ジムニー

SUVは今はやりのボディータイプの自動車であり、だれにでもオススメできる車ばかりである。

また本来の使い方としては「オフロード走行向け」というのが当たり前だったが、昨今ではシティユースにも対応できる「見た目重視」の車種も多く販売されている。

とはいえ軽自動車~普通車まで、SUVにカテゴライズされる車種は多いため、正直なところ選びきれないというのが普通だ。

そこで今回は、自動車ディーラーで営業マンをしている筆者が、

  1. 販売台数
  2. 燃費
  3. 車両価格
  4. ファミリー向け
  5. 男性おすすめ
  6. 女性おすすめ

という6つのカテゴリ分けをして、それぞれのおすすめSUVを紹介していこう。

当ページの内容を見ておけば、あなた自身が欲しいと思えるSUVに出会えるはずだ。

ちなみに今回紹介していくSUVはすべて国産車であるが、輸入車のSUVで比較的価格の低いものは、そのほとんどが「非常に壊れやすくディーラーでも対応できないような故障が起こる」という場合があるため、そもそもおすすめしないことは了承いただきたい。

それでは早速、販売台数ランキングから見ていこう。

スポンサーリンク

1.販売台数から見るおすすめSUVトップ3

販売台数の統計データとしては、2018年1~4月末までの

を参照しているため、客観的に見て正しいといえる。

それでは早速、下記にランキングを発表していこう。

SUVの売れ筋ランキングTOP3
  • 第1位…トヨタ「CH-R」(2018年1~4月で28,642台)
  • 第2位…スズキ「ハスラー」(2018年1~4月で22,448台)
  • 第3位…ホンダ「ヴェゼル」(2018年1~4月で22,375台)

それぞれの車種の特徴については、以下に分けて説明していく。

第1位…トヨタ「CH-R」

祖父の家へ。 #トヨタchr #c_hr #十和田 #田舎道 #山の中

A post shared by Yohei Maita (@yoheimaita) on

第1位はトヨタから販売されているCH-Rだ。

2016年末に販売されて以来本当によく売れている車種で、見た目はクーペとSUVをかけ合わせたような形をしている。

そのためどちらかというとオフロード走行には向いていないような見た目をしているが、走行安定性などに関しては非常に優れているといえる。

また内装の質感は非常に高く、

  • ピアノブラックのパネル
  • レザーのシフトカバー

など、だれもが高級感を感じられる仕様となっている。

また実売価格は

C-HRの価格帯
  • 新車…230万円程度~
  • 中古車…190万円程度~

と安くはない印象だが、高級感とスタイリッシュさを求めるのであれば決して高いとは言えず、その結果として販売台数第1位を誇っているのだ。

https://toyota.jp/c-hr/

第2位…スズキ「ハスラー」

https://www.instagram.com/p/BituWUiHP58/?hl=ja&tagged=%E3%83%8F%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%BC%E5%A5%B3%E5%AD%90

スズキから販売されているハスラーは、軽自動車のSUVという位置づけである。

そのため普通車のSUVと比較するとどうしてもチープな感じがしてしまうのだが、考え方を変えると「ポップにSUVを楽しめる」という特徴がある。

というのもハスラーはSUVにしては珍しく、可愛らしさを前面に出している車種であるため、内外装のカラーリングや丸目ヘッドライトなどが「可愛い」を演出しているのだ。

実売価格は、

ハスラーの価格帯
  • 新車…110万円程度~
  • 中古車…70万円程度~

と、先ほど紹介したCH-Rよりもお求めやすい価格となっており、気軽にSUVライフを楽しみたい人にはおすすめの車種といえるだろう。

http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

第3位…ホンダ「ヴェゼル」

https://www.instagram.com/p/BjFQLGNHHTq/?hl=ja&tagged=%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%82%BC%E3%83%AB%E5%A5%B3%E5%AD%90

販売台数第3位はホンダから販売されているヴェゼルは、第1位のCH-Rと車格が同じであり、また見た目も「スタイリッシュなSUV」であることから、CH-Rの競合車種として有名だ。

