軽自動車は今、国内で非常に人気の高い車である。

そのため軽自動車の需要は高く、中古車市場でも高値で取引される。

つまり、あなたの軽自動車は「確実に高く買取りをしてもらうことが可能」ということができるのだ。

ただし、正しい手順で買取を実施すれば…の話だが。

そう聞いたあなたは下記のように思っているだろう。

  • 軽自動車が高く売れるなら、その方法を早く教えてほしい
  • 高くならない条件があれば、その条件に合わせた高く買取りしてもらう方法も知りたい
  • 軽自動車の買取をしてもらうときの手順や、手続きについて教えてほしい

そこで今回は自動車ディーラーの中古車査定士をしている筆者が、軽自動車の買取について詳しく解説していこう。

最後までご覧いただければ、間違いなくあなたの軽自動車は高く買取されるだろう。

【とっておきの裏技】愛車の相場をチェック&下取りよりも30万円高く売る

あなたは愛車の本当の価値はご存知ですか?
もし、ディーラーの下取り額でしょ?買取店で出してもらった査定額でしょ?と思ったあなたは大きな間違いです。

ディーラーや買取店は、あなたから買い取った車を横流しして利益を上げているのです。

つまり彼らの利益を最小限に減らすことができれば、あなたは最高額で売れることになります。

ではどうすればいいのか?答えは「買取店同士を競わせる」こと。
ただ、正直、1社1社買取店を回っていたら面倒ですよね。。。

そこでオススメなのが車一括査定というサービスを使うこと。
車一括査定を使えば、一度に買取店に査定してもらい競争させることができるので、MAXに近い買取額が出るのです。

無料で利用、しかも納得いかなければ売らなくてもOKです。
一度、気軽に利用してみることをオススメします。

依頼と同時に愛車の相場が事前にわかる「ユーカ―パック」 →  https://ucarpac.com/

優良業者が厳選、かつ同時に比較できる数が多い「カーセンサー」 →  http://www.carsensor.net/

【とっておきの裏技】市場に出回らない非公開車両の中古車を提案してもらう!

中古車購入で一番心配なこと・・・それは買った後にすぐ故障してしまい乗れなくなること。
いくら中古の車とはいえば数十万はするので、大きな痛手のはずだ。

実は安心かつ安全でコストパフォーマンスの高い中古車を購入する方法がある。
それは市場には出回らない「非公開車両」に的を絞ること。

でも、一般な人では「非公開車両」を探すのは、ハッキリ言って無理だ。
ただ、非公開車両を提案してもらえるサービスがある。
クルマコネクト 」「 なびくる+ 」という2つのサービス。

2サイトはともに、中古車買取・販売で有名な「ガリバー」が提案してくれるサービス。
ガリバーは新鮮な中古車が毎日500台入荷されているので、非公開車両の毎日のように増えている。
しかも100日間の返品保証サービスが付いているのでもしもの時も安心だ。

クルマコネクト 」はチャットで相談、「 なびくる+ 」は電話で相談ができます。
相談などんな内容でもOK。むちゃな要望も伝えてみることだ。

【相談の内容例】
・新車とほぼ同等のフィットがほしい
・N-BOXで50万以内、新車同等品を提案してほしい
・ディーラー試乗車落ちで10,000km以内の中古車がほしい
・小さな子供がいるファミリー世帯にオススメの中古車がほしい

【チャット】で無料相談できるクルマコネクト →  https://221616.com/connect/

【電話】で無料相談できるなびくる+ →  https://a-navikuru.com/

スポンサーリンク

1.軽自動車は今大人気で高く売れる

冒頭でも述べているが、軽自動車は今非常に人気が高いため中古車市場では「中古なのにこんなに高いの?」と思えるほど、高値で取引されている。

そのためあなたの軽自動車は、他の車と比較した時に「高く売れやすい」と思っても問題ないのだ。

実際に、下記に軽自動車の買い取り相場と残存率についてまとめた一覧表を下記に載せておくので、ご覧いただきたい。

車種 年式 走行距離 査定相場(万円) 残存率
ホンダ N-BOX 2013年 5万キロ 96.8 57%
スズキ ワゴンR 30.5 30%
ジムニー 88.8 63%
ダイハツ タント 52.9 39%
コペン 103.4 60%
※出典元:ナビクルの下取り・買取相場より

注目してほしいのは買取相場ではなく「残存率」である。

 残存率とは「新車時の価格を100%としたときに、今残っている車の価値」のことを指している。

そして世間で言われている一般論ではあるが、車の寿命は

  • 普通車…10年・10万キロまで
  • 軽自動車…7~8年・7~8万キロまで

とされている。(本当は全然そんなことはないのだが、世間のイメージが上記のようになっている。)

