ノアの中古車

世界的にも代表的な自動車メーカーの多い日本では、独自の進化を遂げた車種が非常に多いといえる。

その中でも「7人乗り」の車種に関しては、本当に多種多様な車種があり、中古車市場でも人気が高いのだ。

そして7人乗りの中古車が欲しい人は

  • ファミリーカーとして所有したい
  • レジャーなどで活躍したい

という思いが強いといえるのだが、あなた自身もその一人だろう。

レジャーに活躍

レジャーに活躍

そこで今回は、自動車ディーラーの営業マンをしている筆者がオススメする、7人乗り仕様の中古車について詳しく解説していこう。

とはいえまずは、下記に人気車種の基準となる「2018年の売れ筋ランキング」をご覧いただきたい。

ランキング メーカー 車種 販売台数
1 日産 セレナ 53,405
2 トヨタ ヴォクシー 33,974
3 トヨタ シエンタ 32,557
4 ホンダ フリード 30,789
5 ホンダ ステップワゴン 23,593
※出典元:一般社団法人日本自動車販売協会連合会の「年別統計データ」より

上位5車種の新車販売台数だけで、なんと15万台以上も売り上げているのだ。

そのため中古車として市場に出回っている7人乗りの車種も、それだけ多いということになる。

そこで筆者が今回オススメするのは、下記の5つの目的に分けて紹介していこう。

  • 3列目広々の7人乗り中古車
  • 7人乗りでも運転しやすい中古車
  • 7人乗りSUVの中古車
  • 燃費の良い7人乗り中古車
  • とにかく安く購入できる7人乗り中古車

現役営業マンの目で選んだ、いわば「プロの厳選」によるものばかりであるため、あなたが欲しいと思える車種が見つかるはずだ。

※なお本データは2018年9月現在で調査した中古車になる。中古車は唯一無二の存在であり、あなたが調べたときに近いスペック条件の車種があるとは限らないので、ご了承願いたい。
スポンサーリンク

1.3列目広々の7人乗り中古車

まず7人乗りと聞いて最初に思い浮かぶのは「3列目までしっかりと座りたい」ということだろう。

そこでオススメなのが、「フルサイズミニバン」と呼ばれる下記の2車種(3車種)だ。

フルサイズミニバン
  • トヨタ アルファード・ヴェルファイア
  • 日産 エルグランド

それぞれ3列目までしっかりと座ることができるため、以下の説明をしっかりとご覧いただきたい。

トヨタ アルファード・ヴェルファイア

トヨタから販売されている「アルファード」と「ヴェルファイア」は、トヨタの中でも高級ラインに数えられる車種だ。

そしてそれぞれ兄弟車種であり、

  • ヴェルファイア…格好良さを前面に出している
  • アルファード…落ち着いた高級感が醸し出されている

という特徴を持っている。

価格もよく似ており、中古車市場でもほとんどそん色ない。

そのため購入できる中古車価格はおよそ300万円程度~となっており、やや高いものの高級車としては比較的手の出しやすい価格帯ということができる。

アルファードの中古車

アルファードの中古車

※出典元:グーネットの「トヨタ アルファードの中古車」より

アルファード → https://www.goo-net.com/usedcar/brand-TOYOTA/car-ALPHARD/

ヴェルファイア → https://www.goo-net.com/usedcar/brand-TOYOTA/car-VELLFIRE/

日産 エルグランド

日産から販売されているエルグランドは前述したアルファードやヴェルファイアと競合車種といえる、高級ミニバンということができるだろう。

とはいえアルファードやヴェルファイアと比較すると、正直なところ「若干全高が低い」という印象を受ける。

しかし全高の低さから、スポーティー感を感じられるのは間違いないだろう。

https://www.instagram.com/p/BjUb_w2nAiG/?hl=ja&tagged=%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89

そんなエルグランドの中古車価格は、現行モデルがすでに8年近く販売されていることもあり、実は250万円程度~で優良な個体を見つけることが可能である。

エルグランドの中古車

エルグランドの中古車

※出典元:グーネットの「日産 エルグランドの中古車」より

https://www.goo-net.com/usedcar/brand-NISSAN/car-ELGRAND/

以上、3列目広々の7人乗り中古車についての紹介だったが、次章では「運転のしやすさ」に注目して紹介していこう。

7人乗りでも運転しやすい中古車

7人乗りでも運転しやすい、つまり車の取り回しがしやすい中古車の条件としては「5ナンバーサイズ」ということが挙げられる。

というのも日本の狭い道を走るのには、車幅・全長のどちらかが小さければ小さいほど安心して走行することが可能だからだ。

そこで紹介する7人乗り中古車が下記の5車種である。

5ナンバーサイズのミニバン
  • 日産 セレナ
  • トヨタ ノア・ヴォクシー
  • ホンダ ステップワゴン
  • トヨタ シエンタ
  • ホンダ フリード