そして内装に関しても、CH-Rと同様に高級感を感じられる仕様となっているため、CH-Rと悩んだ場合には単純に「見た目の好み」で選んでも大丈夫だろう。

ヴェゼルの実売価格は、

C-HRの価格帯
  • 新車…200万円程度~
  • 中古車…140万円程度~

と普通車ならではの価格帯となっている。

とはいえCH-Rと比較すると、価格は安い傾向にあるため「どちらか悩んでいるが、安いに越したことはない」と思っている場合にはおすすめの1台である。

http://www.honda.co.jp/VEZEL/

以上が販売台数から見るおすすめSUVだったが、続けて第4位・5位のSUVについても簡単に紹介しておこう。

  • 第4位…日産「エクストレイル」(2018年1~4月で21,822台)→人気のミドルサイズSUVで、シティ走行から本格的なオフロード走行までをこなす
  • 第5位…ダイハツ「キャスト」(2018年1~4月で17,373台)→ハスラーと同じく軽自動車のSUVで、オフロード走行には向かないものの、価格の安さと見た目のかわいらしさが売り

次は燃費から見るおすすめのSUVを紹介していく。

2.燃費おすすめSUVトップ3

SUVは基本的に車重が重くなりがちなので、燃費はどうしても悪くなってしまう傾向にある。

とはいえできる限り燃費の良い車に乗りたいというのが人間というもの。

そこで紹介する燃費の良いSUVのトップ3は以下の通りである。

SUVの燃費ランキングTOP3

コチラに関してもそれぞれ分けて説明していこう。

第1位…スズキ「ハスラー」(JC08モード燃費最大32.0㎞/L)

https://www.instagram.com/p/t1Qi3YjiaQ/?hl=ja&tagged=%E3%83%8F%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93

ハスラーは先ほども紹介した車種だが、実は低燃費車両としても有名で人気が高い。

そして燃費性能はなんと32.0㎞と、軽自動車ならではの身軽さを存分に生かした結果となっている。

実売価格は、

ハスラーの価格帯
  • 新車…110万円程度~
  • 中古車…70万円程度~

であり、ポップなカラーリングも相まって人気が非常に高い車種ということができる。

http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

第2位…トヨタ「CH-R(ハイブリッド)」

https://www.instagram.com/p/Bg_MPgZhZId/?hl=ja&tagged=%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BFchr

販売台数でトップだったトヨタのCH-Rは内外装の高級感などを損ねないまま、「ハイブリッドモデル」での燃費であるため、正直なところ車両価格は高くなってしまう。

CH-R(ハイブリッド)の実売価格は、

C-HRの価格帯
  • 新車…260万円程度~
  • 中古車…210万円程度~

となっており、ガソリンモデルと比較すると若干高くなってしまうのが現状だ。

とはいえ間違いなく燃費は良いため、燃費重視&スタイリッシュさを求める人にはおすすめできるといえるだろう。

https://toyota.jp/c-hr/

第3位…ダイハツ「キャスト」(JC08モード燃費最大30.0㎞/L)

3位にはダイハツのキャストがランクインしており、軽自動車がいかに身軽で低燃費化をしているのか、よく分かる結果となった。

キャストは2015年から販売されている軽自動車のSUVであるが、どちらかというと見た目重視のSUVということができる。

そのため後述するが、女性にもおすすめできるほど可愛らしさがあり、さらにSUVでありながら車両のサイズも小さいため「気軽に楽しめるSUV」ということができるのだ。

キャストの実売価格は、

キャストの価格帯
  • 新車…120万円程度~
  • 中古車…90万円程度~

となっており、SUVの中では低額の分類ができるため、だれもが楽しむことができるSUVなのだ。

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast/

また引き続き、第4位・5位の車種についても簡単に紹介していくのでご覧いただきたい。

  • 第4位…スズキ「イグニス(ハイブリッド)」(JC08モード燃費最大28.8㎞/L)→ハイブリッドモデルは高くなるが、見た目のチープ感が否めない部分もある
  • 第5位…ホンダ「ヴェゼル(ハイブリッド)」(JC08モード燃費最大27.0㎞/L)→販売台数で3位にランクインしている車種で、トヨタCH-Rのライバル車。ハイブリッドでは実売価格が+10~30万円程度になることも。

