DMM AUTO

一昔では考えられないほど、インターネットには様々なサービスが提供されるようになってきた。

その結果、なんとネット上というよりもアプリを利用するだけで、車査定~売却までが完結してしまうサービスが登場している。

そのサービス名は「 DMMオート 」である。

ここ最近ネット広告などで多く見られるようになったため、あなた自身も気になっているだろう。

とはいえ実際に利用するにあたり、下記のように気になっていないだろうか。

  • DMMオートはそもそもどんな手順で使って、どのように車売却ができるサービスなのか
  • 実際にプロから見ると、DMMオートの車査定はどうなのか
  • 素人でもDMMオートは手軽に利用することはできるのか
  • なんでもいいから、とにかく高く車を売りたい

そこで今回は、元ディーラーの中古車査定士をしていた筆者が、DMMオートという車査定のサービスについて詳しく解説していこう。

使ってみて良くも悪くも「かなり意外だった」というのが正直な感想なので、ぜひ当ページの内容をご覧になって、正しい知識のもと高く売ることをオススメする。

【とっておきの裏技】市場に出回らない非公開車両の中古車を提案してもらう!

中古車購入で一番心配なこと・・・それは買った後にすぐ故障してしまい乗れなくなること。
いくら中古の車とはいえば数十万はするので、大きな痛手のはずだ。

実は安心かつ安全でコストパフォーマンスの高い中古車を購入する方法がある。
それは市場には出回らない「非公開車両」に的を絞ること。

でも、一般な人では「非公開車両」を探すのは、ハッキリ言って無理だ。
ただ、非公開車両を提案してもらえるサービスがある。
クルマコネクト 」「 ズバット車販売 」という2つのサービス。

2サイトはともに、中古車買取・販売で有名な「ガリバー」が提案してくれるサービス。
ガリバーは新鮮な中古車が毎日500台入荷されているので、非公開車両の毎日のように増えている。
しかも100日間の返品保証サービスが付いているのでもしもの時も安心だ。

クルマコネクト 」はチャットで相談、「 ズバット車販売 」は電話で相談ができます。
相談などんな内容でもOK。むちゃな要望も伝えてみることだ。

【相談の内容例】
・新車とほぼ同等のフィットがほしい
・N-BOXで50万以内、新車同等品を提案してほしい
・ディーラー試乗車落ちで10,000km以内の中古車がほしい
・小さな子供がいるファミリー世帯にオススメの中古車がほしい

【チャット】で無料相談できるクルマコネクト →  https://221616.com/connect/

【電話】で無料相談できるなびくる+ →  https://www.zba.jp/car-hanbai/

【とっておきの裏技】愛車の相場をチェック&下取りよりも30万円高く売る

あなたは愛車の本当の価値を知っているだろうか?
もし、ディーラーの下取り額でしょ?買取店で出してもらった査定額でしょ?と思ったあなたは大きな間違いだ。

ディーラーや買取店は、ただただあなたから買い取った車を横流しして利益を上げているだけなのだ。

つまり彼らの利益を最小限に減らすことができれば、あなたは最高額で売れることができる。

ではどうすればいいのか?答えは「買取店同士を競わせる」こと。
ただ、正直、1社1社買取店を回っていたら面倒だと思うだろう。

そこでオススメなのが車一括査定というサービスを使うことだ。
車一括査定を使えば、一度に買取店に査定してもらい競争させることができるので、MAXに近い買取額が出る。

無料で利用、しかも納得いかなければ売らなくてもOKなのだ。
だまされたと思った一度利用することをオススメする。

おそらくあなたは出てきた査定額にビックリするだろう。

依頼と同時に愛車の相場が事前にわかる「ユーカ―パック」 →  https://ucarpac.com/

優良業者が厳選、かつ同時に比較できる数が多い「カーセンサー」 →  http://www.carsensor.net/

スポンサーリンク

1.DMMオートとは何か

DMMオートはここ最近「新しい車売却の方法」として注目を集めているサービスで、合同会社DMM.comという企業が提供している。

この企業名、聞いたことがあるだろう。

実はDMM.comは様々なインターネットサービスを提供する企業として、ネット回線や各種オンラインサービス、そして証券関連など多岐にわたって「ネットを使ったサービス」を提供しているのだ。

