車査定をしてもらうとき、色によって査定額は変わるため「損得がハッキリと分かれる」というのは本当のことだ。

そのためあなた自身、下記のように気になっているだろう。

  • なぜ色の違いで車査定の結果に大きな差が出るのだろうか
  • 実際に車査定をするとき、色の違いでどの程度の差額が出るのか知りたい
  • 高く売れる色の車を車査定するとき、注意点があれば教えてほしい
  • 高く売れない色である場合でもきっちり高く車査定してもらえる方法を教えてほしい

そこで今回は、自動車ディーラーの中古車査定士として実際に中古車査定業務をしている筆者が、車査定と色について詳しく解説していこう。

色によって査定額が変わるのは本当のことだが、それでも「色を無視して最高額で売却できる方法もある」というのも事実だ。

そのためぜひ最後までご覧になることをオススメする。

【とっておきの裏技】愛車の相場をチェック&下取りよりも30万円高く売る

あなたは愛車の本当の価値はご存知ですか?
もし、ディーラーの下取り額でしょ?買取店で出してもらった査定額でしょ?と思ったあなたは大きな間違いです。

ディーラーや買取店は、あなたから買い取った車を横流しして利益を上げているのです。

つまり彼らの利益を最小限に減らすことができれば、あなたは最高額で売れることになります。

ではどうすればいいのか?答えは「買取店同士を競わせる」こと。
ただ、正直、1社1社買取店を回っていたら面倒ですよね。。。

そこでオススメなのが車一括査定というサービスを使うこと。
車一括査定を使えば、一度に買取店に査定してもらい競争させることができるので、MAXに近い買取額が出るのです。

無料で利用、しかも納得いかなければ売らなくてもOKです。
一度、気軽に利用してみることをオススメします。

依頼と同時に愛車の相場が事前にわかる「ユーカ―パック」 →  https://ucarpac.com/

優良業者が厳選、かつ同時に比較できる数が多い「カーセンサー」 →  http://www.carsensor.net/

スポンサーリンク

1.車査定額が色によって変わるのは本当のこと

車査定では色が変わると査定額も大きく変わってしまう。

その金額は車種によってまちまちですが、おおよそ5~30万円程度。

正直、この事実に驚きを隠せないだろう。

そのため「一体なぜ?」という疑問が頭をよぎったはずだ。

そこで早速、なぜこれほどまでに車査定で色による査定額の違いが出てしまうのか、プロ目線で解説していこう。

まず車の色について、下記に3パターンを箇条書きしておいたのでご覧いただきたい。

 
  • 査定額が高くなる色…黒・白など
  • 査定額がプラスマイナスゼロの色…シルバー・青・紺色・濃紫など
  • 査定額が安くなる色…ゴールド・黄・赤・水色など
※車種によって変わる場合あり

