車の購入をするとき、一般的には

  • ローンを組んで購入する
  • 現金による一括払いをする

といった方法によって購入をする。

しかしここ最近では購入の仕方も多様化してきており、

  • リースによる「借り上げ」
  • 残価設定型ローンによる購入

など、様々な方法によって車を手に入れることができるようになってきた。

そのためあなた自身も、今乗っている車の購入をした時は「どの方法で車の購入をすることがベストなのか」と考え、自分に最も適した方法で車の購入をしたことだろう。

しかし、ここ最近の自動車メーカーは非常に魅力的な車を次々と販売しているため、「この車を購入したい!」と強く思うこともあるのではないだろうか。

また単純に、「購入したのは良いのだけれど、実際に乗る機会が少なくて車買取を検討したい」と思うケースも考えられる。

とはいえ、現金で一括購入をした場合を除き、ローンの残債がある場合には「残債があるのに車買取をしてもらえるのだろうか…」と気になってしまうだろう。

たしかにローンの残債があるということは、自分の車と言い切ることはできないため、自由に車買取を依頼できるのか気になってしまうだろう。

そこで今回は自動車ディーラーの中古車査定士として、実際に何台もの車買取を実施してきた筆者が、車買取のプロとして「ローン残債がある場合の車買取」について、詳しく解説していこう。

ローンの残債がある場合には通常の車買取とは異なるが、特に難しいものではないため、安心して最後まで気楽に読み進めてほしい。

読み終わる頃には、

  • 自分の車はローン残債があるが、意外と簡単に車買取をしてもらうことができそうだ
  • ローン残債のある車でも、この方法で最高額を引き出すことで「超お得」になりそうだ

ということが理解でき、自信を持って車買取を依頼することができるだろう。

スポンサーリンク

1.ローン残債のある車買取は「精算してから」が基本

ローン残債のある車に関して、実は「ローン残債があるかぎりあなたの車ではない」ということをご存知だろうか。

というのも基本的にローンなどを組んで車の購入をした場合には、車検証に記載されている「所有者」がローン会社やファイナンス会社、または自動車ディーラーなどになっていることが当たり前だからだ。

そのため法律上は、「ローン残債がある限りあなたに所有権はなく、別の法人などが所有者となっている」ということが普通である。

この事実についてはおそらくご存知かと思うが、念のためしっかりと頭に入れておいてほしい。

それを踏まえて、次に「一般的な車買取の流れ」を説明していこう。

車買取の流れを理解しよう

そもそもの車買取の流れに関して、あなたは理解しているだろうか。

おそらく「査定してもらい、その後お金をもらう」という程度に考えているだろう。

その考えは、大枠では正しいのだが、下記により詳細な流れを紹介しておくのでご覧いただきたい。

  1. 車査定をして金額の決定をする
  2. 所有者を車買取店に変更する
  3. お金を元の所有者に振り込む

大まかではあるのだが、実はこのような流れに沿って車買取は行われている。

まとめると「金額に納得がいけば所有者を変更して、お金をもらう」ということになる。

そのため一見すると当然の流れなのだが、実は2の「所有者を車買取店に変更する」という部分が、ローン残債のある場合には少しだけ複雑になってしまうのだ。

その点については次に説明していく。

ローン残債がある場合は「ローン会社」や「ファイナンス会社」に所有権を手放してもらう

ローン残債のある車買取の場合には、最初にも述べたように「あなたではなく、別の法人などが所有権を持っている」という状態になっている。

そのため、2の部分に関しては

  • ローン会社やファイナンス会社が所有権を解除する
  • 所有権を車買取店に移す

という作業が必要になるのだ。

つまりあなたはローン会社やファイナンス会社に所有権の解除を依頼しなければならないのだが、一体そのような事が可能なのか、気になるだろう。

特にローン会社やファイナンス会社が所有権を持っているという意味としては、「万が一支払うことができなくなった場合の担保」のようなものであるため、まだ借金が残っている状態で車買取を依頼するということになってしまう。