 

燃費に関しては軽自動車が多いという結果となったが、実は次に紹介する車両価格のランキングに関しても、ほとんど同様の結果となっている。

3.SUVの車両価格トップ3

車両価格で見るSUVのおすすめは下記のようになった。(税込み・100円単位切り捨て)

SUVの車両価格ランキングTOP3

こちらについてもそれぞれ以下に分けて詳しく紹介していこう。

第1位…スズキ「ハスラー」(107.8万円~)

https://www.instagram.com/p/Biwt7L6ncYP/?hl=ja&tagged=%E3%83%8F%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%A0

スズキのハスラーが車両価格のランキングでは1位となった。

ハスラーは売れ筋ランキングでもトップにランクインしているため、「燃費」や「車両価格」といったコストパフォーマンスにも直結していることが分かる。

またハスラーはカスタマイズしていくことによって、自分だけの仕様にすることも可能であるため、その点からも価格の安さは重要といえるだろう。

そして同時にポップなカラーリングも最初から手に入れることができる点は、女性などにおすすめできるといえる。

ハスラーの実売価格は、

ハスラーの価格帯
  • 新車…110万円程度~
  • 中古車…70万円程度~

であり非常にお買い求め安い価格帯ということができるだろう。

http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

第2位…ダイハツ「キャスト」(122.5万円~)

2位にランクインしたダイハツのキャストも、売れ筋ランク5位であるため、燃費や価格帯から「コスパが良く人気の高いSUV」といえるだろう。

キャストはどちらかというと、カスタマイズするというよりも「グレードによる違いを楽しむ」ということに重きを置いているようで、実際に

キャストの価格帯
  • スタイルグレード(122.5万円~)
  • アクティバグレード(122.5万円~)
  • スポーツグレード(164.7万円~)

という大きく3種類に分けられている。

それぞれの見た目は下記の画像をご覧いただきたい。

スタイルグレード

https://www.instagram.com/p/BDux4S2J-EX/?hl=ja&tagged=%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB

アクティバグレード

スポーツグレード

https://www.instagram.com/p/BhlrCirAaxS/?hl=ja&tagged=%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84

まとめると、「手をかけずとも最初から気に入った見た目が手に入る」ということができ、比較的手の出しやすいSUVということができるだろう。

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast/

第3位…スズキ「ジムニー」(129.6万円~)

https://www.instagram.com/p/Bi_iZMFAIOE/?hl=ja&tagged=%E3%82%B8%E3%83%A0%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%81%82%E3%82%8B%E7%94%9F%E6%B4%BB

第3位も軽自動車のSUVだが、本格的なクロカン仕様の「ジムニー」がランクインしている。

ただし走行性能などを追及しているため、正直なところ「内外装の豪華さはほとんどない」と思っても間違いないだろう。

とはいえ無骨な見た目や「楽しく遊べる仕様」であるため、アウトドアが好きな人にはもってこいのSUVということができる。

ジムニーの実売価格は

ジムニーの価格帯
  • 新車…130万円程度~
  • 中古車…現行モデルで40万円程度~

となっており、中古車で購入する場合には「安く楽しいおもちゃが手に入る」という感覚で、気軽に楽しむことができるのは間違いない。

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

また第4位・5位のSUVについても以下に簡単に紹介しておく。

  • 第4位…スズキ「イグニス」(138.2万円~)→かなり変わった見た目をしているが、逆にオシャレ感を演出できる。ハイブリッドモデルは最大22.8㎞/Lと、非常に燃費が良い。
  • 第5位…スズキ「ジムニーシエラ」(166.8万円~)→ジムニーの「普通車バージョン」であり、内外装の違いはほとんどない。しいて言えば「エンジンが大きくなった」「全幅が少し広くなった」という程度。