なぜ上記のような結果になるのかというと、実に単純である。

というのも高くなる色は「中古車業界で需要が高い」という特徴があり、逆に安くなる色は「需要が低い」ということができるからだ。

本来、新車時には同じ金額で販売されているが、中古車として販売される場合には「需要の高いものほど高く売れる」という市場原理が作用している。

その結果として、人気色であればあるほど高く再販することができるため、高く車査定をしてもらうことが可能になるのだ。

一方不人気色の場合には需要が低く、中古車販売店としては長期在庫として抱えなければならなくなる。

そうなると販売店側は資産など経理の面で「大損」となってしまうため、少しでも早く売れるように「安い価格で販売する」ということになってしまう。

その結果、安く車査定せざるを得ないのだ。

そう聞くと、具体的にどの程度の価格差が生まれているのか気になるだろう。

そこで次章では、実売価格から差額を逆算して紹介していこう。

2.実売価格で比較すると30万円の差額が出る

説明するよりも、実際に見る方が早いため下記2つのキャプチャ画像をご覧いただきたい。

※出典元:トヨタ自動車の「トヨタのお店のU-Car(中古車)情報」より

どちらもトヨタディーラーである「トヨペット」が販売している、ハリアーの同グレードの中古車である。

しかし金額にして約30万円も差額が出ているのが分かるだろう。

それも人気色である黒の個体の方が、走行距離が多いというハンデを背負っているにもかかわらずである。

また同一のディーラーでは基本的に中古車で確保すべき利益額は決まっているため、どちらも利益額が大きく変わることはほとんどない。

つまり単純な査定額の差が、車両価格の差額と同額程度になるのだ。

そのため今あなたが高く売れる「黒・白」の車に乗っている場合、かなりお得度は高いということになる。

しかし高く売れる色に乗っていても、注意点はある。

次章では黒・白を売る場合の注意点について解説していこう。

ちなみに、もし黒・白以外の色の車に乗っている場合でも数十万円以上高く車査定してもらうことは可能であるため、飛ばして読み進めていただいて構わない。

3.高く売れる白・黒でも査定時には大きな注意点がある

高く売れる白・黒の車であっても、実際に車査定を受ける場合には大きな注意点がある。

それはたったひとつ、「車内外をしっかりキレイにしておくこと」である。

なぜなら下記2点の理由が大きく関係しているからだ。

  • 汚れが付着しやすい=車両の状態が悪く見られてしまう
  • そもそも正しく車査定できない

それぞれ以下に分けて解説していこう。

注意点1.汚れが付着しやすい=車両の状態が悪く見られてしまう

厳密に言うと車によって汚れの付着しやすさはあまり変わらないのだが、白と黒の車は「汚れが非常に目立つ」という特徴がある。

その理由は単純で黒地や白地のベースには、砂や泥などの「茶~黒っぽい色の汚れ」が本当に良く目立ってしまうのだ。

その結果、車査定をする査定士からすると「この車は外装の状態が良くないだろう」という先入観のもと査定額が安くなりやすいといえる。

そのため必ずキレイにして車の状態が「見たままの潔白である」という見せ方をしなければ損してしまうのだ。

注意点2.そもそも正しく車査定できない

汚れが車に付着している状態では、先入観を持った車査定がされるだけではなく「そもそも正しく車査定できない」ということができる。

というのも査定士が車査定をするとき、お客様の車にベタベタ触ることはできない。

その結果、汚れている車を査定する際には、「汚れの下にキズや凹みが隠れているだろう」という予測の元、あらかじめ安い査定額を提示するのだ。

つまり査定士や買取店が「自社の損する可能性を防ぐ」というために、あえて低めの査定額を提示していると理解してほしい。

以上のことから分かるように、いくら高く売れる色の車であったとしても、汚れていては安くなってしまう可能性が高い。

そのため必ず車査定の前には洗車や車内清掃を実施して、キレイな状態で「ありのままを見せる」ということが重要になると覚えておいてほしい。

またキレイにさえしておけば、黒・白に限らずその他の色でも最高額で車査定してもらう方法があるため、次章にて詳しく紹介していこう。

4.その他の色でも数十万円高く売却することは可能

実は黒・白に限らず、どんな色の車でも数十万円高く車売却することは可能である。

その方法は下記に挙げた2つの手順で完了する。

 
  • ディーラーの下取りではなく車買取店の「買取」を依頼する
  • 複数の車買取店を競合させる

早速、以下に分けて詳しく説明していく。

方法1.ディーラーの下取りではなく車買取店の「買取」を依頼する

ディーラーが新車と引き換えに車を引き取る「下取り」は、基本的に査定額が低くなってしまう。

なぜならディーラーは新車の販売によって利益とメーカーからの報奨金を得ているため、結果的に「新車販売にばかり力を入れている」という現状があり、在庫車確保の源泉となる下取りにはあまり力を入れていないからだ。

一方、車買取店は買い取った車を在庫車として販売しなければ、利益を上げることができない。

そのため買取=利益の源泉となるため、ディーラーよりも必死に車買取を実施してくれるのだ。

方法2.複数の車買取店を競合させる

ディーラーではなく車買取店に依頼したほうが良いということは理解できたかと思うが、ただ依頼すればいいというものではない。

というのも車買取店も商売として車査定をしてくれるため、できる限り安く買い取りたいのはやまやまなのだ。

そこで重要なのが「複数の車買取店を競合させる」ということ。

何社も車査定をしてもらえば、適正な価格を提示してもらえるのだ。

また複数の車買取店を競合させる意味は、それだけではない。

というのも車買取店は昨今の中古車人気の影響から、どの車買取店も在庫車不足に陥っており、利益の源泉となる在庫車確保に必死になっている。

その結果、不人気色であったとしても「とにかく買取を実施したい」と思っているのだ。

つまり各社を競合させていくことで、徐々に査定額が上昇していき、最終的には相場の上限値付近の価格=最高額で車買取をしてもらうことができる。

そして不人気色でも最初の車査定で提示された価格より、数十万円以上高く車査定されるケースが非常に多くなるのだ。

とはいえ現実的に考えると、複数の車買取店を探して競合してまわるのは面倒くさいだろう。

そこでオススメなのが「車一括査定」というサービスである。

サービスの詳細は下記にしていくが、誰もが簡単かつ最短時間で最高額が引き出せるため、ぜひ利用してほしい。

車一括査定とは「複数の買取店」に同時依頼できるサービス

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定を使わない場合、使う場合

車一括査定を使わない場合、使う場合

そして名前からもおおよその内容は推測できるだろうが、サービスと提携している何百~何千社もの車買取店の中から、あなたの地域に対応している複数の車買取店に車査定を一括して依頼できるのだ。

またサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは自宅にいながら一気に複数社を競合させられる。

そのため「一度の申し込みをするだけで、最高額が得られる方法」ということができるのだ。

申し込み方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、1~3分程度の時間があれば申し込みを完了させられる。

以上のことから車一括査定を利用することで、へこみのあるあなたの車は「最短時間で最高額を得ることができる」ということになるのだ。

申し込みは非常に簡単で、誰でもササっとできる。

そのためぜひ一度利用して、満足のいく価格提示を受けてほしい。

とはいえひとつだけ問題もある。

それは「車一括査定のサイトはいくつもあるため、どこがオススメなのか分からない」ということだ。

そこで最後に、当サイトで紹介している車一括査定サイトの中から、オススメなものを紹介しておこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

楽天オート

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

5.まとめ

以上、車査定に大きく関係する色の解説を終了するが、最後に当ページの内容をまとめておこう。

  • 車査定で色は大きく関係しており、実際に査定額が5~30万円程度の差となるケースがある
  • 実売価格で比較したとき、「黒」と「赤」ではディーラーベースで約30万円の差額が出た
  • ただし人気色であったとしても、車が汚れていると「あえて安く車査定される」というケースもある
  • 不人気・人気色に関わらず、最高額を引き出すなら「車一括査定」を使って複数の車買取店を競合させるのが最もオススメ
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事