車にはいつか手放す時期が来る。

  • 新しいモデルが販売されたから
  • 購入したもののほとんど乗っていないから

など、さまざまである。

しかし中には「古くなってしまったから、次の車へ乗り換えたい」という場合もあるだろう。

とはいえ古すぎる車であるということは、それだけ需要も少ないということになる。

つまり「0円での車買取」をされる可能性があるのだ。

あなたもその点について心配しているのではないだろうか。

もしくは実際に車買取の依頼をして、0円を提示されたのかもしれない。

しかしいずれの場合にしても、あなたの希望としては「0円はありえず、少しでも高く車買取をしてほしい」というものだろう。

そこで今回は自動車ディーラーの中古車査定士として実際に何台もの車買取をしてきた車査定のプロである筆者が、車買取の金額が0円となってしまった場合に、どのような方法でより高く車買取をしてもらうのか、詳しく解説していこう。

内容は非常に簡単で分かりやすく、そして誰もが読みやすいようにまとめいているので、ぜひ安心して最後までスラスラと読み進めてほしい。

読み終わる頃には、

  • 車買取の依頼をして0円と言われたが、全く心配する必要はなかった
  • 0円と言われた車を最高額で車買取してもらう方法が分かった

と自信を持って車買取の依頼をすることができるようになり、満足のいく車買取になることは間違いないだろう。

また、もしあなたが事故車や故障車の場合は、下記記事で詳しく解説しているので、そちらを見てほしい。

スポンサーリンク

1.車買取で0円と言われても諦めない!

あなたの乗っている車は、一体どのくらいの価格で売れるだろうか。

おそらく予想としては「0円が妥当かもしれない…」と心の奥では思っているかもしれない。

もしくは実際に車買取の依頼をしたときに「0円」と言われてしまったかもしれない。

そして、多くの人は「まぁ~古いし仕方ないか・・・」と諦める。

しかし実際のところ、0円と言われてしまうような車を、高く買い取ってもらうことは可能なので、まずは自信をもってほしい。

一体なぜなのか気になるだろう。

実は0円と言われて車買取された場合でも国内で再販されるケースが多い。

実際に再販される際の車両価格は「10~30万円」というように、非常に高額であることが多いのだ。

そのため少しだけ大ざっぱに説明すると、実は車買取店は「5万円という金額をつけても十分に利益が見込める」ということになる。

つまり車の状態を見た査定士が、あなた自身が「0円でも仕方ない」と思っている可能性を感じ取り、実際に0円という超破格で車買取=仕入れをしようとしているのだ。

しかし先程も述べたように、車査定のプロである筆者としては「値段がつかないということはない」と結論付けている。

なぜならそもそも車の主要材料として鉄がふんだんに使用されている以上、資源的な価値では数万円程度になるのが普通だからだ。

とはいえ車買取という観点から考えても、先程述べた例のように「全くの0円ということはない」といえる。

そこで以下の手順通りに、車買取の依頼をすることがオススメである、

車買取価格が0円になりそうな古いクルマを高額査定してもらう手順
  1. 複数の車買取店に車買取を依頼する
  2. 車下取りに出す

それぞれ分けて説明していくが、この手順通りに車買取の依頼をすれば、間違いなく0円査定を防ぐことができると思っても良いだろう。

手順1.複数の車買取店に車買取を依頼する

まずそもそも論ではあるのだが、車買取をはじめとする車関係の業界において「1社しか依頼をしない」ということは、あまりかしこい選択肢とはいえない。

なぜなら車買取に限らず、車の購入などを含めた車関係の業界では「1社のみ=自社のみとの商談である場合には、利益を最大化する大チャンス」だと思っているからだ。

というのも車業界では普段競合他社と比較されることが一般化であるため、基本的には毎度毎度利益ギリギリで商売をしている。

そのため、ごくまれなケースとして自社のみとの単独商談が行われる場合、顧客の足元を見た価格提示をし、結果的に利益を最大化させるのだ。

つまり車買取業界の場合には、非常に安い買取価格を提示することによって、再販時の利益を最大化させているということになる。

また、使用された車というものは「定価」という概念がないため、どんな価格であっても間違っているということは存在しない。

一般人であるあなたは、目利きができないため、普通に査定士に○円と言われるとそんなものかと思ってしまうのである。

その状態を防ぐには、やはり「他の車買取店と比較して価格競争をさせる」ということが最善の選択肢なのだ。

そうすることで車種や状態にもよるが、おおよそ5~10万円程度の価格を期待することができる。

また車買取店ごとに得意な車種というものもあり、その場合には他社にはない再販ルートが確保されているため、高く車買取をしても十分に利益を残せることができるのだ。

そのため間違いなく複数の車買取店に車買取の依頼をして、各社を比較させることは必須と言える。

また複数の車買取店に依頼するのであれば、これから紹介する「車一括査定」というサービスがオススメだ。

なぜなら車一括査定では、あなたの住んでいる地域に対応することができる車買取店複数社に対して、一括して出張査定の依頼ができるからである。

そのため最高額を引き出せる可能性が極めて高いと言えるのだ。

詳細については、下記に説明していくのでご覧いただきたい。

車一括査定とはどのようなサービスなのか

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定のイメージ図

車一括査定のイメージ図

そして名前からもおおよその内容は推測できるだろうが、サービスと提携している何百~何千社もの車買取店の中から、あなたの地域に対応している複数の車買取店に車査定を一括して依頼できるのだ。

またサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは自宅にいながら一気に複数社を競合させられる。

そのため「一度の申し込みをするだけで、最高額が得られる方法」ということができるのだ。

申し込み方法に関しても非常に簡単で、

あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)
を入力するだけであるため、1~3分程度の時間があれば申し込みを完了させられる。

以上のことから車一括査定を利用することで、へこみのあるあなたの車は「最短時間で最高額を得ることができる」ということになるのだ。

申し込みは非常に簡単で、誰でもササっとできる。

そのためぜひ一度利用して、満足のいく価格提示を受けてほしい。

とはいえひとつだけ問題もある。

それは「車一括査定のサイトはいくつもあるため、どこがオススメなのか分からない」ということだ。

そこで最後に、当サイトで紹介している車一括査定サイトの中から、オススメなものを紹介しておこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

楽天オート

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

以上が手順1である。

簡単に振り返ると「複数の車買取店に聞いて見ることがオススメで、車一括査定を利用すると簡単に済ませられる」ということになる。

そして、実は基本的に今紹介した手順1を実施するだけで、正直なところ「間違いなく0円という状態を脱却し、数万円以上の最高額を引き出すことができる」ということができるのだ。

とはいえ、万が一手順1でも値段がつかないと言われてしまった場合、まだ手順2を行うことで0円を回避することはできるのだ。

引き続き詳しく説明していくので、このままご覧いただきたい。

手順2.車下取りに出す

手順2としては、「車下取りに出す」である。

手順1でも同しようもない場合に、最後の手段としてこちらの方法をオススメする。

しかし情報化社会となっている最近では、「下取りよりも車買取の方が高い」というのは一般論になっているため、あまり期待できないような気がするだろう。

とはいえ自動車ディーラーなどによる下取りは、場合によっては高値を付けてくれることがある。

一体どういうことなのか、気になるだろう。

実は自動車ディーラーなどによる下取りは、性質上「購入予定の車両値引きの仲間」と考えられている。

そして本来の車両値引きに関しては、車種にもよるが「市場価格とブランド力を維持するために限度額が設定されている」と考えても間違いない。

そのため自動車ディーラーとしては「利益は出ているものの、車両価格を値引くことができない」という状態だ。

また、車両価格自体を値引きできないため、実は下取り価格で実質支払額を調整しているという側面もあるのだ。

つまり下取り価格については店舗ごとの独断で決定することができるため、車両本体とは異なりある程度の査定額アップをすることでお得度を高めることができるということになる。

そのため車の買い替えを検討している場合には、自動車ディーラーとの交渉の中で「他社では支払総額がこれだけだったので、下取り価格で調整しても構わないから金額を合わせてほしい」などを述べると、0円と言われた車両が1~5万円程度の価格となる場合もあると覚えておこう。

以上、0円よりも高く車買取をしてもらう方法について解説してきたが、ご覧になると「とりあえず0円ということはなさそうなので、安心した」と思ったことだろう。

その点に関しては間違いなく0円以上の金額は付き、さらに最高額を確実に引き出すことも可能なので安心してほしい。

しかし仮に「0円だった場合にも売買契約書は必要なのか」と気にならないだろうか。

たしかに金額が0円だと、売買と呼ぶには少しおかしい気がするだろう。

そこで次章では、簡単に0円だった場合の売買契約書や、必要書類などについて詳しく解説していこう。

2.車買取で0円だった場合も売買契約書は必要?普通に車買取する場合の書類は?

車買取を依頼しようと思った場合、何らかの形で0円となってしまうケースも中には存在する。

例えば「資源的な価値は残るものの、手数料やレッカーなどの手間賃等を考えると±0円が限界」という場合である。

そのため車両自体には資源として金額をつけることができたとしても、その他手続きに関わる車買取店の負担金によっては「ごくまれなケースだがあり得る」と覚えておくと良い。

そしてもっと気になるのは「0円となるのに、売買契約書はあるのかどうか」だろう。

早速、結論を述べておくが、たとえ0円でも「売買契約書等の書類は必要」だ。

なぜなら結果的に0円になってしまうかもしれないが、基本的には「最初から無料で引き渡す」というわけではないからだ。

あくまで売却の過程で「プラスとマイナスをしていったら0円になった」と考えると分かりやすいだろう。

そのため売買契約書に関しては、単純な譲渡という形を取らない限りは必要だということになる。

また0円であっても、0円で無くても、車買取をしてもらう場合の手続き上、必要となる書類はほとんど変わらないため、下記に箇条書きして紹介しておこう。

車売却時の必要な書類一覧
  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • リサイクル券
  • 納税証明書
  • 印鑑証明
  • 譲渡証明書
  • 委任状