そのためDMM.comという企業やそのサービスは、意外と多く目にする機会がある。

そんなDMM.comによって提供されているDMMオートは「スマホで撮るだけ、クルマが売れる。」というコンセプトで提供されている。

つまり従来のように買取店へ出向き、個別に査定をしてもらい、時間をかけて車を売る時代に終わりを告げるサービスということができる。

そう聞くと誰もが「便利そうだ」と思うだろう。

実際、筆者もこのサービスが上手く提供されていくと、これまで筆者が実施してきたような車査定は無用になってしまうと危惧している反面、楽しみでもある。

そこで次章では、実際にどのような手順に沿ってDMMオートを利用し、車売却が完了するのか紹介していこう。

2.DMMオートを使う手順

DMMオートを使う手順はいたってシンプルで、大まかに分けると下記のような手順となっている。

DMMオートを使う際の10ステップ
  1. アプリのインストールをする
  2. 指示通りに車や車検証などの書類を撮影していく
  3. 簡単な車に関する情報の入力をする
  4. 査定額の提示
  5. 会員登録をする
  6. 必要事項の入力
  7. 引き渡し希望日の入力
  8. 書類キットが送付され、書類をそろえて返送する
  9. 車の引き渡しをする
  10. 査定額が口座に振り込まれる

箇条書きすると10ステップとなるが、実際にはどれも「すぐに終わる作業ばかり」ということができる。

そして実際にアプリを使用して査定額が提示されるまでは、DMMオートでも述べられているように3分あれば十分すぎるほどだった。

またアプリの使い方に関しては後述するのでご覧いただきたいのだが、今ここで心配なのは「書類ってどう揃えれば良いのだろうか」ということだろう。

実際に書類キットとして準備するものや準備の方法などは案内されるが、下記に通常の車買取で必要な書類をまとめておいたのでご覧いただきたい。

買取に必要な書類7種
  1. 車検証
  2. 自賠責保険証明書
  3. リサイクル券
  4. 自動車納税証明書
  5. 所有者の印鑑証明
  6. 所有者の実印が押印してある譲渡証明書
  7. 所有者の実印が押印してある委任状

それぞれ以下に分けて入手方法を紹介しておく。

ちなみに、どれもサクッとそろえられる書類ばかりであるため、安心して読み進めてほしい。

書類1.車検証

車検証は車の撮影をする際にもチェックするため分かるだろうが、基本的には「車検証入れ」という手帳のようなケースに入れられて、ダッシュボード内に保管されていることが多い。

