車買い替え時には「購入」と「売却」という2つの作業を実施する。

そのとき、実は車買い替えの「購入」「売却」の両方で、時期によって損得がハッキリと別れる。

詳しくは後述するが、「軽自動車税の仕組み」「還付金の合算」などが関係しているため、あなたは全くの無関係ではないのだ。

そう聞くとあなた自身、下記のように車買い替えの税金について不安になっているだろう。

  • 車買い替えの税金でタイミングによるは損だけは避けたい
  • 車買い替えをするにあたり、あらかじめ「支払う税金」や「戻ってくる税金」を正しく把握しておきたい
  • 車買い替えの際には税金が多すぎて頭が混乱してしまいそう

そこで今回は、自動車ディーラーの新車営業&中古車査定士をしていて、直接車買い替えのすべての手続きにかかわっている筆者が、車買い替えの税金について解説していこう。

ちなみに支払う税金や戻ってくる税金について知っておくことで、必ず損なタイミングを避けることができる。

さらに言うと、税金に関係なく最もお得意なることもできるので、ぜひ最後までご覧になることをオススメする。

【とっておきの裏技】市場に出回らない非公開車両の中古車を提案してもらう!

中古車購入で一番心配なこと・・・それは買った後にすぐ故障してしまい乗れなくなること。
いくら中古の車とはいえば数十万はするので、大きな痛手のはずだ。

実は安心かつ安全でコストパフォーマンスの高い中古車を購入する方法がある。
それは市場には出回らない「非公開車両」に的を絞ること。

でも、一般な人では「非公開車両」を探すのは、ハッキリ言って無理だ。
ただ、非公開車両を提案してもらえるサービスがある。
クルマコネクト 」「 なびくる+ 」という2つのサービス。

2サイトはともに、中古車買取・販売で有名な「ガリバー」が提案してくれるサービス。
ガリバーは新鮮な中古車が毎日500台入荷されているので、非公開車両の毎日のように増えている。
しかも100日間の返品保証サービスが付いているのでもしもの時も安心だ。

クルマコネクト 」はチャットで相談、「 なびくる+ 」は電話で相談ができます。
相談などんな内容でもOK。むちゃな要望も伝えてみることだ。

【相談の内容例】
・新車とほぼ同等のフィットがほしい
・N-BOXで50万以内、新車同等品を提案してほしい
・ディーラー試乗車落ちで10,000km以内の中古車がほしい
・小さな子供がいるファミリー世帯にオススメの中古車がほしい

【チャット】で無料相談できるクルマコネクト →  https://221616.com/connect/

【電話】で無料相談できるなびくる+ →  https://a-navikuru.com/

【とっておきの裏技】愛車の相場をチェック&下取りよりも30万円高く売る

あなたは愛車の本当の価値はご存知ですか?
もし、ディーラーの下取り額でしょ?買取店で出してもらった査定額でしょ?と思ったあなたは大きな間違いです。

ディーラーや買取店は、あなたから買い取った車を横流しして利益を上げているのです。

つまり彼らの利益を最小限に減らすことができれば、あなたは最高額で売れることになります。

ではどうすればいいのか?答えは「買取店同士を競わせる」こと。
ただ、正直、1社1社買取店を回っていたら面倒ですよね。。。

そこでオススメなのが車一括査定というサービスを使うこと。
車一括査定を使えば、一度に買取店に査定してもらい競争させることができるので、MAXに近い買取額が出るのです。

無料で利用、しかも納得いかなければ売らなくてもOKです。
一度、気軽に利用してみることをオススメします。

依頼と同時に愛車の相場が事前にわかる「ユーカ―パック」 →  https://ucarpac.com/

優良業者が厳選、かつ同時に比較できる数が多い「カーセンサー」 →  http://www.carsensor.net/

スポンサーリンク

1.車買い替えで関係する税金は4種類だけ

まず車買い替えに関係する税金について、下記に箇条書きしておいたのでご覧いただきたい。

車買い替えで関係する税金は4種類
  1. 自動車税…「4/1時点で車を持っている人」が支払う税金
  2. 自動車重量税…「車検時」に支払う税金
  3. 自動車取得税…「車の取得」で支払う税金
  4. 消費税…「すべてのモノやサービスの消費(購入)」で支払う税金
取得税を除き車買い替えの「買う」「売る」という場面で関係するのだが、今はそれぞれ「4種類があるのか」と覚えておけば大丈夫だ。