それぞれ簡単に、各書類を用意する方法について説明していこう。

車検証

車検証は車の中で保管されていることが多い。

そして車検時や車査定時に提示を求められることも多いため、説明不要なほど一般的な書類だといえるだろう。

車買取の場合には、所有者の名義をあなた(またはローン会社など)から車買取店へ移す必要があるため、原本が必要になる。

また車検切れとなっている場合でも所有者がはっきりと分かる書類となるので、必ず用意しなければならない。

自賠責保険証明書

自賠責保険証明書に関しても今現在車検が残っている車両の場合には必要になる。

というのも必然的に車検の残りがある=自賠責保険の有効期間もあるということができるからだ。

そのためあなたの車が車検の残り期間がある場合、ほとんどの場合で車検証入れ(車検証を保管する大きな手帳のようなケース)の中に保管されていることが多いため、添付しなければならない。

また仮に車検切れとなっている場合には、自賠責保険証明書は添付する必要ない。

リサイクル券

リサイクル券も自賠責保険証明書と同じく、車検証入れの中に入れられている「車を資源としてリサイクルするときに必要となる書類」である。

そしてこの書類に関しても車検証入れの中に保管されていることが多いのだが、仮に紛失してしまっても問題はない。

なぜならリサイクル券に書かれている情報を知ることさえできれば問題なく、車買取店はインターネット上のサービスから簡単に必要な情報を知ることができるからだ。

というのもインターネット上にある「自動車リサイクルシステム(参考URL:http://www.jars.gr.jp/)」というサービスを利用して車体番号等を入力するだけで、必要な情報を得ることができるのだ。

そのため無くしてしまっても、大きく問題はないと覚えておこう。

納税証明書

車検切れとなっていない車両に関しては、納税証明書も必要になる。

なぜなら納税していなければ車検を取ることができないからだ。

そのため納税証明書を添付して、「間違いなく納税した上で車検を取っている」という証明をしなければならない。

しかし自動車税の納税をしたことがある方であれば分かるかと思うが、納税証明書(納税した際の控え)はレシート大であるため少なく、結果的に無くしやすい。

とはいえ実は都道府県税事務所等で簡単に再発行することができ、さらに無料であるため車買取店自体が代行してくれることが多いのだ。

そのため無くしてしまっても問題はないと考えても良い。

印鑑証明

印鑑証明は、後述する「譲渡証明書」などに実印を押印する必要があることから、必要になる書類である。

そして印鑑証明に関しては市区町村役場、または管轄の窓口センターで発行可能である。

また「実印とセットでなければ効果が無い」ということも覚えておく必要がある。

実印や印鑑証明に関してより詳しく知りたい場合には、コチラの記事をご覧いただきたい。

譲渡証明書

譲渡証明書は法律上「資産」としての所有権を保有しているあなたが、車買取によって「車買取店へ所有権を譲渡する」という意味で必要となる書類だ。

そして法律上の権利を譲渡するため、実印を押印する必要があり、また前述した印鑑証明も添付しなければならない。

さらに書類に関しては、車買取店が用意してくれることがほとんどであるため、心配する必要はない。

委任状

委任状は「車買取店が譲渡等に関わる手続きを代行するために必要な書類」である。

そのため「車買取店へすべての手続きを委任します」という意思を表す書類だと考えておこう。

そしてコチラの書類に関しても、実印の押印が必要になる。

なぜなら譲渡書の手続きも委任するからだ。

また書類に関しては、やはり車買取店が用意してくれるので安心してほしい。

以上で必要書類に関する解説を終了するが、ご覧いただくと「書類に関してはそれほど心配する必要が無い」と思ったことだろう。

実際にその通りで、それほど心配せずとも大きな問題があるということはない。

とはいえ「もう少し、紛失や再発行、その他に何か必要なものがあれば知っておきたい」と思う場合には、コチラの記事に詳しく述べているのでご覧いただきたい。

また最後に車査定のプロとして述べておくが、車買取において必要書類の心配をするよりも、「どのくらい高く車買取をしてもらうことができるのか」を考える方が重要である。

そのため前章で紹介した「車一括査定」の利用をして、間違いなく最高額を引き出して車買取の依頼をすべきなのだ。

そうすることで満足度の高い車買取が成功するだろう。

3.まとめ

以上、0円の車買取に関する解説を終了するが、ご覧いただくと

  • 0円ではないのであれば安心できそうだ
  • 最高額を引き出せそうで、心配が無くなった

と思ったことだろう。

その感覚は間違っておらず、実際にどこかの車買取店で0円と査定された車であっても、高く車買取をしてもらうことができるのだ。

そのためそれほど心配する必要はない。

また前述したように、車一括査定というサービスを利用するだけで複数社を一気に比較することができる。

間違いなく最高額を引き出すことが可能となるため、ぜひ車一括査定を申し込みをすることがオススメである。

そうすることで、あなたの満足度は最高になり、同時に最高額を得て「0円で車買取をされなくて良かった」と思えること間違いなしだろう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事