車査定をするなら3月

言葉をよく聞いたことがある人もいるかもしれない。

そのためあなた自身も、そろそろ車査定の依頼をしようかどうか気になっているだろう。

とはいえ気になるのは

  • 本当に3月に車査定をしてもらわなければ高くならないのか
  • 車買取店の思う壺になっていないのだろうか

など、あなたが「騙されている可能性」についてである。

筆者は自動車ディーラーの中古車査定士をしているのだが、たしかにあなたが思っているように、3月でなければならない理由などは無い。

しかし車買取店がPRしているように、3月だからこそ高く車査定できるということも事実であるのだ。

ただ、少し覚えておいてほしいのが税金のことだ。3月ギリギリは危ない。

そこで今回は、車査定をする時期として「本当に3月に依頼するのが適切なのか」といった点について、プロ目線で詳しく解説していこう。

スポンサーリンク

1.3月で売るのは自動車税の関係で面倒くさくなる

そもそも3月に車査定をするということは、面倒くさいといえる。

というのも「車査定をしてもらい車を売る」という行為は、言い換えると「所有者が別の人に移る」ということを表しているからだ。

一体どういうことなのか分からないと思うのでさらに詳しく説明していくが、あなたは「自動車税」を知っているだろう。

自動車税の基本的な仕組みとしては「4月時点の所有者に、車種ごとに決められた税金を納めさせる」というものである。

つまりあなたが車査定をして今乗っている車を売ったとき、「4月までの名義変更(一時抹消)を済まさなければ、あなたに課税の義務が生じてしまう」という問題があるのだ。

そのため3月の車査定は面倒くさいといえる。

また念のため自動車税の金額を下記に載せておくのでご覧いただきたい。

自動車税年額表

自動車税年額表

※出典:愛知県の公式ホームページ「自動車税年税額一覧表」より

この表をご覧になると分かるだろうが、例えば普通車の中でも多くの需要がある1.5L超の普通乗用車の場合には、年額で39,500円が必要になる。

つまり3月に車査定をしてもらったとしても、所有権変更の手続きに時間がかかってしまう場合には「4万円近く負担する可能性がある」ということになるのだ。

もちろん車種ごとに税額は異なるため、より詳しく自動車税と車査定について知りたい場合には、下記のリンクをご覧いただきたい。

とはいえ、ここまでの説明を見ていくと「さすがに4万円も負担はしたくない」「3月の車査定はすべきではない?」と思っただろう。

そこで次章にて、車査定のプロである筆者のオススメについて紹介していこう。

2.筆者のオススメは「1月~3月上旬」「9月」に売却

筆者も4万円を無駄にすることは避けたいと思っている。

また車査定をしているプロとしても、出来る限り車を買い取る段階で自動車税の負担による面倒臭さを回避したいと考えている。

そのため車査定をする車買取店や自動車ディーラー側としては、「3月上旬まで」に車査定を完了して、スムーズに名義変更を完了させたいと思っているのだ。

つまり3月上旬までに車査定を完了させると、「無駄に損する可能性が低くなる」ということになる。

また筆者はオススメ期間をタイトル上で「1月~」としているが、その理由は次に説明するように「新車の需要が高くなってくるから」である。

新車は1月~3月、9月期間の需要が高くなってくる

新車は1~3月に需要が高くなる。

あなたも知っているかと思うが、実際に様々な自動車ディーラーが1~3月期に「決算間近!車の買い替えはお早めに!」などというPRをしている。

これはすべて「需要が高くなるから、自動車ディーラーとしても売りたい時期」といえるのだ。

9月のディーラーの間では、準繁忙期と呼ばれており、高く売れる傾向にある。

そこで下記に筆者がまとめた2年分のデータを載せておくので、ご覧いただきたい。

該当年 2016年
登録月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
新車登録台数(台) 237,661 275,165 404,813 212,713 223,753 287,770 281,753 223,275 317,048 242,869 273,042 264,938
2016年新車販売台数

2016年新車販売台数

該当年 2017
登録月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
新車登録台数(台) 258,085 312,035 460,654 224,220 237,512 315,744 278,517 233,810 318,175 231,563 258,164 262,345
2017年新車販売台数