そして上記の説明を何となく覚えておけば、正直なところ車買い替えの税金はイメージしやすくなる。

そこで早速、次章では車買い替えの「買う場合」の税金について紹介していこう。

2.車買い替え「買う場合」の税金

車買い替えで買う場合の税金は、下記に箇条書きした通りだ。

車買い替え「買う場合」の税金4種類
  1. 自動車税
  2. 自動車重量税
  3. 自動車取得税
  4. 消費税

消費税は増税前の方が安くなるが、基本的にどれも「いつ購入しても基本的に損得はない」というのが本当のところ。

ただし「普通車の場合」だけである。

軽自動車は若干損してしまうケースがあるため、しっかりとチェックしてほしい。

税金1.自動車税

自動車税は4/1時点の車の所有者(または使用者)に支払い義務が生じる税金で、車の購入時には「年度の途中でも」必ず見積もりに加算されている。

そこで下記に4月~3月までの自動車税額の一覧表を載せておいたのでご覧いただきたい。

区分:自家用乗用
排気量(㏄)
登録月(月)・金額(円)
年額 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
軽自動車 10800
~1000 29,500 27,000 24,500 22,100 19,600 17,200 14,700 12,200 9,800 7,300 4,900 2,400 0
1,001~1,500 34,500 31,600 28,700 25,800 23,000 20,100 17,200 14,300 11,500 8,600 5,700 2,800 0
1,501~2,000 39,500 36,200 32,900 29,600 26,300 23,000 19,700 16,400 13,100 9,800 6,500 3,200 0
2,001~2,500 45,000 41,200 37,500 33,700 30,000 26,200 22,500 18,700 15,000 11,200 7,500 3,700 0
2,501~3,000 51,000 46,700 42,500 38,200 34,000 29,700 25,500 21,200 17,000 12,700 8,500 4,200 0
3,001~3,500 58,000 53,100 48,300 43,500 38,600 33,800 29,000 24,100 19,300 14,500 9,600 4,800 0
3,501~4,000 66,500 60,900 55,400 49,800 44,300 38,700 33,200 27,700 22,100 16,600 11,000 5,500 0
4,001~4,500 76,500 70,100 63,700 57,300 51,000 44,600 38,200 31,800 25,500 19,100 12,700 6,300 0
4,501~6,000 88,000 80,600 73,300 66,000 58,600 51,300 44,000 36,600 29,300 22,000 14,600 7,300 0
6,001~ 111,000 101,700 92,500 83,200 74,000 64,700 55,500 46,200 37,000 27,700 18,500 9,200 0