車を売却する場合にはこの本紙が必要であるため、もし車に積んだままになっている場合には、そのまま引き渡してしまえばOKである。

※DMMオートでは返送用封筒に入れて送付することになる

書類2.自賠責保険証明書

自賠責保険証明書も車検証入れの中に入れられて保管されていることが一般的である。

そのため車検証同様に一度チェックだけして、そのまま引き渡してしまえばOKである。

※DMMオートでは返送用封筒に入れて送付することになる

書類3.リサイクル券

リサイクル券も車検証入れの中に入れられて保管されていることが多いため、チェックだけしておけば大丈夫である。

ちなみに厳密に言うとリサイクル券は特別に必要というわけではなく、買取業者側はリサイクル券に記載された「預託金」という金額が知りたいだけである。

そしてもし紛失してしまっても、簡単にインターネットから金額を調べることが可能であるため、実は紛失しても問題ない書類ということができる。

そのためDMMオートでは請求されるかもしれないが、実際には必要ないと思っても大丈夫である。

書類4.自動車納税証明書

いわゆる納税証明書なのだが、これは控えが小さな紙きれであるため、なくしてしまう人が多い。

しかし買取業者としては納税されていない車は名義変更ができないため、必ず納税証明書の添付が求められる。

ただし仮に紛失してしまった場合には、実は都道府県税事務所の専用端末から、無料かつ一瞬で再発行できるため安心してほしい。

ちなみに通常の買取店では無料で発行できる点や手軽さから、担当者が手数料無料で代行してくれるケースも多い。

書類5.所有者の印鑑証明

下記に紹介する譲渡証明書や委任状には、所有者の実印を押印する必要がある。

なぜなら車の所有権を変更するために必要な書類だからだ。

そのため車検証に記載されている所有者の印鑑証明は必ず用意しなければならず、住民票のある市区町村役場または出張窓口などから発行しておこう。

また仮に所有者名がローン会社などとなっている場合には、連絡をすると残債などを確認した後に、問題が無ければ印鑑証明や実印押印済みの譲渡証明書・委任状を送付してくれる。

そのため多少の手間はかかるが、確実に連絡しなければならないと覚えておこう。

書類6.所有者の実印が押印してある譲渡証明書

譲渡証明書は名義変更をする上で最も重要な書類で、DMMオートでは書類キットとして送付してもらえる。

また通常の車売却の場合には、買取業者やディーラーから無料かつその場で入手することができる。

そしてこの書類に所有者本人の実印を押印しておくと、そのまま名義変更が完了する。

書類7.所有者の実印が押印してある委任状

委任状は名義変更手続きを代行してもらうために必要な書類である。

そのため今回のケースでは「DMMオートに代行してもらうのに必要」ということになる。

この書類も所有権に関わるため、必ず実印を押印する必要がある。

ちなみにこちらも通常の車売却の場合には、買取店やディーラーから無料かつその場で入手することが可能である。

以上が必要書類に関しての説明だったが、どれも用意するのに大きなハードルはないだろう。

またDMMオートに限らず、DMM.comのサービスはきめ細かい対応をしているため、書類キットとして送付される資料が分かりやすいのは間違いないだろう。

そのため必要書類の準備に関しては何も心配せずとも、素人でも確実に準備できると思って大丈夫である。

そして書類に関する不安が無くなった今、気になるのは「実際に使ってみてどうだったか」ということだろう。

筆者は試しに利用しただけなので「査定額が提示される」というステップまでだったが、次章にてプロ目線で詳しく紹介していこう。

3.プロが実際にDMMオートを使ってみた!

まずアプリをインストールしよう。

アプリのインストールが完了されたら、実際に下記の手順通りに進めていく。

1.車の写真を撮影する

アプリ画面-車体撮影

アプリ画面-車体撮影 アプリ画面-車体撮影

ななめ前からのアングルで、ナンバープレートも映り込むように撮影します。

2.走行距離の撮影

アプリ画面-走行距離撮影

アプリ画面-走行距離撮影 アプリ画面-走行距離撮影

メーターはODOといって、総走行距離が見られるようにしておく。

設定方法に関してはほとんどの車がメーター脇もしくはハンドル近くにあるスイッチを何度か押すと、ODOへの切り替えができる。

ただどうしてもわからない場合には、車検証入れに保管されていることの多い「取扱説明書」にて、最後の索引から「ODO(オド)メーター」で探してみることをオススメする。

