車には「寿命」がある。

それは一般的には「10年10万キロ」などと言われており、どちらかの条件に該当する場合には、「価値がない」と判断されてしまいがちだ。

そのため、あなた自身も自分が乗っている車が10万キロを超えており、結果的に「これから車買取の依頼をしようと思っても、値段がつかないだろうな…」と思ったことだろう。

確かに中古車として購入する場合、なんとなく10万キロを超えた個体は避けたいような気がするため、当然といえるだろう。

結論から言うと、10万キロ以上の車でも値段はつく。

これは、筆者が過去に言及した事故車、故障車、不動車、ボロボロの古い車でも値段が付くというものと同様だ。

そこで今回は自動車ディーラーの中古車査定士として実際に何台もの車買取を実施してきた筆者が、車買取のプロとして

  • 10万キロを超えた車でも値段がつくのか
  • 10万キロを超えた車でも間違いなく高く車買取をしてもらう方法

を詳しく紹介していこう。

内容は非常に簡単で分かりやすく、誰もが理解できるようにまとめているので安心して最後までスラスラと読み進めてほしい。

また読み終えるころには、

  • 自分の乗っている車は10万キロを超えているが、値段がつきそうで安心した
  • 10万キロを超えた車買取で、きちんと最高額を引き出すことができそうだ

ということがよく理解することができ、自身を持って車買取に臨むことができるだろう。

スポンサーリンク

1.走行距離が10万キロを超えた車でも十分に値段はつく

まず先に結論を述べておくが、走行距離が10万キロを超えた車に関して、「買取価格は間違いなくつけることができる」といえる。

そのため、とりあえ得ず今は安心しておいても問題はないだろう。

しかし実際のところなぜ10年を超えた車でも車買取してもらえるのか、不思議に思うだろう。

確かに自分が中古車の購入をする際、よほどの理由がない限りは「10万キロを超えた車はほしくない」と思うのが普通である。

そのため10万キロを超えた車に関しては、車買取をした場合でもタダ同然の価格となるのが普通だと考えるだろう。

そこで本性では、まず「なぜ10万キロを超えた車でも買取価格がつくのか」という点について、説明していこう。

10万キロを超えてもなぜ値段がつくのか

10万キロを超えた車でも車買取によって値段がつく、そんな事実にびっくりしているのではないだろうか。

そこで早速、下記に値段がつく理由について箇条書きしておいたのでご覧いただきたい。

10万キロ以上の車が値段が付く4つの理由
  1. 10万キロを超えていても国内需要のある車種である
  2. 10万キロを超えた車でも修理・整備をすればまだ乗れる
  3. 10万キロを超えても「資源としての価値」は十分にある
  4. 10万キロを超えた車でも「海外需要」が高い

それぞれの理由について、以下に分けて説明していこう。

理由1.10万キロを超えていても国内需要のある車種である

まずそもそも論ではあるが、基本的に「10万キロを超えても国内需要が高い」という場合がある。

そのため10万キロどころか20万キロ、30万キロという個体であっても、高い需要さえあれば十分に価値があると判断することができる。

そんな車種の特徴としては、

  • 普通では乗りたくても乗れないような高級車
  • 今では生産終了となってしまった、昔の名車
  • 利便性が高く、耐久性にも優れた商用車

などが該当する。

そのため例えばあなたの車が10万キロを超えていたとしても、高級車である場合には間違いなく車買取によって値段がつくと考えても問題はない。

また生産終了しており、国内で未だに人気のある車種に関しては、「場合によっては購入価格よりも高く車買取してもらえる場合もある」ということができる。

つまり「プレミア価格」というものだ。

もちろんこの例は非常に珍しいものではあるが、可能性として0というわけではない。

そのため10万キロを超えたとしても、高く車買取をしてもらうことも可能だと、今は覚えておこう。

理由2.10万キロを超えた車でも修理・整備をすればまだ乗れる

前述した車種に当てはまらない場合、つまり単純に10万キロを超えてしまった車種である場合でも「修理をすればまだまだ乗れる」という現状がある。

というのも日本人の多くは「10万キロを超えた車は価値がない」と判断するのが一般的なのだが、実は車としては「10万キロは寿命としてはまだ折り返し地点にも達していない」ということができるのだ。