一部3ナンバー登録となる車両もあるが、「幅1.7ⅿ以下」「全長4.7ⅿ以下」のどちらかの条件を満たし、比較的運転しやすいためしっかりとご覧いただきたい。

日産 セレナ

日産のセレナは冒頭でも紹介したランキングで堂々の1位となっているミニバンだ。

そのため街中で見かけることも多く、非常に人気の高い車種となっている。

また見た目は非常にスタイリッシュで老若男女問わず万人受けすることは間違いない。

https://www.instagram.com/p/Bh8FSAkAZuO/?hl=ja&tagged=%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%8A%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC

これまでに5世代が販売されているため価格はまちまちだが、現行モデルの原型となった4世代目モデルで、およそ200万円前後~となっている。

セレナ4世代目の中古車

セレナ4世代目の中古車

※出典元:グーネットの「日産 セレナの中古車」より

https://www.goo-net.com/usedcar/brand-NISSAN/car-SERENA/

トヨタ ノア・ヴォクシー

トヨタから販売されているノアとヴォクシーも、月間販売台数で上位を維持することの多い7人乗りの車種である。

ノアは「穏やかな印象」を与え、ヴォクシーは「若々しさと勢い」を感じさせるような見た目をしているのが特徴だ。

https://www.instagram.com/p/BkOj__1jTpj/?hl=ja&tagged=%E3%83%8E%E3%82%A2

https://www.instagram.com/p/BkNnqKGgJmv/?hl=ja&tagged=%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC

そしてそれぞれ兄弟車種であるため、中古車での販売価格は非常に似ているが現行モデルでおよそ200万円程度~となっている。

ノアの中古車

ノアの中古車

※出典元:グーネットの「トヨタ ノアの中古車」より

https://www.goo-net.com/usedcar/brand-TOYOTA/car-NOAH/

ホンダ ステップワゴン

ホンダから販売されているステップワゴンも、上記の「セレナ」「ノア・ヴォクシー」と競合車種となる。

しかしいち早く小排気量ターボモデルを販売し、さらに後部ハッチの「わくわくゲート」により、使い勝手を向上している点で「他車よりもファミリー向け」ということができる。

そんなステップワゴンの中古車価格は、現行モデルでおよそ220万円程度~となっており、他モデルと比較すると少しだけ高いといえる。

ステップワゴンの中古車

ステップワゴンの中古車

出典元:グーネットの「ホンダ ステップワゴンスパーダの中古車」より

https://www.goo-net.com/usedcar/brand-HONDA/car-STEPWAGON_SPADA/

トヨタ シエンタ

トヨタのシエンタは、これまで紹介してきた車種とは異なり「コンパクトミニバン」という分類をされる車種である。

そのためこれまでの車種と比較するとサイズ感は小さく、女性の方でもあまり心配することなく運転できるといえる。

とはいえコンパクトであるため、3列目までフル乗車での利用をするのは正直なところ少し厳しいということができる。

価格は非常に安く、実は前モデルでは100万円以下のものも簡単に見つかるため、家計にも優しい1台といえるだろう。

シエンタの中古車

シエンタの中古車

※出典元:グーネットの「トヨタ シエンタの中古車」より

https://www.goo-net.com/usedcar/brand-TOYOTA/car-SIENTA/

ホンダ フリード

ホンダから販売されているフリードも、実は前述のシエンタと同じく「コンパクトミニバン」という分類となる。

そのため取り回しのしやすさは抜群であり、実は「3列目まで意外と乗れる」という特徴を持っている。

そして価格も現行モデルは販売開始からまだ時間たっていないため高いままだが、前モデルでは100万円以内でも十分に探せるほど、お得な1台である。

フリードの中古車

フリードの中古車

※出典元:グーネットの「ホンダ フリードの中古車」より

https://www.goo-net.com/usedcar/brand-HONDA/car-FREED/

以上、乗りやすい7人乗り中古車の紹介を終えるが、次は7人乗りの中でも特異な存在の「SUV」を紹介していこう。

3.7人乗りSUVの中古車

実はSUVにも7人乗りモデルはいくつかあり、その中でも「購入しやすさ」や「再販価値」という観点から、オススメできるのは下記の3車種である。

7人乗りのSUV
  • トヨタ ランドクルーザープラド
  • 日産 エクストレイル
  • 三菱 アウトランダー

それぞれ以下に紹介していこう。

トヨタ ランドクルーザープラド

トヨタのランドクルーザープラドは「フルサイズミニバン」という分類の車で、その大迫力のボディサイズは正直なところ「取り回しがしづらい」ということができる。

しかし車高が高いため見晴らしはよく、気分良く運転できることは間違いない。

https://www.instagram.com/p/BkM9TtqAfdU/?hl=ja&tagged=%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%89

