km~30,000km
  • 2018年8月現在にカーセンサーで掲載されている、状態がよく似ている個体を任意でピックアップして比較
  • 販売価格は「車両本体価格」とする

ご覧になるとよく分かるだろうが、実際に筆者が調べたところ上記のような結果となった。

そして「白または黒のボディーカラーの個体は、その他の色の個体と比較すると高く販売されている」という事実もよく理解できただろう。

もはや予想通りというほかないだろうが、実際に街中へ目を向けると、白と黒の車ばかりが走っていることが分かる。

このことからも分かるように、本当に白黒のボディーカラーの車に関しては、「高い需要がある」と結論付けることができるのだ。

とはいえもちろんすべての車にこの基準が適用されるわけではない。

というのもスポーツカーなどに関しては、白黒以外のボディーカラーの場合でも高く車査定される場合があるからだ。

例えば絶版車となっている日産スカイラインGT-R(R34型)や日産シルビアという車種に関しては、ファンの間では「青」のボディーカラーが人気であり、「この色でなければ価値が半減してしまう」と思っているファンも多い。

そのためこれらの特殊な車に関しては、高く車査定されるケースもあると覚えておこう。

とはいえ基本的な事実としては、やはり白または黒のボディーカラーのほうが人気であると覚えておこう。

また筆者の感覚値ではあるが、例えば「ネイビー」や「ダークパープル」系の色に関しては、車種によってはそれほど安くならないケースも多い。

というのも「濃い色」に関しては、「その色が格好いい」という層が多くいるため、結果的に需要が低くなりにくいのだ。

とはいえ特別仕様車などに設定される「限定カラー」というものがあるが、こちらに関してはそれほど高く売れない場合が多い。

というのも限定カラーは奇抜な色で提供されることが多いため、決して万人受けするものではないからだ。

そのためたとえ限定カラーの特別仕様車として販売されていたものを購入したとしても、いざ手放す際に車査定をしてもらうときは「安くなってしまう可能性が高い」ということをしっかりと理解しておかなければならない。

そしてこれまでの説明で

  • 車査定の価格は中古車としての販売価格が参考にされている
  • 白と黒の車は販売価格が高いため、車査定の金額も高くなる

ということは十分に理解できただろう。

そこでこれまでの解説を踏まえて、車査定のプロとして筆者から見解を述べておこう。

【結論】車定額は色によって異なる

筆者の見解としては、「色による違いは必ず出てくる」ということがいえる。

もちろん車種によっても違うとはいえるのだが、一般的な車のユーザーは白や黒といった、「安定的に見た目の良い色」を好む傾向にあるからだ。

そのためこれまでもこれからも、色によって車査定の結果が異なるということは間違いないと思っても良い。

とはいえ色による車査定の結果の違いは、必ずしも大きくはない。

というのも、これまでに何台もの車査定をしてきた筆者としては、

  • 軽自動車…女性向けのものは、白黒以外でも「可愛く見える色」は価格差が少ない
  • コンパクトカー…そもそも「おもちゃ」のような見た目をしている車種に関しては、車査定の結果が変わらない場合もある
  • ミニバン…コンパクトミニバンなどは見た目が可愛いため、値段が変わらない場合も多い
  • 高級車…一般的には安いとされるシルバーは、高級車の場合には質感の良さを表している場合が多く、かえって人気が高い場合が多い

というように、車種別に「意外と値段が変わらない場合がある」というのも、現場感覚では本音なのだ。

そのため色による車査定の結果を気にするのではなく、実は「どのようにして高く車査定をしてもらうのか」ということを考えたほうが良い。

とはいえ実際にどのようにすれば高く車査定をしてもらうことができるのか、気になるだろう。

その方法を簡単に説明していこう。

まず、車買取店は「仕入れた車=買い取った車を再販する」ということで利益を上げているということは分かるだろう。

しかし昨今の、中古車人気の影響で、実は車買取店の在庫車数は非常に少なくなっているという現状がある。

そのため車買取店としては「売る車がなくて利益を上げられない」という状況になっているのだ。

そして結果的に「なんとしても車買取を実施して、確実に在庫車確保をしておきたい」と思っている。

つまりあなたの車の色が何であったとしても、それほど安く買い叩かれるということはないのだ。

また全国各地の車買取店は基本的に深刻な在庫車不足になっているため、あなたは複数の車買取店に車査定の依頼をすることで最高額で車買取をしてもらうことができる。

というのもどの車買取店も「自社がこの車を確保しなければ…」と思っているため、その心理を付くことで徐々に査定額が上昇していき、最終的には「色をある程度無視した最高額」が提示されるのだ。

そのため色が何であったとしても、必ず複数の車買取店に車査定の依頼をして、確実に競合させていくことがオススメである。

とはいえ実際に複数の車買取店をまわり、すべてで競合していくということは非常に面倒くさいだろう。

そこで筆者としては、次章に紹介する「車一括査定」というサービスの利用をオススメする。

このサービスは誰でも簡単に利用することが可能であり、さらに手間をかけずに複数の車買取店を競合させることができるのだ。

つまり「色を考えずとも、最小限の手間で最高の車査定をしてもらえるサービス」ということになる。

早速、次章にて詳しく解説していくため、そのまま引き続きご覧いただきたい。

2.高く車査定をしてもらう業者を探すなら「車一括査定」が便利

車一括査定とは「複数の買取店」に同時依頼できるサービス

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定のイメージ図

車一括査定のイメージ図

そして名前からもおおよその内容は推測できるだろうが、サービスと提携している何百~何千社もの車買取店の中から、あなたの地域に対応している複数の車買取店に車査定を一括して依頼できるのだ。

またサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは自宅にいながら一気に複数社を競合させられる。

そのため「一度の申し込みをするだけで、最高額が得られる方法」ということができるのだ。

申し込み方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、1~3分程度の時間があれば申し込みを完了させられる。

以上のことから車一括査定を利用することで、へこみのあるあなたの車は「最短時間で最高額を得ることができる」ということになるのだ。

申し込みは非常に簡単で、誰でもササっとできる。

そのためぜひ一度利用して、満足のいく価格提示を受けてほしい。

とはいえひとつだけ問題もある。

それは「車一括査定のサイトはいくつもあるため、どこがオススメなのか分からない」ということだ。

そこで最後に、当サイトで紹介している車一括査定サイトの中から、オススメなものを紹介しておこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

3.まとめ

以上で車査定と車の色に関する解説を終了するが、ご覧いただくと

  • コレほどまでに色は関係しているのか
  • ただし色にかかわらず、なんとか高く車査定をしてもらうことはできそうだ

と感じたことだろう。

その感覚は決して間違っておらず、実際に車査定の中では非常に重要な「色」というポイントも、正しい方法で車査定を受けることで確実に無視できるほどの金額で、査定結果が出ることとなる。

そのため自信を持って、車査定の依頼をすることがオススメといえるのだ。

また最後に紹介した車一括査定というサービスに関しては、正直なところ「本当に手間がかからずに、最も高い車査定を引き出すことのできるサービス」ということができるため、ぜひ一度簡単な申込みをして利用することをオススメする。

そうすることであなたの予想を超えた価格で車査定をしてもらうことができ、確実に満足のいく結果で今の車を手放すことができるだろう。

そしてお得に新しい車へ乗ることができ、楽しいカーライフを送ることができるだろう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事