今現在、さまざまなハイテク車両が自動車メーカーから販売されている。

例えば一昔前では考えられなかった「自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)」などはその代表格だろう。

そのため、これまで乗り続けてきた車を手放したいと思っているのではないだろうか。

また手放す理由として「そもそも車に乗らないから必要ない」という場合もあるだろう。

そしてやはり車を手放す手段として「車査定に出そう」と検討しているだろう。

しかし今まで乗り続けてきた車は、正直なところ「それなりに走行距離がのびている」というのがほとんどだ。

そのため「自分が乗っている車を車査定に出した場合、走行距離がどの程度影響するのか」と気になるのは当然である。

そこで今回は自動車ディーラーの中古車査定士として、実際に何台もの車査定をしてきた筆者が、車査定の際の走行距離や、その他査定に影響するポイントなどについて詳しく解説していこう。

内容は非常に簡単で分かりやすく説明していき、さらに読みやすくまとめているため、ぜひ気楽に最後まで読み進めてほしい。

読み終わる頃には、

  • 車査定の際って走行距離がこんなにも影響しているのか
  • 走行距離以外にも、車査定に影響するポイントはこうなるのか
  • ポイントに関係なく、確実に高く車買取をしてもらうにはこうすればいいのか

と理解でき、あなたの車が満足のいく車買取をしてもらえることは間違いないだろう。

スポンサーリンク

1.車の査定額に影響するポイントは何か

車査定を依頼するとき、あなたとしては「現状で出せる最高額を引き出したい」と思うだろう。

それは当然のことで、1円でも高く車買取をしてもらうことで次の車に乗り換える場合や、単純に手放す場合でも大きな利益となる。

そのため間違いなく高く車買取をしてもらうということは、誰もが望んでいることなのだ。

しかし実際のところ、最高額で車買取をしてもらうためには、車査定をする際に「査定額に影響するポイント」をきちんと理解しておく必要がある。

なぜなら査定額に影響するポイントを把握しておくことで、それぞれのポイントに対する対策ができる場合もあるからだ。

そのため早速、下記に車査定で査定額に影響する主なポイントを箇条書きしておいたので、ご覧いただきたい。

車査定額に影響する5つのポイント
①【影響度:大】走行距離
②【影響度:中】年式
③【影響度:中】車両の状態(内装・外装)
④【影響度:中】事故歴
⑤【影響度:大】車種そのものの需要

それぞれのポイントに関して、影響度を「大・中・小」として、以下にそれぞれを詳しく解説していこう。

【影響度:大】走行距離

まず車査定の際に重要なポイントとして特筆すべきなのは「走行距離」である。

あなたは一度や二度だけではなく、「車の寿命は10万km」という話を聞いたことがないだろうか。

走行距離10万km程度であれば正直なところ「まだまだ走る」と思っても問題ないのだが、実は一般的ユーザーとしてはひとつの区切りと思っている。

そのため中古車市場においても基本的に10万km以上走行している個体の価値は「限りなく低い」と思われているのが現状であり、10万kmに近くなればなるほど、査定額は低くなってしまう。

つまり走行距離は「査定額が決定されるために、大きな影響力を持つ」と思っても間違いないのだ。

また走行距離に関して、新車時の査定額を100%としたときの、非常にザックリとした目安を紹介しておこう。

  • ~1000km台…80~95%程度
  • ~1万km台…70~85%程度
  • ~3万km台…60~75%程度
  • ~5万km台…40~65%程度
  • ~7万km台…25~40%程度
  • ~10万km…20~30%程度
  • 10万km~…10~15%以下