まず普通車について見ていくと排気量ごとに税額が分かれており、購入月によって税額が減少しているのが分かるだろう。

そして3月に購入した人は、なんと「0円」なのだ。

しかしこのカラクリは単純で、ただ年間の自動車税額を月割りにしているというだけである。

つまり例えば3月に普通車の購入をしても、結局は4月には満額をすぐに支払うことになるため、結果的にプラスマイナスゼロになるのだ。

とはいえ軽自動車税だけは異なる。

というのも一覧表をご覧になると分かる通り、軽自動車だけは「1年間どのタイミングでも約1万円の支払い」が必要なのだ。

そのため購入するタイミングが4月でも3月でも、月割り計算されずに同額を支払わなければならない。

つまり単純な話、4/1に軽自動車を購入した人は税金がお得で、3/31に購入した人は約1万円損をしてしまうということになる。

そのため購入時の自動車税に関しては

 
  • 普通車であればいつ購入しても損得はない
  • 軽自動車は4月に購入する人が最もお得で、3月に購入した人は約1万円も損する

と覚えておこう。

ちなみに軽自動車を新車で購入する場合2~5万円の値引きを獲得できれば御の字であるため、ここで約1万円損することは「かなりの痛手」と認識すべきである。

※ディーゼル車で11年、ガソリンorLPG車で13年を超える車両はおおむね15%の重課(バス、トラックはおおむね10%の重課)が適用される

※軽自動車で13年超の車両は概ね0%の重課が適用される

税金2.自動車重量税

自動車重量税は車検を取得する際に支払う税金であり、車検証に記載された「車両重量」を基準に0.5トン刻みで税額が加算されていく。

下記がその一覧表だ。

期間 車両重量
軽自動車 ~0.5t 0.5~1.0t 1.0~1.5t 1.5~2.0t 2.0~2.5t 2.5~3.0t
3年分 9,900 12,300 24,600 36,900 49,200 61,500 73,800
2年分 6,600 8,200 16,400 24,600 32,800 41,000 49,200
1年分 5,200 4,100 8,200 12,300 16,400 20,500 24,600

貨物登録ではない一般的な乗用車については、新車時は「3年分」、翌年以降は「2年分」の金額が必要になる。

そしてこの金額は、翌車検時にも支払っていく税金となるため、タイミングによる損得は全く関係ない。

ただし自動車税と同じように、13年・18年経過車両では段階別に下記のような重課が適用されるため、~12年までの車両を購入するとお得なのは間違いない。

重量(t)・区分 通常税額(円) 重課時税額(円)
13年経過車両 18年経過車両
軽自動車 6,600 8,200 8,800
~0.5 8,200 11,400 12,600
~1.0 16,400 22,800 25,200
~1.5 24,600 34,200 37,800
~2.0 32,800 45,600 50,400
~2.5 41,000 57,000 63,000
~3.0 49,200 68,400 75,600

税金3.自動車取得税

自動車取得税は、オプションなどを含んだ車両価格に税率をかけて計算していく。

ただし少し計算方法が面倒くさいので、下記のように

  • 新車を購入する場合
  • 中古車を購入する場合

分けて説明していこう。

新車を購入する場合

新車を購入する場合の自動車取得税は、下記の計算式で導き出すことができる。

  • オプション込みの車両価格×取得税率

そして取得税率は、車の種類別に下記のようになっている。

車の種類 自家用普通自動車 軽自動車 営業用自動車
税率 3% 2% 2%

つまり例えばあなたがオプション込み車両価格が150万円の軽自動車を新車で購入する場合は、下記の自動車取得税が必要になる。

  • 150万円×2%=3万円

また特例として2019年2月現在では「エコカー減税」が継続されており、新車で購入するほとんどの車が、さらに20~80%減税を受けることが可能である。

そのため大まかではあるが、実際に上記の計算式から算出した金額が、さらに半額程度になると思っても大丈夫である。

中古車を購入する場合

中古車を購入する場合の取得税計算は、少々ややこしい。

というのも先ほどのように「車両価格×取得税率」というところまでは同じなのだが、中古車ではさらに「残価率」という数値もかけなければならないのだ。

残価率は簡単に説明すると「国が決めた、車の残り寿命」であり、下記のように定められている。

経過年数 1年 1.5年 2年 2.5年 3年 3.5年 4年 4.5年 5年 5.5年 6年 6.5年~
残価率(%) 自家用乗用車 68.1% 56.1% 46.4% 38.2% 31.6% 26.1% 21.5% 17.7% 14.6% 12.1% 10.0% 0.0%
軽自動車 56.2% 42.2% 31.6% 23.7% 17.7% 13.3% 10.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%

