車を所有し続ける限り、必ず車検を受けなければならない

しかし車検を受けるには税金や整備代などがかかり、結果的に高額になってしまうケースが多い。

そのため「どのみち高いお金を払うぐらいなら、車検を受けずに車買い替えをしてもいいのでは?」と思うだろう。

だからこそあなたは、下記の点について知りたいと思っているのではないだろうか。

  • 車検を受けるのと車買い替えするのはどちらの方がお得になるのか
  • 車買い替えをすることが決定しているなら、車検前・後どちらのタイミングが良いのか
  • 車買い替えをする上で、お得に進める方法があれば教えてほしい
  • 車検でも車買い替えでも、どちらにしても絶対に損だけはしたくない

そこで今回は自動車ディーラーの営業マンをしている筆者が、車買い替えと車検について最もお得な方法をプロ目線で詳しく解説していこう。

正しい知識をつけておけば損することはなく、逆にしっかりお得になることも可能であるため、必ず最後まで読み進めることをオススメする。

【とっておきの裏技】市場に出回らない非公開車両の中古車を提案してもらう!

中古車購入で一番心配なこと・・・それは買った後にすぐ故障してしまい乗れなくなること。
いくら中古の車とはいえば数十万はするので、大きな痛手のはずだ。

実は安心かつ安全でコストパフォーマンスの高い中古車を購入する方法がある。
それは市場には出回らない「非公開車両」に的を絞ること。

でも、一般な人では「非公開車両」を探すのは、ハッキリ言って無理だ。
ただ、非公開車両を提案してもらえるサービスがある。
クルマコネクト 」「 ズバット車販売 」という2つのサービス。

2サイトはともに、中古車買取・販売で有名な「ガリバー」が提案してくれるサービス。
ガリバーは新鮮な中古車が毎日500台入荷されているので、非公開車両の毎日のように増えている。
しかも100日間の返品保証サービスが付いているのでもしもの時も安心だ。

クルマコネクト 」はチャットで相談、「 ズバット車販売 」は電話で相談ができます。
相談などんな内容でもOK。むちゃな要望も伝えてみることだ。

【相談の内容例】
・新車とほぼ同等のフィットがほしい
・N-BOXで50万以内、新車同等品を提案してほしい
・ディーラー試乗車落ちで10,000km以内の中古車がほしい
・小さな子供がいるファミリー世帯にオススメの中古車がほしい

【チャット】で無料相談できるクルマコネクト →  https://221616.com/connect/

【電話】で無料相談できるなびくる+ →  https://www.zba.jp/car-hanbai/

【とっておきの裏技】愛車の相場をチェック&下取りよりも30万円高く売る

あなたは愛車の本当の価値を知っているだろうか?
もし、ディーラーの下取り額でしょ?買取店で出してもらった査定額でしょ?と思ったあなたは大きな間違いだ。

ディーラーや買取店は、ただただあなたから買い取った車を横流しして利益を上げているだけなのだ。

つまり彼らの利益を最小限に減らすことができれば、あなたは最高額で売れることができる。

ではどうすればいいのか?答えは「買取店同士を競わせる」こと。
ただ、正直、1社1社買取店を回っていたら面倒だと思うだろう。

そこでオススメなのが車一括査定というサービスを使うことだ。
車一括査定を使えば、一度に買取店に査定してもらい競争させることができるので、MAXに近い買取額が出る。

無料で利用、しかも納得いかなければ売らなくてもOKなのだ。
だまされたと思った一度利用することをオススメする。

おそらくあなたは出てきた査定額にビックリするだろう。

依頼と同時に愛車の相場が事前にわかる「ユーカ―パック」 →  https://ucarpac.com/

優良業者が厳選、かつ同時に比較できる数が多い「カーセンサー」 →  http://www.carsensor.net/

スポンサーリンク

1.車検or車買い替えなら99%「車検の方がお得」になる

先に結論を述べておこう。

そもそも車検を受けるのか、車買い替えをするのかといった場合「車検の方が絶対にお得」ということができる。

計算を単純化するために、普通車の一般的な車検相場である「総額10万円」を元に考えてみよう。

経過年数買い替えの場合の
金額(円)
車検の場合の
金額(円)
1台目購入2,000,0002,000,000
3年後100,000100,000
5年後100,000100,000
7年後100,000100,000
9年後2,000,000100,000
合計4,300,0002,400,000

