日本ならではの車といえば、あなたは何を思い浮かべるだろうか。

「ハイブリッドカー」や「ミニバン」など、日本独自の規格で作られている車は多くあるため、それらを思い浮かべたかもしれない。

しかしあなたはご存知だろうか。

実は「軽自動車」も日本ならではの車なのだ。

というのも日本では長距離のドライブをする機会が少なく、さらに道路の幅も狭いことから、軽自動車という「小さく取り回しのしやすい車」は日本の国土に最も適した車と言える。

そのためあなた自身も軽自動車に乗っているのではないだろうか。

とはいえ軽自動車は各車メーカーがしのぎを削っているカテゴリでもあるため、日々めざましく進化をしており、魅力的な車種が毎年発表されているため、「新しく別の軽自動車に乗りたい」と思ったことがあるだろう。

またそうでなくても、もっと大きな車に乗りたいなどの理由から、今あなたが乗っている軽自動車を車買取することについて、気になっているのではないだろうか。

たしかに軽自動車は便利ではあるものの、何かしらの理由で手放すことを考えるのは当然だろう。

しかし実際に軽自動車の車買取を検討したとき、

  • 高く売れると聞いたことがあるけど、それは本当なのか
  • そもそも軽自動車を最高額で車買取してもらうには、どうすれば良いのか

など、軽自動車の車買取について知っておきたいことが山ほど出てきてしまう。

そこで今回は自動車ディーラーの中古車査定士として、実際に何台もの車買取を実施してきた筆者が、軽自動車の車買取について

  • 本当に軽自動車は高く車買取してもらえるのか
  • 軽自動車を最高額で車買取してもらうにはどうすれば良いのか

といった内容を、プロ目線で詳しく解説していこう。

内容は非常に簡単で分かりやすく、誰もが理解できるようにまとめているため、安心して最後までスラスラと読み進めてほしい。

読み終わる頃には、

  • 軽自動車の車買取は自分が思っていたよりも高そうだ
  • 軽自動車を最高額で車買取してもらうには、こうするだけで良かったのか

ということが理解でき、自信を持ってあなたが乗っている軽自動車の車買取を実践できるだろう。

スポンサーリンク

1.軽自動車は値落ち率が低いと言われているけど本当なのか

あなたはここ最近販売されている軽自動車の価格を知っているだろうか。

実は最近の軽自動車は、車種によっては200万円を大きくオーバーする場合もあり、「非常に高い」ということができる。

というのもエンジンこそ小さいのだが、車内の広さは普通乗用車に匹敵するほどであり、さらに細部にまでこだわっているため「高い質感」が徹底されているのだ。

そのためこの10年間に販売されている軽自動車は意外にも価格が高く、結果的に中古車販売店でも「えっ、こんなに高く販売されているの?」というような価格で販売されているのだ。

あなたももしかしたら、一度や二度くらい見たことがあるだろう。

そのためか、世間ではまことしやかに「軽自動車は高く車買取をしてもらえるらしい」と言われているのだ。

結論から言うと、これは事実である。

「高く売られている軽自動車の中古車であれば、高く車買取をしてもらえる」と考えるのも当然だ。

とはいえそれが本当かどうかは、まだあなたの中で疑問が残るだろう。

そこで本章では、実際に車買取のプロである筆者が調査した実態を公開していくとともに、筆者の見解を述べていこう。

実際に査定相場や中古車相場を見てみよう!

実際に軽自動車の買取相場から、「高く車買取してもらえるのか」という実態を調査するには、その他のカテゴリの車の買取相場も調べなければならない。

そこで下記に早速、軽自動車・コンパクトカー・ミニバンという3つのカテゴリの車について、それぞれ3車種ずつの買取相場を調査した結果を載せておいたので、ご覧いただきたい。

カテゴリ 車種 参考新車価格(万円) 買取相場(万円) 残存率(%) 平均残存率(%)
軽自動車 ジムニー 158 128 81% 80%
N-BOX 140 113 81%
タント 140 111 79%
コンパクトカー フィット 166 80 48% 58%
アクア 188 108 57%
デミオ 145 97 67%
ミニバン ノア 267 196 73% 68%
ステップワゴン 248 171 69%
セレナ 264 161 61%

※価格相場の条件

買取相場だけを比較すると、そもそもの販売価格が高いミニバンが高くなってしまうのだが、筆者としては一番右に起債している「残存率の平均値」をご覧いただきたいと思っている。

というのも「買取相場が高いのか低いのか」といった判断をするには、この残存率が非常に重要なのだ。

そこで残存率について説明していこう。

残存率とはその名の通り「車買取をしてもらう時点で、新車価格時の価値を100%とすると、どの程度の価値が残っているのか」という数値である。

つまり買取相場から新車価格を割ると、この数値は出るのだ。

そして表の一番右をご覧になると分かるだろうが、実は軽自動車の平均値は「80%」と、他の車種と比較しても高いといえる。

もちろん車種によって同一時点での残存率は変化するのだが、実際にこの結果は正しく「軽自動車の値落ち率は低い」ということができるのだろうか。

次に、車買取のプロとして意見を述べておこう。

【筆者の見解】本当に軽自動車の値落ち率は低い

先ほど紹介した比較表をご覧になると、軽自動車の残存率は圧倒的に高いということが分かり、結果的に「価値が最も残っているため、最も高く車買取をしてもらえる」と感じただろう。