2017年新車販売台数

※出典:一般社団法人日本自動車販売協会連合会のホームページ「新車登録車合計」より

これらの表をご覧いただくと分かるかと思うが、実際に1~3月にかけて新車の登録台数が急増している。

そのため1~3月期に関しては、本当に高い需要があるということになるのだ。

そしてこの状況は新車だけではなく、中古車の販売でも同様である。

そこで次に、中古車の需要と車査定に関しても、解説していこう。

中古車も同様に需要が高くなる

1~3月期は新車の需要が高いのだが、言い換えると「新車だけではなく中古車も含めた“車全体の需要が高い”」ということができる。

そのため中古車の販売台数も増加することは間違いない。

また中古車の販売台数が増加すると言うことは、中古車販売店では「毎年の分かりきったこと」であるため、中古車在庫をこの期間までにしっかり揃えておきたいのが本音なのだ。

つまり「3月で最高潮となる中古車需要に合わせて、その直前までが最も高く車査定をされる期間」ということになる。

とはいえ必ずしも3月までに車査定をしなければ高くならないというわけではない。

というのも前述したグラフをご覧いただくと「6月頃」や「9月頃」に関しても、ある程度需要が高まっていることが分かるだろう。

そのため車買取店としては、中古車需要が高まりきってしまう前、つまり

  • 1月~3月上旬
  • 5月~6月上旬
  • 8月~9月上旬

が高く車査定しやすい期間ということになる。

しかし筆者としては、正直なところ「車買取店の需要を気にしなくても高く車査定をしてもらえる」というのが本音である。

というのもグラフの数字を見てもらうと分かるかもしれないが、あなたの予想を超えた台数が毎月登録されているだろう。

つまり「中古車人気が非常に高い」ということを表している。

その結果として、中古車販売を主な事業としている車買取店としては「慢性的な在庫車不足となっており、あなたの車を確実に買い取りたい」と思っているのだ。

そのためあなたの車は、今まさに「高く売れるタイミング」ということができる。

とはいえ今売ろうが売らまいが、「本当に高く車査定されるのか」という不安もあるだろう。

そこで次章では、確実に高く車査定される方法として「車一括査定」というサービスを紹介していく。

このサービスは本当に簡単な申込みをするだけで、間違いなく最高額の車査定結果を引き出すことができるため、ぜひ今車査定を悩んでいるあなたは解説をご覧になって利用することをオススメする。

3.さらに高く売るには「車一括査定」がオススメ

車一括査定とは「複数の買取店」に同時依頼できるサービス

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定のイメージ図

車一括査定のイメージ図

そして名前からもおおよその内容は推測できるだろうが、サービスと提携している何百~何千社もの車買取店の中から、あなたの地域に対応している複数の車買取店に車査定を一括して依頼できるのだ。

またサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは自宅にいながら一気に複数社を競合させられる。

そのため「一度の申し込みをするだけで、最高額が得られる方法」ということができるのだ。

申し込み方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、1~3分程度の時間があれば申し込みを完了させられる。

以上のことから車一括査定を利用することで、へこみのあるあなたの車は「最短時間で最高額を得ることができる」ということになるのだ。

申し込みは非常に簡単で、誰でもササっとできる。

そのためぜひ一度利用して、満足のいく価格提示を受けてほしい。

とはいえひとつだけ問題もある。

それは「車一括査定のサイトはいくつもあるため、どこがオススメなのか分からない」ということだ。

そこで最後に、当サイトで紹介している車一括査定サイトの中から、オススメなものを紹介しておこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

楽天オート

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

4.まとめ

最後に覚えておきたいポイントを下記にまとめておこう。

  • 3月に車査定をすると、自動車税の関係上「面倒くさい」という場合がある
  • 3月の車査定は必ずしも正解ではなく、正しくは「1月~3月上旬まで」の車査定
  • 1~3月は新車や中古車の需要が高まるため、該当期間の直前までがオススメの査定期間
  • 時期にかかわらず高く車査定してもらうためには「車一括査定」を利用すべし
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事