そのため先ほどのように150万円の軽自動車で、2年落ちの中古車を購入する場合には

  • 150万円×2%×31.6%=9,480円

となる。

取得税は1,000円未満の端数を切り捨てるため、最終的に「9,400円」となるのだ。

また中古車購入の場合には、特例以外でエコカー減税を受けることは不可能である。

そのため上記の計算方法で算出した金額が、中古車購入時の取得税だと理解しておこう。

以上が購入時の取得税だったが、正直なところ中古車購入をする場合に限り、「年式の古いモノを選べば安くなる」ということは可能だ。

しかし古くなる=価値が下がるということになるため、プラスマイナスゼロだと考えてもそん色ない。

そのため取得税に関しても、タイミングによって特別に損得が発生することはないと考えても大丈夫である。

税金4.消費税

車を購入するときには、コンビニでジュースを購入するのと同じく消費税がかかる。

2019年2月現在では8%であり、2019年10月からは10%になる。

車は商品価格が高いため、購入するのであれば「今がお得」ということは間違いないだろう。

実際、簡易的ではあるが下記に8%の場合と10%の場合の、消費税の差額を紹介しているのでご覧いただきたい。

200万円の車を購入する場合
  • 消費税「8%」…16万円
  • 消費税「10%」…20万円

差額は「4万円」。

一般的な車両価格で比較しても4万円もの差額が発生する。

そして4万円というとETCの設置や、安いカーナビなどの購入など、便利なアイテムをそろえることが十分に可能な金額だ。

そのため購入検討をするなら今がお得なのは間違いない。

以上が車買い替えで「購入」をする場合の税金に関する説明だった。

振り返ると分かるように、消費税の影響以外で考えると「微々たるもの」という感じがしただろう。

その考えは間違っておらず、あまり税金で損することも無ければ、大きくお得になることもないのが実情である。

そのため無理に税金のことを考えるよりも、筆者としては「全体的な予算」で車購入は考えることをオススメする。

ちなみに予算を立てて車を購入する場合、下記に紹介している「なびくる+」や「クルマコネクト」というサービスがオススメだ。

サービスの詳細は下記にしていくが、あなたの予算に合わせて、間違いなく優良な中古車・新車同然の新古車を紹介してくれる。

税金を無視して「全体の予算」で車探しができる「クルマコネクト」「なびくる+」

前章で税金について触れていたが、税金を加味した上で中古車を探すことをオススメする。

そこで筆者のオススメするのは「 クルマコネクト 」「 なびくる+ 」という2つのサービスだ。

上記のサービスは中古車販売の最大手であるガリバーが、全国にある数千台以上もの在庫車(非公開車両含む)の中から、あなたが希望する

  • 予算
  • 車種
  • 年式

に合致した中古車を、あなたの代わりに探してくれるサービスである。

そのため上記2サービスを利用すると、確実に予算内で希望車種を見つけることができる。

またガリバーは充実の中古車保証に対応しているため、購入後も安心することができる。

そして両サービスの違いとしては、運営元との打ち合わせ方法の違いだけであり

クルマコネクトとなびくる+の違い
  • クルマコネクト :チャット機能でやり取りするため、ザックリとした仕様が決まっている人にオススメ
  • なびくる+ :電話対応のため、詳細な仕様が決まっている人にオススメ

どちらのサービスも間違いなく予算通りで最もベストな状態の中古車が見つけられ、業者オークションを利用するリスクも大幅に低減されるため、ぜひ利用することをオススメする。

申し込み自体も1分あればできるため、誰もが最短時間で最良の中古車が見つけられるだろう。

中古車提案サービス公式サイト

3.車買い替え「売る場合」の税金

これまでの説明から理解したかと思うが、車に支払う税金は「〇年分まとめて先払い」のような形が多い。

そのため先払いした税金は、何とかして取り戻したいと思うだろう。

そこで車買い替えで「売る場合」に関係する税金を下記に箇条書きしておいたのでご覧いただきたい。

車買い替え「売る場合」の税金4種類
  1. 自動車税
  2. 自動車重量税
  3. 自動車取得税
  4. 消費税
売る場合に関してはタイミングというよりも「知識があるかないか」によって、税金の還付が異なる。