※初回購入時200万円の車を、9年後に新しく買い替える場合と、車検を受ける場合で比較

ご覧の通り、車検を受けていれば「車の購入費用分は絶対にお得になる」ということができるのだ。

とはいえ上記は超簡易的な比較結果である。

そのため「燃費の良い車なら、お得になるのでは?」と思われるかもしれないので、燃費も考慮して下記に検証してみよう。

  • 比較対象:トヨタヴィッツのノーマルモデルとハイブリッドモデル
  • それぞれの実燃費差は7.84㎞/L
  • 年間走行距離を1万キロ、ガソリン相場を130.8円/Lとすると、年間で約31,513円の差額
  • 両「Fグレード」の車両価格差は、638,280円
  • 燃費差で元を取るためには、約20年が必要
  • さらに同額程度の車検代がかかる

※実燃費は2019年6月現在のe-燃費のデータを参照

つまり簡単に言うと「そもそも燃費を取り返すだけでも難しい」といえるため、車検代が毎年同額程度かかるため、損益が逆転することは滅多にないのだ。

そのため車検と車買い替えで損得を考えるのであれば「壊れて手が付けられなくなるまで乗りつぶすのが最もお得」ということができる。

とはいえ車検のタイミングで車買い替えをしたい気持ちはよく分かる。

そこで車検のタイミングの前・後どちらで車買い替えを実施するのがお得なのか、次章にて説明していこう。

2.車を買い替えたいなら「車検前」が絶対にお得

車買い替えをする場合、結論としては「車検前」が絶対にお得になる。

というのもJAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)が定めた「加減点基準」によると、「最大で20%程度の上乗せがされる」というだけなのだ。

また20%の加点が適用されるのは「10年落ちなのに5,000㎞しか走行していない」など特殊な場合のみであり、例えば5年3万キロの車では0~6%程度しか加点されない。

しかも6%が適用されるのは「車格の高いクラス=多くが高級車」であるため、結果的に車検代も非常に高額になりやすい。

つまりほとんどの場合で「車検があるからと言って全然加点されない」といえるのだ。

その結果として車検を受けて10万円近く支払ったとしても、その分を取り戻すことは不可能と言っても過言ではない。

だからこそ車買い替えをするのであれば、車検前に実施するのがベストということができるのだ。

ただし車買い替えのタイミングには下記2つの注意点がある。

 
  1. 車検を受けてしまった場合には「次回車検まで乗り続ける」のがお得
  2. 車検前に車買い替えするなら「納期」に注意する

それぞれ以下に分けて説明していこう。

注意点1.車検を受けてしまった場合には「次回車検まで乗り続ける」のがお得

車検を受けてしまった場合には、これまでのシミュレーション結果からも分かるように「車検代分を取り戻すことができないため、次回の車検まで待つ」ということが、最もお得になる。