3.車検証の撮影

アプリ画面-車検証撮影

アプリ画面-車検証撮影

あまりにも個人情報が多いため車検証自体の写真はないが、指示されるガイド通りに簡単に撮影できるため安心してほしい。

また続けて、車検証の下部にあるQRコードも読み込みをしていく。

アプリ画面-QRコード撮影

アプリ画面-QRコード撮影

そうすると下記のように自動で情報が反映される。

アプリ画面-情報入力

アプリ画面-情報入力 アプリ画面-情報入力

4.必要情報の入力

アプリ画面-車の情報登録

アプリ画面-車の情報登録アプリ画面-車の情報登録 アプリ画面-車の情報登録

多少査定額が下がったとしても、必ず「正しい部分」にチェックをしていかなければならない。

そうしなければ後に瑕疵担保責任といって、重要事項の説明義務を果たしていないことから、返金や損害賠償請求の対象となってしまうので注意が必要だ。

そして次にアピールポイントとネガティブポイントを記載していく。

アプリ画面-車の情報登録

アプリ画面-車の情報登録 アプリ画面-車の情報登録

これによって査定額が実際に上がっているかどうかは分からないが、普通の車売却時には「特別に装備させたもの」は必ずプラス査定がされる

そのため筆者のように箇条書きで構わないため、何かポイントがある場合には必ず記載しておくことをオススメする。

5.査定額の提示

アプリ画面-査定結果

アプリ画面-査定結果

ここまでの入力がすべて完了すると、査定額が提示される。

筆者のステップワゴンスパーダの場合には、なんと1,438,000円もの値段が付いた。

そしてこの金額は7日間有効とのことで、期間を過ぎてしまうと再度査定する必要がある

以上がDMMオートを利用するステップだったが、実際に筆者が試してみた結果としては「かなりサクサク進められる」と感じた。

そして車査定の素人であろうとプロであろうと、誰でも非常に簡単に、しかも3分以内に完了させることは十分に可能だと感じた。

とはいえ先に結論を述べてしまうと、この査定額は「決して高くはない」というのが本音である。

つまり最高額で少しでもお得になりたい人には、積極的にオススメできるわけではないのだ。

その点については根拠を交えて後述するので、まずは次章にて実際の利用者の評判を紹介していこう。

4.DMM AUTOを使った人のリアル評判

実はDMMオートは2018年に開始されたサービスであるため、まだまだ口コミが少ないのが本音である。

そのため筆者がSNS上で探したところ、下記のような評判しかヒットしなかった。

ご覧の通り、筆者が先ほど述べたように「査定額があまり高くない」という点について触れられている。

これは実際に本当のことで、例えば筆者のステップワゴンが1,438,000円だったが、実は相場だけで見れば170~190万円が狙える程度の個体なのだ。

実際に下記に、業者オークションで取引されている価格のキャプチャを紹介しておこう。

中古車相場検索

中古車相場検索

出典元:オークサポートの「中古車相場検索」より

一般的に車の買い取り相場は業者オークションでの相場に類似しており、いわゆる販売店の「仕入れ値」ということになる。

そのためDMMオートではオークションの相場と比較して、20~30万円程度安く査定がされていることになるのだ。

もちろん手軽さで言えばDMMオートはピカイチといえるのだが、査定額は「あまり期待できない」と思っても間違いないだろう。

その点を踏まえて、プロ目線で見た時にDMMオートがオススメなのか次章にて結論を述べていこう。

5.DMMオートは高額査定で最もオススメできるサービスなのか

結論としては、DMMオートは「オススメの人と、オススメでない人がハッキリと別れるサービス」ということができるため、下記のように理解しておいてほしい。

オススメの人とオススメでない人
  1. DMMオートがオススメの人…少しでも手軽にラクして車売却がしたいので、査定額に関しては20~30万円程度の差額であれば我慢できる人
  2. DMMオートはオススメではない人…少しでも高く車売却がしたいと思っており、20~30万円の差額は論外だと感じている人

そしてあなた自身、後者の「オススメではない人」に該当しただろう。

そのため少し手間はかかるが、最高額で車売却をしてお得になるためには、普通に買取店で車査定をしてもらうことをオススメする。

また最高額を引き出すためには、多少の手間をかけて「複数社による競合」が必須といえる。

というのも買取店は買い取った車を再販することで利益を上げているが、昨今の中古車人気の影響から在庫車不足に陥っており、結果的にどの買取店でも在庫車不足で利益につながらないケースが多いからだ。

