自宅による出張査定

中古車の価格は走行距離が少ないほど高くなる

つまり価値が高いと判断されるのだ。

そのため車査定をしてもらうときにも、必然的に走行距離が少ないほど高く評価されることになる。

その結果、あなたは下記のように心配しているだろう。

  • 走行距離でどの程度加減点されるのか心配
  • 実際に自分の車がどの程度の減額をされるのか気になって仕方がない
  • 走行距離が多い車でも高く車査定してもらえる方法が知りたい
  • できれば手間をかけずに高額査定を引き出したいけど…何とかならないだろうか

そこで今回は元ディーラーの中古車査定士をしていた筆者が、車査定が走行距離によってどの程度の加減点がされるのか、分かりやすく紹介していこう。

ちなみに走行距離に関しては大きな影響を与えるのが本当のところだが、確実に高額査定を引き出す方法はあるため、安心して最後までご覧になってほしい。

【とっておきの裏技】市場に出回らない非公開車両の中古車を提案してもらう!

中古車購入で一番心配なこと・・・それは買った後にすぐ故障してしまい乗れなくなること。
いくら中古の車とはいえば数十万はするので、大きな痛手のはずだ。

実は安心かつ安全でコストパフォーマンスの高い中古車を購入する方法がある。
それは市場には出回らない「非公開車両」に的を絞ること。

でも、一般な人では「非公開車両」を探すのは、ハッキリ言って無理だ。
ただ、非公開車両を提案してもらえるサービスがある。
クルマコネクト 」「 ズバット車販売 」という2つのサービス。

2サイトはともに、中古車買取・販売で有名な「ガリバー」が提案してくれるサービス。
ガリバーは新鮮な中古車が毎日500台入荷されているので、非公開車両の毎日のように増えている。
しかも100日間の返品保証サービスが付いているのでもしもの時も安心だ。

クルマコネクト 」はチャットで相談、「 ズバット車販売 」は電話で相談ができます。
相談などんな内容でもOK。むちゃな要望も伝えてみることだ。

【相談の内容例】
・新車とほぼ同等のフィットがほしい
・N-BOXで50万以内、新車同等品を提案してほしい
・ディーラー試乗車落ちで10,000km以内の中古車がほしい
・小さな子供がいるファミリー世帯にオススメの中古車がほしい

【チャット】で無料相談できるクルマコネクト →  https://221616.com/connect/

【電話】で無料相談できるなびくる+ →  https://www.zba.jp/car-hanbai/

【とっておきの裏技】愛車の相場をチェック&下取りよりも30万円高く売る

あなたは愛車の本当の価値を知っているだろうか?
もし、ディーラーの下取り額でしょ?買取店で出してもらった査定額でしょ?と思ったあなたは大きな間違いだ。

ディーラーや買取店は、ただただあなたから買い取った車を横流しして利益を上げているだけなのだ。

つまり彼らの利益を最小限に減らすことができれば、あなたは最高額で売れることができる。

ではどうすればいいのか?答えは「買取店同士を競わせる」こと。
ただ、正直、1社1社買取店を回っていたら面倒だと思うだろう。

そこでオススメなのが車一括査定というサービスを使うことだ。
車一括査定を使えば、一度に買取店に査定してもらい競争させることができるので、MAXに近い買取額が出る。

無料で利用、しかも納得いかなければ売らなくてもOKなのだ。
だまされたと思った一度利用することをオススメする。

おそらくあなたは出てきた査定額にビックリするだろう。

依頼と同時に愛車の相場が事前にわかる「ユーカ―パック」 →  https://ucarpac.com/

優良業者が厳選、かつ同時に比較できる数が多い「カーセンサー」 →  http://www.carsensor.net/

スポンサーリンク

1.車査定では走行距離で大きく加減点される

車査定では走行距離によって、どの程度加減点されるのかが決まっている。

というのもJAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)が、走行距離と年式によって下記のように「パーセンテージによる加減点」が決められているのだ。