車種やその他の条件によって上記した相場は変化するが、車査定を何台もしていくと、非常に大まかではあるがこの程度の価格相場となっている。

そのためあなた自身も自分の車の走行距離をチェックして、おおよそどの程度の価格になりそうか調べてみてほしい。

【影響度:中】年式

年式に関しては、実は走行距離ほどは影響度は高くない。

というのもあなたが売却した車を中古車として購入する人は、基本的に「年式よりもモデルを重要視しているから」なのだ。

一体どういうことかと言うと、車には「同一の車種でも発売時期によって異なるモデルである」ということが関係している。

具体例として、ホンダから販売されている「ステップワゴンスパーダ」を挙げてみよう。

ステップワゴンスパーダは2009年10月~現在まで販売されているが、実はそれまでに大きく分けて2つモデルが販売されている。

そして中古車として購入する人は「新しい方のモデル」を欲しがるのが一般的だ。

そのため、新しいモデルで車買取の依頼をする場合には、高額査定の対象になることが普通である。

また今回挙げた例のステップワゴンスパーダの場合には、2世代目となる2015年4月発売以降のモデルの方が高くなるということだ。

逆に前のモデルを車査定してもらう場合には、2009年のものも2014年のものも、ビックリするほど大きな差は生まれにくいといえる。

また年式ではなく、モデルとしての影響度を表すと

  • 【影響度:大】最新モデル
  • 【影響度:中】1世代前のモデル
  • 【影響度:小】2世代以上前のモデル

となる。あくまで一般的であるため、車種により異なることは補足しておこう。

また、それぞれの査定額の違いについては、正直なところ「車種による」としか言えないため、ここでは言及しないでおこう。

【影響度:中】車両の状態(内装・外装)

車両の状態とは

  • キズ
  • 凹み
  • 塗装の傷み具合
  • シートの擦れ
  • 車内の汚れ、におい

などを総称している。

つまり簡単に「車の内外装がどのようになっているか」をあらわしていると覚えておこう。

しかし車査定の現場では、それほど重要視していない項目でもある。

というのも車の内外装に関しては、正直なところ「今の技術であれば気にならない程度の状態には簡単にできるから」である。

例えば小さなキズの修復であれば簡単に磨くだけで大丈夫であったり、多少の汚れも簡単にクリーニングすることができる。

そのため「修復にかかるコストが抑えられている現代だからこそ、それほど査定額に大きく影響することはない」と思っても間違いないのだ。

もっというと、「よほど重大なキズ・凹みなどがない限り無視しても構わない」と思っても問題はない。

車両のヘコミ・キズについては、下記記事で詳しく言及している。

【重要度:中】事故歴

中古車を購入する際「この車は事故歴があります」と聞くと、あなた自身どう思うだろうか。

おそらく「ちょっと嫌だな」「非常に安くなっているのであれば購入を検討しても良いだろう」と思ったはずだ。

そのため事故歴が車買取に与える影響は非常に大きいと思っているだろう。

しかしそれは大きな間違いで、「事故歴」に関してはそれほど甚大な影響はない。

なぜなら事故歴とはあくまで「事故をしてしまったかどうか」を示す言葉であるため、基本的に事故による損傷の大きさは関係ないからだ。

とはいえ安易に車査定の担当者に「事故を起こしたことがある」と話をしてしまうと、低く車査定をしてしまわれるので影響度は「中」としている。

また事故歴ではなく「修復歴」がある場合には、間違いなく車査定に大きな影響を与えるのが普通である。

修復歴とは車にとって安全確保上、非常に重要である「フレーム」や「足回り」が事故などによって甚大な損傷を受け、修復した場合などにされる評価だ。

修復歴になるかどうかは車を修理した工場へ直接聞くほかないが、もし「修復歴はつかない」と判断された場合には、先程も述べたように安易に事故歴については触れない方がいいといえる。

事故車や故障車を高価買取してもらう方法については、下記記事にまとめているので参考にしてほしい。

【影響度:大】車種そのものの需要

このポイントに関しては、車査定を行う上で「最重要」ともいえる。

なぜなら基本的に車査定を行う場合には、中古車市場から車種ごとの需要を把握して、その後おおよその買取価格を先に決めているからだ。

つまり個別に査定するポイントは先程述べたような内容になるのだが、基本的な順序としては

  • あらかじめおおよその買取価格が決まる
  • 査定していく中で、評価をプラス(またはマイナス)していく
  • 交渉の末、最終的な査定額を決定する

ということになる。

そのためこれまでに挙げたどんなポイントよりも、重要だと覚えておくべきだろう。

また車査定業界の裏側の話にはなるが、実は「そもそも車査定すらしていない」という場合がある。

どこの業者と名指しすることはできないが、お客様からの問い合わせ後にすぐ車種別の「限界買取価格」を決定しているのだ。

そしてお客様のもとへと伺い、車査定をするフリだけして価格を提示するということがある。

というのも車種によっては非常に高い需要があり、多少車両本体の状態が悪いだけの場合には、それほど販売価格に影響がない場合があるからだ。

その結果として、最初から価格を決めることができるのだ。

以上のことから車種別の需要に関しては、「今さら変えることはできないが最重要ポイントである」と覚えておくべきである。

以上、査定額に大きく影響を与えるポイントについて紹介してきたが、読み進めていくと「車査定をしてもらう時に、どの程度の価格になるのか…」と不安になってはいないだろうか。