そのため上記のように軽自動車の寿命が8年とすると、均等割りで価値が下がるとすれば5年落ちの軽自動車は「約37%程度の残存率」になるのだ。

つまり上記した軽自動車では、ワゴンR以外すべて37%以上の残存率となっているため「ほとんどの軽自動車が高値で取引されている」と思っても問題ないといえる。

とはいえ安くなるケースもあるのは事実だ。

そこで次章では、安くなるケースについて説明していこう。

2.古いモデルでは非常に安くなる場合もある

先ほども述べたが、軽自動車の寿命は世間で7~8年程度だと思われている。

そんなイメージのせいで古い軽自動車は非常に安く買い叩かれてしまうのだ。

また軽自動車は日本独自の規格と言っても過言ではないため、海外需要は極端に少ない。

その結果、国内で売り切る必要があり、やはり古くなればなるほど高く買取りしてもらうのは難しくなるのだ。

そして通常のように買取専門店に依頼した時に

  • もう値段が付かない
  • 値段が付けられたとしても5,000円だけ

といったことが多々発生する。

これはあなたの車を引き取ってから解体業者に出し、鉄クズ代としてほんの少しの利益を上げるためだ。

そのため古すぎる軽自動車に乗っている場合には、あなたは直接解体業者に依頼してしまえば確実に鉄クズ代になり、買取業者に中抜きされる心配はない。

ただし注意も必要である。

それは「例外的に古くても高く売れる軽自動車がある」ということだ。

例えば先ほど相場を見せたジムニーは、10年以上古くなっていても、30~50万円程度で買取されることも珍しくない。

そのため筆者としては先に「自分の車は古いから…」と諦めるのではなく、次章にて紹介する「高く買取ってもらう方法」を試すことをオススメする。

3.軽自動車を高く買取ってもらうなら2つの方法を試せ

軽自動車を高く買取ってもらうには、実は下記に挙げるたった2つの方法を実践するだけでいい。

軽自動車を高く売る2つの方法
  1. 下取りではなく買取を選択する
  2. 複数の買取業者を競合させる

それぞれ、以下に分けて説明していこう。

方法1.下取りではなく買取を選択する

まず重要なのがディーラーによる下取りではなく、買取専門店による買取を選択することだ。

というのも、そもそもディーラーに依頼すると、買取専門店よりも安いケースが圧倒的に多いからである。

その理由は簡単で、各業者の主な業務に関係している。

まずディーラーの主な業務は新車販売であり、それによって利益を上げている。

さらに自動車メーカーから販売台数をノルマ化されており、ノルマ達成によってインセンティブを得ているという背景もある。

つまり新車販売に力を入れていれば、大きな利益を生み出すことが可能であり、中古車販売に力を入れるのは非効率的なのだ。

一方、買取専門店は仕入れた=買い取った車を中古車として再販することで利益を上げている。

そして新車販売のライセンスを持っていないため、どうしても中古車販売を重点的にしなければ生計が立てられないのだ。

また中古車販売をするということは、在庫車を確保しない限りいつまでも利益を出すことはできない。

そのため買取専門店では利益を上げるために、必死になって買取をしているのだ。

中古車を売らなくても利益を上げられるディーラーと、中古車を売らなければ生きていけない買取専門店、どちらが高く買取ってくれるかは明白だろう。

方法2.複数の買取業者を競合させる

買取専門店で買取依頼をすればいいということは理解しただろう。

そこで次のステップでは、「買取専門店を複数社一気に競合させる」ということが重要になる。

というのも昨今の中古車人気の影響から、どの買取専門店も在庫車不足に陥っており、結果的に在庫車確保競争が激化しているのだ。

そのため3~5社程度の買取専門店を競合させることによって、「少しぐらい利益を削っても構わないから、絶対にうちが買い取りたい」とどこも思うようになる。

そして徐々に査定額が上昇していき、最終的には相場の上限値付近の金額で、あなたの軽自動車を買い取ってくれるのだ。

とはいえ正直なところ、理屈を理解したとしても

  • 買取専門店を何社も探すのは面倒くさい
  • 探した買取専門店を競合させていくのは面倒くさい

というのが本音だろう。

そこで筆者がオススメするのが「車一括査定」というサービスである。

サービスの詳細は下記にしていくが、このサービスを利用すれば短時間で手間をかけずに高額で軽自動車を買取してくれるのは間違いない。

車一括査定とは「複数の買取店」に同時依頼できるサービス

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定を使わない場合、使う場合

車一括査定を使わない場合、使う場合

そして名前からもおおよその内容は推測できるだろうが、サービスと提携している何百~何千社もの車買取店の中から、あなたの地域に対応している複数の車買取店に車査定を一括して依頼できるのだ。

またサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは自宅にいながら一気に複数社を競合させられる。

そのため「一度の申し込みをするだけで、最高額が得られる方法」ということができるのだ。

申し込み方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、1~3分程度の時間があれば申し込みを完了させられる。

以上のことから車一括査定を利用することで、へこみのあるあなたの車は「最短時間で最高額を得ることができる」ということになるのだ。

申し込みは非常に簡単で、誰でもササっとできる。

そのためぜひ一度利用して、満足のいく価格提示を受けてほしい。

とはいえひとつだけ問題もある。

それは「車一括査定のサイトはいくつもあるため、どこがオススメなのか分からない」ということだ。

そこで最後に、当サイトで紹介している車一括査定サイトの中から、オススメなものを紹介しておこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

楽天オート

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

4.軽自動車の買取依頼をする際の必要書類

最後に、軽自動車の買取依頼をする際の必要書類について説明していこう。

下記にまず必要書類をまとめたので、ご覧いただきたい。

必要書類 買取依頼 廃車依頼 入手場所
車検証 ・ダッシュボード内「車検証入れ」に保管されていることが多い
自賠責保険証明書 ・同上
リサイクル券 ・同上
自動車納税証明書 ・自分で保管している場所
・紛失した場合は市区町村役場の「市税課」などで再発行可能
住民票or印鑑証明のコピー × ・市区町村役場または出張窓口にて発行可能

書類1.車検証

買取を依頼するときも廃車を依頼するときも、必ず車検証は「名義などを書き替える」という作業が発生するため、必要になる。

保管場所は基本的にダッシュボード内で、大きな手帳大の「車検証入れ」というケースに保管されていることが多い。

書類2.自賠責保険証明書

自賠責保険証明書も車検証と同じく、車検証入れの中に保管されていることが多い。

ただし車検切れ状態で買取依頼もしくは廃車依頼をするときには、そもそも車検切れ=自賠責の期限切れとなっているため、必ずしも必要ではない。

紛失している場合には、加入している保険代理店または保険会社に連絡して再発行の手続きが必要で、1週間~1ヶ月程度時間がかかる。

書類3.リサイクル券

リサイクル券も車検証入れの中に保管されていることの多い書類である。

しかし業者がリサイクル券を必要とする理由は、「記載されている金額が知りたい」というだけであり、手続き上必須の書類ではない。

そして金額はネット上で簡単に調べることができるため、基本的には業者もスルーしてしまう書類のひとつだ。

そのため有無の確認はすべきだが、無い場合には正直に「見つかりませんでした」と言っても、特に減額の対象になることはない。

書類4.自動車納税証明書

自動車納税証明書は1年に1度あなたが軽自動車税を納税したことを証明する書類だ。

そして納税をした際に控えとして入手することができるのだが、レシート大の小さな書類であるため紛失しやすいという特徴がある。

その場合には市区町村役場の「市税課」などの窓口で、200~300円程度で再発行可能であるため、必ず再発行の後買取依頼をしなければならない。

書類5.住民票or印鑑証明のコピー

軽自動車の手続きは普通車と比較して簡略化されており、実印の押印が必要ない。

そのため本人確認(というよりも本人の住所確認)の意味を込めて、車検証に記載されている住所の証明が必要になる。

その際に必要なのが住民票や印鑑証明のコピーだ。

ただし軽自動車を登録した当時から住所などが変わっている場合には

  • 1回の引っ越し…住民票
  • 2回以上の引っ越し…住民票の除票もしくは戸籍の附表
  • 結婚や離婚で姓が変わった…戸籍妙本

を用意する必要し、本人であることを証明する必要がある。

5.まとめ

以上、軽自動車の買取に関する解説を終了するが、最後に当ページの内容をまとめておこう。

  • 軽自動車は人気であるため高く買取りされるのが一般的、ただし古い軽自動車に関しては、一部車種を除いてどうしても安くなりやすい
  • 軽自動車を高く買取ってもらうには「車一括査定」を利用して、複数の買取専門店を競合させるのがオススメ
  • 軽自動車の書類は普通車よりも簡易的で、実印の必要がない5つの書類を用意するだけで大丈夫
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事