車買取を検討するとき、あなたはどのようなポイントを最も重要視しているだろうか。

「手間のかからなさ」「安心感」などポイントは様々かもしれないが、やはり重要なのは「車買取の際にどのくらい高額査定を引き出すことができるか」といった点だろう。

特に車買取で高額査定を引き出すということは、次に買い替える予定の車への予算に回すことも可能だ。

さらにグレードアップした車種を選択できるなどのメリットもある。

あなただけではなく、車買取を検討しているすべての人が「高額査定を引き出す方法」について模索しているのだ。

もっと言うと、高く車買取をしてもらうことによって得られる金額で、あなたの生活そのものを変えることができるかもしれない。

それほどまでに、車買取の際に高額査定が引き出せるかどうか、重要なポイントなのである。

つまり高額査定を引き出す方法さえ知っておけば、あなたが車買取について具体的に行動するとき、非常に役立つといえるのだ。

そこで今回は自動車ディーラーで中古車査定士として、実際にいくつもの車査定をしてきた筆者が、車買取を依頼する際の「高額査定を引き出す方法」について詳しく、具体的にご紹介していこう。

内容は誰もがしっかり理解できるように、分かりやすくまとめているため安心して最後までご覧になっていただきたい。

スポンサーリンク

1.車買取の際に金額を左右するポイント

まず車買取の際に金額を左右するポイントというものがある。

そのポイントとは下記に箇条書きした3点であるため、それぞれまずは頭に入れておきたいところだ。

車買取の金額を左右する3つのポイント
  1. 車の状態
  2. 売却時期
  3. 【重要】売る場所・方法

これらのポイントをご覧になると、何となく「当たり前だろう」と思うかもしれない。

しかし実際のところ車買取で高額査定を引き出したいと思っている人ほど、これらのポイントがしっかりと抑えられていないケースが多いのだ。

以下にそれぞれのポイントを分けて説明するので、内容をしっかりと読みこんだ上で車買取に臨むことをオススメする。

①車の状態

まず車買取の際、どんな素人であっても分かるのは「車そのものの状態」である。

たしかに車のユーザーであるあなた自身、「状態の悪い車には乗りたくない=価値が低くなる」という図式は容易に想像できるだろう。

そんな車の状態に関しては、どの車買取店であっても評価しているポイントはそれほど大きく変わらない。

そこで実際に、車査定を行う業界の中で一般的に見られている「車の状態」に関する評価項目を下記に箇条書きし、その後それぞれ説明していこう。

  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • キズ

車種

車種で評価されるポイントは「その車が中古車市場で高い需要があるかどうか」という点である。

例えば街中でもよく見かける車に関しては「需要が高い車」、非常にマイナーな車であまり見かけない車の場合には「需要が低い車」と考えると分かりやすいだろう。

そして需要が高い車に関しては高額査定の対象となり、逆に需要が低い車に関してはそれほど高い金額には期待できない。

とはいえ、ここ最近の車買取業界は日本国内だけではなく海外の日本車ブームの波にも乗っている影響から、基本的に「需要が極端に低い車は多くない」と思っても間違いないだろう。

そのため査定対象の車種として評価されるポイントとしては、「高く評価される」または「普通程度の評価をされる」と考えておくべきである。

つまり「自分が乗っている車種はあまり見かけないし…」という場合であっても、それほど心配する必要はないということだと理解してほしい。

年式

車買取されてから再販される場所は、海外も多くなってきたが、基本的にはまだ日本国内向けに再販されるケースが多い。

そして日本人のユーザーは、車の状態を考えた時に「新しければ状態が良い」と考える傾向にある。

あなた自身も同じ経験があるだろう。

そのため「年式」というポイントについては、非常に重要である。

具体的には

初度登録(生産されてから初めてナンバーが取り付けられたとき)から10年を超えた車に関しては「古くて需要が低い」と考えられるため安い。
逆に初度登録から3~5年程度の車であれば「まだまだ需要が見込める」と考えられるため高額査定の対象になりやすい。

しかし例外的なパターンとして

  • レア度の高い「旧車(絶版車)」
  • 国産のディーゼル4WD車
  • 1世代前に「高級車」と呼ばれていた車種

などに関しては、国内・海外需要が非常に高い傾向があるため高額査定の対象になりやすいと覚えておこう。

走行距離

走行距離も「年式」と同様の理由から、評価の際には重要なポイントである。

そして日本では「1年間に1万キロ走行する」という通説が一般化していることから、初度登録からの年数×1万キロを超える車両については、「相場よりも安く査定される傾向にある」ということができる。