そのため以下に分けた説明は、先程以上にしっかりとご覧になることをオススメする。

税金1.自動車税

自動車税は4月時点の所有者が、1年分をまとめて支払う。

そのため還付について気になるだろうが、先に結論を述べておこう。

それは「条件付きで戻ってくる」ということだ。

その条件はただひとつ

  • 一時抹消
  • 永久抹消

のどちらかをして、車売却をすることである。

それぞれの意味と方法について、説明していこう。

一時抹消

車はすべて、陸運局にて登録され管理されている。

そのため今どの車が誰の所有物となっているのかが分かり、自動車税の納付書が届く仕組みとなっているのだ。

しかし例えば乗らない車を持っている場合、毎年毎年数万円も自動車税を支払うのはバカらしいだろう。

そこで登場するのが「一時抹消」である。

一時抹消とは一時的に車を廃車状態にしてしまう手続きのことを指していて、廃車にすると自動車税を避けることが可能なのだ。

そのため自動車税支払の義務が無くなれば、自動車税の還付は「月割り」にて受けることが可能である。

しかし車を売る場合に関しては売却後、車検切れとなってから販売店が一時抹消の手続きをするため、実はお客様であるあなたにはまったく関係のないことともいえる。

つまり端的に言うと、「車を売る場合に自動車税の還付を受けることは不可能」なのだ。

永久抹消

永久抹消は一時抹消とは異なり、「永久的に車をつぶしてしまう」ということを指している。

つまり解体業者などでバラバラに分解することを意味する。

この場合には車そのものが無くなってしまうため、あなたに支払い義務はなくなる。

その結果、永久抹消をするのであれば、自動車税は月割りで還付されると思って大丈夫だ。

以上が自動車税の還付に関する解説だが、一点だけ注意点がある。

それは「軽自動車税にはそもそも還付の制度がない」ということである。

そのため軽自動車を売る場合には、解体しようが、自分で一時抹消しようが、そもそも戻ってくるお金がないのだ。

だからこそ軽自動車を売る場合には、新年度分の支払い義務が生じる4/1の直前に売ると、タイミング的に約1万円はお得になる。

税金2.自動車重量税

自動車重量税についても、次回車検までの2年分支払うことが普通だ。

そのためこちらも「条件付き」ではあるが、戻ってくる。

その条件はただひとつ、永久抹消がされたときである。

というのも重量税を2年分支払った車は、売った後も「残りの期間分は車検付き」として売られる。

そのため重量税支払い分は引き続き有効となるため、還付することができないのだ。

だからこそ解体・永久抹消をして「もう車ではない」という状態にしなければ、還付を受けられない。

ちなみに仮にあなたの車を解体して重量税の還付を受ける場合には、解体業者が「重量税の還付は月割りで〇円だった」として、きちんと明細を見せてくれるので安心してほしい。

税金3.自動車取得税

自動車取得税に関しては、絶対に戻ってこない。

なぜなら取得税は「自動車の取得にかかる税金」であるため、長期的に見た先払いをしているわけではないからだ。

消費税と同じようなものだと考えておけば問題ないだろう。

税金4.消費税

取得税が「消費税と同じようなもの」といったため、消費税自体も還付はない。

しかし、消費税を別で受け取ることにはなる。

というのも消費税は「売った人が代わりに受け取る税金」であるため、あなたが車を売る場合には買取業者から「買取価格分の消費税」を上乗せで受け取ることになるからだ。

そのため買取価格が高ければ高いほど、受け取る消費税も高くなるといえる。

以上で車買い替えの「売る場合」に関する解説を終了するが、実はさらに

  • リサイクル料金
  • 自賠責保険

も還付が受けられるケースがある。

そこでさらに以下に分けて説明していこう。

還付が受けられる費用1.リサイクル料金

リサイクル料金とは車が最終的に処分される際、様々な部品が出る。

そして極力環境に負担をかけないよう、それぞれ適切にリサイクルしなければならないのだが、適切にリサイクルするための金額を「車の購入者」があらかじめ一度肩代わりしておくのだ。