そのため普通に考えると、ローン会社やファイナンス会社が所有権を先に手放すということは考えられないだろう。

とはいえ冷静になって考えると、実はローン会社やファイナンス会社に所有権を手放させることは十分に可能なことであることが分かる。

なぜなら「車買取によって得られる金額でローン残債を返済すれば、所有権の解除をせざるをえないから」なのだ。

とはいえ

  • 所有権を解除するためには先にお金が必要
  • あなたにお金ができるのは、所有権を解除してもらい車買取してもらった後

という事実を考えると、「矛盾しているためどうしたら良いのか分からない」と思ってしまうだろう。

そこで登場するのが車買取店や自動車ディーラーなのだ。

これらの業者はあなたの車を車買取する場合に、基本的には「先に建て替えて返済してくれる」という仕組みがある。

そのためローン残債がある車であっても、基本的には「車買取をすることは可能」ということになるのだ。

ローン残債のある車買取をするとき、実は大きく分けて2つのパターンがあるため、一概にうまくいくとは言い切れないのも事実である。

そこで次章では、ローン残債のある車買取の2パターンについて、自動車ディーラーや車買取店によるヒアリングを元に解説していこう。

2.ローン残債のある車買取時の主な2つのパターン

前章の解説をご覧になって、ローン残債のある車買取の仕組みについて理解することができ、「とりあえず車買取は可能なので良かった」と、ホッとしたのではないだろうか。

ローン残債のある車買取に関しては、大きく分けて2パターンあるため、「すべてのケースで簡単に車買取してもらえる」というわけではない。

そこで早速、下記に2パターンを箇条書しておいたのでご覧いただきたい。

  1. 【買取は可能】「ローン残債<車買取額」の場合
  2. 【買取は厳しい】「ローン残債>車買取額」の場合

よくよく考えると当然のことなのだが、実はローン残債と車買取額の関係によって、対応の仕方が異なるのだ。

そして場合によっては「車買取ができない」ということにもなりかねない。

そこで早速、以下にそれぞれのパターンを分けて解説していこう。

【買取は可能】「ローン残債<車買取額」の場合

車買取額のほうがローン残債よりも多く、買取額でローン残債のすべてを返済することができる場合には、正直なところ「どこの業者でも可能」といえる。

というのも自社の基準にのっとって査定をしているため、ローン残債を先に建て替えたとしても、十分に回収することができるからだ。

その点について、筆者の友人が働いている大手車買取店と、筆者と付き合いのある自動車ディーラーに確認してみたが、同様の回答であった。

しかし友人からの言葉は意外なものでもあった。

というのも友人は某大手車買取店の営業マンをしているのだが、

ローン残債をこっちで一度建て替えているという状況を伝えると、気弱なお客さんは恩を感じることが多いんだよね。だから意外とこっちの言い分を聞いてくれることが多いから、弊社的には非常にお得に車買取できるといえるんだよね~。逆に建て替えなどに関しては、「そもそも自分の買取価格から出してもらうのだから関係ない!」というスタンスのお客さんには、なかなかこっちの言い分を通すことが難しいから、弊社的にはあまり得にはならないんだよね。

とのことだった。

つまりその言葉を逆手に取ると「建て替えをしていることに関しては当然というスタンスでいることで、安く買い叩かれることはない」ということになる。

もちろんこの状況は車買取店ごとに違うのだが、基本的には「車買取店が買取価格から残債を建て替えて支払い、所有権の解除ができてから残りのお金をあなたに振り込む」という仕組みになっている。

そのためローン残債よりも買取価格の方が高い場合には、非常にスムーズに取引を進められると思っても間違いない。

また実はローン会社やファイナンス会社に対しての所有権解除依頼などは、車買取店や自動車ディーラーが代行してくれるため、あなたに大きな手間がかかることは無いと覚えておこう。