つまり逆に年数×1万キロ以内の車両に関しては「高額査定の対象である」と考えても間違いない。

とはいえ先程挙げた

  • レア度の高い「旧車(絶版車)」
  • 国産のディーゼル4WD車
  • 1世代前に「高級車」と呼ばれていた車種

という例外的なパターンについては、同様に高い需要が見込めるため走行距離によらない車買取が行われると思っても間違いないだろう。

キズ

車の状態の中でも分かりやすいポイントが「キズの有無・程度」だろう。

厳密にいうと、どのような車でもキズはあるが、評価基準に照らし合わせて「この程度のキズであればOK」「このキズの大きさは見逃すことができない」というように、中古車査定士は評価する。

とはいえ簡単な基準としては「パッとひと目で気が付くキズかどうか」というものである。

例えば洗車でできた「ほとんど見えない洗車キズ」などに関しては評価の対象とならない場合がほとんどである。

ただし、ひと目でキズがあると分かる状態である場合には、状態にもよるが「キズひとつにつき1~5万円程度の減額」または「買取相場から5~10%程度の減額」がされると覚えておこう。

もちろん車種の需要によってはキズを見逃す査定士もいるが、傷に関しては分かりやすく上記した通りに覚えておくべきである。

以上、車の状態に関するポイントを詳細に解説してきたが、ご覧になると「どれも査定士の判断によるのではないか」と思ったことだろう。

その通り、基本的には変えることのできない事実ばかりなのである。

しかし車査定のプロである筆者として、ひとつだけ変えることのできるポイントをお教えしておこう。

それは「車査定前には洗車をしておくこと」である。

よく世間では「洗車をしても変わらない」「洗車をすることで評価してくれる」と言われているが、どれも正直なところ信ぴょう性はない。

というのも車が汚い場合、査定士は「この汚れの下にキズがあるかもしれない」と判断をし、損を防ぐためにあえて低い評価をする場合があるのだ。

そのため、わざわざ低い評価をつけられることを防ぐためにも、簡単に水洗いでも構わないので必ず車査定前の洗車はしておくべきだ。

次に、2つ目の大きなポイントとして「売却時期」について説明していくので、引き続きご覧いただきたい。

②売却時期

売却時期については、実は「高額査定を引き出すことができる時期が決まっている」ということができる。

というのも「高額査定をしてまでも車査定をしたい」と思っている業者は、基本的に在庫車不足=タマ不足となっているからだ。

そして在庫車不足となる時期というのは、丸々「中古車の売れ行きが非常に良くなる時期」と被っている。

その時期とはズバリ、1~3月と8~9月ごろである。

理由としては、ボーナスシーズン後の資金的余裕や、ディーラーや中古車販売店の決算期によるものであるが、それぞれ「確実に需要が増加する時期」であるからだ。

また売却する場合に、業者は前もって在庫車として確保しておきたいと考えている。

厳密にいうと「今挙げた時期から、多少前後しても構わない」と思っても間違いない。

そして次は、最も重要なポイントといえる「売る場所」についてご紹介しておこう。

この説明をご覧になるかどうかで、あなたの車買取が高額査定に繋がるかどうか、大きく決まってしまうことになる。

③【重要】売る場所・方法

売る場所や方法によって、大きく査定額が異なる場合があるということをご存知だろうか。

「なんとなく聞いたことがある」と思っているかもしれないが、実はあなたが思っている以上に大きな差があるのだ。

そこで早速、車買取の際の売る場所や方法について、主なものを下記に箇条書きしておこう。

  1. ディーラー下取り
  2. 車買取店
  3. 車一括査定

それぞれに特徴があり、高額査定をしてもらうために重要なポイントであるため、しっかりと以下の説明をご覧になって、頭に入れておく必要がある。

①ディーラー下取り

自動車ディーラーによる下取りは、車の買い替えを行う際に最もポピュラーな方法だろう。

筆者自身、自動車ディーラーでは中古車の査定意外に、新車販売を担当していた経験もあることから、多くのお客様から「下取りに出したい」と言われてきた。

しかし先に結論を述べておくと、自動車ディーラーによる下取りは「中古車販売に力を入れていないため、安く車査定される傾向にある」といえるのだ。

一体どういうことだろうか。

自動車ディーラーでは、主な業務を「新車の登録・販売」としているのだが、これは自動車メーカーと取り決めた「販売台数のノルマ」を達成するためである。

そして新車の登録・販売や、販売台数のノルマを達成することで実はメーカーからインセンティブ(販売等に関する特別な報酬)を得ている。

このインセンティブが非常に大きく、中古車販売よりも新車販売の方が力を入れているのが必然であろう。

つまり中古車販売のための在庫車確保となる下取りに関しても力を入れておらず、結果的に高額査定にはそれほど期待できないということなのだ。

もちろんあなた自身とディーラーとの関係上、高く下取りをしてくれる場合もあるが、非常にレアなケースであるため「高額査定をしてほしい」と思っている場合には、ハッキリ言ってディーラー下取りはオススメできない。

