「車検」というのは車のオーナーにとって一つの節目となる。

そのため車の買い替えを検討する人は大勢いるのだが、あなたもその一人だろう。

何を隠そう、筆者自身もその一人であり、実際に車検を意識して車の買い替えをした経験がある。

とはいえ車検にかかわる車の買い替えは、

  • 車の購入
  • 車の売却

の2つの視点で考えるべきであり、正しい知識を身に着けていないと「ディーラーや買取店の言いなりになって損してしまう」という可能性もあるのだ。

そのため今回、自動車ディーラーの営業マンとして勤務する筆者が、車の買い替えと車検の関係について詳しく解説していくため、よく理解して実践することをオススメする。

スポンサーリンク

1.統計データでは車検で車を買い替える人が多い

あなた自身、「車検のタイミングが車の買い替えタイミング」というような言葉を聞いたことがあるだろう。

実際に筆者のもとにも「そろそろ車検だから…」と買い替えを検討するお客様がよく来る。

また筆者たちディーラーの営業マンも、顧客の車両データを見ながら「このお客様は車検が来るから、買い替えの提案をしよう」と戦略的に営業活動をしているのが現状だ。

そのため感覚的に本音を言うと「車検のタイミングで車を買い替えるお客様は非常に多い」といえる。

そこで早速、実際の統計データを紹介していこう。

実は車の平均車齢(手放す年数≒買い替えの年数)は、公共の法人である「自動車検査登録情報協会」によると、平均で「8.53年」ということになっているのだ。

ちなみに普通自動車(3ナンバーの自動車)は8.07年、小型乗用車(5,7ナンバーの自動車)は8.94年である。

平成29年3月末の乗用車3,949万1,965台(軽自動車を除く)の平均車齢は8.53年で、前年に比べ0.09年延び、25年連続して高齢化するとともに23年連続で過去最高齢となった。自動車の長期使用化がさらに進んだことが影響したとみられる。また、10年前の平成19年に比べて1.44年延びている。車種別にみると、普通乗用車は8.07年と前年に比べ0.06年延び、3年連続で高齢化が進み最高齢を更新した。普通乗用車は平成元年の税制改正(注3)以降大幅に若返りが進んだが、新車需要の伸びの鈍化等から平成6年以降、平成21年まで16年連続して高齢化が進んでいた。その後、環境対応車の新車購入時に、新規(新車)登録から13年を超えた車を廃車した場合には、補助金が増額される制度などの影響で一時的に若返った年もあるが、全体的には高齢化の傾向が続いている。小型乗用車は8.94年で同0.14年延び、26年連続して最高齢を更新した。

※一般財団法人自動車検査登録登録情報協会「平成29年の車種別の平均車齢推移表」より

つまり下図で説明している「一般的な車検のタイミング」の中で、4回目の車検を受ける直前で車の買い替えをしているということになる。

車の買い替えは4回目の車検前に実施する人が多い

車の買い替えは4回目の車検前に実施する人が多い

そのためここではまず「8年が経過し、4回目の車検を受ける前に買い替える人が多い」ということをしっかりと理解しておいてほしい。

とはいえ「車検の残りがあった方が高く車は売れる」ということを聞いたことはないだろうか。

次章にて詳しく説明するが、実はその話、本当のことである。

そして「車の購入」よりも「車の売却」の方が重要なポイントとなるため、注意深くご覧いただきたい。

2.車検残があると最大で10万円のプラス査定となる

車査定をしていくとき、評価の基準として広く使われているのがJAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)の査定基準である。

参考までに下記画像がJAAIの査定士の資格を取ると配布される査定に関する本になる。

一般財団法人日本自動車査定協会の査定ブック一式

一般財団法人日本自動車査定協会の査定ブック一式

この査定基準では、最大で106点の加点、金額にしておよそ「10万6000円程度」のプラス査定がされるのだ。

また査定基準では3か月以下の車検残はプラス査定の要因とはならないとされている。

そのため「4か月残っている場合」で最低の加算を見てみると、なんとたった1~3点、金額にしておよそ1,000~3,000円程度の加算にとどまってしまうのだ。

つまり車検の有無によっては最大で10万円以上もの差額が生まれるということになる。

そう聞くと、「車検を残しておいて車売却したほうがお得なのでは…」ともうかもしれない。

しかし安心してほしい。

筆者は自信をもって「車検ギリギリの車買い替えがオススメ」と結論付けている。

その理由については次章にて述べていこう。

3.「車検残がほとんどない」or「車検切れ」でも実は損しないことが多い

実は車検ギリギリで車の売却をする場合や、車検切れで車を売却する場合でも「損をしない」ということがよくある。

その理由は「最大の加点でも10万6000円」にある。

というのも車検残によって10万6000円の加点を受けるには、3年(3か月)の車検が丸々残っており、さらに特クラス(車の中でも高級車に分類されることの多いクラス)の場合だけだからである。