【買取は厳しい】「ローン残債>車買取額」の場合

車買取額がローン残債を上回れないという場合、つまり「車買取をしてもらってもローンの返済が不可能」という場合では、さらに2つのパターンに分けられる。

そのパターンとは下記の2つだ。

  • 次に車を買い替える場合
  • 売却のみの場合

こちらに関してもそれぞれを以下に分けて解説していこう。

次に車を買い替える場合

次に車を買い替える場合、基本的には

  • 買取価格で足りない分を支払って、新しく車を購入する
  • 足りない分を次の車のローンに上乗せして、新しくローンを組み直す

という2通りに分けられる。

とはいえ基本的には次もローンで車の購入をすることになるだろう。

しかし注意も必要だ。

というのも筆者が取材したディーラーでは、下記のように述べていたからだ。

ローンの上乗せは可能ではあるが、人によってはローンの審査に通らなくなってしまう場合がある。特にディーラーではなく一般的な金融機関の自動車ローンの場合には、かなり厳しく審査をされる場合もあるため、ローンの上乗せなどが不可能であることも珍しくない。なので、車の査定依頼をする前に自分が組む予定のローン会社へ、先に上乗せ可能かどうかを聞いておくべき。ちなみにうちのディーラーでは「できれば一度精算してから新しくローンを組んでください」とお願いしている。なぜならその方が確実性が増すから。

もちろん自動車ディーラーによって対応は異なるのだが、基本的にはローン会社やファイナンス会社の考え方によって異なってしまうため、必ず確認する必要があると覚えておこう。

ローン会社やファイナンス会社への確認は、新しく車の購入をする自動車ディーラーの営業マンが代行してくれることがほとんどであるため、安心してほしい。

売却のみの場合

次の車へ買い換えない場合、つまり「単純に売却だけをしたい」という場合には、基本的に「ローンの残債は確実に精算する」という必要がある。

なぜなら特に次の車もない場合、担保が何もなくなってしまうため「車買取後の残債を返済していく保証」がなくなってしまうということを意味しているからだ。

そのため大手車買取店に確認をしたところ、やはり下記のような回答をもらった。

完済できない場合には、正直なところ「所有権を移すことができないため買取不可」となってしまう。しかし例えば農協関連でお金を借りて「所有者がお客様の氏名」となっている場合には、書類上は車買取は可能になる。ただし、ローンを組んだ相手には必ずお金を返さなければならないので、結果的には同じことだろう。また先に足りない分を返済してくれていれば、もちろん所有権を移すことも可能になるため車買取はできる。

上記の内容をご覧になると分かるだろうが、「場合によっては可能だが返済するお金は変わらない」ということが十分に理解できただろう。

そのため筆者としては、正直なところ「足りない分を先に返済してから車買取を依頼する」という方が、後にスッキリすることができるためオススメしている。

逆に言うと、車の買取額がローンの残りに足りずに、残りのローンも返せれない場合には、買取は不可と考えよう。

以上がローン残債のある車買取に関する解説だったが、ご覧いただくと「意外となんとかなりそうだ」というのが本音だろう。

とはいえここ最近流行りつつある「残価設定型ローン」の場合にはどうなるのか、気になるのではないだろうか。

そこで次章では、残価設定型ローンの場合の車買取がどのようになるのか、解説していこう。

3.残価設定型ローンの場合はどうなるのか

ここ最近流行りつつある車の購入方法のひとつに「残価設定型ローンによる購入」がある。

理屈を理解するのが難しいため、「何かよくわからないけど、月々の料金が安くなるため契約している」という人も多く、実際にあなた自身も詳細な理解をしていないのではないだろうか。

そこで簡単に説明しておくが、残価設定型ローンは

  1. 購入予定の車の、数年後の買取予想価格を設定する
  2. 買取予想価格を差し引いた分の金額に対して、月々の支払いをする(感覚としてはレンタルに近い)
  3. 契約満了となったときに「最初に設定した価格を支払う」「車をそのまま返却する」「設定した金額をさらに分割で支払う」という3パターンから選ぶ