価格は非常に高く、状態の良い中古車を購入しようと思うと350万円程度~となる。

しかし再販価値が非常に高いため、「後に売ること」を考えた場合には、意外とお得な買い物ができると思っても良いだろう。

ランドクルーザープラドの中古車

ランドクルーザープラドの中古車

※出典元:グーネットの「トヨタ ランドクルーザープラドの中古車」より

https://www.goo-net.com/usedcar/brand-TOYOTA/car-LAND_CRUISER_PRADO/

日産 エクストレイル

日産のエクストレイルは「ミドルサイズミニバン」であり、正直なところ3列目シートを使って7人フル乗車をするのは厳しいといえる。

しかし見た目の格好良さと、「補助席的な使い方」で大丈夫な場合にはオススメの1台といえる。

https://www.instagram.com/p/BkNOnoqH2OO/?hl=ja&tagged=%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%AB

そんなエクストレイルの価格は、中古車で200万円以下~見つけることができ、意外にも「買いやすい1台」ということができる。

エクストレイルの中古車

エクストレイルの中古車

※出典元:グーネットの「日産 エクストレイルの中古車」より

https://www.goo-net.com/usedcar/brand-NISSAN/car-X-TRAIL/

三菱 アウトランダー

三菱のアウトランダーもエクストレイルと同様にミドルサイズミニバンであり、7人でのフル乗車は正直なところ厳しい。

しかしスポーティー感と近未来感を融合させている「唯一無二」といえる見た目は、他の人と違う車に乗りたい人にはオススメの7人乗りSUVである。

価格は現行モデルの前期型で180万円程度~となっており、こちらも比較的手の出しやすい価格帯といえる。

また前モデルの個体では100万円以内でも十分に狙えるため、リーズナブルに楽しみたい人にはオススメといえるだろう。

アウトランダーの中古車

アウトランダーの中古車

※出典元:グーネットの「三菱 アウトランダーの中古車」より

https://www.goo-net.com/usedcar/brand-MITSUBISHI/car-OUTLANDER/

以上が7人乗りSUVの中古車に関する紹介だったが、次章では「燃費重視」で7人乗りの中古車を紹介していこう。

4.燃費の良い7人乗り中古車

7人乗りの車種は基本的に大きめとなるため車重が重くなり、結果的に燃費が悪化してしまうことが多い。

しかしあなた自身、燃費も捨てがたいのではないだろうか。

そこで公式燃費として20km/L以上を誇る、7人乗りの中古車について紹介していこう。

ピックアップしたのは下記5車種だ。

燃費の良い7人乗り
  • トヨタ プリウスα
  • トヨタ シエンタ(ハイブリッド)
  • トヨタ ノア・ヴォクシー(ハイブリッド)
  • ホンダ オデッセイ(ハイブリッド)
  • ホンダ フリード(ハイブリッド)

それぞれ以下に分けて紹介していく。

トヨタ プリウスα

意外かもしれないが、実はプリウスαには7人乗り仕様を選択することができる。

もちろん補助席感は否めないが、いざというときには利用可能と思っても良い。

また気になる燃費は26.2㎞/Lと、燃料代を大幅に抑えることができる。

さらに中古車の販売価格は140万円程度~と、非常にリーズナブルで魅力的な1台といえるだろう。

プリウスαの中古車

プリウスαの中古車

※出典元:グーネットの「トヨタ プリウスαの中古車」より

https://www.goo-net.com/usedcar/brand-TOYOTA/car-PRIUS_ALPHA/

トヨタ シエンタ(ハイブリッド)

先程も紹介したトヨタのシエンタには、実はハイブリッドモデルがある。

とはいえシエンタはコンパクトミニバンであるため、正直なところ「3列目を使うのは難しい」というのが本音だ。

また気になる燃費は公式で27.2㎞/Lと非常に良いといえる。

ただしシエンタのハイブリッドモデルはここ最近発売されたばかりであるため、中古車価格で200万円程度~となる。

シエンタハイブリッドの中古車

シエンタハイブリッドの中古車

※出典元:グーネットの「トヨタ シエンタの中古車」より

https://www.goo-net.com/usedcar/brand-TOYOTA/car-SIENTA/

トヨタ ノア・ヴォクシー(ハイブリッド)

