車には手放す時期が必ず来る。

例えば「新しいモデルが販売されたため、買い替えを検討したい」という場合、車買取によって少しでも新車購入の負担を軽減したいという狙いがあるだろう。

また「故障が多くて今の車にはもう乗りたくない」という場合にも、同様の狙いがある。

しかし車を手放す理由には様々なものがあり、中には「車に乗らなくても良いため、とりあえず現金にしておきたい」という場合もある。

その場合にはできる限り早く現金化したい、つまり「即金で買取価格を支払ってほしい」と考える人が大多数だ。

あなた自身も、おそらく即金で車買取をしてほしいと思っている一人だろう。

とはいえ大きな金額が動く車買取において、「即金で現金を支払ってくれる業者はいるのだろうか」という悩みは常に付きまとうのが当たり前である。

たしかに車買取をする上では、何となく「指定口座への振り込み」が通例化している。

そこで今回は自動車ディーラーで中古車査定士資格を取得し、さらに何台もの車査定を実際にしてきた筆者が、「即金で車買取をしてくれる業者はいるのか」といった点について詳しく解説していこう。

当ページの内容は非常に簡単で分かりやすく、そして誰でも理解できるようにきちんと説明していくので、安心して最後まで気楽に読み進めてほしい。

また読み終わる頃には「即金で車買取をしてくれる車買取店はこのように探せばいいのか」ということがよく理解でき、これから実践する車買取に自信が持てることは間違いないだろう。

スポンサーリンク

1.【大前提】基本的には即金は不可能な場合がほとんど

車買取の業界に長く身を置いていると、正直なところ「自社以外の車買取店がどのような対応をしているのか」ということによく目がいく。

そのため競合他社がどのようにお客様対応しているのかという点については当然筆者も熟知しているのだが、正直なところ「即金で車買取をしている業者は非常に少ない」という現状がある。

つまり、まずは「即金対応の業者はレアケースであるため期待できない場合が多い」ということを頭に入れておく必要があるのだ。

しかし裏を返すと「レアケースではあるが、即金対応の業者が無いことはない」ということであるため、安心してほしい。

とはいえまずは車買取業者の中で「大手」という位置づけにある車買取店即金対応状況について、以下に述べていこう。

大手8社では即金で対応できるのか

車買取業界には「大手」と呼ばれている業者がある。

それは下記に箇条書きした8社だ。

筆者は、矢野経済の中古車流通総覧も確認しているので、この8社が大手というのは間違いない。

この8社について、筆者が実際に各社へ実際に電話してリサーチした。

その結果を反映した「即金対応の可否一覧表」を下記に載せておくので、ご覧いただきたい。

車買取店の名称 即金対応 振込みまでの日数または日付 条件
ビッグモーター × 3日以内 必要書類と車両引き渡し後
ガリバー × 2~3日 必要書類と車両引き渡し後
ラビット 店舗による フランチャイズ店ごとの経営方針による
T-UP × 2週間程度 必要書類と車両引き渡し後
アップル 店舗による フランチャイズ店ごとの経営方針による
カーセブン 店舗による フランチャイズ店ごとの経営方針による
ユーポス × 最短2日 必要書類と車両引き渡し後
カーチス × 約3日 必要書類と車両引き渡し後