②車買取店

車買取店はその名の通り「車の買取を専門に行っている業者」であるが、基本的には「買い取った車を中古車として再販すること」によって利益を得ているという実情がある。

つまり車買取をバンバン実施し、さらに中古車市場で買い取った車を流すことが主な業務ということになる。

つまり自動車ディーラーとは反対に、利益の源泉となる車買取を積極的に行わなければ、生活が成り立たなくなるということなのだ。

そのため基本的に車買取店では、自動車ディーラーと比較すると10~30万円以上も高く車買取をする場合もあり、まさに高額査定をしてくれる業者ということができるのである。

また車買取店が買い取った車を再販することで利益を得ているということは説明したが、実際には「昨今の中古車ブームの影響で在庫車が非常に少なくなっている」という現状がある。

つまり「車を売れば確実に利益になるが、売る車がない」という状態なのだ。

そのため、実はここ最近の車買取店は「少しぐらい高くなっても構わないから確実に車買取を実施したい」との想いから、意外なほどの高額査定を行う傾向にある。

その結果、前述した自動車ディーラーによる下取りよりも確実に高額査定を狙うことができると覚えておこう。

とはいえ、「もっとお得になる方法がある」と述べたら、あなたはどのように思うだろうか。

実は次にご紹介する車一括査定が、もっとお得になる方法なのだ。

詳細は次に解説しておくので、じっくりと読んで確実に頭に入れておいてほしい。

③【オススメ】車一括査定

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定のイメージ図

車一括査定のイメージ図

先程述べたためご存知だと思うが、車買取店は「少しぐらい高くなっても構わないから確実に車買取を実施したい」と思っている。

この心理を利用して、車一括査定では一気に複数社へ車査定の依頼をし、一気に各社を競合させることによって、利益ギリギリの最高額を引き出すことができる。

そしてこのサービスの特徴として、「提携業者のほとんどが無料の出張査定サービスに対応している」という点も挙げられる。

つまりあなたはこのサービスを利用することによって、通常通りに車買取店で車買取をしてもらうよりも高く、より確実な高額査定を引き出した上で車買取をしてもらうことができるのである。

もちろん申し込みには多少の手間がかかるものの、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や、氏名など)

をササっと入力するだけであるため、実は1~3分程度で申し込みが可能なのだ。

車一括査定サービスは、車を売る場所・方法の中でも「最も簡単に、最短時間で最高額を引き出すことができるサービス」

そのため車査定のプロである筆者としても車一括査定を利用することによる車買取を最もオススメしている。

実際に筆者の家族が乗っていたプリウスで申し込みをしたら最大で30万円以上も高く車買取をしてもらうことができた。

筆者としても自身が勤めていた自動車ディーラーでは決して見ることのできない金額だったため、本当に満足のいく高額査定だといえるだろう。

とはいえ実は車一括査定には、いくつかの種類があるため「あなた自身にオススメの車一括査定」を利用することが重要になる。

そこで次章では、あなたにおすすめできる車一括査定をご紹介していくので、引き続きご覧になった上で利用することがオススメである。

2.車一括査定の主要6サービスを徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

楽天オート

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

3.まとめ

車買取の際に高額査定を引き出すためのポイントに関して解説してきたが、ご覧になると「確実に高額査定を引き出すために必要なことが、簡単に理解できた」と思ったことだろう。

実際に自動車ディーラーで中古車査定をしてきた筆者が述べているため、間違いなく「車一括査定を利用して車買取をしてもらう」ということが、高額査定によって最高額を引き出す近道なのだ。

そのためぜひ一度簡単な申し込みをして、どれだけ高額査定を引き出すことができるのか、ワクワク感を持って利用してほしい。

そうすることで間違いなくあなたの予想を超えた買取価格が提示され、満足のいく車買取をしてもらうことができるだろう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事