つまり「そもそも10万キロぐらいでは、正直なところまだまだ使える」といえる。

例えばよく走る乗用車の代名詞として有名なタクシーは、実は20万~30万キロ程度走行するのが普通である。

なぜなら毎日お客様を乗せて様々なところをひっきりなしに走っているため、基本的には一般的な乗用車の5~10倍程度は走るからだ。

そして基本的に一般的な乗用車と大きく構造は変わらないため、やはり普通の乗用車であっても整備や修理次第では20~30万キロ程度走行することは可能なのだ。

そのため車買取店としては

  • きちんと値段をつけて車買取をする
  • 買い取った車のタイミングベルトなど、重要な部分を交換・整備などして再販する

という流れで、新たな需要を掘り起こし、結果的に確実な利益を得ることができる。

以上のことから分かるように、車としての利用価値はまだまだあるため、10万キロを超えた車であっても問題なく車買取されると覚えておこう。

理由3.10万キロを超えても「資源としての価値」は十分にある

10万キロを超えて、残念なことに「車としての需要がまったくない」という場合がある。

これは本当にレアケースなのだが、実際に販売当初「不人気車」として全く売れなかった車種は該当する可能性がある。

しかし安心してほしい。

このように不人気かつ10万キロを超えた車に関しても、まだまだ「資源としての価値がある」ということができるのだ。

一体どういうことなのか説明していこう。

まずあなたは車に使われている資源の中で、大きな割合を占めるのが何かご存知だろうか。

そう、「鉄」である。

この鉄は大昔から価値のある資源として取引されており、それは現代でも変わらない。

そのため車を「鉄クズ」として考えると、非常に価値の高いものということができるのだ。

そしてこのような考え方のもと、鉄資源として車買取をしている業者も日本国内には多数いる。

そのためそもそもどのような車であっても、鉄としての勝ちはあるため「0円ということはありえない」と思っても間違いではないということになるのだ。

理由4.10万キロを超えた車でも「海外需要」が高い

鉄としての資源的価値から、0円ということがありえないということは理解できただろう。

そのため今のところ「国内で需要がなくても大丈夫そうだ」と安心しているのではないだろうか。

しかし実は「海外での需要」が非常に高い可能性もあり、海外への輸出ルートを持っている車買取店に依頼すると、超高価買取をしてもらえる可能性もある。

一体どういうことだろうか。

実は海外、中でも東南アジアやアフリカのように「新興国」と呼ばれる国々では、日本車人気が非常に高い。

なぜなら日本車は壊れにくく、信頼性が抜群だからだ。

そして特に古い車種に関しては、コンピュータ制御をしている部品が少ないため修理がしやすく、新興国では非常に喜ばれるという特徴がある。

そのため10万キロを超えた車であったとしても、海外需要へ目を向けると「驚くほど高い需要があり、それに伴い高い値段がつく」ということができるのだ。

現にアフリカなどでは、日本で10万キロ以上走った中古車がバンバン売れている。

逆にそれぐらい走っていたという実績が買われる国ということだ。

以上が10万キロを超えた車が車買取してもらえる理由だったが、それぞれをご覧いただくと「一般的には考えられない需要の掘り起こし」によって値段がついていることが分かる。

とはいえ車買取業界では非常にメジャーな考え方であり、それほど珍しくもないため「間違いなく売れる」と思っても問題はないのだ。

そして逆に10万キロを超えた車の車買取を依頼して「価値は0円です」と言われた場合、足元を見られていると思って間違いない。

そのため業者選びについては後述するが、これらの業者には必ず依頼してはならないと覚えておこう。

またこれまでの説明を見る中で、「一体どの程度の買取価格がつくのか気になる」と思っただろう。

そこで次に、実際に買取相場を見ながら3車種で比較して、結果を紹介していこう。

3車種で徹底比較

早速、下記に業界を代表する3車種について、10年落ち10万キロという条件の買取相場を調査し、「一体査定額はいくらになるのか」をまとめたのでご覧いただきたい。

車のタイプ 車種 グレード 年式 走行距離(km) 買取相場(円)
ミニバン アルファード 240G 2008 100,000 900,000
クーペ スカイライン 370GT 699,000
軽自動車 ジムニー ランドベンチャー 472,000

※出典:ナビクルの「下取り・買取相場」より

ご覧になると「えっ、10万キロを超えてこんなにも高く車買取をしてもらうことができるのか!」とびっくりしただろう。

これらの車種は日本国内でも非常に高い人気があるため、これほどまでに高く車買取をしてもらうことができるのだ。

とはいえ実際のところ、上記した車種以外であっても「この程度の価格は十分に期待できる」と思っても間違いない。

そのため心配する必要はないのも事実である。

またこのように買取相場を知ると「それでは、中古車として販売される際はどの程度の価格になるのだろう…」と気になってしまうだろう。

そこで下記に、筆者が独自に調査した「おおよその再販価格」についても載せておいたので、ご覧いただきたい。

車のタイプ 車種 グレード 年式 走行距離(km) おおよその
再販価格(円)
おおよその
利益額(円)
ミニバン アルファード 240G 2008 100,000 1,500,000 600,000
クーペ スカイライン 370GT 1,000,000 301,000
軽自動車 ジムニー ランドベンチャー 700,000 228,000

※出典:カーセンサーより

ご覧になると、おおよそではあるものの「約20万円~60万円程度の利益」を見込んで販売しているということがよく分かるだろう。

そのように聞くと「利益を取りすぎだ」と思うかもしれないが、実はそうでもない。

というのも車買取をして再販するまでには、先程も述べたように修理や整備にかかるコストや、在庫車を管理するコストを考えると、正直なところ「実際に残る利益はほとんどない」という状態になってしまうからだ。