またそもそも車検を受けて取得するには、最低でも10万円前後のお金が必要になるため、差し引きしても「10万円分を取り戻すのは不可能な場合が多い」といえるのだ。

そのため車検ギリギリの残月数が少ない状況であったとしても、むしろ「お得」といえる。

つまり逆を言うと「かえって車検を受けてから車を売却すると損する可能性が極めて高い」といえるのだ。

以上のことからも分かるように、車検ギリギリで車の買い替えをした方がお得になるといえるのは一目瞭然だろう。

ただ、ここまでの説明で「車検ギリギリで車の買い替えはすべき」ということは分かったものの、気になるのは「なぜ車の購入よりも車の売却の方が重要なのか」ということではないだろうか。

そこで次章では、その理由について新車販売と車査定のプロという目線から、詳しく解説していこう。

4.車の買い替えをするときは「購入」よりも「買取」の方が効率的にお得になる

車の買い替えには、冒頭でも説明している通り

  • 車の購入
  • 車の売却

という2つの作業を同時進行していく。

しかし車の購入よりも車の売却の方が「効率的にお得になる」といえるため、売却に力を入れるべきなのだ。

その詳細については、それぞれを分けて以下に説明していこう。

ステップ1.車の購入

車の購入でお得になるためには、「車両値引き」を引き出す必要がある。

しかし車両値引きを最大限に引き出すには、時間と手間がかかるため正直なところ「非常に面倒くさくて疲れる作業」といえるのだ。

なぜなら下記の図解のように、最大値引きを引き出すには何度も交渉を重ねていく必要があるからだ。

新車値引きをする3ステップ

新車値引きをする3ステップ

この1~3のステップを3回転ほどしなければ、最大値引きは引き出せない。

さらに最大値引きを引き出せたとしても、正直なところ「初回の値引きから数万円、良くても15~20万円程度」しか値引き額をアップさせることはできないのだ。

もちろん15~20万円という数字は無視できないものではあるのだが、車の売却では同じような作業をして「初回から30万円アップ」ということも、ザラにあるのだ。

ステップ2.車の売却

車の売却でまず注意してもらいたいのは、「ディーラーに車下取りは出さない」ということだ。

なぜならディーラーの車下取りは、車買取専門店の買取よりも安い場合が多いからだ。

そのため車の売却先は車買取店一択だと思っても良い。

また車の売却で最高額を得る方法としては、車の購入とあまり変わらず「3~5社程度の車買取店を競合させるだけ」である。

というのも車買取店は昨今の中古車人気の影響から、在庫車数が激減しているという現状があるため、なんとしても利益の源泉となる在庫車の確保は至上命題といえるのだ。

そのため車買取店としては、あなたの車を確実に買い取るために「少し高くなっても構わない」という気持ちでいる。

その心理状況を利用して、複数社を競合させていくと2回転目には最高額が得られるだろう。

また金額にして初回提示価格から30万円以上もアップするケースは珍しくなく、場合によっては40~50万円以上も高くなることがある。

つまり車両値引きを頑張って引き出すよりも効率的にお得になるといえるのだ。

とはいえ複数の車買取店を自分の足でまわるのは、車両値引きを引き出すときとほとんど変わらないため「面倒くさい」という気持ちがわいてくるだろう。

そこで筆者としては、「車一括査定」というサービスをオススメする。

このサービスを利用すれば何度も車買取店に足を運ぶ必要がなくなり、さらに確実に最高額を得ることができるため、ぜひ説明をご覧になって利用してほしい。

車一括査定とは「複数の買取店」に同時依頼できるサービス

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定のイメージ図

車一括査定のイメージ図

そして名前からもおおよその内容は推測できるだろうが、サービスと提携している何百~何千社もの車買取店の中から、あなたの地域に対応している複数の車買取店に車査定を一括して依頼できるのだ。

またサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは自宅にいながら一気に複数社を競合させられる。

そのため「一度の申し込みをするだけで、最高額が得られる方法」ということができるのだ。

申し込み方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、1~3分程度の時間があれば申し込みを完了させられる。

以上のことから車一括査定を利用することで、へこみのあるあなたの車は「最短時間で最高額を得ることができる」ということになるのだ。

申し込みは非常に簡単で、誰でもササっとできる。

そのためぜひ一度利用して、満足のいく価格提示を受けてほしい。

とはいえひとつだけ問題もある。

それは「車一括査定のサイトはいくつもあるため、どこがオススメなのか分からない」ということだ。

そこで最後に、当サイトで紹介している車一括査定サイトの中から、オススメなものを紹介しておこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

楽天オート

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

5.まとめ

以上、車の買い替えと車検についての解説をしてきたが、最後に当ページの内容をまとめておこう。

  • 車の買い替え年数は平均で「約8.5年」であり、4度目の車検が来る直前のタイミングである
  • 車検を取得していると最大で約10万円の加点となるが、実際には新たに車検の取得をすると損する可能性が極めて高い
  • 車の購入で「車両値引き」を最大に引き出すよりも、「車の売却」で最高額を得る方が効率的で賢いといえる
  • 車の売却をもっと簡単に手間をかけずに行うには「車一括査定」というサービスがオススメである
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事