そのため各社は「絶対にうちで確保したい」と思っており、競合させていくことで徐々に査定額が上がり、最終的には相場の上限値付近の価格=最高額となるのだ。

とはいえこの手順を聞くと、やはり手間ばかりがかかって面倒くさそうだと思っただろう。

そこで筆者がオススメするのが「車一括査定」というサービスである。

サービスの詳細は次章にしていくが、アプリをインストールする必要もなく、サクッと複数社を競合させて最高額を手にすることができるため、ぜひ次章の解説をご覧になって利用してほしい。

6.最高額で売却したいなら「車一括査定」が最適

車一括査定とは「複数の買取店」に同時依頼できるサービス

 車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携しているいくつもの車買取店に一括して車査定の依頼をすることができるサービス
車一括査定を使わない場合、使う場合

車一括査定を使わない場合、使う場合

そして名前からもおおよその内容は推測できるだろうが、サービスと提携している何百~何千社もの車買取店の中から、あなたの地域に対応している複数の車買取店に車査定を一括して依頼できるのだ。

またサービスと提携しているほとんどの車買取店は、無料の出張査定サービスに対応しているため、あなたは自宅にいながら一気に複数社を競合させられる。

そのため「一度の申し込みをするだけで、最高額が得られる方法」ということができるのだ。

申し込み方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、総走行距離など)
  • あなた自身に関する情報(出張査定先の住所や氏名など)

を入力するだけであるため、1~3分程度の時間があれば申し込みを完了させられる。

以上のことから車一括査定を利用することで、へこみのあるあなたの車は「最短時間で最高額を得ることができる」ということになるのだ。

申し込みは非常に簡単で、誰でもササっとできる。

そのためぜひ一度利用して、満足のいく価格提示を受けてほしい。

とはいえひとつだけ問題もある。

それは「車一括査定のサイトはいくつもあるため、どこがオススメなのか分からない」ということだ。

そこで最後に、当サイトで紹介している車一括査定サイトの中から、オススメなものを紹介しておこう。

車一括査定を徹底比較

車一括査定をオススメしたのはいいが、じつは買取店ほどではないにしても、いくつかのサイトが存在する。

主要な車一括査定6つをまず見てほしい。

下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておく。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができるだろう。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分だ。

といえば、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分からないはずだ。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していく。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けている。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからだ。

カーセンサー

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもない。

下記に筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きした。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていこう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は他の車一括査定とは少し色が異なる。

ユーカーパックの特徴は、車一括査定のように買取店からの電話ではなく、ユーカーパックからのみしか掛かってこない。

この車買取店から一斉に電話がかかってこない点が評価することができる。

さらには、2,000社以上もの車買取業者と提携してのも評価ポイントだ。

ただし、前述したカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点がある

ユーカーパック

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特徴が大きい。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、ハードルがとても低い。

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りする。

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえる。

  • 提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点
  • 申し込み後に買取相場がすぐ分かる点

など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえる。

ズバット車買取

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携している点だ。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点だが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているといえる。

かんたん車査定ガイド

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー

実は、カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社である。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況だ。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない。

以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了する。

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思う。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができる。

申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができる。

そのため、ぜひ一度試してみてほしい。

「こんなにお得になるのか!」とビックリするかもしれない。

7.まとめ

以上、DMMオートに関する解説を終了するが、最後に当ページの内容をまとめておこう。

  • DMMオートはアプリから撮影するだけで査定額が提示される画期的なサービス
  • 実際に利用してみても、3分かからずにサクッと査定額を引き出すことが可能
  • ただし査定額は相場よりも若干安く、筆者の場合には20~30万円安い結果となった
  • そのため少しでもお得に車売却をしたいのであれば、「車一括査定」を使って短時間で最高額を引き出すのがオススメ
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事