という仕組みのローンである。

そのためあくまで「あなたの車ではないため、好き勝手に売却することができない」ということができるのだ。

つまり、車買取をしてもらうための考え方としては「設定した残価を支払った上で、車買取をしてもらう」ということになり、通常のローンと同じような考え方ができるのだ。

それは言い換えると、

  • 残価分を自腹で支払ってからの車買取
  • 残価分を超える買取価格となれば、車買取店に建て替えてもらい車買取してもらう

ということになるのだ。

筆者が付き合いのあるディーラーの営業マンも同じように述べていたため、この情報に関しては間違いないと思っても問題ないだろう。

以上が残価設定型ローンによって購入した(借りている)車の、車買取に関する解説だったが、ご覧いただくと分かるように「精算できるのであれば車買取は可能」ということになる。

つまり逆をいうと、精算できないのであれば車の返却をして「新しくローンを組んで車の購入をする」という必要があるのだ。

そのため残価設定型ローンで返済中の車の車買取に関しては、注意が必要ということになる。

また次章では、非常に珍しいケースではあるが「ローンが残っている車を個人に売却する場合の手続方法」に関しても解説していこう。

4.ローンがある車を個人に売る場合の手続方法

ローンが残っている車を個人に売却する場合、実はこれまでに説明してきた内容を総合するとよく理解できる。

個人に車売却をする場合であっても、基本的には「残債を返済してローン会社やファイナンス会社に所有権を解除してもらう」ということが前提になるからだ。

そのため売却によって得たお金で返済をする場合には、必ず先にお金を支払ってもらう(もしくは売却予定の個人に建て替えてもらう)必要があるということになる。

つまり、これまでの説明に合った車買取店の役目を個人にしてもらうということになるのだ。

とはいえ個人に売却をする場合に関しては、正直なところ「自分でローン会社やファイナンス会社に対して、所有権解除に必要な書類の申請をしなければならない」ということになり、さらに自分自身で陸運支局へ出向き名義変更等の手続きをしなければならない。

そのため非常に手間がかかり、万が一名義変更やお金の建て替えなどが上手くいかなかった場合には、思わぬトラブルにつながってしまうため、基本的に筆者としては「車買取に詳しいプロ以外はオススメできない」と結論づけている。

やはり車買取店や自動車ディーラーに依頼をしたほうが確実であり、トラブルなどが起こる可能性も極めて低いのだ。

以上、ローン残債のある車を個人に売却する場合に関しての解説を終了するが、「リスクが高そうだ」と思っただろう。

本当にその通りで、実際に筆者の友人も個人売却をしようとしてトラブルになり、結果的に筆者が名義変更の手続き等を代行したことがある。

そのため必ずプロではない限り、個人への売却はしないことをオススメする。

またこれまでの説明で「ローン残債があっても車買取をしてもらえる」ということは分かったが、実際のところ重要なのは「少しでも高く車買取をしてもらって、残債の返済はもちろん、次の車の購入をお得にしたい」というのが本音だろう。