そこで早速、筆者の見解を述べていこう。

筆者の結論としては「前述した時点での残存率は非常に高く、間違いなく高レベルでの車買取をしてもらえる」と考えている。

というのも実際に筆者自身がディーラーで軽自動車の車査定をしていくと、本当にビックリするほどの価格をつけることが可能だからだ。

そのため前述した表の結果は、正しいと思っても問題ない。

また残存率が80%というのは、普通自動車の中でも「超人気車種」で達成できるかどうかという数値であるため、日本国内での軽自動車人気がどれほどなのか、簡単に想像できるだろう。

とはいえやはり、車種の状態によっては軽自動車でも買取相場がガクッと落ちてしまう場合もあり、特に初度登録から10年が経過していると「ボロボロになっていて価格がつけづらい」という場合もあるのだ。

しかし安心してほしい。

実は軽自動車は、ボロボロになっていても間違いなく車買取をしてもらうことができるからだ。

そこで早速、次章ではボロボロの軽自動車の車買取について解説していこう。

2.ボロボロの軽自動車だった場合、廃車としての価値もないのか

前章の解説をご覧になると、軽自動車の買取相場は「意外なほどに高い」ということが十分に理解できただろう。

そのためあなた自身が乗っている軽自動車の車買取について、ある程度安心することができたのではないだろうか。

しかしいくら人気のある軽自動車だとしても、正直なところ「10年を超えたボロボロの状態」である場合には、高く車買取してもらうことは困難である。

とはいえ確実に車買取をしてもらえる業者もある。

その業者とは「廃車専門店」である。

とはいえなぜ廃車専門店では、「価値がない」と判断される車に値段をつけ、車買取してくれるのか気になるだろう。

そこで早速、次に廃車ビジネスについて解説していこう。

廃車ビジネスをやっていける2つの理由

廃車ビジネスをなぜやっていけるのか、気になるだろう。

特に「自分が売った車が悪いことに使われて、お金になっているのではないだろうか…」という不安もあるかもしれない。

しかし安心してほしい。

実は廃車ビジネスが成り立っている理由は、下記の2つのものになる。

  1. 輸出による海外需要があるため
  2. 資源的な価値(鉄としての価値があるため)

それぞれ意外な視点から価値を見出しているということが分かるだろう。

より詳しく、以下に分けて解説していくため、このまま読み進めてほしい。

理由1.輸出による海外需要があるため

まず廃車ビジネスが利益を挙げられる理由として、最も大きいのは「海外への輸出によって、新たな需要を掘り起こしている」という点が挙げられる。

例えばあなた自身、これまでに10年以上経過し、10万km以上走行しているような車について「もう寿命が来ているだろう」と感じるのではないだろうか。

しかし実際には、日本者では20万~30万km程度の走行をすることはでき、そのため海外では「まだまだこれからだ」という理由から、非常に人気が高いのだ。

そのため特に海外新興国では古い日本車の需要が高く、結果的に日本国内よりも高く車買取をしてもらえるため、廃車ビジネスは成り立っていると考えよう。

理由2.資源的な価値(鉄としての価値があるため)

一方、本当にエンジンなどが動かず、どうしようもない車でも車買取をしてもらうことができる。

というのも動かずに海外需要も見込めないような車であっても、実は「鉄としての資源的な価値がある」と見られ、実際に資源として再生されるのだ。

またパーツとして使われているアルミホイールなどに関しても資源的価値は非常に高く見られ、さらにその他の電装系部品は「中古部品」として再利用される。

そのため間違いなく車買取をしてもらうことはできると思っても問題はないのだ。

以上が廃車ビジネスが成り立つ理由に関する解説だったが、実はボロボロの軽自動車は後者の「資源的な価値」によって車買取されるケースが多い。

その理由については、次に説明していこう。

【結論】軽自動車はボロボロの車でも「資源的な価値」によって価値が見出されている

軽自動車は資源的な価値によって車買取をされていると述べた。

その理由は簡単で、冒頭でも述べているように軽自動車は「日本独自の規格で作られている」という現状があり、海外の人からすると「パワー不足でとても使えない」と感じる人が多いのだ。