走行
km
(千)
使用経過月数走行
km
(千)
0~45~89~1213~1617~2021~2425~2829~3233~3637~4041~4445~4849~5455~6061~6667~7273~7879~8485~9091~9697~102103~108109~114115~120121~(上限)
512345678910111213141516171819202122235
10-3-22345678910111213141516171819202110
15-5-4-3234567891011121314151617181915
20-7-6-5-3-2345678910111213141516171820
25-9-8-7-5-4-3-234567891011121314151625
30-11-10-9-7-6-5-4-3-234567891011121330
35-13-12-11-9-8-7-6-5-4-3-2345678910111235
40-15-14-13-11-10-9-8-7-6-5-4-3-2456789101140
45-17-16-15-13-12-11-10-9-8-7-6-5-4-345678945
50-19-18-17-15-14-13-12-11-10-9-8-7-6-5-3567850
55-21-20-19-17-16-15-14-13-12-11-10-9-8-7-5-3-256755
60-23-22-21-19-18-17-16-15-14-13-12-11-10-9-7-5-4-3-260
65-25-24-23-21-20-19-18-17-16-15-14-13-12-11-9-7-6-5-4-365
70-27-26-25-23-22-21-20-19-18-17-16-15-14-13-11-9-8-7-6-5-370
75-29-28-27-25-24-23-22-21-20-19-18-17-16-15-13-11-10-9-8-7-5-375
80-31-30-29-27-26-25-24-23-22-21-20-19-18-17-15-13-12-11-10-9-7-5-4-3-280
90-34-33-32-30-29-28-27-26-25-24-23-22-21-20-18-16-15-14-13-12-10-8-7-6-590
100-37-36-35-33-32-31-30-29-28-27-26-25-24-23-21-19-18-17-16-15-13-11-10-9-8100
110-42-41-40-38-37-36-35-34-33-32-31-30-29-28-26-24-23-22-21-20-18-16-15-14-13110
120-47-46-45-43-42-41-40-39-38-37-36-35-34-33-31-29-28-27-26-25-23-21-20-19-18120
130-52-51-50-48-47-46-45-44-43-42-41-40-39-38-36-34-33-32-31-30-28-26-25-24-23130
140-57-56-55-53-52-51-50-49-48-47-46-45-44-43-41-39-38-37-36-35-33-31-30-29-28140
150-60-60-60-58-57-56-55-54-53-52-51-50-49-48-46-44-43-42-41-40-38-36-35-34-33150
160-60-60-60-60-59-58-57-56-55-54-53-51-49-48-47-46-45-43-41-40-39-38160
170-60-60-60-60-60-59-58-56-54-53-52-51-50-48-46-45-44-43170
180-60-60-60-60-58-57-56-55-53-51-50-49-48180
190-60-60-60-60-58-56-55-54-53190
190超
(上限)
-60-60-60-59-58190超
(上限)

上記の表はJAAIでいうところの「Ⅱ・Ⅲクラス」というものなのですが、プリウスやリーフなど、一般的な乗用車のものになる。

このクラスの分類に関してはさほど重要ではないので気にしなくても構わないが、ご覧いただくとプラスマイナスで数値が記載されているのが分かるだろう。

この数値は「基準査定額が決定した後、±○%の加減点をしても構わない」という数値なのだ。

つまり例えば3年(36ヶ月)5万キロの場合、上記の表通りに考えるとマイナス10%の減額がされることになる。

とはいえ筆者が今「さほど重要ではない」と述べた通り、実はこの減額分は「あまり関係ない」というのが本当のところだ。

その理由は単純で、実際の車査定の現場では走行距離ではなく「車種別の需要が重視されている」という背景があるからだ。

それにそもそも、査定の基準額はあなた自身が知る方法はゼロであるため、計算のしようがないため、クラス別のプラスマイナスについてはあまり重視しなくても構わない。

そこで次章では、実際の加減点が分かるように、買取相場を用いて紹介していこう。

2.走行距離別「実質的な加減点」のイメージ

実際の走行距離別にどの程度の加減点がされるのか気になるだろう。

もちろん車種別に需要も異なるため目安ではあるものの、下記のようなイメージを持つとおおよそ正しいといえる。

走行距離別の査定目安
  • ~1万キロ…新車時から80~90%程度で車査定される
  • 1~3万キロ前後…新車時から60~85%程度で車査定される
  • 3~5万キロ前後…新車時から40~60%程度で車査定される
  • 5~8万キロ前後…新車時から20~40%程度で車査定される
  • 8~10万キロ前後…新車時から10~20%程度で車査定される
  • 10万キロ~…新車時から0~15%程度で車査定される