もちろん故障などが原因で修理費用が数十万円かかる場合や、急を要する場合には車買い替えをした方が良いケースもある。

しかし基本的に「現状で走行するのに何も困らない」という状態であれば、車検後では確実に損してしまうので、積極的にオススメはできない。

注意点2.車検前に車買い替えするなら「納期」に注意する

車検前に車買い替えをする場合でも、納期に注意をしなければ「結局車検代を支払うことになる」というケースがあるため注意が必要だ。

というのも「そろそろ車検だ」と思っていても、買い替え予定の車の納期が長い場合には、車検前の車買い替えができない可能性が高くなるからだ。

例えば2018年に新モデルが発表されたスズキのジムニーは、一時期1年以上の納期となっていたこともある。

そのため車買い替えを検討する場合には、車検前に実施するのは当然のこと、買い替え予定の車の納期についてもチェックする必要があると覚えておこう。

ちなみに納期に関しては、各メーカーのホームページ上で目安を紹介しているほか、販売店に聞くとその場で「今〇か月ぐらいです」と回答してくれる。

そのため迷っているだけであっても構わないので、必ず納期だけはチェックしておいてほしい。

以上の説明で、車買い替えと車検に関する注意点は十分理解することができただろう。

しかし何か忘れていないだろうか。

そう、損得を考えるのであれば、そもそも車買い替えによる「売る」という部分で、しっかりとお得になるべきなのである。

というのも正しい方法で車売却をしておけば、数十万円のお得になることも珍しくないのだ。

そこで次章では車買い替えの「売る」という部分に注目して、最高額で車売却が成功する方法について紹介していこう。

3.車検前に車買い替えをするなら「売る」ことに注力するのがベスト

車検前に車買い替えをするのであれば「売る」ことに注力すべきなのだが、下記に最高額で車売却を成功させるためのポイントを箇条書きしておいたのでご覧いただきたい。

 
  1. ディーラーの下取りではなく、車買取店の「買取」を選択する
  2. 複数の車買取店を競合させる

たった2つのポイントを実践するだけで、確実に最高額を引き出すことができるため、以下の説明をしっかり読み進めてください。

高く売る方法1.ディーラーの下取りではなく、車買取店の「買取」を選択する

まずディーラーに言われるままに下取りを選択することは絶対に避けた方が良い。

というのもディーラーは新車販売がメインの業務であり、メーカーから台数をノルマ化されている。

そしてノルマ達成をするとメーカーからインセンティブが得られる。

つまりディーラーとしては新車販売に注力することこそ、利益を上げるために必須だと思っているのだ。

一方、車買取店は買い取った車を中古車として再販することで利益を上げている。

新車販売のライセンスを持っていないため、そうするしかないのだ。

そして昨今の中古車人気の影響から、在庫車不足に苦しんでいるため「利益を上げるためには確実に自社で買取を実施したい」と思っている。

その結果として、ディーラーの下取りよりも車買取店の買取を選んだ方が、間違いなく高額査定をしてくれるケースが多いのだ。

ちなみにディーラーでも車買取店の買取よりも高い金額が出るケースもあるのだが、その場合は「車両値引き額を調整している」という可能性が高い。

つまり結果的に「決してお得になったわけではなく、プラスマイナスゼロ」ということができる。

高く売る方法2.複数の車買取店を競合させる

車買取店に依頼すればいいということは理解できたかと思うが、それだけではまだ最高額は出ない。

最高額を出すためには「複数社を競合させる」ということが極めて重要なのだ。

というのも先ほども述べているように、車買取店は在庫車不足の結果「自社でどうしても車を確保したい」と考えており、どこの車買取店も同様である。

そのため各社を競合させていくと徐々に査定額が上昇していき、最終的には相場の上限値付近の価格=最高額で車買取をしてもらえるのだ。

とはいえ現実的に考えると、複数社にアポを取り、競合させて回るのは正直なところ面倒くさいだろう。

そこで筆者がオススメするのが「車一括査定」というサービスである。

サービスの詳細は下記にしていくが、簡単な申し込みをするだけで最高額を引き出すことができ、車買い替えでもかなりお得になるのは間違いないため、ぜひ利用してほしい。

車一括査定とは「複数の買取店」に同時依頼できるサービス

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定を使わない場合、使う場合

車一括査定を使わない場合、使う場合

そして名前からもおおよその内容は推測できるだろうが、サービスと提携している何百~何千社もの車買取店の中から、あなたの地域に対応している複数の車買取店に車査定を一括して依頼できるのだ。

またサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは自宅にいながら一気に複数社を競合させられる。

そのため「一度の申し込みをするだけで、最高額が得られる方法」ということができるのだ。

申し込み方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、1~3分程度の時間があれば申し込みを完了させられる。

以上のことから車一括査定を利用することで、へこみのあるあなたの車は「最短時間で最高額を得ることができる」ということになるのだ。

申し込みは非常に簡単で、誰でもササっとできる。

そのためぜひ一度利用して、満足のいく価格提示を受けてほしい。

とはいえひとつだけ問題もある。

それは「車一括査定のサイトはいくつもあるため、どこがオススメなのか分からない」ということだ。

そこで最後に、当サイトで紹介している車一括査定サイトの中から、オススメなものを紹介しておこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

4.まとめ

以上、車買い替えと車検に関する解説をしてきたが、最後に当ページの内容をまとめておこう。

  • 車検と車買い替えで損得を考えると、購入費用や燃費の面から見ても「車検を受けて乗りつぶす」という方が絶対にお得といえる
  • ただし車買い替えをするのであれば、車検代は取り戻すことができないため「車検前の買い替え」が圧倒的にオススメ
  • 車検前に買い替える場合でも、納期によってズレが生じて損する可能性があるため、必ず買い替え検討時には納期をしっかり確認すべき
  • また車買い替えで損得を考えるのであれば「車一括査定」というサービスを利用して、100%お得に車売却をすべき
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事