もちろん中にはコアな軽自動車で、海外需要が非常に高い場合もあるが「可能性は極めて低い」と思っても間違いない。

そのため軽自動車の海外需要に関しては、ある程度諦める必要があるのだ。

一方、鉄としての資源的な価値は、どの車にもある。

そのためボロボロの軽自動車に乗っている場合には、資源的な価値を見出すことで車買取をしてもらう必要があるということになる。

とはいえミニバンなどの「大きな車種」と比較すると、使われている鉄の量は少ないため、

  • コンパクトカー…1~2万円程度
  • ミニバン…1万5000円~3万円程度
  • 軽自動車…数千円程度

だと覚えておこう。

また同時に「軽自動車は国内需要を基準に車買取されるため、国内需要がない場合には資源的な価値で上記の価格にて車買取される」といえることも覚えておく必要がある。

そのため上記した価格で車買取をされたくなく、さらに最高額で出来る限りお得な車買取をしてもらいたい場合には、次章にて紹介する方法を実践することをオススメする。

3.軽自動車を高く車買取してもらう方法

前章の解説で、ボロボロの軽自動車の車買取に関する仕組みは理解できただろう。

しかし仮にボロボロの軽自動車であったとしても、まだ乗れるのであれば「先程の安い価格で車買取されるのはちょっと…」と思っただろう。

実際に筆者も、祖母からもらった古い軽自動車が「まだ乗れるけどボロボロ」という状態であったときに、上記した価格では売りたくないと思った。

そこで実査に車買取のプロである筆者が実践し、最高額を得た方法について紹介していこう。

この方法はボロボロの軽自動車でなくても確実に最高額を得ることができるため、ぜひご覧になって実践してほしい。

まずは自分の軽自動車の相場を調べる

まず軽自動車を最高額で車買取してもらうには、「自分が乗っている軽自動車の価値」を把握しておく必要がある。

というのもそもそも自分自身がある程度の相場を把握しておかなければ、それこそ買取店やディーラーの営業マンの言いなりになり、結果的にお得な車買取は達成することができないからだ。

そのため、まずは筆者が冒頭で調査したサイト(ズバット車買取相場)から、価格相場を調べてほしい。

このサイトは、実は先程筆者が価格相場を調べるのに使用したサイトだ。

そして提携している200社以上の買取業者の「買取実績を元にした買取相場情報」を公開している。

そのため非常に信頼度が高く、間違いなく自分が乗っている軽自動車の買取相場を知ることができると思っておこう。

そして相場を知ることができたら、後は次に説明する「車一括査定」というサービスを利用するだけだ。

実は上記した相場を調べることのできる「ズバット車買取比較」というサイトも、車一括査定の一種なのだが、実際に利用することで最高額を簡単に引き出すことができるため、次の解説をご覧いただきたい。

車一括査定を利用する

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定のイメージ図

車一括査定のイメージ図

そしてサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定に対応しているため、実はあなたは自宅にいながら複数社を競合させられることができるのだ。

また競合の仕方は非常に簡単で、「先ほど調べた相場からプラス10万円程度の価格を希望価格として各社に伝える」というだけでいい。

というのも車買取店は昨今の中古車人気の影響で在庫車不足に陥っているため、「在庫車確保のためには相場上の高値付近でも、確実に車買取を実施したい」と思っているのだ。

そのため各社があなたの自宅にきたとき、すべての車買取店に10万円上乗せした価格を希望すると、車買取店は「うちが確実に確保したい」という想いから、徐々に査定額が上昇していき、最終的には相場の上限値付近の価格=最高額で車買取をしてもらえるというわけだ。

つまり車買取店の心理的側面をついて、確実に最高額を得るという仕組みになる。

またこの方法を利用すると、自動車ディーラーの車下取りよりも数十万円ほど高くなるため、実は「ディーラーの車下取りではなく、車買取店の買取を選択すべき」ということもできる。

それは事実であり、実際に筆者自身もディーラーに勤務しながら「安い価格で申し訳ない」と思っているので、間違いないのだ。

以上、ここまでの説明から「車一括査定を利用して車買取店を競合させることで、軽自動車の買取価格は最高額になる」と覚えておこう。

そしてサービスの申込方法も非常に簡単で、

  • あなたが乗っている軽自動車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

 

を入力するだけであるため、実は1~3分という超短時間で申し込みを完了させることができるのだ。

つまり車一括査定を利用することで、「最短時間で最高額を手にすることができる」ということになり、あなたにとって最適なサービスということができるのだ。

そのためぜひ一度利用すべきなのだが、一つだけ問題もある。

その問題とは「車一括査定は様々なサイトから提供されているため、どれを選べば良いのかわからない」ということだ。

そこで次章では、当サイトで紹介している車一括査定について、徹底的に比較して紹介していこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

楽天オート

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

4.まとめ

以上、軽自動車の車買取に関する解説を終了するが、ご覧いただくと

  • 軽自動車の買取相場は意外にも高くてびっくりした
  • 軽自動車を最高額で車買取してもらうには、こんなにも簡単な方法があったのか

と思っただろう。

その感覚は決して間違っておらず、実際に軽自動車を高く車会としてもらうことはそれほど難しくなく、誰にでもできることであるため自信を持って実践してほしい。

また最後に紹介した車一括査定というサービスに関しては、本当に簡単かつお手軽な申込みをするだけで、確実に最高額を引き出すことのできるサービスであるため、ぜひ一度利用することをオススメする。

そうすることであなたの予想を超えた価格提示がされ、あなたが調べた相場よりも高く軽自動車の車買取をしてもらうことができるだろう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事