ご覧になると分かるように、実は大手車買取店はやはり「ほとんどが×」という状況にある。

しかし一方で「店舗による」という文言が気になるところだろう。

実は「ラビット」「アップル」「カーセブン」という車買取店は、全国でも大手と呼ばれている業者ではあるものの、多くがフランチャイズ経営の店舗なのだ。

  • フランチャイズとはコンビニエンスストアと同じ形態で、いわば「看板や仕入れ・販売ルートを借りて別の個人が経営する手法」のこと

そのため店舗を経営している個人が「即金対応できる」と言えば、即金で対応してもらうことができるのだ。

つまり大手の中でも、場合によっては即金対応してくれる業者がいる。

とはいえ筆者の知る大手フランチャイズ店の経営者は、すべてが口座への入金対応のみで現金対応はしていなかった。

そのことからも分かるように、基本的にはやはり即金対応は不可なのだ。

また大手各社の「入金までの日にち」を見ると、ほとんどが2~3日程度となっている。

これは「書類上の譲渡が完了し、さらに自社のデータに反映されるまでの期間」であるため、仕方ないと言わざるを得ないのが現状である。

そのため「大手車買取店では即金どころか、即日の入金もできない可能性が高い」ということは理解しておかなければならない。

以上を踏まえて、車査定のプロである筆者の見解を簡単に述べておこう。

即金対応に対しての筆者見解

筆者の見解としては、やはり「仕方ない」というほかない。

その理由は3つあるので下記に箇条書きしておこう。

即金対応が難しい3つの理由
金額が大きいため現金を常に持っていることのリスクを考えている
②一時抹消や名義変更の手続きに時間がかかる
③本社一括管理で入金したいため

それぞれの理由については以下に分けて説明しておく。

①金額が大きいため現金を常に持っていることのリスクを考えている

車買取ではよほど古い車ではない限り100万円以上の金額が提示される。

そして車種や車の状態によっては300万円を超える価格となることも珍しくない。

そのため車買取店としては、何百万円~何千万円という現金を常に事務所内に保管しておくことは「リスク」と判断するのだ。

もちろんあなたへの特別対応として現金をあらかじめ用意しておく可能性も無くはないが、よほどのことがない限り期待できないだろう。

②一時抹消や名義変更の手続きに時間がかかる

車買取をするとき、実はあなたが車を引き渡したら買取が成立するわけではない。

というのも引き渡しが完了した直後は法律上「まだあなたの車」という状態だからだ。

そのためあなたの車を車買取店の車となるよう、名義変更をしなければならない。

その場合には所有権の譲渡に関わる手続きをしなければならず、陸運支局の営業時間や書類作成にかかる手間から、どうしても1~2日程度の時間は必要になってしまうのだ。

③本社一括管理で入金したいため

車買取店は大手ほど「別の部署でお金の管理をしている」という現状がある。

この状態は一般的な企業と同様なのだが、その仕組みによって入金までに時間がかかってしまう。

というのも本社(または担当部署など)で、お客様への入金の管理を一元化している場合がほとんどなのだ。

また冷静になって考えると分かるかと思うが、基本的にお客様への支払いは一日の内決まった時間で一気にしてしまった方が手間は少なく済む。

そのため基本的には企業的な考えのもと、入金するのに時間がかかってしまうと理解しておく必要があるのだ。

以上、上記のような理由から、筆者としては「仕方ない」と思わざるを得ないのが本音である。

しかし先程述べたように、即金対応している業者もあるのは事実だ。

その特徴としては

  • 個人経営
  • あまり大きくない(むしろ小さい)