次はファミリーにおすすめのSUVを紹介していくので、ご覧いただきたい。

4.ファミリー向けSUVトップ3

ファミリーにおすすめのSUVで重要なのは

  • 積載性
  • 車内空間の広さ
  • 多人数(7~8人)乗車の可否

だろう。

これらの条件を満たしており、おすすめできるSUVは下記の通りだ。

ファミリー向けのSUVランキングTOP3

それぞれ以下に分けて紹介していこう。

第1位…日産「エクストレイル」

https://www.instagram.com/p/BjFIJepgR0X/?hl=ja&tagged=%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%AB

日産から販売されているエクストレイルは本格的なオフロード走行~シティ走行まで、幅広く対応できるミドルサイズSUVである。

そしてファミリー向け最大の特徴としては「7人乗り(3列シート)の設定」があるということだ。

そのため通常時は3列シートをたたんで積載性を確保し、多人数乗車の際には3列目を利用することも可能である。

エクストレイルの3列シート

エクストレイルの3列シート

画像出典:日産の公式ホームページのエクストレイル「外観・内装」より

また外観も本格的なクロカン×スタイリッシュ感が見事に融合しており、「カッコいい」という以外の何物でもない。

エクストレイル(3列シート)の実売価格は、

エクストレイルの価格帯
  • 新車…260万円程度~
  • 中古車…現行車で140万円程度~

となっており、ミドルサイズSUVとしては「ちょうど真ん中ぐらい」の価格ということができる。

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

第2位…マツダ「CX-8」

https://www.instagram.com/p/Bi8P6lbBJVp/?hl=ja&tagged=cx8

マツダCX-8は2017年末に新発売されたばかりのフルサイズSUVで、高級感が前面に出ている「いかにも高級車」という印象を受ける車である。

なぜならマツダのカーラインナップの中では上位モデルに位置しており、その結果として内装にはレザーがふんだんに使われており、車格としても十分な迫力があるからだ。

そして3列目シートも十分な広さがあるため、使い勝手も申し分ないといえる。

CX-8の3列シート

CX-8の3列シート

※画像出典:マツダの公式ホームページのCX-8「ユーティリティ」より

CX-8の実売価格は、

CX-8の価格帯
  • 新車…320万円程度~
  • 中古車…まだ出回っていないため新車と同等程度

ということになっており、やや高い価格とはいえるものの、大きさと高級感で比較すると「十分に安上がりな1台」ということができる。

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

第3位…トヨタ「ランドクルーザープラド」

https://www.instagram.com/p/Bi9Ym_AnC4Z/?hl=ja&tagged=%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%89

ファミリー向けのSUVの中でも、アクティブなファミリーに人気なのがトヨタから販売されている「ランドクルーザープラド」である。

車格としてはフルサイズSUVに分類され、実際に目の当たりにすると「非常に大きな車」という印象を受ける。

また走行性能としては、本格的なオフロード走行を想定しているため、路面を選ばずに安定した走行が可能である。

しかし内装にはレザーやピアノブラックのパネル類が使われるなど、高級感は損なわれていない。

ランドクルーザープラドの実売価格は

ランドクルーザープラドの価格帯
  • 新車…350万円程度~
  • 中古車…現行モデルで280万円程度~

となっており、非常に高額な部類のSUVといえる。

しかしリセールバリュー(買い替えで売るときの価格)が驚くほど高いため、その点を考慮すると「意外と買っても損しない高級なSUV」ということができる。

https://toyota.jp/landcruiserprado/

また引き続き第4位・5位のSUVについても紹介していくのでご覧いただきたい。

  • 第4位…三菱「アウトランダー」→3列シートの設定があるミドルサイズSUVだが、3列目の使い勝手としては「補助席程度」に考える必要がある
  • 第5位…トヨタ「ランドクルーザー」→本家ランドクルーザーは車両価格が非常に高く、高級輸入車も引けを取らないほどである。ただし積載性や居住性、走行性能は日本一といっても過言ではない。