つまりイメージとしては「走行距離が増えるたびに徐々に査定額が減少していく」ということになる。

走行距離が多い車を「過走行車」という。

何万キロ以上が過走行と呼ばれるかは決まっていないが、一般的に10万キロを超えてくるといわれることが増える。

また新車価格と比較して残っている価値を「残存率」という言葉で表すため、以下からは残存率という言葉で統一して説明していく。

そこで早速、実際にプリウスの買取相場を走行距離別に一覧表でまとめたので下記をご覧いただきたい。

走行距離(万㎞)買取相場(万円)残存率
1188.279%
3124.354%
581.237%
756.526%
1033.416%
※比較条件
車種:トヨタプリウスSグレードで固定
年式:1万キロ当たり1年落ちとして試算
ナビクルの買取相場を参照

モデルチェンジのタイミングなどによって下落幅は異なるが、基本的には走行距離が多くなればなるほど順調に査定額は下がっていることが分かる。

ただしこれはプリウスそのものの重要に依存しているため、古いモデルでは「いくら走行距離が少なくても激安価格になってしまう」というのが現状なのだ。

逆に人気車種や新モデルの車種に関しては、過走行の車でも高く車買取をしてもらえると覚えておこう。

とはいえ正直なところ、どんな車でも高額査定をしてもらいたいのは誰もが同じである。

そこで次章では、過走行車でも高額査定を確実に引き出せる方法について、詳しく紹介していこう。

3.過走行車でも高額査定してもらう3つの手順

先ほどのプリウスの例でいくと、10年落ち10万キロのプリウスの査定相場は33.4万円だった。

そして実際に、同じような条件で中古車として売られているプリウスを見てみると、下記のような車両が見つかった。

査定相場

査定相場

出典元:グーネットの「プリウス(トヨタ)の中古車」より

つまり相場通りに車査定を実施していれば、10万円程度の利益を上げる計算となる。

言い換えると、走行距離の多い車でも「まだ10万円分の余裕がある」ということなのだ。

そのため利益分の余裕がある=相場よりも査定額をアップさせるチャンスは残っていると考えても、大きく間違ってはいないのだ。

そこで具体的に、走行距離の多い車でも高額査定を引き出す方法について、下記に箇条書きしておいたのでご覧いただきたい。

高額査定を引き出す3つの手順
  1. 1社目から初回査定額を引き出す
  2. 2社目、3社目で1社目の参考価格をもとにより高い査定額を引き出す
  3. 2~3周繰り返す