といえるのだが、それでも車買取の素人であるあなたにとってはひと目で見分けることは困難だろう。

そこで次章では、即金対応の車買取店を探す方法を紹介していこう。

2.即金対応の車買取店を探す方法はある

前章では即金対応をしてくれる業者が少ないということを理解できたかと思うが、実はそのような業者を探す方法は存在している。

その方法とは、今あなたがこの記事をご覧になっているようにインターネットを使うことだ。

具体的にはコチラのURLをご覧いただきたい。

ご覧になると全国各地の即金対応可能な車買取店が一覧で表示される。

そして次々に業者を見ていくと、先程紹介した大手車買取店のフランチャイズ店も即金対応している店舗があるのだ。

もちろん即金対応をしてくれる業者数は少ないが、都道府県・市区町村という条件から対応業者を探すことも可能である。

一度見てみるとあなたの地域に対応している業者が見つかるかもしれない。

とはいえ即金で車買取をしてもらうためには、実は名義変更などに必要な書類等を用意しておかなければならない。

そこで次章では、即金で車買取をしてもらう場合に必要なものについて、紹介しておこう。

3.即金対応してもらうために必要なもの

即金で対応してもらうためには、業者側に「その日のうちに名義変更ができる準備」をさせる必要がある。

もちろん中には名義変更前に現金をくれる場合もあるかもしれないが、やはりリスクを考えるとそのような業者は少ないといえるだろう。

そこで本章では、即金での車買取を実現するために必要なものを簡単に紹介しておこう。

下記に即金対応のために必要なものをまとめた一覧表を用意したので、ご覧いただきたい。

必要な物の名称 主に保管されている場所 備考
自動車検査証(車検証) ダッシュボード内の「車検証入れ」の中 車検証入れやダッシュボード内にない場合は、運転席などの背面ポケットにあることが多い
自賠責保険証明書 車検証入れの中 車検証と一緒に保管されている場合が多い
リサイクル券 車検証入れの中 車検証と一緒に保管されている場合が多い
印鑑登録証明書 市区町村役場または窓口センターにて取得 各地域によって異なる場合もあるが300円程度で発行できる
自動車納税証明書 人それぞれだが、車検証入れの中に保管している人が多い 保管場所等を忘れてしまった場合には、県税事務所などの端末で簡単に発行可能
委任状 車買取店が用意する 名義変更の手続きを車買取店に委任する場合に必要
譲渡証明書 車買取店が用意する あなたが車の所有権を車買取店に渡す際に必要
実印 自分で用意する 印鑑証明とセットで必要になる

これらの書類さえあらかじめ用意することができれば、ほとんどの場合ですぐに名義変更等の手続きをすることができる。

つまり業者としては「即金で車買取をしてもリスクが少なくなる」といえる。

とはいえ先程紹介したサイトでは、即金対応できる車買取店の数が非常に少ないため、筆者としては次章にてご紹介する「車一括査定」を利用した業者探しもオススメする。

4.車一括査定で即金対応か聞いて見るのも賢い選択肢

ここまで読み進めてきたあなたは、車買取で即金対応してもらうことの難しさはよく理解できただろう。

そのため筆者としては業者探しに「車一括査定」を利用することも、賢い選択肢のひとつであると結論付けている。

そんな車一括査定とはインターネット上のサービスのこと。

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定のイメージ図

車一括査定のイメージ図

そしてあなたは一度の申し込みをするだけで、提携している車買取店の中であなたの地域に対応している複数社に対して、一気に車査定の依頼をすることができるのだ。

つまり一度の申し込みで複数の車買取店を簡単に競合させることができる。

しかし筆者がオススメする使い方は、少し異なる。

というのも車一括査定では申し込み後に対象の車買取店からアポ取りの電話がかかってくるのだが、その際に各社へ「即金対応はできるかどうか」と聞いてみるのだ。

そうするだけで、あなたが住んでいる地域の即金対応の車買取店が簡単に見つかるだろう。

また仮に「入金まで2~3日ぐらいなら待てる」という場合には、すべての業者を競合させて最高額を引き出すのもオススメである。

さらに申し込みに関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、1~3分程度で申し込みを完了させることができる。

そのためぜひ一度申し込みをして、その効果を実感していただきたい。

そうすることで車買取店が即金対応可であるのかを知ることができ、また確実に最高額を引き出すことも可能であり、あなたが満足できる結果となることは間違いない。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

楽天オート

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

5.まとめ

以上、車買取で即金対応できる業者についての解説を終了するが、いかがだったろうか。

おそらく

  • 即金対応業者はレアケースだということがよく分かった
  • 数少ない即金対応業者を探す方法が分かった

と感じたのではないだろうか。

そう感じているのであればこれまでの解説はきちんと理解できているため、自身を持ってあなたの車を車査定に出しても問題ないだろう。

また最後に紹介した車一括査定に関しては、通常の車買取でも役立つことは間違いないが、あなたの住んでいる地域の即金対応業者を簡単に探し出すことができるため、ぜひ一度利用することをオススメする。

そうすることであなたが望む形で車買取をしてもらうことができ、さらにしっかりと満足のいく結果となるだろう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事