そして次章からは、男女別のおすすめSUVを紹介していこう。

5.男性おすすめSUVトップ3

まず男性におすすめのSUVであるが、

  • 格好良さ
  • 大きさ
  • 見た目の迫力orエレガントさ

を重視すると、「モテるSUV」の条件を満たすことができる。

そして上記の条件を満たしているのが、下記のSUVである。

男性のオススメのSUVランキングTOP3

それぞれの車種は以下に分けて紹介していく。

第1位…トヨタ「ハリアー」

トヨタから販売されているハリアーは元祖「高級SUV」の先駆けともいえる。

そのため内装の質感は非常に高く、レザーを使った滑らかな素材感などを上手く演出してくれる。

また外観はスタイリッシュでありながら、SUVテイストを十分に楽しむことができるようになっているため、オンロード・オフロード問わず「誰もが似合うSUV」ということができる。

ハリアーの実売価格は

ハリアーの価格帯
  • 新車…300万円程度~
  • 中古車…現行モデルで220万円程度~

となっており、ミドルサイズSUVの中では比較的「高い」ということができる。

ただし他のミドルサイズSUVを寄せ付けない高級感があるため、単純に比較するのはやめた方が良いだろう。

https://toyota.jp/harrier/

第2位…トヨタ「ランドクルーザープラド」

https://www.instagram.com/p/Bh6blQPlKLL/?hl=ja&tagged=%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%89

トヨタのランドクルーザープラドは紛れもなく「高級車」といえるだけの価格を誇っている。

しかし価格に恥じないだけの内装を備えており、さらに走行性能は「日本車の中でも最高峰」といえるのだ。

さらに車格も非常に大きく迫力のある顔をしているため、男性には非常におすすめできる要素がたっぷりと詰まったフルサイズSUVといえるだろう。

また実売価格としては

ランドクルーザープラドの価格帯
  • 新車…350万円程度~
  • 中古車…現行モデルで280万円程度~

となっており、独身男性であれば「多少無理をする可能性はあるが十分に購入できる価格」ということができるだろう。

https://toyota.jp/landcruiserprado/

第3位…マツダ「CX-8」

https://www.instagram.com/p/BiPG-bHjLA9/?hl=ja&tagged=%E3%83%9E%E3%83%84%E3%83%80cx8

マツダCX-8もフルサイズSUVではあるが、どちらかというと「シティーユーザーにおすすめ」といえるSUVである。

というのも洗練された外観スタイリングはもちろんのこと、内装はレザーがふんだんに使われているため、エレガントさを十分に感じることができるからだ。

実売価格は

CX-8の価格帯
  • 新車…320万円程度~
  • 中古車…まだ出回っていないため新車と同等程度

であり、こちらも独身男性には購入できる範囲のSUVということができる。

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

また引き続き、以下に第4位・5位のSUVについても簡単に紹介していこう。

  • 第4位…日産「エクストレイル」→ミドルサイズSUVの中ではメジャーな車種で、狭いながらも7人乗りの設定があり、乗車性や積載性に優れている
  • 第5位…マツダ「CX-5」…見た目はCX-8に似ているがサイズは「少し短い」程度であり、内外装の質感は非常に高いため「3列シートはいらないが質感の高いSUVが欲しい」という男性におすすめ

次は女性おすすめのSUVを紹介していこう。

6.女性おすすめSUVトップ3

女性におすすめなSUVは「小さくて見た目が可愛いこと」を優先させるべきだ。

というのもSUVは車の大きさが非常に大きい場合が多く、運転の苦手な人が多い女性には「事故などのリスクが高い」ということができるからだ。

その点を踏まえると、できる限り車格が小さな「軽自動車のSUV」がおすすめである。

そこで筆者が紹介するのは下記のトップ3だ。

女性のオススメのSUVランキングTOP3

それぞれ、以下に分けて紹介していこう。

第1位…スズキ「ハスラー」

スズキハスラーは、ポップなカラーリングが内外装に施されている、軽自動車のSUVの中でも「非常に可愛い車種」である。

そして車両価格や燃費性能も高いため、お財布をあまり気にせずとも所有できる部分も魅力的といえる。

実売価格としては

ハスラーの価格帯
  • 新車…110万円程度~
  • 中古車…70万円程度~

であり、十分に手の届くSUVということができる。

http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

第2位…ダイハツ「キャスト」

https://www.instagram.com/p/BbV1f9ull-D/?hl=ja&tagged=%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8F%E3%83%84%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88