トヨタのノア・ヴォクシーにもハイブリッドモデルがある。

見た目はガソリンエンジンモデルと大きく変わることはなく、

  • ノア…おとなしく上品な印象
  • ヴォクシー…若々しく勢いのある印象

を与えることができる。

さらにミドルサイズミニバンであるため、3列目シートを使って7人乗りをしても「比較的快適」という特徴を持っている。

https://www.instagram.com/p/Bd7AfdxBH5i/?hl=ja&tagged=%E3%83%8E%E3%82%A2%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%89

https://www.instagram.com/p/BT_pVAFlQtt/?hl=ja&tagged=%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%89

それぞれ兄弟車種であるため、燃費は変わらず公式で23.8km/Lとなっており、ミドルサイズにもかかわらず性能は非常に高いといえる。

また価格も両者似ており、200万円超~中古車で狙うことが可能である。

ヴォクシーハイブリッドの中古車

ヴォクシーハイブリッドの中古車

※出典元:グーネットの「トヨタ ヴォクシーの中古車」より

ヴォクシーはコチラ → https://www.goo-net.com/usedcar/brand-TOYOTA/car-VOXY/

ノアはコチラ → https://www.goo-net.com/usedcar/brand-TOYOTA/car-NOAH/

ホンダ オデッセイ(ハイブリッド)

ホンダのオデッセイハイブリッドは、同社の中でも高級ラインに位置付けられる1台である。

そのため中古車価格は300万円程度~と、比較的高いということができる。

オデッセイハイブリッドの中古車

オデッセイハイブリッドの中古車

※出典元:グーネットの「ホンダ オデッセイハイブリッドの中古車」より

https://www.goo-net.com/usedcar/brand-HONDA/car-ODYSSEY_HYBRID/

しかし見た目の格好良さと、内装の充実感、そして公式燃費で最大26.0km/Lという性能を誇っており、非常に魅力的な1台ということができるだろう。

https://www.instagram.com/p/BcmxHtVFWDi/?hl=ja&tagged=%E3%82%AA%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%89

ホンダ フリード(ハイブリッド)

ホンダのフリードハイブリッドはコンパクトミニバンという分類でありながら、実は非常に魅力的な1台だ。

というのも

  • コンパクトなのに意外と乗れる3列目シート
  • コンパクトで取り回しのしやすい車体
  • 燃費性能の高さ(公式燃費で21.6km/L)

がギュッと詰まっているのだ。

https://www.instagram.com/p/BhvhjyiHMzh/?hl=ja&tagged=%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%89

現行モデルは販売されたばかりであるため、まだまだ中古車価格は高いが、前モデルなら130万円程度~狙うことも十分可能であり、非常に買いやすい7人乗り中古車ということができる。

フリードハイブリッドの中古車

フリードハイブリッドの中古車

※出典元:グーネットの「ホンダ フリードハイブリッドの中古車」より

以上が燃費重視でオススメの7人乗り中古車に関する紹介だったが、最後に「価格重視」で選ぶ7人乗り中古車の紹介をしていこう。

5.とにかく安く購入できる7人乗り中古車

とにかく安く7人乗りの中古車を探したいあなたには、~100万円で購入可能な下記5車種がオススメだ。

とにかく安い7人乗り中古車
  • ホンダ モビリオ
  • トヨタ ヴォクシー(2世代目)
  • トヨタ アイシス
  • 日産 セレナ(4世代目)
  • マツダ ビアンテ

それぞれ非常にオススメできるモデルばかりなので、下記に紹介していこう。

ホンダ モビリオ

ホンダのモビリオは現在生産の終了したモデルだ。

しかし見た目の「ロボット感」から、現在でも根強い人気を誇っている。

また低床高天井のデザインであるため、お子様のいるご家庭には重宝すること間違いなしだろう。

https://www.instagram.com/p/Ba3XZknD64T/?hl=ja&tagged=%E3%83%A2%E3%83%93%E3%83%AA%E3%82%AA

価格はなんと驚異の~50万円で十分狙うことができるため、だれもにオススメできるといえるだろう。

モビリオの中古車

モビリオの中古車

※出典元:グーネットの「ホンダ モビリオの中古車」より

https://www.goo-net.com/usedcar/brand-HONDA/car-MOBILIO/

トヨタ ヴォクシー(2世代目)