そこで次章では、確実に最高額を引き出すために必要な「複数の車買取店による競合」について、詳しく解説していこう。

5.最もお得に車買取をしてもらうなら「複数社による競合」が必須

前章までの解説で、基本的に「残債の精算さえできれば、車買取は可能」ということは十分に理解できただろう。

とはいえ重要なのは「どれだけ高く車買取してもらえるか」である。

なぜなら高く車買取をしてもらうことによって、残債を大きくオーバーすることができ、新しい車の購入をする場合の負担を軽減することができるからだ。

そこで筆者としては「複数の車買取店による競合」をオススメしており、実際に最高額で車買取をしてもらうことができる。

早速、次にその詳細を説明していくのでご覧いただきたい。

複数の車買取店を競合させると最高額で車買取してもらえる

複数の車買取店に車買取の依頼をすることで、なんとなく高く売れそうだということはイメージできるだろう。

しかし実際のところ、「本当に最高額で車買取してもらえるの?」という疑問を持ったのではないだろうか。

そこでその仕組について、説明していこう。

まず車買取店の主な業務について説明しておくが、車買取店は「仕入れた=買い取った車を再販することで利益を上げている」という現状がある。

しかしここ最近の中古車人気の影響で、在庫社が不足しており、結果的に「売る車がないため利益を上げられない」という状況になっているのだ。

そのため「少しぐらい高くなっても構わないから確実に車買取を実施したい」と思っている。

そしてこの状況は基本的に全国各地のどの車買取店でも共通しているため、実は複数の車買取店を競合させていくことで徐々に査定額が上昇していき、最終的には相場の上限値付近の価格、つまり最高額で車買取をしてもらうことができるのだ。

そうすることで「最初はローン残債が買取価格を上回っていたけど、最終的に逆転してお得になった」という可能性は極めて高くなるといえる。

また実際に筆者自身も実践したことがあるが、実は初回提示価格よりも30万円高くプリウスの車買取をしてもらった経験があり、とても自社のディーラーでは出せないような価格だった。

そのため必ず複数の車買取店を競合させるべきだと覚えておこう。

とはいえ実際に複数の車買取店にアポを取り、それぞれを競合させていくということは「非常に面倒くさい」と感じてしまうだろう。

確かに時間も労力もかかってしまうため、そう思うのは当然である。

そこで筆者がオススメするのは「車一括査定」というサービスだ。

このサービスを利用することで、実は時間も手間も最小限にして複数の車買取店を競合させることができるため、本当にオススメできるのだ。

早速次にサービスの詳細を説明していくので、ご覧いただきたい。

複数の車買取店を競合させるなら「車一括査定」がオススメ

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定のイメージ図

車一括査定のイメージ図

つまりあなたは一度の申し込みをするだけで、一気に複数の車買取店に事故車買取の査定依頼をすることができるのだ。

そして車買取店同士は部品取りや、自社で修理後に再販することを目的として競合することが普通である。

その結果として、徐々に査定額が上昇していき、最高額で車買取をしてもらうことができるのだ。

また提携しているほとんどの車買取店は無料の出張査定に対応しており、さらに申し込みに関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけで大丈夫であるため、実は1~3分程度の時間しか必要ないのだ。

以上のことから車一括査定は「最短時間で最も簡単に、最高額を引き出すことができるサービス」ということができる。

そのため先程紹介したハイシャルと併用して車一括査定に申し込み、最終的には最高額を手に入れられると覚えておこう。

とはいえ実は車一括査定には様々な種類があるのも実情で、「どこの業者を選択すべきなのか」という悩みを抱えてしまう場合が多い。

そこで次に、車査定のプロとして筆者オススメしている車一括査定サイトを比較して、紹介していこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

6.まとめ

以上でローン残債のある車買取に関する解説を終了するが、ご覧いただくと

  • ローンが残っていても車買取をしてもらえそうだ
  • ローンが残っている車買取は、最高額を引き出すことによって非常にお得になることがわかった

と思っただろう。

その感覚は正しくて、実際にローン残債が残っていても「精算することができれば問題ない」と考えておけば、間違いなく車買取をしてもらうことができるため安心してほしい。

また最後に紹介した車一括査定というサービスに関しては、正直なところ「これ以上は無いほどにオススメできるサービス」であるため、ぜひ一度利用することがオススメである。

というのも実際に利用すると分かるのだが、本当に簡単な申込みをするだけで何社もの車買取店を競合させることができるため、手間をかけずに最高額を得ることができるからだ。

そして利用することで間違いなくあなたの予想を超えた価格提示がされ、確実に満足のいく形で車買取をしてもらい、ローン残債を完済した上で新しいカーライフを送ることができるだろう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事