ダイハツのキャストは軽自動車のSUVとはいうものの、オフロード走行にはあまり向かない車種といえる。

そのため「気分だけでもSUV感を味わいたい」という女性にはおすすめできる1台といえる。

また見た目は丸目ヘッドライトが可愛らしく、レトロ感やポップ感を簡単に演出してくれる。

実売価格は

キャストの価格帯
  • 新車…120万円程度~
  • 中古車…90万円程度~

であり、こちらも非常にお買い求めやすい軽自動車のSUVということができる。

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast/

第3位…スズキ「ジムニー」

https://www.instagram.com/p/BjGNTtJFxi_/?hl=ja&tagged=%E3%82%B8%E3%83%A0%E3%83%8B%E3%83%BC%E5%A5%B3%E5%AD%90

女性であっても「クロカン仕様が好き!」という人は多く、そのような人にはジムニーをおすすめする。

なぜなら本格的なクロカン仕様にするためのパーツが安く豊富にあり、さらに車体自体も小さいため「楽しみながらも安心して運転できる」ということができるからだ。

実売価格は

ジムニーの価格帯
  • 新車…130万円程度~
  • 中古車…現行モデルで40万円程度~

であり、中古車であれば手軽に購入することも可能であるため、「気軽にオシャレなSUVライフを楽しみたい」という女性には非常におすすめである。

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

また引き続き第4位・5位のSUVについても簡単に紹介していくのでご覧いただきたい。

  • 第4位…トヨタ「CH-R」→スタイリッシュな見た目と燃費性能が良く、普通車であるため街中の走行などがラク。ただしハイブリッドモデルは比較的高価になってしまう。
  • 第5位…ホンダ「ヴェゼル」→CH-Rの競合車種であり、内外装の質感は良いといえる。ハイブリッドモデルは高価になってしまうものの、CH-Rよりも金額的に安いことがほとんどであるため「価格重視&普通車が良い」という女性におすすめ

また、女性はやはり運転に自信がないということで軽自動車を購入する人が多い。

軽自動車については、下記記事で紹介しているので合わせてみてほしい。

以上、おすすめのSUVについての紹介を終了するが、あなたにマッチした車種がいくつか見つかっただろう。

とはいえ実際のところお得になるためには「安くて状態の良い個体を見つける」ということが重要になる。

その方法については次章にて詳しく解説していこう。

7.新車同然の状態でお得なSUVを見つける賢い方法

安くて状態の良い車を見つけるのは簡単で、実は「 なびくる+ 」というサービスを利用するだけでいい。

というのもこのサービスでは

  • 車種(決まっていなくても大丈夫)
  • 年式(決まっていなくても大丈夫)
  • 予算(少し低く入力しても大丈夫)
  • 個人情報(提案を受けるために必要な氏名やメールアドレスなど)

を入力して問い合わせるだけで、あなたにマッチした中古車を紹介してくれるからだ。

またなびくる+では一般的に中古車市場には出回りにくい「試乗車落ち」や「新古車」といった車両も多く紹介してくれるため、実は新車を買わずとも「新車同然の車が見つかる」ということができるのだ。

備考欄があるので、ここに下記のように入力することで新車とほぼ変わらない非公開車両を紹介してもらえる。

なびくる+の上手な使い方

なびくる+の上手な使い方

新車同然、もしくは非常に状態の良い車を安く買いたいという場合には、この方法で「 なびくる+ 」に問い合わせをすることがオススメなのだ。

なびくる+の公式サイト

そのためぜひ一度、問い合わせをしてあなたにマッチする、お得で状態の良い車を紹介してもらうことをおすすめする。

そうすることで間違いなく満足できるSUVが手に入れられるだろう。

8.まとめ

以上、SUVのおすすめに関する解説を終了するが、最後に当ページの内容をまとめておこう。

  • SUVの売れ筋ランキングは、燃費と車両価格の「コスパ」にある程度準じている
  • 男性やファミリーには「大きさ」が、女性には「小ささ」が重要となる
  • あなたにマッチしたSUVは「 なびくる+ 」を使うと簡単に探すことができる
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事