トヨタのヴォクシーは昔から人気の車種だが、実は現在までに3世代が販売されている。

その中で2世代目は現在のヴォクシーの原型ともなっている車種であり、今なお根強い人気を誇っているのだ。

価格に関しても比較的落ち着いてきており、100万円前後でしっかりと狙っていける1台となっている。

ヴォクシー2世代目の中古車

ヴォクシー2世代目の中古車

※出典元:グーネットの「トヨタ ヴォクシーの中古車」より

https://www.goo-net.com/usedcar/brand-TOYOTA/car-VOXY/

トヨタ アイシス

トヨタのアイシスも現在は販売が終了しているモデルだが、販売中~現在まで非常に人気の高い車種である。

見た目は車高が低いが、スライドドア付きで使い勝手は非常に良いといえる。

決して不人気車種ではないものの、価格は50万円以下で購入可能なケースも多く、非常にお買い得な1台である。

アイシスの中古車

アイシスの中古車

※出典元:グーネットの「トヨタ アイシスの中古車」より

https://www.goo-net.com/usedcar/brand-TOYOTA/car-ISIS/

日産 セレナ(4世代目)

日産のセレナは長寿車種であり、現在までに5世代が販売されてきた。

その中でも新しい4世代目のモデルは、実は100万円以内で購入することが可能である。

セレナ4世代目の中古車

セレナ4世代目の中古車

※出典元:グーネットの「日産 セレナの中古車」より

また現行モデルと内装などの使い勝手は変わらないため、現代にマッチした使用を可能としているほか、見た目もスタイリッシュで「格好いい」ということができるだろう。

https://www.instagram.com/p/BkPyarHHjk8/?hl=ja&tagged=c26

https://www.goo-net.com/usedcar/brand-NISSAN/car-SERENA/

マツダ ビアンテ

マツダのビアンテも現在では生産中止モデルとなっている。

しかしミドルサイズミニバンの中でも「他にはない見た目」を有しているため、実は一部のオシャレなファミリー層には人気の高い車種なのだ。

中古車価格はちょうど100万円程度が購入可能なラインであり、こちらも質感と価格のバランスが非常に良い1台ということができる。

ビアンテの中古車

ビアンテの中古車

※出典元:グーネットの「マツダ ビアンテの中古車」より

以上で、筆者がオススメする全20車種の7人乗り中古車の紹介を終了するが、ご覧いただいた中に「コレが良さそうだ!」という1台があっただろう。

しかし実際にその車種の中古車を探していくのは、様々な販売店への問い合わせやネット徘徊など、正直なところ「面倒くさい」と感じるのは間違いない。

そこで筆者がオススメするのは「 なびくる+ 」というサービスを利用することだ。

サービスの詳細は次章にてしていくが、このサービスを利用すれば「自分が希望する条件で車両を見つけることができる」ということができる。

そのためぜひ引き続き次章の説明をご覧いただき、利用することがオススメだ。

6.希望の車は「なびくる+」で簡単に見つかる

なびくる+ とはインターネット上のサービスで、あなたが希望する条件として

  • 希望車種
  • 年式
  • 予算
  • 個人情報(提案を受けるためのメールアドレスや氏名など)

を入力することで、なびくる+から条件の合致する中古車を紹介してもらえるのだ。

つまりあなたは自分で車探しをせずとも、あなた自身に合った車をマッチングしてくれるということになる。

またなびくる+では市場にはなかなか出回らない非公開車両として、「新古車」や「試乗車落ち」という極上の中古車も紹介してくれる。

備考欄があるので、ここに下記のように入力することで新車とほぼ変わらない非公開車両を紹介してもらえる。

なびくる+の上手な使い方

なびくる+の上手な使い方

新車同然、もしくは非常に状態の良い車を安く買いたいという場合には、この方法で「 なびくる+ 」に問い合わせをすることがオススメなのだ。

なびくる+の公式サイト

そのためあなた自身が望む最高の状態の中古車を紹介してもらうことも可能なのだ。

希望条件の入力は1分、そしてサービスの利用は無料でできるため、ぜひ一度利用することをオススメする。

簡単に自分の求める車が見つかるため、最も賢い方法といっても過言ではないだろう。

7.まとめ

以上、中古車で7人乗りのオススメ20車種についての紹介を終了するが、最後に当ページの内容をまとめておこう。

  • 7人乗りの中古車はミニバンが多いが、SUVでも探すことができる
  • 7人乗りの中古車は、100万円以下でも購入することが可能である
  • 7人乗りの中古車を様々な店舗に問い合わせるのは面倒くさいため、「 なびくる+ 」の利用がオススメ
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事