そのため上記した状態に関しては、それほど多く利益を取っていないと思っても過言ではないということになる。

しかしあなたが10万キロを超えた車を、少しでも高く車買取してもらいたいと思う気持ちは変わらないだろう。

その場合には、最後に紹介するサービスの利用をオススメする。

また今紹介したのは10万キロを超える車に関する車買取だったが、実は「10万キロだけではなく、ボロボロになった古い車」であっても間違いなく車買取をしてもらうことはできる。

その点については、自称にて簡単に説明していこう。

2.10万キロだけではなく、実はボロボロの古い車でもきちんと車買取される

10万キロという膨大な走行距離となってしまった車に関して、これまで走行距離にばかり目をつけてきた。

しかし実際のところ、走行距離が延びている車に関しては「古い」という特徴もある。

そのため10万キロを超えた車買取を考えるときは、同時に「古い車」に関しても考えていく必要がある。

とはいえ安心してほしい。

というのも古い車の車買取に関しても、実は10万キロを超えた車買取と同様に「間違いなく値段がつく」ということができるからだ。

そのためそれほど心配する必要はなく、安心して車買取の依頼をすべきだろう。

もし「古い車の車買取」について、より深く知りたい場合には下記のリンクに詳しく解説してあるので、引き続きご覧いただきたい。

以上で10万キロ、そして古い車に関する車買取の解説を終了するが、ご覧いただくと「間違いなく値段がつくということはよく理解できたが、高く車買取して貰う方法についても知りたい」と思っただろう。

安心してほしい。

その点については次章にて、詳しく解説していく。

3.10万キロオーバーの車を少しでも高く車買取してもらうなら「車一括査定」がオススメ

10万キロを超えた車を少しでも高く車買取してもらうために、あなたは何が重要なのか分かるだろうか。

その答えは「様々な車買取店に車査定の依頼をして、最高額を引き出すこと」である。

例えば先程紹介した3車種の買取相場比較表を思い出してほしい。

比較表では「ミニバン」「クーペ」「軽自動車」という3タイプで比較してきた。

しかし実際のところ、車買取店のタイプによって異なるのが本音である。

というのも車買取店は基本的に中古車として買い取った車を再販することで利益を上げているのだが、「専門店の種類」によって買取価格が異なるのだ。

例えばミニバン専門店では「ミニバンの購入をしたい」という顧客が多いため、ミニバンを高く車買取をしても確実に売り切ることができる。

そしてスポーツカー専門店であればクーペタイプの車を高く車買取することができる。

つまり「得意な車種によって、買取価格高くなる」ということができるのだ。

そのため少しでも高く車買取をしてもらうためには「あなたの乗っている車を得意とする車買取店に依頼すべき」ということになる。

しかし「そのような車買取店を探すのは面倒くさい」というのが本音だろう。

そこで筆者がオススメするのは「車一括査定」というサービスである。

早速、次に車一括査定というサービスに関して説明していこう。

車一括査定とはどのようなサービスなのか

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定のイメージ図

車一括査定のイメージ図

そしてサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは自宅にいるだけで複数の車買取店から車査定を受けることができるのだ。

つまり「自宅にいるだけであなたの車を得意とする業者が見つかる可能性が、極めて高くなる」ということになる。

そのため間違いなく10万キロを超えているあなたの車を高く車買取してもらうことができるというわけだ。

また申し込みに関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、実は1~3分程度という超短時間で申込みを完了させることができる。

以上のことから車一括査定は「最短時間で最高額の車買取をしてくれる業者が見つけられるサービス」ということができるのだ。

そのためぜひ一度利用して、確実に高く10万キロを超えた車の車買取をしてもらうことをオススメする。

とはいえ一つだけ問題もある。

実は車一括査定というサービスは様々な企業から提供されているサービスであるため、どれを利用すべきなのか迷ってしまうのだ。

そこで次に、当サイトがオススメする車一括査定を、筆者が徹底的に比較した結果を紹介していくので、参考にした上で申し込んでほしい。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

4.まとめ

以上、10万キロを超えてからの車買取に関する解説を終了するが、ご覧いただくと

  • 10万キロを超えていても間違いなく車買取してもらえそうだ
  • 高く車買取してもらうことも難しくなさそうだ

ということが十分に理解できただろう。

その感覚は間違っておらず、実際に10万キロを超えた車の車買取をしてきた筆者が言うのだから、自身を持って車買取の依頼をしてほしい。

また最後に紹介した車一括査定に関しては、正直なところ「あなたの車を得意とする業者が最も簡単に見つかるサービス」と断言できるため、利用することを強くオススメする。

そうすることであなたの予想を超えた価格提示がされ、「10万キロを超えていたのに、こんなにも高い価格で車買取してもらえるの!?」とビックリすること間違いなしなのだ。

そして同時に、満足のいく車買取によって次の車や家計への予算が多くなり、結果的に車買取以外の部分でも十分に満足することができるだろう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事