そこで具体例として、次章に走行距離別の買取相場について、調べた結果を紹介していこう。

2.走行距離が具体的にどの程度査定額に影響しているのか

走行距離別にどの程度買取相場が異なるのか、実は簡単に調べることができる。

その方法とは「インターネット上で公開されている買取相場を、走行距離別に調べる」というだけなのだ。

そこで早速、「ナビクルの下取り・買取相場」から、具体的に走行距離の異なる条件で出した結果を紹介していこう。

下記の比較表をご覧いただきたい。

メーカー/車種 走行距離(km) 買取相場(円) 1,000kmとの差額(万円)
ホンダ
ステップワゴン
スパーダ
1,000 2,238,000 0
5,000 2,122,000 116,000
10,000 2,073,000 165,000
20,000 2,023,000 215,000
30,000 1,993,000 245,000
40,000 1,973,000 265,000
50,000 1,957,000 281,000
60,000 1,944,000 294,000
70,000 1,932,000 306,000
80,000 1,923,000 315,000
90,000 1,914,000 324,000
100,000 1,907,000 331,000

ご覧になると「あれ、意外と走行距離が異なっても価格は変わらないのでは…」と思ったのではないだろうか。

しかし今回はあくまで「稀な結果である」といえる。

というのも今回試算した車種のステップワゴンスパーダは非常に需要が高い車であるため、実は「走行距離に関わらず高額査定の対象となる」といえるからだ。

とはいえ1万kmごとに数万円ずつ価格相場が下がってくるため、結果的に「査定額はドンドン低くなってしまう」と思っても間違いない。

そのためやはり走行距離が査定額に与える影響は、非常に大きいと思っておくべきなのだ。

以上が走行距離による具体的な価格差の紹介であったが、ご覧になると走行距離別に間違いなく価格が安くなっているということが分かっただろう。

とはいえ今紹介した価格の感覚が、必ずしもあなたの車査定とシンクロするわけではない。

しかし諦める必要もない。

というのも「車一括査定」というサービスを利用するだけで複数の車買取店を競合させられるため、結果的に間違いなく最高額で車買取をしてもらうことができるのだ。

サービスの詳細やオススメについては、次章にて説明していこう。

3.高く車買取してもらうなら「車一括査定」がオススメ

走行距離が車査定額に影響するというのは話したとおりだ。

ただ、それに勝るぐらい価格差が大きいものがある。

それは、「車を売る方法」である。

正直、これを聞いても分けわからないと思うのではないだろうか。

それもそのはず。多くの人は、まだまだ車を下取りに出す人がほとんどだからだ。

今でこそ、ネットが普及して「車一括査定」というサービスが少し浸透してきた。

でも正直まだまだである。

車一括査定とは「複数の買取店」に同時依頼できるサービス

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定のイメージ図

車一括査定のイメージ図

そして名前からもおおよその内容は推測できるだろうが、サービスと提携している何百~何千社もの車買取店の中から、あなたの地域に対応している複数の車買取店に車査定を一括して依頼できるのだ。

またサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは自宅にいながら一気に複数社を競合させられる。

そのため「一度の申し込みをするだけで、最高額が得られる方法」ということができるのだ。

申し込み方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、1~3分程度の時間があれば申し込みを完了させられる。

以上のことから車一括査定を利用することで、へこみのあるあなたの車は「最短時間で最高額を得ることができる」ということになるのだ。

申し込みは非常に簡単で、誰でもササっとできる。

そのためぜひ一度利用して、満足のいく価格提示を受けてほしい。

とはいえひとつだけ問題もある。

それは「車一括査定のサイトはいくつもあるため、どこがオススメなのか分からない」ということだ。

そこで最後に、当サイトで紹介している車一括査定サイトの中から、オススメなものを紹介しておこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

4.まとめ

以上、走行距離が車査定の結果に与える影響についての解説を終了するが、ご覧になっていかがだろうか。

おそらく車査定に大きな影響を与えるポイントに関して、それぞれの影響度や与える影響についてはよく理解することができただろう。

また走行距離に関しても、非常に重要だということが分かり、最高額を引き出す方法についても分かったのではないだろうか。

そのためそれぞれの影響度や車査定のプロとして公開した知識はきちんと頭の中に入れておき、あなたの車買取が満足できるものとなるよう、実践することをオススメする。

また最後に紹介した車一括査定については、簡単な申し込みをするだけで間違いなく最高額を引き出すことができ、さらにあなたの予想を超えた価格提示がされるため、ぜひ一度利用することをオススメする。

そうすることで納得のいく車査定を完了させることができるだろう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事