この手順さえ実践できれば、走行距離の多い車でも高額査定となるだけではなく、最高額での車査定をしてもらうことが可能になる。

それぞれの手順は以下に詳しく解説していくので、ぜひしっかりとチェックしておいてほしい。

手順1.1社目から初回査定額を引き出す

まず前提として「複数社に依頼して競合させる」ということを覚えておいてほしい。

そのためまずは1社目に査定依頼をする。

そして初回査定額を引き出してほしい。

またその場で「できるだけ高くしてほしい」という気持ちを伝えると、ほとんどのケースで「今決めていただければ〇万円」といって、お得そうな価格提示をしてくれる。

その金額はあくまで「これからの交渉材料となる基準査定額」であるため、そのまま契約することだけは避けるべきである。

ちなみに走行距離の多い車は、初回査定額は絶対に低くなる。

しかし次からのステップで査定額をしっかりと上昇させられるので安心してほしい。

手順2.2社目、3社目で1社目の参考価格をもとにより高い査定額を引き出す

1社目で初回査定額を提示してもらったら、続けて2社目、3社目の車買取業者に査定依頼をしに行く。

そして先ほど提示された基準価格をもとに、「A社では〇万円と言われたが正直なところまだ納得できないので、御社でも車査定をお願いしたい」と言おう。

そうすると99%の確率で1社目よりも高い査定額が提示されるのだ。

ただしここでもまだ契約をしてはいけない。

なぜなら1周目ではどこの車買取業者も最高額を提示しないからだ。

そのため次に説明するように、2~3周繰り返して査定額を提示してもらうことが重要になる。

手順3.2~3周繰り返す

2~3周、車買取業者に査定額を提示してもらうと、そのタイミングで確実に「もう限界です」と言われることになる。

そこで最後の一押しとして、数千円~3万円以内程度で、「キリの良い数字にしてくれれば契約します」と伝えよう

そうすることで最後の最後に、確実に最高額を提示してもらうことができる。

そのため手間はかかるのだが、しっかり複数社にて複数回の交渉を重ねていくのが重要だと覚えておこう。

以上の手順さえ実践できれば、過走行車でも確実に高額査定を引き出すことができる。

しかし「そもそも過走行車は需要が無く、競合させても無意味なのでは?」と感じたことだろう。

その点については安心してほしい。

4.過走行の車でも需要がある2つの理由

というのも過走行車でも、下記の理由から高需要が望めるからだ。

過走行車でも需要がある理由
  1. 車買取店の在庫車不足
  2. 海外需要

それぞれ続けて説明していこう。

理由1.車買取店の在庫車不足

車買取店はディーラーなどと異なり、仕入れた=買い取った車を中古車として再販することで利益を上げている。

しかし昨今の中古車人気の影響から在庫車が不足しており、結果的に利益を上げられなくなっているのだ。

そのためどんな車でも、少しでも売れる可能性があるのであれば「絶対に確保したい」と思っている

そしてその心理は、どの車買取店でも同様なのだ。

そのため競合させていくことでギリギリまで査定額が吊り上がり、最高額での車査定がしてもらえるというわけだ。

理由2.海外需要

海外ではそもそも日本車の人気が非常に高い。

もっというと、海外では20万キロ程度までの日本車の需要が非常に高いのだ。

多くの車買取店は買い取った車をオークションというところに流す。

オークションはいわば中古車がたくさん集まっている市場である。

オークション市場に行けばわかるが(ちなみに一般の人は入ることはできない)外国人が安い、ただ丈夫な日本の中古車を仕入れにきている。

買取店によっては、直接海外にルートをもっているところもある。

詳細は下記記事をご覧いただきたい。

ここまでの説明で、走行距離がどれだけあったとしても高額査定を引き出せるということが理解できただろう。

とはいえ正直な感想としては「面倒くさそう」と感じたはずだ。

それもそのはず、自力で何社もの車買取業者を探して、各社で何周もするのは骨が折れる。

そこで筆者がオススメするのが「車一括査定」というサービスである。

サービスの詳細は次章にてしていくが、最短時間で確実に高額査定を引き出すためには必須のサービスということができるため、ぜひ説明をご覧になって利用してほしい。

4.賢く最短で最高額を引き出すなら「車一括査定」がオススメ

車一括査定とは「複数の買取店」に同時依頼できるサービス

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定を使わない場合、使う場合

車一括査定を使わない場合、使う場合

そして名前からもおおよその内容は推測できるだろうが、サービスと提携している何百~何千社もの車買取店の中から、あなたの地域に対応している複数の車買取店に車査定を一括して依頼できるのだ。

またサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは自宅にいながら一気に複数社を競合させられる。

そのため「一度の申し込みをするだけで、最高額が得られる方法」ということができるのだ。

申し込み方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、1~3分程度の時間があれば申し込みを完了させられる。

以上のことから車一括査定を利用することで、へこみのあるあなたの車は「最短時間で最高額を得ることができる」ということになるのだ。

申し込みは非常に簡単で、誰でもササっとできる。

そのためぜひ一度利用して、満足のいく価格提示を受けてほしい。

とはいえひとつだけ問題もある。

それは「車一括査定のサイトはいくつもあるため、どこがオススメなのか分からない」ということだ。

そこで最後に、当サイトで紹介している車一括査定サイトの中から、オススメなものを紹介しておこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

5.まとめ

以上、車査定と走行距離に関する解説を終了しますが、最後に当ページの内容をまとめておこう。

  • 走行距離によって車査定の金額は徐々に下がるが、実際には「車種そのものの需要の方が重要」だと考えるべき
  • また価値の下落に関しては、車種のモデルチェンジなどのタイミングにもよるため、一概にはいえない
  • 最高額で走行距離に関係なく車査定をしてもらうには、複数社による競合が必須になる
  • 複数社に依頼して、最短時間で最高額を引き出すなら「車一括査定」というサービスがオススメ
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事