つまり一度だけリサイクルのお金を肩代わりしているだけなので、解体してリサイクルする状況にならなければ、先に支払ったお金は還付される。

その金額は車種によって全く異なるが、おおむね1~2万円程度がボリュームゾーンである。

ちなみに正確な金額を知りたい場合は

  • 車検証入れに保管された「リサイクル券」に記載のある「預託金額」のチェック
  • 自動車リサイクルシステムにて、預託金の検索をする

というどちらかの方法で知ることが可能である。

自動車リサイクルシステムはこちらから、「自動車ユーザーの方」へ進み、車のナンバーor車台番号を入力すると、すぐに分かる。

還付が受けられる費用2.自賠責保険

自賠責保険も

  • 一時抹消
  • 永久抹消

のどちらかをして、車検を途中で切り捨てた場合で、1か月以上残月数がある場合のみ、月割りで還付が受けられる。

以上で車買い替えの「売る場合」に関する、税金関係の還付をすべて説明した。

しかしご覧の通り、正直なところ「戻ってきても数万円がいいところ」というのが現状である。

そして意外な事実をお教えしよう。

実はここまで紹介してきた売る場合の税金等還付については、ほとんどのケースで「買取価格に含まれる」とされる場合が多いのだ。

つまり査定額の明細が出るわけではなく、単純に

  • 税金還付分
  • 消費税
  • 諸費用の還付

もコミコミで車買取は実施される。

これがどういうことなのかというと、査定額が高く見えているようで、実は還付分や消費税を加味すると、意外とお得ではない可能性が高いということになる。

そのため筆者としては税金の還付を一生懸命追うことはオススメしない。

そう、どのみち還付分も加味されて査定額が出るのであれば、確実に最高額で車買取をしてもらうべきなのだ。

そこで最後に、賢く手間をかけずに最高額が引き出せる「車一括査定」というサービスについて紹介していこう。

賢く最高額を引き出して税金還付が無視できる「車一括査定」が便利

車一括査定とは「複数の買取店」に同時依頼できるサービス

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定を使わない場合、使う場合

車一括査定を使わない場合、使う場合

そして名前からもおおよその内容は推測できるだろうが、サービスと提携している何百~何千社もの車買取店の中から、あなたの地域に対応している複数の車買取店に車査定を一括して依頼できるのだ。

またサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは自宅にいながら一気に複数社を競合させられる。

そのため「一度の申し込みをするだけで、最高額が得られる方法」ということができるのだ。

申し込み方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、1~3分程度の時間があれば申し込みを完了させられる。

以上のことから車一括査定を利用することで、へこみのあるあなたの車は「最短時間で最高額を得ることができる」ということになるのだ。

申し込みは非常に簡単で、誰でもササっとできる。

そのためぜひ一度利用して、満足のいく価格提示を受けてほしい。

とはいえひとつだけ問題もある。

それは「車一括査定のサイトはいくつもあるため、どこがオススメなのか分からない」ということだ。

そこで最後に、当サイトで紹介している車一括査定サイトの中から、オススメなものを紹介しておこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

楽天オート

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

4.まとめ

以上、車買い替えの税金について「買う場合」と「売る場合」に分けて解説してきたが、最後に当ページの内容をまとめておこう。

  • 車買い替えで「買う場合」については、基本的にタイミングによる損得はない
  • ただし軽自動車を買う場合に関しては、4/1に買うのが軽自動車税的にはお得
  • また消費税の増税前に購入すると、数万円程度お得になる
  • 車買い替えの「買う場合」は全体的に見ると、合計予算を決めてから「 クルマコネクト 」や「 なびくる+ 」にて、優良な中古車を探すのがベスト
  • 車買い替えで「売る場合」に関しては様々な還付があるが、基本的には「廃車」が条件となり、還付されても数万円程度となる
  • しかも還付される金額は、すべて「査定額に込み」とされることが普通であるため、車一括査定を利用して手間をかけずに賢く最高額を引き出すのがベスト
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事